2005-05-23

15.開く心閉じる心

テーマ:彼女じゃない恋愛

人を信用できない私が、10年近く親友と一緒にいるのは多分、親友が私を見ていてくれるからだと思う。

そんな親友に安心しているのだと思う。

だけど、私はそんな親友を視ている。

もう少し、私も親友の姿を見る事が出来たらなと思う。


親友は、私の心の中に踏み込むようなことはしない。

私は心の中を、見せる心と見せない心と選んで親友に見せる。

多分、どんな人もそうやって生きてると思う。

だけど、それをどう受け取るかで違ってくる。

見せられたままを受け取る人や、見せられたものそしてその裏にあるものまで受け取るもの、裏だけを見ているものいろいろだ。

親友は見たものを全てにする。

裏に気付いたとしても、打ち明けられるまで見ていないものとする。

だから、私は安心して彼女の側に居られるのかもしれない。


私も、親友の心の中に踏み込むことはしない。

だけど、私は彼女とは違って嫌でも裏が見えてしまう。否、視えてしまう。

そんな裏の彼女を勝手に曝け出すことはないけれど、決して視ていないフリなどはできない。

だから、彼女の見せた心を否定してしまう。


裏などあって当たり前のだ。

裏がなければ表もない。

だけど、あたかも表しかないように振舞う人間を私は好かない。

信用できない。

裏を見せろとは言わない。

寧ろ見せて欲しくはないが、私が裏表のある人間なので、同じであって欲しいとただ願うだけなのだ。


親友は私の事を何でも解かる人だと絶賛するが、私からすればあなたが解かり易過ぎるのだと思う。

お互いがうまくいっていた。

いいバランスだった。


あれから私たちの間には、気まずい空気が流れていた。

彼女の心を感じる。

私は、彼女が絶賛するほど自分の感受性を評価していない。

何故だか解からないけれど、卑怯に思えてならない。

だから、素直にはなれない。

自分の心がそこにないような気がするからだ。


例えば、周りに言われてからじゃないと謝れない奴っていないだろうか。

全く自分のした事に対して気付くことの出来ないやつ。

仕方ないので指摘してやると、すぐに謝ってくる。

本当に悪いと思ってるの?そんな風に思ったことはないだろうか。


私は自分をそんな風に思えてならない。

自分の気持ちよりも先に、相手の気持ちを知ってしまう。

私は多分それに合わせているだけなのだろうと思う。

悪い事をしたからごめんなさい。

傷つけたからごめんなさい。

利口なようでそうじゃないような気もする。

私は人の傷を視なければ謝れない人間なのだろうか・・・。

私はちゃんと心があるんだろうか・・・。

感受性なんてあってないようなものなのだ。

私が一番人の気持ちが解からない人間なのだ。


家と仕事場の往復。

用がない時は家にこもる毎日を過ごす。

部屋で本を読み、何も考えないようにしていた。

そんな日が続いたある日、電話がなる。

携帯の液晶には、親友の名が点滅している。

どうしよう、何を話したらいいのか解からない。


「もしもし、せのり?最近バー行ってる?」

「行ってないよ」

「何かごめんな」

「うん」

「でも、私の事も解かってくれるやんな?」

「隠し事?」

「うん、何か恋してるせのり見て嬉しくなってんな。ほら、今まであんまりいい恋愛じゃなかったし・・・」

「好きじゃないから」

「あ、そうやった」

「うーん、あんまりうまくは言えへんけど、あんたみたいに自分の気持ちに直ぐ気付けるタイプじゃないねん。男を好きかもしれないと思っても、本当なのかって心の中でずっと戦い続けてる。そんな状態で、誰かに聞かれたとしても答えることは出来ない」

「ごめん」

「いいよ、終わったこと」

「でも、せのりは人の気持ちはよーく解かるのに、本当自分の気持ちには鈍感やね」

「何かが邪魔してるんじゃない」

「解かる気はする」

「今度はちゃんと人を好きになりたいと思ってる。だから、言えるようになったらちゃんと言うよ」

「うん、もう急かしたりせんから」


私の精一杯の謝罪だった。

何でもお見通しね、そう言われない為の謝罪。

彼女が望む答えを出せた、そう思うんだ。

それが、私の卑怯なところかもしれないのだけれど、そうする事しか私にはできなかった。

素直に謝れる彼女が羨ましい。

彼女を見ていると、何でも許せてしまう。

心の温かい人間だ。


私はまた彼女に傷を負わせてしまった。

人を傷つけながらでしか自分の非を認められなくて、謝ることを嫌がる過剰な執着。

私は人を悟ってるわけじゃない。

ただの思い込みが当たるというだけの話。

心が聞こえてくるわけじゃない。

ただ、思った通りの事がおこるだけ。

先をよみ、相手が落ち着く道へと導き出す。

これで、良かったのだろうか。


こんな私を許せる親友は、私の心を視る事が出来る人間なんだろうか。

うん、視えてない。

視えている人間は直ぐに解かるから。

彼女は私の思う通りに動いている。

別に誘導しているわけではないけれど、そう、単純。

否、言葉がわるかった。

純粋な人間だ。

彼女は彼女の思いのままに動いていて解かり易い。

私は彼女に何を見せてる?

私が見せてる心は極一部にすぎない。

そんな人間を多分私は許せないだろう。

彼女は私の何を見てる?


彼女にもう少し心の中を見せよう。

もっと彼女に近づこう。

心が開くと感受性というものは弱まることを私は知っている。

ただ、人の心が見えないと怖くて、心開けないだけ。

感受性なんてものは弱くて充分。

そんなものはいらない。


もっと心を温めたい。

そしたら・・・人を愛せるようになると思うんだ。



← 14 ]  [ 16 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。