「日本人が韓国でフリーハグをしてみた」のくわまんの公式ブログです。


フリーハグをご存知でない方はこちらをどうぞ。


☆くわまんの最新情報はこちら☆
Facebook ►http://www.facebook.com/kuwacycle?ref=hl
Twitter ►https://twitter.com/kuwacycle
直接のメッセージはこちらでどうぞ ►ukulelepeace@gmail.com

↓ブログランキングに参加しております。こちらをクリックしてもらえるとランキングが上がります。読み込みが終わると投票が完了します。ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-07-05 18:00:01

7月24日(木)三軒茶屋にて世界一周トークライブ開催!

テーマ:ただいま帰国中2014
先月、動画「日本人が韓国でフリーハグをしてみた」が再びFacebookを中心に広まりました。
シェアをしてくださった皆様、大変にありがとうございました!
また俳優の伊勢谷友介さんも日韓フリーハグ動画を紹介してくれ、その拡散力はすごいものがありました。
{CAA03796-24EF-4AA6-B5EE-E8BFEC0E082E:01}

今年はすでに3、4月のまだ比較的涼しい時期に台湾、韓国、中国へ赴き、フリーハグをしてきました。
今回も素敵なドラマがたくさん生まれました。
台湾のフリーハグ動画はすでにYouTube上に上げてありますが、韓国、中国の動画はまだ上げていません。
現在パソコンがなく、動画を編集できないからです。
なので、2014年版の韓国、中国のフリーハグ動画をみなさんにお届けするには、もう少し時間がかかりそうです。
ごめんなさい。。。

FacebookやTwitterも随時更新中なので、よかったら覗いてみてください☆
Facebook https://www.facebook.com/kuwacycle
Twitter https://twitter.com/kuwacycle


↓ブログランキングに参加しております。こちらをクリックしてもらえるとランキングが上がります。少しでも多くの方にフリーハグ動画を見てもらいたいので、よかったらクリックをお願いします。
 
にほんブログ村




話は変わりますが、
動画の影響で僕は最近「フリーハグの人」と化していますが、本来は海外自転車旅行を愛するチャリダーです。(チャリダーとは、自転車で旅行する人のこと。)
今までオーストラリア、台湾、シルクロード、アフリカといろいろな大陸を自転車で旅行してきました。
そこで今回、「地球一周チャリダー」遠藤ジュンくんと三軒茶屋にある四軒茶屋というバーでトークライブをすることになりました。

{030BD144-D767-4C06-90C2-93045BF997CF:01}


7月24日の木曜日。
場所は三軒茶屋にある四軒茶屋。
18:00オープン18:30スタートで、参加費1000円+ワンオーダーとなっております。ぜひお時間ありましたら、ご参加をお待ちしております!
下のリンクをクリックするとイベントページに飛びます。


普通に旅していても、なかなかチャリダーには出会うことはありません。
なざなら彼らは常に自転車で移動し、野宿をしているからです。
そんな普通の旅人とは違った方法で海外を旅してきたチャリダーたちに、この世界はどのように映ったのでしょうか?
普通の旅系のイベントでは物足りない人にオススメのトークイベント「チャリトーーク」にみなさん、ぜひぜひお越しください!
お待ちしておりまーす。

桑原功一

FacebookやTwitterもぜひ覗いてみてくださいな☆
Facebook https://www.facebook.com/kuwacycle
Twitter https://twitter.com/kuwacycle


↓ブログランキングに参加しております。こちらをクリックしてもらえるとランキングが上がります。この記事が役に立ったなと思った方はぜひクリックお願いします。
 
にほんブログ村

AD
2013-10-29 20:36:58

どうして、みんな、外の世界を見ないで生きてられるんだ?

テーマ:ブログ
「なんで、日本人は旅にでないんかねぇ?」

「お金もあるし、世界中が羨む最強のパスポートも持っているのに。」

先日、カイロの日本人宿「スルタン」(一泊280円)で、バックパッカー男子、通称バッパー男子3人で語り合った。




バックパッカーとして、世界を回ると、みんな似たようなある想いを持つ。

「こんな素晴らしい世界をみんなにもっと知ってほしい!」

そして、今回その想いから転じて、あるひとつの議題が浮かび上がった。

「どうして、みんな、外の世界を見ないで生きてられるんだ?」

このテーマで、スルタンのキッチンは炎上した。



「俺(くわまん)の地元では、バックパック旅行好きは身近に一人か二人…いや、いないわ。つーか、地元に友だちいないわ。あはは」


そこで、同席した二人のバッパー男子もうなずく。

そのうちの一人、弱冠20歳のジェイコブ似のサトシがある言葉を投げかけた。

「バックパッカーってみんなどこかしら似てますよね?」



旅に出て初めて「やっと、出会えた。ここにいたんだ。話の合う人は。」と思うことがある。


それが年上年下でも関係ないし、異性でも同じ。いや、異性だと嬉しい。さらに同郷だと、もう運命でないかと思う。

この3人のバッパー男子で言えば、きっかけはそれぞれにしろ、やはりみんな小さいころから海外にあこがれがあった。

くわまんは、実家の周りに外国人労働者が働く工場があったり、クラスに必ず一人は外国人がいたこともあり、海外に憧れを抱いていたよう。

もう一人の同席者イタリア人似のアキは、世界史が好きで、洋画や洋楽ばかり自然と聴いていたという。

ジェイコブはスマスマでスティービーワンダーの音楽を聴いて「海外ってすげー!」とカルチャーショックを受けたのが始まりだと。



でも、お互いの過去を話し合ったりすると、共通点ばかりではない。

高校時代、俺は真面目に一生懸命、授業を受けていたし。

ばってん、授業をギリギリまでサボって卒業したのは、イタリア人アキ。

で、ジェイコブは高校卒業して大学行ってないでしょ。

なのに、今ここに俺らは一緒にいる。


では、俺らみたいなバッパーと旅をしない人たちとの違いは何なのか?

「どうして、海外にでないの?」

と以前、勤め先で後輩8人に聞いたら

ほぼ全員このように答えた。

「英語が話せないから。」

でも、実際日本人バックパッカーはほぼ英語を話せない。

ということは問題の本質は英語以外にあると見ていいのでは?

英語を話せなくても、「外の世界を見たい!」という強いモチベーションありきの様な気がする。



「う~ん。どうすれば、海外の良さを伝えられるのかな?」

「そりゃ、やっぱり、体験してもらうことが一番でしょ。」

「でも、無理やり連れて行く訳にはいかないし。」

旅へのモチベーションってどうやったらあげることができるんだろう?」

俺らはバリバリ自分たちのエゴ中心で話し合った結果、二つの案を生み出した。

「半沢直樹が銀行マンから、突然バックパッカーに転身すれば、それに影響されて旅人は増える!」

「決め台詞は?」

「いつ行くの?今でしょ!」

「昔キムタク主演のHEROで検察官になりたい人が増えたように、TVドラマの影響は大きいはずだ。」

そして、もうひとつの案はこう。

「バックパックで世界を回ったという経験が就職に有利な条件になれば、必ず旅人は増える。」


「今は就職の際に英語が必須になっているけれど、それと同じようにバッパー経験も必須になれば、絶対旅人は増えるはず。」


「確かにね。あぁ、そんな社会になれば、最高だよなぁ。」

そんな夢物語しか、バッパー男子の頭からは生まれなかった。

「でも、そういう旅しない人たちがいるから、うちらはこうやって旅にでることができるんだよねー。」

「もし、日本人全員が俺らみたいに旅好きだったら、日本は滅びちゃうよね。」

「ところで、アラビア語で愛してるって、ハビビって言うらしいよ。」

「お、まじで!絶対それ使える!」

と、収集がつかない会話を続け、カイロの夜は更けていった。



FacebookやTwitterもぜひ覗いてみてくださいな☆

Facebook https://www.facebook.com/kuwacycle
Twitter https://twitter.com/kuwacycle


↓ブログランキングに参加しております。こちらをクリックしてもらえるとランキングが上がります。この記事が役に立ったなと思った方はぜひクリックお願いします。
 
にほんブログ村
AD
2013-06-25 16:17:29

香港で中国90日ビザはもう取れない【2013年7月】

テーマ:天空都市チベットへ
中国の90日ビザ取得のために香港に来た。

バックパッカーの間で香港は、中国ビザを最短で取得できるということで有名な場所だ。

僕は事前にネットで中国ビザの情報を調べ

チャイナワールド という中国ビザ取得のエージェントを通して、申請しようと思っていた。

「チャイナワールド」住所 香港九龍尖沙咀金馬倫道23-25A號金馬倫廣塲6樓 D室 地図


*このCameron Plazeの6階のDブースにチャイナワールドはあります。


そこでは午前11時前に申請すれば、午後5時には取得できるという。

費用は700HKD(8822円)。*2013年6月 1HKD=12.59円



そして今回の滞在はゴダイゴゲストハウスに泊まろうと思っていたが

なぜか、僕の足は2年ぶりにラッキーハウスの方へと向かっていた。

*相変わらずのラッキー。

ラッキーに到着すると、早速ビザの情報をラッキーのおじさんに聞いてみたら

「7月から中国政府がほにゃららかんたらで、法律がほにゃららで、ほにゃららは取れなくなるぞ。」

と、ほとんど聞き取れなかったが、だいたいニュアンスで理解した僕は

「ななななんあにっ!!中国ビザが取れなくなる!?」

とかなり焦ったが、おじさんが優しい口調で

「でも、今はまだほにゃらら。」

と僕を少し安心させた。

ラッキーハウスで申請すれば550HKD(6932円)で取得できるというので、おじさんに頼んだ。

で、次の日の朝、ドミのドアのノックの音で目が覚めたら

ラッキーおじさんが興奮気味に

「ほにゃららほにゃらら、ほにゃららかんたら、ほにゃららつかない。」

とほとんど聞き取れなかったが、ニュアンス的にこう言っていた。

「ここ何十年とビザ申請を頼んできたエージェントに連絡が全然つかない。」

そして、また

「もうすでにほにゃららかんたらが、ほにゃららなのかもしれない。」

と、また聞き取れなかったがきっと

「もうすでに中国政府の圧力が、そのエージェントにかかってきているのかもしれない。」

と言っているのだろうと解釈した。

ということで550HKDでの取得は諦め、最後の望みをかけチャイナワールドに連絡を取ってみたらこうメールが来た。

【くわまん様

お世話になっております。

7月1日より法律改正により、ビザが発行できなくなります。

明日の申請は問題ありませんが、申請が集中する可能性がありますので、お渡しの時間が遅くなる可能性があります。

よろしくお願い致します。】

「こ、これはまじで7月からビザが取れなくなるわ。」

と本気で焦った。

実は2010年の広州アジア大会以来、香港では2013年1月まで中国90日ビザが取れなくなっていて

やっと取れるようになったと思ったら、再び中国政府の圧力がかかり始めようとしていたのだ。

で、早速チャイナワールドに営業開始時間ぴったしの午前九時に行ってみて

7月からの中国ビザ情報を詳しく聞いてみたら

①当日発行ビザは取得できなくなること。

②90日ビザは取得できなくなること。

③30日ビザは…7月になってみないとわからないとのこと。

まじであぶなかった。ほんまぎりぎり。

くわまんは行き当たりばったりの旅ばっかしているからね。

チャイナワールドからラッキーハウスに戻ってきたら、おじさんが声をかけてきた。

「ほにゃらら?」

今回ばっかしは聞き取れなかった。



*もし、中国90日ビザ取得を考えている人がいましたら

日本でなら7月以降も中国の90日ビザは取得できると思いますので

そちらも考えてみてくださいな。


↓ブログランキングに参加しております。こちらをクリックしてもらえるとランキングが上がります。この記事が役に立ったなと思った方はぜひクリックお願いします。

にほんブログ村

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>