看護学生とのカンファレンス

テーマ:

先週、久しぶりに看護学生さんの最終カンファレンスに参加しました看護師

受け持ち患者さんの看護過程を展開し、看護実践を振り返り、自己の課題を見出していく・・・看護の現場では、当たり前に行われていることですが、一人の患者さんに深く関わりあえること、疾患をみるのではなく、患者さんひとりひとりのニーズを考えた看護を展開していくことに、“看護”のおもしろさ、やりがい感がある・・・だから看護はやめられないニコニコ

カンファレンスに参加して、改めて確信しました。


そして、ある実習指導者からの宿題ビックリマーク

実習始まる前と今現在の看護大好き度は何%ですか?

この質問に答えた学生さんたちの反応・・・涙、涙の語りでした涙

実習中に苦労したことやうれしかったこと、もっと何かできたのでは・・・という思いが、語ることによって想起され自然に溢れ出たのだと思います。

私も一緒に涙・・・涙 ナラティブは大事ですね


学生のみなさん全員が看護大好き度アップビックリマーク

そして、指導者たちの頑張りを見て私も看護大好き度100%!!







AD