道田誠一のブログ

整体と空手について書いています。

空手の少年部募集中!問い合わせはsei.michida@gmail.com

NEW !
テーマ:

 昨日の直真塾一般部の稽古の話です。

 

 直真塾の塾生で現在はタイで仕事をしている人ですが、一時帰国されており、先週と今週一緒に稽古いたしました。

 

 この日は基本動作からはじまり、基本型の稽古をしていました。

 

 それぞれに中山先生からポイントのアドバイスがありましたが、基本型Ⅲの時の話です。

 

 基本型にはそれぞれにテーマがあり、基本型Ⅲのテーマは「転」です。

 

 「転」という字からもわかるように転身動作が入る型です。

 

 その中で輪転突きと呼ばれる動作があります。

 

 下イラストのようになります。

 

 

 

 順突きを行ったあとに回転して突きを行う動作でこれは千唐流空手独特のものです。

 

 稽古している際に中山先生から注意がありました。

 

 この転身をする際の腕の振り方ですが丹田を中心にした腕の振りが必要になります。

 

 この時、回転に気をとられて肩があがってしまったり、腕が突きの角度からはずれてしまってはいけません。

 

 そのためには脇の締めが必要になります。

 

 また、腕の巻き込みかたにもポイントがありますが、ちょうど刀を扱う時の納刀のような動きになるようにと中山先生から説明がありました。

 

 刀も腰にある鞘に納めることになりますが、ちょうど丹田を中心にした動きになることがわかります。

 

 ここでも刀の操法と千唐流の輪転突きの連動性が示されました。

 

 記事としてはこの前の基本動作Ⅰ〜Ⅳや基本型ⅠとⅡについても書くことはありますが、今日はそのあとの懇親会の席での話です。

 

 タイから一時帰国された人がまたタイに戻るということで、一般部のみんなで一緒に食事をしたのですが、その席の話です。

 

 そこでは、タイで仕事されている人が日本人としてのアイデンティティーを持つ重要性について話をしてくれました。

 

 この方はタイだけでなく他の国でもこれまで仕事されており、海外の方との交流もたくさんあるようです。

 

 中山先生も海外の方とたくさん交流がありますので、そういった話は先生からもいつもあるわけですが、海外の人と交流する場合、日本人としてのアイデンティティーそれは日本人としての価値観や美意識、歴史的知識を持っておく必要があるということです。

 

 

 

 その最たるものが日本の文化としての武道・武術になるわけです。

 

 日本が誇る文化としての武道・武術の空手を伝承するというのが直真塾の思想でもあるわけですが、まさに海外で仕事をされる中でまたさらにそのことを感じているとのことでした。

 

 私もその話をする中で日本文化としての空手を今後さらにしっかりと指導していかなければと再認識いたしました。

 

 話としてはそのほかにも少年部や今年の世界大会の話など盛り上がった時間になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  4月からの新しい『快整体術3級』取得を目指す講座⇒「快の整体術講座」 

 

  活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方
第2巻のダイジェスト映像がユーチューブにてご覧になれます。アドレスはこちら→

http://youtu.be/FGwnVXcgCBw
      




※活殺自在塾より直販または、アマゾンでも購入できます。アマゾンページはこちら→活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」

 活殺自在DVD第1巻「点の武術大好評発売中!ダイジェスト映像アドレスはこちらです⇒http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk
書泉グランデでも取り扱い開始しています。書泉ユーチューブチャンネル中山先生挨拶はこちら⇒http://youtu.be/AXo65KQjKZs

アマゾンページはこちら⇒活殺自在DVDシリーズ第1巻「点の武術」

人気ブログランキング参加中下記バナークリックしていただけらありがたいです。


人気ブログランキングへ

大絶賛発売中!!楽天ブックス空手部門1位獲得! 中山隆嗣先生の武道・武術の身体操作法に関係する新刊本(BABジャパン)




【送料無料】 だから、空手は強い! 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 / 中山隆嗣 【単行本】

価格:1,470円(税込、送料込)


amazonでは目次まで見れます→秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い! 
DVD版も絶賛発売中!!
メイキング映像もyoutubeにてアップされています。こちらをクリック
http://youtu.be/pDF36bRveTA
DVD版の内容はamazonで目次まで見れます→東洋医学と武術でカラダを変える空手トレ!強くなる鍛え方DVD 
$道田誠一のブログ
 ◆活殺自在塾はこちら活殺自在塾  ◆快整体術研究所付属サロングリーンフィールはこちらグリーンフィール
 ◆出張整体院快誠はこちら出張整体院快誠  

 ★吉祥寺カルチャーセンター少年少女空手教室はこちら吉祥寺少年少女空手低学年   吉祥寺少年少女空手中高学年
 ★昭島カルチャーセンター少年少女空手教室はこちら昭島少年少女空手  ◆ボディバランス空手はこちらボディバランス空手  



 問い合わせ・質問はこちらsei.michida@gmail.com



読者登録してね


アメクリップブログを紹介し合って人気ブロガーになれ『アメクリップ』はこちら

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の直真塾三鷹少年部の話です。

 

 昨日は最初から二つのグループに分かれての稽古になりました。

 

 私は初心者を含めたグループの指導にあたりました。

 

 昨日から正式に入会してくれた塾生も何人かおりましたので、正座のしかたやおじぎのしかたの徹底から行いました。

 

 前回は塾生全員に対して武道の心構えの話が多くなりましたが、今回は正座のしかたやお辞儀の動きのことをもう少し掘り下げていきました。

 

 最初の段階では正座やお辞儀のしかたの繰り返しになりますが、武道・武術は反復の繰り返しが普通です。

 

 そして、ここではひとつのことに磨きをかける重要性を説明しました。

 

 どうしてもいろんな技や珍しい動きに目がいきがちになります。

 

  そういった興味はもちろんあっていいですし先に進めばある程度いろんな技もできるようにしていきます。

 

 ただし、ひとつひとつの技がおろそかになってはいけません。

 

 空手の名人・達人と呼ばれる人でも拳の握りに一生悩むと言われるくらいです。

 

 逆にそういった握りひとつとってみてもこだわりを持って追求しているからこそ名人・達人になるのかもしれませんが、昔から「多芸は無芸」と呼ばれており、ひとつのことに一定以上のレベルがなければ、どんなことをやっても動作として質が低いものになってしまいます。

 

 逆に「一芸に通ずれば万芸に通じる」と戦国武将の長宗我部元親の名言があるようにひとつのことを掘り下げれば、いろんなことに応用ができることを示しています。

 

 私の師の中山先生の教えはそのことを徹底しており、ひとつの技にこだわりを持って深さを追求して指導してくれています。

 

 大人のクラスである直真塾一般部の稽古では試合がある時はそれに向けた稽古をしなければならないので、そういった稽古になりますが、武術的な稽古の場合、その時によってはひとつの技しかやらないこともあります。

 

 ひとつの技しかやらなくて飽きないかと言われる方もいるかもしれませんが、その一つの技にも意識すべき身体操作がたくさんあり、身体がそのように動いてくれないことを動きながら実感していきます。

 

 ただなんとなく技ができればいいというレベルなら、それなりの時間で終わってしまいますが、追求し始めると時間が足らなくなってしまうのです。

 

 武道・武術ではそういった技の深さを追求する必要があり、それは最初の動作である正座の仕方やお辞儀にもあります。

 

 子供に最初から高度なことは要求はしませんが、きちんとできることは大切です。

 

 もちろん、子供も個人差があるのでできる子とできない子がいて当然です。

 

 子供たちの各レベルに応じた身体の使い方ができればいいと思っています。

 

 武道・武術は相手がいる世界でもありますが、結局は自分との戦いでもあり、昨日の自分より今日の自分がどれだけ成長できたかが大事になります。

 

 各子供たちがその段階に応じて一歩ずつ成長していけるように今後も指導していければと思います。

 

 

 

 昨日はそういった思いで正座やお辞儀の反復を繰り返し行なっていただきました。

 

 ただし、稽古としては大会に向けた稽古もしないといけませんので、後半はそちらに向けた稽古となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  4月からの新しい『快整体術3級』取得を目指す講座⇒「快の整体術講座」 

 

  活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方
第2巻のダイジェスト映像がユーチューブにてご覧になれます。アドレスはこちら→

http://youtu.be/FGwnVXcgCBw
      




※活殺自在塾より直販または、アマゾンでも購入できます。アマゾンページはこちら→活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」

 活殺自在DVD第1巻「点の武術大好評発売中!ダイジェスト映像アドレスはこちらです⇒http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk
書泉グランデでも取り扱い開始しています。書泉ユーチューブチャンネル中山先生挨拶はこちら⇒http://youtu.be/AXo65KQjKZs

アマゾンページはこちら⇒活殺自在DVDシリーズ第1巻「点の武術」

人気ブログランキング参加中下記バナークリックしていただけらありがたいです。


人気ブログランキングへ

大絶賛発売中!!楽天ブックス空手部門1位獲得! 中山隆嗣先生の武道・武術の身体操作法に関係する新刊本(BABジャパン)




【送料無料】 だから、空手は強い! 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 / 中山隆嗣 【単行本】

価格:1,470円(税込、送料込)


amazonでは目次まで見れます→秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い! 
DVD版も絶賛発売中!!
メイキング映像もyoutubeにてアップされています。こちらをクリック
http://youtu.be/pDF36bRveTA
DVD版の内容はamazonで目次まで見れます→東洋医学と武術でカラダを変える空手トレ!強くなる鍛え方DVD 
$道田誠一のブログ
 ◆活殺自在塾はこちら活殺自在塾  ◆快整体術研究所付属サロングリーンフィールはこちらグリーンフィール
 ◆出張整体院快誠はこちら出張整体院快誠  

 ★吉祥寺カルチャーセンター少年少女空手教室はこちら吉祥寺少年少女空手低学年   吉祥寺少年少女空手中高学年
 ★昭島カルチャーセンター少年少女空手教室はこちら昭島少年少女空手  ◆ボディバランス空手はこちらボディバランス空手  



 問い合わせ・質問はこちらsei.michida@gmail.com



読者登録してね


アメクリップブログを紹介し合って人気ブロガーになれ『アメクリップ』はこちら

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の直真塾一般部の稽古の話です。

 

 この日は中山先生が所用のためいらっしゃいませんでしたので、私がメインで指導にあたりました。

 

 最初は全員で基本動作の稽古からスタートしました。

 

 基本動作Ⅰからですが、こちらの動きでは素早い前進と呼吸の締めを伴ったゆっくりした後退で行われます。

 

 

 

 特に呼吸を伴った締めの部分において意識を持っていただきそれについてのアドバイスをしつつ動作を繰り返して行っていただきました。

 

 こちらの動作では上イラストのように四股立ちでも行う箇所があります。

 

 続いて基本動作Ⅱです。

 

 基本動作Ⅱの中ではゆっくり締め上げる受けではなく、素早い受けが求められ、後退自体も素早い動作が求められます。

 

 下イラストはその中の揚げ受けの箇所です。

 この受けの際には、相手を迎撃するような受け方が必要になります。

 

 上段揚げ受けは剛の受けで相手の突きに対してアタックするように用いるものと相手の突きを受け流すような柔の受けの2種類があり、直真塾では明確に二つを分けて稽古されています。

 

 武術では最初の段階では剛から入る必要があり、この動作の段階では剛の受けとなります。

 

 続いて基本動作Ⅲです。

 

 基本動作Ⅲは前進と後退を伴った受け⇒突きの動きであり、受けから突きまでを一拍子にするのが求めらます。受け即攻撃の動きの鍛錬にもなっています。

 

 また、この時は突いた状態の手から一気に受けに切り替える必要があり、その受けから突きの移行の際に前腕の鋭い切り替えが必要になります。

 

 このことは土曜日の稽古のその場での受け⇒突きの際に中山先生から注意されたことでもありましたので、再度確認しながら行いました。

 

 土曜日の稽古の際には前腕の構造の話がありました。

 

 肘から前腕部にかけて橈骨と尺骨というものがあります。

 

  

 

 上腕部と橈骨を結ぶのが腕橈関節であり、上腕部と尺骨を結ぶのが腕尺関節となります。

 

 それぞれ主要な動きは異なり、腕橈関節は臼状になっており、その構造から捻ることをメインに行われます。腕尺関節は鞍関節となっておりその構造から屈曲がメインで行われます。

 

 この二つの構造を理解した上で受けを行う必要があり、その点も改めて説明しました。

 

 さらに腕の軸の取り方も土曜日の時点でアドバイスがあったので再度の説明でその理解と動きの確認をしました。

 

 動きの確認をしていると頭では理解していても身体がまだそのように動いていないケースもありましたので、その点は各人の不足しているとこを注意しながら進めていきました。

 

 続いて、基本動作Ⅳです。

 

 この動きは転身を伴った受け⇒突きの動作で、基本動作と名は付いていてもかなり高度な身体操作が求められます。

 

 下がその一部になります。

 

 この時はその転身時の運足についての注意をしました。

 

 転身を伴った際に、運足は基本の運足通り反対側の足の近くを通る必要があります。

 

 どうしても転身に気をとられると足の運びがそのように動いてくれず反対の足から離れてしまった運びとなります。

 

 でもこの動きを取るのは中心に寄せる力を鍛えるためでもあり、そのまま中心軸の強さにつながります。

 

 反対側の足に寄せることができないのは、そういった中心の弱さでもあり、かつ、その周りの柔軟性のなさにもよります。

 

 この柔軟性と呼ぶとき、筋肉的な発想で開放して伸ばす柔軟性を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、武術的には関節の可動の柔軟性や締める緩めるの操作性も意味します。

 

 各関節の柔軟性がなければそういった寄せることも難しくなり、中心に対して引き寄せることもできにくくなります。

 

 そういった動きを含めるのとともに素早い前後左右への切り替えを伴った受け⇒突きの動きはやりがいがあります。

 

 そういったところを確認しながら基本型と各自の形へと続きましたが、今日の記事はここまでといたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  4月からの新しい『快整体術3級』取得を目指す講座⇒「快の整体術講座」 

 

  活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方
第2巻のダイジェスト映像がユーチューブにてご覧になれます。アドレスはこちら→

http://youtu.be/FGwnVXcgCBw
      




※活殺自在塾より直販または、アマゾンでも購入できます。アマゾンページはこちら→活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」

 活殺自在DVD第1巻「点の武術大好評発売中!ダイジェスト映像アドレスはこちらです⇒http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk
書泉グランデでも取り扱い開始しています。書泉ユーチューブチャンネル中山先生挨拶はこちら⇒http://youtu.be/AXo65KQjKZs

アマゾンページはこちら⇒活殺自在DVDシリーズ第1巻「点の武術」

人気ブログランキング参加中下記バナークリックしていただけらありがたいです。


人気ブログランキングへ

大絶賛発売中!!楽天ブックス空手部門1位獲得! 中山隆嗣先生の武道・武術の身体操作法に関係する新刊本(BABジャパン)




【送料無料】 だから、空手は強い! 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 / 中山隆嗣 【単行本】

価格:1,470円(税込、送料込)


amazonでは目次まで見れます→秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い! 
DVD版も絶賛発売中!!
メイキング映像もyoutubeにてアップされています。こちらをクリック
http://youtu.be/pDF36bRveTA
DVD版の内容はamazonで目次まで見れます→東洋医学と武術でカラダを変える空手トレ!強くなる鍛え方DVD 
$道田誠一のブログ
 ◆活殺自在塾はこちら活殺自在塾  ◆快整体術研究所付属サロングリーンフィールはこちらグリーンフィール
 ◆出張整体院快誠はこちら出張整体院快誠  

 ★吉祥寺カルチャーセンター少年少女空手教室はこちら吉祥寺少年少女空手低学年   吉祥寺少年少女空手中高学年
 ★昭島カルチャーセンター少年少女空手教室はこちら昭島少年少女空手  ◆ボディバランス空手はこちらボディバランス空手  



 問い合わせ・質問はこちらsei.michida@gmail.com



読者登録してね


アメクリップブログを紹介し合って人気ブロガーになれ『アメクリップ』はこちら

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。