聖心美容クリニック 伊藤哲郎

でもほぼ美容以外ブログ


テーマ:

以前、大阪院限定で導入されていたリポセルという機器が正式に導入されました。

 

リポセル−聖心美容クリニック

 

原理としてはたるみ治療のウルセラと同じくHIFU(高密度焦点式超音波治療法)となります。

超音波を照射し、焦点にて熱を発生させて、脂肪組織を破壊します。同じ原理でウルトラシェイプというのもありましたが・・・

 

1ショットあたり3×3㎝の範囲を照射することができ、腹部では90ショット分の照射を行います。

 

こちらがリポセルを1回行った症例です。

元々あまり脂肪が付いていないので、効果が出にくいですが、それでも3㎝ほどは補足なり、すっきりとした印象になりました。痩身の機器で1回でこのぐらいの効果が出せるというのはなかなかいいと思います。

 

大阪院でも現在はまだモニターを行っています。

当院は新規導入時ぐらいしかモニター募集を行わないので、ぜひともご興味ある方はお早めに。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はFTM、FTXの患者様からよくご相談される乳腺切除についての症例です。

 

乳房の膨らみを作っているのは乳腺組織、脂肪、皮膚に大きく分けられます。

Cカップ程度までの大きさであれば、最小限の傷である乳輪半切開で乳腺組織、脂肪を除去し、胸を平らにできます。

 

こちらが術前

 

こちらが術後1ヶ月

 

今回の手術では脇より脂肪吸引を行ったのち、乳輪部分を切開し、乳腺組織を取り出しております。脂肪吸引を行うことで、乳腺組織にまとわりつく脂肪を取り除き、乳輪を切開から取り出すべき乳腺組織の塊を小さくするということが可能です。

今回の症例では乳輪半周よりも短い切開で手術を行いました。

 

患者様のご希望がある場合には切除した乳腺組織に腫瘍などがないかといった病理検査を受けて頂くこともできます。

家族歴に乳癌があり、念のために病理検査を行いたいというご希望で病理検査を行うということがあります。

 

病理検査するためには切除標本をホルマリンという溶液に漬けて、腐敗しないようする必要があるのですが、このホルマリンの独特な臭いを嗅ぐと、一般外科医の時、よく手術の毎にホルマリン漬けをやっていたなあとちょっと懐かしくなります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、家で整理してたら、頂き物のボールペンを発見したので普段の診療でも使うことにしました。
 
image
しかし、上手くインクがでなかったりと使用感がよくない・・・
普段使っているジェットストリームのボールペンがやはり書き心地がよいですね。
 
この写真と同じタイプの替え芯でパーカータイプといいます。
いろいろと探してみましたが、良さそうな替え芯がない。
できれば、ジェットストリームのような書き心地にしたい。
 
さらにいろいろと調べてみると、どうやらジェットストリーム化ができるようなので、さっそく私も真似てみました。
 
image
まずは「三菱鉛筆 油性ボールペン替え芯 SXR-200-05 黒 24」を購入。
 

そして、肝となるのがこちらです。

image
「ボールペン リフィルアダプター LM-63」
 
このアダプターに替え芯を差し込むだけでパーカータイプになるという優れものです。
非常に簡単です。
 

 

 

さっそくジェットストリームにしてみたところ・・・

image
先っぽが少し足りないです。
書けないことはないのですが、この中途半端さがとても許せません。

 

 

{B346B5CD-5A7D-4BBA-AC8D-68389ACD32A1}
どうにかできないかとアダプターを分解。
 
いろいろと苦心の末にやっと解決策を思いつきました。

 

 

{D31AFC1B-4C7F-4204-B740-C00B7D05BDFA}
重りのようなものとネジの間に詰め物をして、長さを稼ぐことできちんと先端が出るようにできます。
 
リフィルアダプターはいくつかのタイプにも対応しておりますので、お手持ちのボールペンもジェットストリーム化ができるかもしれません。
ご興味ある方はお試しになってみてください。
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)