• 22 Feb
    • 今日から1年生、2年生の後期試験がはじまりました。   試験の抵抗感がある生徒もたくさんいるため、   前日眠れなかった生徒も多くいるみたいでした。   そして、2年生の生徒の中でも   進路を意識しだした生徒は勉強会を開いて   前日に団結してテスト勉強に励んでいたようです。   みんなの成長ぶりがうれしいです。      

      テーマ:
  • 20 Feb
    • 母校の同窓会長に昨年夏に就任し、 いよいよ同窓会会報に挨拶文を掲載することに・・・ 悩みに悩みましたが、母校への愛情と、魂の気持ちを書きました。 4月からは星槎からも入学する生徒が決まっているので、ますます 大学との連携を深めていきたいです!! 魂!

      テーマ:
  • 19 Feb
    • ものづくりゼミで、学校の備品を作ってくれています。 普段、大工などの仕事のアルバイトをしている男子生徒が 上手に何でも作ってくれています。 「俺、運いいから」 よく彼が言う言葉。 職場の皆さんからも可愛がられている様子。 これからも色んな作品をトントン、とつくってくださいね!  

      1
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 入試のひとコマ 星槎に入学したい理由が 星槎は夢を叶えられる学校だからです。 と、言ってくれた生徒がいました。 星槎では夢を叶えるために、全力で先生たちが応援して、サポートします。 もちろん、一番頑張るのは、生徒のみんなです。 そして、「ありがとう、ごめんなさい」を自然に言える大人になれば、 人を認める、そして排除しない、仲間をつくる ということができると思います。 とも答えてくれました。 これから高校生活でどんな成長をみせてくれるでしょう。  

      テーマ:
  • 17 Feb
    • 最近はため息が出るようなことが続いていましたが、 ため息もつきかた。 高音ではあ~っと言うと何だか幸せがふってきそうだよね、 と生徒と話していました。 今日は自己推薦入試4次でした。 イラストが得意な生徒が、わざわざ自宅から何枚も自分の書いた イラストを持ってきてくれました。 はじめて声を出して、目を合わせて自然な笑顔で笑ってくれました。 文化祭のポスターで、自分のイラストが使われるように 頑張りたい、とのこと。 前向きな気持ちに、感動のため息がでちゃいました。 月曜日の発表までドキドキだと思うけど、みんな結果待っててね。  

      テーマ:
  • 16 Feb
    • 向上

      あることで生徒に「悲しいわぁ、涙がでちゃうわ」と嘆いていたところ、 女子生徒から 『先生が前に「人のために泣けることは素晴らしいこと」って言っていたので、 やっぱり先生は優しい人です!!私も人のために悲しむことができる優しい大人に なりたいです!』 と・・・・ 彼女のピュアな気持ちに心が洗われました。 今日はひさびさの青空が広がっていました。 今朝は黄色の花を真っ青な空にかざして 写真を気持ちよく撮りました。 青と黄色のコントラストがすっきりと爽やかな気持ちになりました。  

      テーマ:
  • 15 Feb
    • 「食」について・・・ 先日、ある飲食店のオーナーが学校に来られて、 食にたくさん素敵なお話を聞かせていただきました。 そのお店自身、そしてオーナーの考え方にもとても共感でき、 今週もプライベートでいかせていただきましたが、どれもとても美味しく、 心のこもったお食事ばかり。 最近はコンビニやファストフードも多くなってきていますが、 学校でもお母さんが毎朝愛情こもった弁当を美味しそうにほおばっている 生徒を見ると、こちらまで温かい気持ちになります。 先日、その生徒のお母さんにお弁当のお話をしたら、 「キャー、先生見てるのはずかしい!でもそんな見てくれててうれしいわ。励みに頑張ろうっつ!」 といっておられました。 星槎にいる間は頑張って登校日の日は弁当を作ろう、と決めたそうです。 それぐらいしかできないと・・・・ お母さんの手作りのものってどうしてこんなに美味しいんでしょう。 みなさんの「おふくろの味」って何でしょう。  

      2
      テーマ:
  • 14 Feb
    • ハッピーバレンタイン!2017

      今日はバレンタイン。 毎年バレンタインの前後は、生徒たちとのチョコレート交換が恒例。 今年も張り切って、かわいいラッピンググッズを買い込み、 前日から準備。 かわいい雑貨屋さんとか、100円ショップとか好きなので、 こういう選ぶ時間や準備するのも楽しかったり・・・ いつもゼミの子中心にあげるのですが、みんなとても喜んでくれました。 手作りで作っている子もたくさんいて、本当に毎年尊敬! みんな本当にありがとう! 素敵なバレンタインデーを☆彡  

      テーマ:
  • 13 Feb
    • 共生社会とは・・・

      今日は星槎大学の授業 「共生科学実践演習3」でゲストスピーカーとして、昨年9月に卒業された 卒業生の堀さんが富山GCから全国に卒論研究発表をされました。 前日からいろいろやりとりをさせていただいていましたが、 機械のハプニングもあり、どきっとする場面もあり、ご迷惑もおかけしましたが、 堀さんの調査研究の成果を全国に届けることができたと思います。 人間の社会で必要とされる「共生」のありかたを 相互に議論して創造していく学問、それが共生科学。 星槎大学は日本唯一のこの共生科学部、という学部を持っています。 堀さんも今回、この卒業論文を書くにあたって、 何度も「共生」という言葉を自問自答されたそうです。 私も毎日「共生」そして 星槎の3つの約束「人を認める」「人を排除しない」「仲間をつくる」 を毎日自問自答する日々が続いています。 きっとこれからも生きている限り、考え続けることでしょう。 堀さん、素敵な発表をありがとうございました!    

      1
      テーマ:
  • 12 Feb
    • サクラの便りまでもう少し・・・

      今日はフリースクールで2年間通ってくれた中学生の合格発表。 「先生、合格しました!」 本当に穏やかで、喜びに満ち溢れた元気な声でした。 孤独や不安と、そして自分と闘いながら、 本当によくがんばりましたね。 受験生のみなさん! 春までもう少し。 時計の針は確実に前に進んでいます。 「雪は天から送られた手紙」 外は雪がしんしんと降っています。 天からの手紙から、サクラへの便りと形を変えるまで もう、少し。    

      1
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 気遣い

      思ったことを口にすれば、時に相手を傷つけてしまうこともある。 声高な自己主張ばかりしていては、議論にもならない。 相手を気遣い、尊重する。 それが大人の作法ではないだろうか。 人生でもっとも後悔しているのは優しさが足りなかったこと・・・・ 作家のジョージ・ソーンダースは、大学の卒業生に向けたスピーチで そう明かしたといいます。 「優しい人になること」 人生の目標のひとつに。 大人になる前に改めて考えてみよう。    

      テーマ:
  • 10 Feb
    • 前へ

      明治大学ラグビー部監督だった名将、故北島忠治さんの名言「前へ」 苦しいときこそ一歩踏み出そう。

      1
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 氷川丸ものがたり

      星槎大学の伊藤玄二郎先生原作の『氷川丸ものがたり』を観賞してきました。 森市長自ら冒頭のご挨拶の中で、最初に星槎グループをご紹介いただき 本当に感謝致します。     この映画は、戦前、戦中、戦後の「氷川丸」を舞台に主人公の少年の船や世界への 憧れを持ちながらも、戦争の恐ろしさ、それらから派生した出来事から来る心の葛藤を経て、 成長していく物語です。   互いに認め合える「共生社会」のあり方を考える機会となりました。 全国でこの映画が上映され、沢山の子どもたちに観てもらいたいです。  

      テーマ:
  • 08 Feb
    • とやま大地の会 ミニセミナーより

      先日行われた「とやま大地の会」ミニセミナーの内容を 毎月送っていただいている会報『花無心』より 富山学習センターは2002年4月に開校。 「人を認める」「人を排除しない」「仲間を作る」という、3つの約束をもとに、 共感理解教育の実践を行っている。 生徒のエピソード「あなたを変えたものは?」 小学校から不登校だった静かな生徒。 高校では1度も休まずに、私とともにマラソン大会に出て完走することができた。 それをきっかけに部活動にも参加するようになる。 後輩の面倒を本当によくみてくれる子で、声かけもまた絶妙に上手。 ゆくゆくは生徒会長もつとつとめ、卒業時には卒業生代表にも選ばれ、代表の挨拶を述べた。 現在は岐阜の大学に進学し、心理学を専攻しているようです。 「あなたを変えたものは?」についての本人談 「学校に行こう」 「自分を変えたい」 「友達が欲しい」 そう決断しなければ、今の自分はいません。 一歩を踏み出すには勇気がいるが、一歩踏み出すには勇気がいるが、 一歩を踏み出すことが光が当たり出し、自信が少しずつ芽生えてきます。 「決断」で人生が、あなた自身がいつからでも変えられるのです。    

      テーマ:
  • 07 Feb
    • 白馬スクーリング出発

      今日から4日間、2年生の生徒は白馬での集中スクーリング。 2日間、スキー実習を白馬五竜スキー場にておこないます。 初めてスキーに挑戦する子、小学校以来ひっさびさにやる子、地元のすぐそばが スキー場でスキーが大好きな子、など みんなそれぞれに想いを持って、スキー実習に挑みます! 星槎の3つの約束を毎日意識しながら、 自然を感じて、楽しんできてほしいです! いってらっしゃい☆ミ  

      1
      テーマ:
  • 06 Feb
    • すべての子どもたちへ・・・

      国連が採択した「子どもの権利条約」をわかりやすく伝えた絵本の一節。 「すべての子どもは、生きる権利、そして大きくなる権利があります。」 すべての子どもたちは幸せになるために生まれてきたのです。  

      テーマ:
  • 05 Feb
    • ハッピーバレンタイン

      2月4日はオープンスクール! 私が担当で生徒と一緒にかわいいアイシングデコレーションカップケーキを作りました。 みんな女子力が高くってびっくり! かわいいメッセージカードと、ラッピングもオリジナルデザインで☆彡 ある子は「Dear Mama」とお手紙を書いていて、 本当に素敵! みんな素敵なバレンタインギフトを!

      テーマ:
  • 04 Feb
    • 2016年2月保護者会

      「啐啄同時(そったくどうじ)」。  「そつ」は雛が内側からたまごのからをつつくこと。 「たく」は親鳥が外側からからをつつくこと。  ひなは自分のくちばしでたまごの殻をつつき、生まれてきます。 少しずつ時間をかけて自分で自分の殻を割っていく・・・。  親鳥は子どものペースに合わせて、 それを応援する意味で、外から殻をつついてやる。  ひながまだつつこうとしていないのに、 親鳥が先につついて(からを破ってしまっては)ひなは生まれない。  つまり、親鳥と雛のタイミングが合うと、 雛がスムーズに生まれる(たまごから出てこられる)という意味なのです。  早すぎてもダメ、遅すぎてもダメ・・・・親子のタイミング、 つまり、子どもが「出よう」としている時を見計らって、 親がサポートする。そのタイミングが大事だということです。  子どもは一人ひとり違います。 その子のペースに合わせて、親、先生も周りの大人も関わる必要があると・・。  子どもが自分でやろうとしているのを待ちきれず、 先回りして親がついつい手助けしてしまうことを避けたい。 なぜならば、そうしていると、子どもの自主性が育たないからです。  子どもは本来、自分で伸びていく力を持っています。 関わり方で、その力を伸ばすこともできるし、つぶしてしまうこともあるのです。  私たちは、焦らずに、大らかに子どもを見守ることを心に留めておきたいものです。      

      テーマ:
  • 03 Feb
    • 節分

      今日は節分。 学童保育では豆まき。 高校では、豆まき用の豆を炒っていて、学校中に豆の香ばしい、いいにおいが! 家に帰って恵方巻き。 今年は北北西。  

      テーマ:
  • 02 Feb
    • つぶやき

      今日はある県立高校に通う男子生徒が見学。 学校見学をしていたときに、生徒と職員のやりとりをみていて 一言・・・ 「楽しそう・・・」 ほんの小さなつぶやきの声ですが、 私は聞き逃しませんでした! 心からの彼のつぶやきに、私もうれしくなりました。  

      テーマ:

プロフィール

seisa-toyama

性別:
女性
血液型:
AB型
お住まいの地域:
富山県

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
232526 位
総合月間
220859 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。