1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-27 12:52:12

大宮から美園までLRTが走る計画と大宮駅グランドセントラルステーション化構想

テーマ:市議会

こんにちは。


あいにくのお天気の土曜日となりました。


今日は、盆踊りが3カ所であるので、止んでくれるといいなと思っております。


昨日は、議会閉会中ではありますが、


「見沼田んぼ将来ビジョン特別委員会」と「東西交通大宮ルート及び大宮駅機能高度化に関する小委員会」の2つの特別委員会が開催されました。


私は、今年度から「東西交通大宮ルート及び大宮駅機能高度化に関する小委員会」に所属しております。


大宮~新都心~美園まで、LRTを走らせる計画があります。


LRT=新しい路面電車と言う感じでしょうか。

http://www.jtpa.or.jp/contents/lrt/


平成12年の運輸政策審議会の答申で取り上げられ、今年4月には、国交省交通政策審議会の答申が出されました。昨日は、市の担当課からその答申の説明と今後の方針について話を聞きました。




答申では、大宮から美園へのアクセスの利便性の向上が期待されています。


たしかに、今は、ダイレクトに向かう公共交通はないので、不便と言えば不便かもしれません。


しかし、どこまで必要なものか?


課題としては、収支採算性に課題があるため、十分な検討をと答申でも指摘されています。


上の写真では見にくいと思いますが(昨日委員会時に配られた資料の一部です)


大宮から美園まで12キロ、総事業費400億円の予定らしいです。


先に計画が進められている宇都宮市では、約15キロの路線で、当初示した額の1.6倍にも膨れているとか・・・


また、新都心を経由して美園に向かう際は、見沼田んぼを通っていくことになる、そうすると、途中の駅の利用者など見込めない・・・このルートでいいのか??などの意見が地元議員からは出されていました。


今後は、課題解決に向けた取り組みを行い進めていくとの報告でした。




もうひとつは、大宮駅、グランドセントラルステーション化構想についての報告でした。


大宮が国の計画等に位置付けられたとして、


運命の10年を逃すことなく、東日本の玄関口である大宮、ひいてはさいたま市のプレゼンスを飛躍的に向上させ、日本の誇るべき都市として地位を確立させていくことを目的に、と。


これからは、心の豊かさを求める時代なのになぁと私は心でつぶやきながら説明を聞いておりました。


推進会議が発足し、8月25日に第1回の会議が開かれたとの報告です。


来年度は2つの部会分かれ、2カ年で構想を取りまとめていく予定との報告でした。


こういう大きなことを行うかたわらで、福祉が削られていくことだけは、決してありませんように。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-08-24 11:03:34

息子の夏休み

テーマ:子どものこと

こんにちは。


一昨日の台風の豪雨は大変なものでした。


みなさん、大丈夫でしたか?


さいたま市は、21日の夜から大雨、洪水、浸水注意報が出され、22日には、大雨、洪水警報。


市内5区で避難場所も開設されました。


桜区では、埼玉大学の体育館の避難場所が開設。


床上浸水18件、床下浸水76件、道路冠水34件の被害がでました。



息子は、21日から休みで、うちに来ました。(普段は先輩2人とアパートを借りて暮らしています。もちろん、健常者方の手を借りながら)



21日は、かねてからの約束、学校の先輩で、よく息子のお世話をしてくれたお姉さんと会いました。


小さな小さな同窓会。


お姉さんは、介護施設で働いて、ご結婚もされています。


やっぱり、あこがれの先輩だ~




息子、こんなこと初めてだから、大好きなピザも一口食べただけでした。


どうしていいかわからないと言った感じで、


「食事ものどを通らない」と思っていたのですが、


それだけではなかったのです。


息子は、午後からすごい下痢に苦しめられました。


体調が悪くて、食欲がなかったようです。


夜になってさらに悪化、夜中も2回起きて、朝は4時、5時と・・・


台風の中、病院に行きました。


薬をもらって、だいぶ良くなりほっとしました。



まだ、下痢がひどくなっていなかった21日の朝、


息子は、洗濯をして、自分で洗濯物を干しました。




重度知的障害、自閉症、24歳、


会うたびにできることが増えています。


会うたびに大変なこともあるけれど、それ以上の感動を残してくれます。



あの事件から約1ヶ月になろうとしています。


私は、どう受け止めていいのか、自分の気持ちをどう伝えたらいいのか・・・

苦しみ続けていました。


相模原市の知的障害者施設で、19人の入居者が殺害され、26人が重軽傷を負うという残虐事件。


入居者は、うちの息子と同じような方々と思うといたたまれません。


容赦なく、重度知的障害者に生きていてムダというレッテルを貼られたことは、今、これを書いていても息苦しく、吐き気がします。


たしかに、困った、どうしていいのか分からない・・・私も子育て中、死をも考えました。


どうしても衣服を着られない裸の息子、

一日中水遊びをする息子、

自動ドアの前で1時間以上立ち止まる息子・・・


でも、それを通して、私は息子から大事なことを教わった気がします。


衣服を身に着けられないのは、肌の感覚が鋭く、繊維が痛く感じるから。

息子は、衣服を着られるようにしてくれる人ではなく、一緒に裸になってくれる人が欲しかったこと。


水がとてつもなくきれいなきらめきを放ち、息子はきらめきを手で作っていたこと。


自動ドアがきちんと閉まるか不安で、不思議で、見入っていたこと。


それらの理由が分かった時、私は、この上もなく感動し、心から息子を愛おしく思います。


その心が通じると、息子がニコッと笑って、それはそれは美しい笑顔で、私を涙ぐませてしまいます。



私の大切な息子



息子の学校時代の恩師が、あるところに、この事件をうけて「思うこと」として書かれた記事を目にしました。


糸賀一雄の「この子らを世の光に」

常にこの言葉意識して、仕事に取り組んでいきたいと書かれていました。


「この子らに」ではなく、「この子らを」

私が息子に感じることと同じ思いを糸賀さんは感じていらしたのだろうと思います。


恩師は続けてこう書かれていました。


「どんな人でも発達の無限可能性をもっている。死ぬまで発達する」


「糸賀氏の言葉と同様に、『白痴の使途』と呼ばれたセガンの本に引用されている障害児の教育の可能性を発見することは、『社会の輪を完成させることができる』というくだりは、後年、国際障害者年で、『障害者を排除する社会は、弱くてもろい』と言う言葉とつながりました」


と、書かれていました。


先生ありがとう、勇気と元気の出る文章でした。


糸賀さん、セガンさん、ありがとう。


私はこの道を進みます。


何が起きようと、私は決してあきらめません。


「障害者に優しい街は、すべての人にやさしい街になります」


私はそんな街をつくりたい















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-19 14:11:07

予算委員会で視察

テーマ:市議会
こんにちは。

昨日、今日と議会の予算委員会のメンバーで、行政視察に行きました。

今、帰りの新幹線の中でこれを書いています。

視覚障害者が東京港区の地下鉄のホームから転落してお亡くなりになりました。

ホームドアがあれば、守れた命と思うといたたまれません。

欄干のない橋と言われるほど、視覚障害者の方にとって、ホームは危険な場所です。

そして、視覚障害者の方だけでなく、一般の乗客の転落事故もあります。混雑時は特に危険です。

電車で通学をされているお子さんの親御さんの心配は計り知れません。

駅ホームドア設置に自治体も補助金を出して、そして、鉄道会社に設置促進を求めるべきと、予算委員会の質疑で求めました。

この度、さいたま新都心と浦和駅に設置が決まったようです。市が補助金を出すことを発表しました。

もっともっと、ホームドアを早く普及してほしいです。

さて、視察は、名古屋市と川西市でした。

名古屋市では、河村市長の誕生で、市民税10パーセント削減を実施。

それに合わせて議会では、議員提案により「予算編成の透明性の確保と市民意見の予算への反映に関する条例」を制定したそうです。

さいたま市もそうですが、ほとんどの市では、最終的に決まった段階で予算案を公開しますが、名古屋市では、どういう過程で予算案を作っていくか、各局からの予算要求の段階から公開しています。

そして、その時点で、市民からの意見も頂戴して予算案を決めていくという、画期的なものでした。

{74200421-A0CB-4B41-BC7A-93FEC6B60848:01}

写真は、名古屋市役所の入り口入ってすぐのところで。

大阪で一泊し、翌日は電車で20分ちょっとのところの川西市にお伺いしました。

川西市の行政改革は、今から約18年前に市の若い職員が、おざなりとも言えるような行政に、「このままではいかん」と立ち上がったところから始まりました。

何とも熱い!

ていねいで思いのこもった説明に聴き入ってしまいました。

川西市の決算成果報告書の一部を拝見しましたが、人件費まで入れた総コスト情報から、目的達成のための手段と成果、それから担当部長による自己評価と今後の方向性が書かれてあり、一目でその事業の状況がわかるものでした。

最初は、すごい抵抗があり、大変だったようですが、「これが必要なんだ」という、丁寧な説明(後は情熱でしょう)で理解を得たそうです。

それから、担当部局に自由を与える。と、同時に成果はきちんと見るというのが肝心とか。

押しつけられたものに、その上、成果も見られては、かなわないですものね。

{7715ED07-C13C-4487-981C-231E09CCFB46:01}


写真は質問をさせていただいている私。
お隣は、同じ会派の神田議員です。

とても有意義でした。

やはり、現地へ行き、直接お話を聴くことに勝るものはないと思いました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-16 11:37:50

山城屋さん

テーマ:ブログ
こんにちは。

みなさん、お元気ですか?

8日ぶりの投稿となってしまいました。

大木さん、あめとしさん、コメントありがとうございました。

この一週間、いろいろなことがありました。

大好きな先輩議員、山城屋せきさんがお亡くなりになり、11日はお通夜でした。

山城屋さんとは、私が議員になる前から親しくさせていただいていました。

選挙のお手伝いに行った時は、ご自身が一番疲れているのに、私たちに座るように言ったり、食べるように言ったり。

自分のことより、他人のことを心配する、本当に温かい優しい方でした。

最後にお話ししたのは、何ヶ月前だろう…

山城屋さんから電話がかかってきて、知人が病気で苦しんでいるから助けてやってほしいとのことでした。

「あたしもね、入院して身体が動かないのよ、そうでなければ、すぐに行くのに。お願い。久保さん、代わりに行ってあげて。彼女、ひとりで心細いと思うから」

なんとも、山城屋さんらしい。

お通夜には、元気になられたその方もお見えになっていました。

「私のことなんてどうでもいいのに。人の病気の心配より、自分の…」
涙で言葉が途切れました。

山城屋さん、山城屋さん、たくさん思いやってくださって、本当にありがとうございました。

懸命に働いた山城屋さん、ゆっくり休んでください。

一緒に市役所近くの美味しいお蕎麦屋さんで食べようと約束したのに、叶わなかった…ゆっくりともっとたくさんお話を聴きたかったです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-08 18:44:26

盆踊り

テーマ:ブログ

こんにちは。


さいたま市桜区は、毎日のように盆踊りです。


子どものころから、盆踊りは大好きでした。


母が日本舞踊を教えていたので、


小さいころから輪の中で踊ることが楽しみでした。


父が役員のようなことをしていて、


おでんを作って売っていたのも


懐かしく思い出します。


夏はいいですね。


8月3日、道場の盆踊り。




毎年、私の事務所の並びのマミーマートの駐車場をお借りして行われます。


私は、結婚して川口市に住み、子どもが1歳の時、道場に越してきました。


子育て中の時は、子どもを連れて毎年来ていたものです。




神輿会のみなさんと!


いつも元気をいただいています。


8月6日、大久保領家の盆踊りにお邪魔しました。


今の住まいから歩いてすぐのところで行われています。




提灯がきれいでした。


息子は、提灯が大好きだったな・・・と思っていたら、


息子に会いました!




仕事の仲間と来ていました。



そして、昨日、8月7日は、栄和の盆踊り!




懐かしい方にもたくさん会えて、楽しい盆踊りでした。



まだまだ、これからもあちこちで開催されます。


今年もたくさん踊ろう!


またブログで報告いたしますので、お付き合いいただけたら幸いです。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-05 17:56:30

猫は生きている

テーマ:猫のこと

こんにちは。


暑い毎日が続いていますが、みなさん、お身体大丈夫ですか?


先日は、お買い物に向かう際、具合が悪くなった高齢者の方がいらして、


事務所で休憩をしていただきました。


炎天下での外出はお気をつけください。



さて、以前ブログで、本の題名を知りませんか?


と書かせていただいたところ、


たくさんの方から「猫は生きている」とお教えいただきました。


ありがとうございました。


http://ameblo.jp/seijini-kokorowo/entry-12178133322.html




手に入れました!


読み返すのが楽しみです。


教えてくださったみなさん、ありがとうございます。



7月の終わりに4頭の猫を保護しました。


あるマンションの敷地内で、ご飯をあげる方がいて、


そこに住み着いてしまったとのこと。


住民の方の中には、猫が苦手な方もいます。


アレルギーの方もいます。


なかなか理解が得られず、


厄介者になってしまった猫たち。


手術して地域猫として生きていけないかと、


愛護家の方にも入ってもらって、進めましたが、


どうしても理解が得られず、3頭は私の事務所に、


1頭は愛護家の方の紹介で猫シェルターに行きました。


共生社会への道は遠いものがあります。


事務所にいる3頭を紹介します。




綺麗な女の子。


引っ越しの際に置いて行かれたとの情報が入りました。


獣医さんもロシアンブルーでは?と言っているほどでした。


グレースと仮名しました。




この子は、ケリー。男の子。


グレースの近くにいたから、ケリーと。(グレース ケリー、ご存じないかしら?)


そして、もう1頭は、ジュリーにしました。




大きな大きな猫です。


3頭とも、エイズが陽性でした。


エイズキャリアであっても、発症せず、


一生を元気に過ごす猫も多いそうです。


グレースとケリーは、人慣れもしていますので、


どなたか、幸せにしていただけませんでしょうか?


事務所のケージで待っております。







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-01 17:50:11

被爆71周年、第31回原爆死没者慰霊式

テーマ:活動

昨日は、浦和コミュニティセンターで、


原爆死没者慰霊式が行われました。




さいたま市南区の別所沼公園には、


埼玉県原爆死没者の慰霊碑があります。


毎年、この場所で慰霊式が行われていましたが、


昨年は、70周年の節目ということで、埼玉会館で行われ、


今年から、被爆者、関係者の高齢化に伴い暑いなかの外は大変ということで、屋内での開催になるそうです。


昨日は、自民党、民進党、公明党、共産党の国会議員はじめ、県議、市議、社民党の埼玉県連合会の代表なども参加しました。


各政党代表一人の国会議員があいさつを行いました。






写真は、わが党の塩川衆議院議員です。



71年前の8月6日と9日。


広島と長崎に原爆が投下されました。


原爆によって数十万に及ぶ方が命を失いました。


そして今なお、その後遺症に悩ませれいる方がたくさんいます。


様々な理由で、広島、長崎から埼玉に移り住んだ被爆者がいます。


県内の原爆死没者1382人の名簿が祭壇に供えられた。


被爆者は、ふたたび同じ苦しみを地球上のだれにも味わわせてはならないと、


核兵器も戦争もない世界の実現をずっと求め続けています。


しかし、世界には、1万5千発余りの核兵器があります。


何のために?



広島市長からのメッセージには、


「核兵器は非人道の極みであり、絶対悪です」

「人は、国籍や民族、宗教、言語などの違いはあるものの、同じ地球で暮らし、一度きりの人生を懸命に生きています」

「私たちは、人として、共に生きるため、核兵器による非人道的な脅しに依存することなく、人と人との繋がりを大切にした未来志向の対話ができる世界を築く必要があります」


とありました。とても感銘を覚えます。



この日は、参加者全員から献花を行い、


そのあと被爆者の声と題した朗読が行われました。


当時、10歳だった女性からの声の一部を紹介します。


「戦争が始まり、どんどん物がなくなり、夢にカステラやゼリーが出てきて、朝起きて押入れの中を必死で探した覚えがあります。


毎晩のように空襲警報がなり、夜中に起こされました。


家の前の一角が強制疎開になり、お向かいの大きなお宅が朝鮮人の作業員宿舎になりました。

朝鮮人の人たちはとても優しくて、よくパンを持ってきてくれました。

「アイゴー、アイゴー」と泣いている男の人の声が聞こえました。なんであんなにいじめるのだろうと、家の2階から心を痛めながらかわいそうな光景を眺めていました。


8月9日午前11時2分、私は妹と庭のミカンの木の下で遊んでおりました。

家の横に小川があり、男の子3人が、パンツ1枚で遊んでおりました。

飛行機のブーンと言う音を聞き、ああ飛行機だと思ったそのとき、ものすごい光と同時にドンという音がしました。

びっくりして家の中に駆け込もうとしたら、下駄箱も食器棚も倒れ、母と姉は台所でカボチャを煮ておりましたが、割れたガラスが鍋に入ってしまい、食べることができませんでした。


私と妹はミカンの木のおかげで無事でしたが、川にいた男の子も、畑にいた近所のおばさんも火傷をしておりました。

あくる日、父を捜しに出かけました。けが人や真っ黒こげの人でいっぱいでした。馬も死んでおりました。市内にはいけませんでした・・・」


帰ってきたお父さんは、ブラブラ病で寝込み、被爆から17年で亡くなったそうです。お母さんは、丈夫な人だったのに、被爆以来いろいろな病気にかかり後遺症に悩まされ、亡くなり、お姉さんも癌で亡くなったそうです。




原爆被害への国の償いも、核兵器廃絶も未だ実現されていません。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-30 16:39:05

お神輿、最高でした

テーマ:ブログ

こんにちは。


本当にお久しぶりの投稿になってしまいました。


みなさん、ご元気にお過ごしでしょうか。


相模原で、悪夢のような事件が起き、


どう受け止めたらいいのか・・


苦しく、悲しい、辛い毎日を過ごしていました。


意思の疎通をできないものは生きる価値がない?


平和のために障害者を抹殺?


親御さんの辛い顔?


私の息子は重度の知的障害で自閉症です。


息子は言葉が話せません。


けれど、言葉を話してほしいと思ったことはありません。


言葉以上通ずる、心を和ませてくれる力を息子は持っています。


多くの感動を私に与えてくれました。


多くの幸せを私に与えてくれました。


尊いかけがえのない命です。


「あの笑顔に多くの人が救われた」


「あの日、あの時にくれた感動を力に今の私がある」


犠牲になられた方のご家族、友人、先生、多くの方が嘆き苦しんでいるでしょう。


会いたくても会えない・・・


何も悪いことをしていないのに、なんで、こんな目に合わなければならないのでしょう。


奪われていい命なんて、ひとつもないと思います。


障害者がいなければ平和?


障害者がいるから平和と私は声を大にして言いたいです。



さて、話は変わりまして、



恒例のお神輿、祭りが終わりました。


7月10日、桜区では、栄和、道場のお神輿。




午前は栄和で元気よく!



午後は道場です。






だいぶ辛くなってきました。




事務所にお神輿が入りました!




まだまだ!


熱い、暑い日でした!


そして、7月24日は、浦和まつり!


旧浦和中の神輿が一堂に会します!




神輿パレードです。






お神輿、最高!


来年がまた楽しみです。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-23 13:02:13

輝く命、ルビー

テーマ:猫のこと
こんにちは。

今日は、猫のお届けで川越の笠幡という所に来ています。

川越線で行ったのですが、帰り、タンクローリーが踏切内で動かなくなってしまったらしく、運転見合わせ。

11時半くらいから13時過ぎても運転されず…こんなこと初めてです。

普段、時間に追われて生活していますと、次に進めなくなると、頭が真っ白になりますね。

待つしかないのに。

あの日もひたすら車の中で待っていました。

横には、キャリーバッグに入ったルビーがいました。

生後10ヶ月くらいなのに、どう見ても半年も経っていない子猫にしか見えない。

虚弱だから、手術に踏み切れず、今まできてしまいました。

外は雷雨で普通ならすぐ止むのに、どうしたわけか、なかなか止みません。二人で雨の音を聞くしかなくて、私の目からも我慢しても雨が降っていました。

ルビーは、上目遣いでじっと私を見ては、 外の雨も見て「落ちるな 水…」と悟りを開いたような顔をしていました。

その日、ルビーは去勢手術をしました。同時に血液検査もしました。

エイズが陽性でした。貧血もありました。

ルビーは、生後1ヶ月くらいの時に浦和のてんぷら屋さんの近くで保護されました。

夜遅く、ニャーニャーと力なく鳴くひとりぼっちの小さな小さな命。

てんぷら屋さんのお姉さんが、たまらず抱き上げ、救いました。病院に連れて行き応急処置。目やにがひどく、目が開かなくなっていて、何とも小さく、毛も薄く、猫だけれど猫でないみたいな…とにかくひどい状態でした。

知人を通じて私のところに来たルビー。
病院でレボリューション済みなのに、2週間経ってもノミが身体を這っている。白いツブツブ、シラミ。おしりからひも?回虫です。

検便すれば、マンソン、コクシジウム、何種類もの寄生虫。

{1ED64786-5716-4B8A-9B83-641EB15729B6:01}

3ヶ月くらい経って、ずいぶんしっかりしてきて、里親募集もしました。

{F60E5F87-2929-46AD-BB0C-70C6BFEAB4A3:01}

けれどすぐに体調を崩してしまう…

ルビーはうちの子になりました。

ルビーという名前は、ルビーより少し前に保護された黒い長毛のそれはそれは美しい猫をルルと仮名していたので、
ルルより将来は光輝く美しい猫になれと願いを込めてつけました。

{B3557FFB-D791-446E-AF00-46AE37EC9529:01}

ルビー、ルビー、私の大事なルビー。
私の宝物のルビー。

真っ赤に輝くルビーの命。

美しく過ぎるよ、ルビー。

{FB12D4D8-775D-4047-BB7B-C9368A98C91D:01}

来年も再来年もルビーと一緒に過ごせますように。

今日一日、明日一日、ルビーとの時間を大切にしたい。

ゴロゴロ、グルグルルルルル

ルビー、大きな音だね、ありがとう。

大好きなルビー。

真っ赤に輝く美しい命です。







いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-20 14:28:34

さくらママと4太郎

テーマ:猫のこと

事務所にいる猫の親子。




さくらママと4頭の子猫です。


みんな男の子。


タロー、ジロー、サブロー、シローと仮名しました。


ただいま授乳中。


癒されます。


子猫たち、かわいい盛りです!


6月5日生まれ。


里親大募集中です!


ぜひ、事務所に見にいらしてください。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/1MSXfVDxWPs " frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

久保みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。