清福丸ブログ

知られざるマグロ業界の実態や日々の出来事をご紹介します。


テーマ:

先月東北のとある水産高校の先生から「生徒がマグロ船を見学したいということなんですが、船を見学させてもらえないでしょうか?」との連絡がありました電話
現在高校3年生の生徒はマグロ船に興味を持っているそうで、それならと二つ返事でOKOK

いつもお世話になっている宮城県北部船主協会の吉田さんに協力をお願いして、今週初め、生徒にマグロ船を見学してもらいました目

まずは船尾の方からあし
ここでは延縄の投縄作業について説明しますべーっだ!
幹縄が150㎞の長さに達すること、釣り数が3000本近くありその全てに手動で餌をつけることなど興味深そうに耳を傾けていました耳
なかでも生徒が興味深そうに聴いていたのが、船尾から見える景色の話得意げ
マグロ船の場合、船尾からの視界が狭いため、荒天時に船が大きく上下するとき、船首が上を向けば船尾の視界は海しか見えず、船首が海を向けば船尾からは空しか見えないという話を聞いて、びっくりしていましたにひひ

次は船の甲板デッキに移動あし
揚縄作業について吉田さんが動画を見せながら説明してくれましたパソコン
新人乗組員が乗船して一番最初に担当する仕事がブラン巻きと呼ばれる漁具を回収して束ねる作業
単純な作業なんですが、油断すると大けがにつながるので、この作業がいかに重要か説明しますべーっだ!

次は凍結室へ雪
魚艙に300トンものマグロが保管されると聞いてとても驚いていましたうお座

食堂や船室を見学したあとは、機関室へレンチ
大きなメインエンジンを間近に見て、びっくりビックリマーク
操業中に部品が手に入らないときは機関部が一から自作すると聞いて驚いていましたチョキ
洋上にはお店も修理工場も何も無いので、全部自分たちでなんとかしないといけないですにひひ

最後にブリッジを見学して終了得意げ
レーダーやソナーなど色々な機器に目を光らせていました目

見学終了後は軽い面談を行い、色々話を聞かせてもらいましたビックリマーク
見学中も積極的に質問するなど、非常に爽やかで社交的な少年でしたアップ

生まれて初めて見る遠洋マグロ船がどのように彼の目に写ったでしょうかにひひ
現在、高校生は就職活動真っ只中メガネ
是非遠洋マグロ船を就職先に選んで欲しいですね音譜

吉田さん、どうもありがとうございましたビックリマーク


●浜田漁業部HPはこちら⇒  http://hamada-gyogyoubu.co.jp/
●乗組員の募集はこちら⇒ http://www.maguro-boshu.com/
●マグロ操業動画はこちら⇒ https://www.youtube.com/watch?v=RfSKGTxpIfQ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お盆前の話になりますが、仙台で全日本会海員組合主催による船員教育機関と海運・水産会社等の関係者との懇談会が開催されましたメガネ
これは初めての試みで、水産学校の先生と海運関係者・水産関係者、そして組合が現状の問題を共有し、率直な意見を交換しました耳

まずは水産高校の先生からビックリマーク
どの先生も口を揃えていうことは今の生徒は昔と違うということ得意げ
ゆとり世代を経て、今は悟り世代と言われる子供たち男の子
基本的に欲しいものは不自由なく持っており、それ以上のものは求めないことから、お金には関心を示さないのだそうですNG
逆にどちらかというと自己承認欲求が強く、他人から認められたいと思う子がとても多いみたいですシラー
そのため怒られることに慣れておらず、ちょっときつく上司から怒られると自分は会社や職場から必要とされていないと感じ、すぐに辞めてしまうのだとかしょぼん
今の若い子は叱って伸ばすのではなく、褒めて伸ばさないといけないみたいですあせる

漁業に関してはどうしても3K(きつい、汚い、危険)なイメージがあり、今の若い子は敬遠しがちショック!
人気なのは内航船やタグボートなど基本的に家から通えるような仕事を志望する子が多いみたいですイカリマーク
もう何年も前から分かっていましたが、やはり今でもその傾向は変わらないみたいですねダウン

次に海運・水産の関係者からビックリマーク
最近は若い子が減ってきたみたいで、だんだん高齢化が進んできているとのこと得意げ
長期航海になればなるほど人が集まらなくなってきているみたいですガーン
しかし明日明日もうギリギリな状態の我々遠洋漁業からしたらまだまだ余裕があるように感じましたかお

やはりこの船員の問題は漁業、とりわけ遠洋漁業が問題の最先端を行っているなと感じました走る人

遠洋マグロ漁業の後継者問題に関しては、後継者育成で実績のある宮城県北部船主協会の吉田さんが発表ひらめき電球
我々業界が抱える後継者不足問題とそれを乗り越えるべく行っているネットを使った募集方法や若手育成事業の実例について話をしてくれましたカラオケ
他の業界の方も吉田さんの言葉に真剣に耳を傾けていました耳

懇談会を聴いていて喫緊の課題は海技免状の取得だと感じました得意げ
現行の制度だと1年に数えるくらいしか免状を取得できるチャンスがありませんしょぼん
遠洋マグロ船の場合、若い子が3年間の乗船履歴を付けて試験を受けられる条件を満たしても、ちょうどよいタイミングで試験を受けられず、一度船を下船しなければなりませんガーン
これは会社にとってもその子にとっても非常に負担が大きいですダウン
3年間頑張った若手乗組員がスムーズに試験に臨めるように、もっと試験を受けやすい環境を整えてもらうことを期待しますべーっだ!


●浜田漁業部HPはこちら⇒  http://hamada-gyogyoubu.co.jp/
●乗組員の募集はこちら⇒ http://www.maguro-boshu.com/
●マグロ操業動画はこちら⇒ https://www.youtube.com/watch?v=RfSKGTxpIfQ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ8月は毎週のように東京出張があります新幹線
本日も会議で東京へ走る人
宮古⇄東京は片道5時間を優に超えます時計

せっかく東京へ来てただ会議に参加して帰るのは勿体無いビックリマーク
ということで今後の宮古の街づくりの参考にするために(?)東京の色々なところを歩いているのですが、今日は先日訪れた素敵なカフェをご紹介にひひ

やってきたのは蔵前にあるカフェバー×ホステルの「Nui.」さん音譜
もともと蔵前にあった江戸時代から続く玩具会社の倉庫を改装して作られているそうですレンチ

1階はカフェバーラウンジ、2階から上はホステルになっていますひらめき電球


早速店内へ旗
ちなみに1階のカフェバーラウンジは宿泊客でなくても誰でも利用可能ですべーっだ!
入ってまず目を引くのがこの大きな木のオブジェ!!
インパクトがありますにひひ

店内は広くゆったりした空間で思い思いの時間を過ごせますニコニコ
この段差はもともと倉庫だった名残りのようです目
トラックをここにつけて上の段より荷物を載せていたのでしょうシラー
この段差を逆手にとって中二階のような構造にしていますべーっだ!

上の段から見た店内の様子目
高さがあるので店内の見晴らしがいいですチョキ

中二階のスペースはこんな感じ得意げ
天井の形が独特ですにひひ
ピアノがありますが、音楽イベントも行われたりするそうですカラオケ

バーカウンター目

立派な一枚板が目を引きますビックリマーク

昼からお酒が飲めるので、外国人観光客はグビグビ飲んでいましたビール

軽食も食べられますナイフとフォーク
ちょうどサラリーマン風の人がご飯を食べていました得意げ

外観はこんな感じビル

外には観光客用にレンタサイクルも用意自転車
この感じは外国っぽいですねにひひ

店内は欧米系を中心とした外国人観光客で賑わっていましたチョキ
みんなここを拠点に東京観光をするのでしょうあし

店内の設計を手掛けたのは「medicala」さんビックリマーク
山口や東京を中心にゲストハウスやカフェの設計を手掛けています得意げ
どの設計も個性的で唯一無二ビックリマーク
僕も設計をやっている友人からmedicalaさんのことを聞いてすっかり虜にラブラブ!
最近は出張の際に都内にあるmedicalaさんが手掛けたお店をまわるのが趣味になっていますカメラ

皆さんも是非お立ち寄りくださいべーっだ!


「Nui」
東京都台東区蔵前2-14-13
03-6240-9854
カフェタイム 8:00〜18:00
バータイム 18:00〜25:00
年中無休
https://backpackersjapan.co.jp/nuihostel/


●浜田漁業部HPはこちら⇒  http://hamada-gyogyoubu.co.jp/
●乗組員の募集はこちら⇒ http://www.maguro-boshu.com/
●マグロ操業動画はこちら⇒ https://www.youtube.com/watch?v=RfSKGTxpIfQ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。