【嫌韓】東方神起ヲタから嫌韓へ・・・のブログ

韓国大好きから嫌韓へ。かなりマニアックな東方神起ヲタ・ジェジュンヲタ・K-POPヲタだった。理由は友人の裏切り、韓国旅行での出来事、韓国の反日の実態を知ったこと、在日韓国人の存在、韓国人との付き合い等々・・・洗脳が溶けた今、ちょっと振り返ってみた。


テーマ:
8月15日は終戦日。昭和天皇の玉音放送によって当時の国民は終戦を知る。玉音放送というと、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」のくだりが有名だが、その続きまで覚えている人は多くないだろう。

1945年8月14日に発布され、昭和天皇が録音。翌15日正午にラジオで放送された。



朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク

朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑々帝国臣民ノ康寧ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々惜カサル所曩ニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス然ルニ交戦已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ心霊ニ謝セムヤ是レ朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ

朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内為ニ裂ク且戦傷ヲ負イ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ惟フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ体セヨ

国立国会図書館「[終戦の詔書](テキスト) | 日本国憲法の誕生」より
http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/01/017/017tx.html



8月15日は終戦日。8月になれば安倍首相が靖国神社に参拝するかどうかでマスゴミが騒ぎ立てる。マスゴミにしてみれば、2014年4月からの消費税増税決定し、アベノミクスと騒いでみたりアベコベノミクスに転落したと騒いでみたり。批判報道ばかりをしている。過去においても「日本経済新聞」「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」などの主要紙は、それぞれの社説等で靖国参拝を批判し、それがもたらす無用な軋轢を懸念し、外交的孤立を招きかねない誤ったことだと主張している。

つまり、日本の戦後の基本的精神である自由(競争)と民主主義の理念に反する国粋主義と軍国主義を容認し礼賛することにもつながりかねない。A級戦犯を合祀した靖国神社に現職首相が参拝する行為は、先例はあるものの戦後日本への背信であるといわざるおえないと非難している。

韓国や中国との貿易や通貨面での摩擦も大きくなりかねないとか・・・。そうした際に語られるキーワードが、たいてい「歴史認識」だ。「慰安婦」に関しても当たり前のことだが、歴史的な出来事についてはどの国も異なった歴史観を持っている。日本の歴史観が、韓国と中国の歴史観と一致することを期待するほうが非現実的ではないだろうか・・・。

もちろん、靖国神社に関しても前身は、明治維新の戦火で亡くなった官軍側の慰霊のために建立された「東京招魂社」。幕末の志士や日清、日露戦争、そして昭和の戦争での戦没者だけが祀られているわけではない。戦後日本の自由と民主主義、そして平和を希求するにふさわしい無宗教の国立追悼施設でも建立すれば問題は本当に解決するのだろうか。

韓国や中国はそれでも問題は解決しない。結局のところ日本をずっとスケープゴートとして利用するためだ。韓国の国内問題、中国の国内問題から国民の注意をそむけるためだけに利用している。

これは、テロリズムに対して常に対峙し続けなければならないという事実を受け入れるのと同じように、日本は韓国や中国という敵対者を永久的に隣国に持つという事実を受け入れるべきだ。ゴリ押し捏造のでたらめな歴史観を、日本は断じて受け入れてはならない。毅然と拒絶し、対外的にもいかに極端で、意図的で悪意に満ちたものかを、事実に基づいて反論していかなければならない。

そもそも、日本人以外の人々がどういう理由で「靖国に参拝するな」と言えるのだろうか。日本人の宗教心や価値観を変えようとでもいうのだろうか。改めて歴史を勉強してみると、韓国人が「靖国神社にはA級戦犯が祀られているからダメだ」としつこく主張し続けている。韓国は当時、日本の一部で日本と交戦したこともない。なぜ靖国神社参拝を批判しているのだろうか。当然、国際軍事裁判で「BC級戦犯」として処刑されて靖国神社に祀られている人の中には、朝鮮人も当然含まれている。

簡単にではあるが、A級戦犯がBC級戦犯より罪が重いと思っている人もいるので簡単に説明すると、A級は「平和に対する罪として」、戦争を開始し、遂行するための計画立案などに関わった戦争指導者とし、B級は、「通常の戦争犯罪」で捕虜虐待などの罪。C級は「人道に対する罪」として、戦前、戦時中になされた行為によって区分されている。つまり、韓国は、かつて自国民がBC級戦犯として罪を問われたことを隠すために、A級戦犯だけを問題視し日本を攻撃している。韓国のお家芸でもあるが、ある物事について都合のいいように切り取って言い訳するような、子供と何ら変わらない幼稚な行動である。朴槿恵(パク・クネ)大統領の父親の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領はじめ多くの人々が日本軍の士官教育を受けて将校にまでなっているのに、その事自体も正面から向き合うこともできないのが現状だ。

長々と文章を書くのもなんだかねぇ~

改めて思うこと・・・

日本も多くの重要法案が成立していく

負けると言うことは騙されるということ

日本人はこのまま行くと一生騙され続ける

社会にはルールがありその上で生きて行かねばならない

しかし、そのルールはずる賢い役人・官僚・国会議員等がつくっている

それは、つまりどういうことか

そのルールは全てずる賢い奴に都合がいいようにできているということ

逆に都合の悪い所はわからなくうまく隠してある

だけど、ルールに従うずる賢い奴らはそのルールを上手く利用する

たとえば、税金(5%→8%→10%→16%→25%→?)、年金(65歳給付開始→75歳給付→?)、保険・医療制度(国民皆保険制度の崩壊、自由診療化)、給与システム(控除等の廃止)・・・どれもずる賢い奴らが自分達に都合良くわかりにくくしている

そして、ろくに調べ考えようとせず答えを求めようとする人から多く搾取しようとしている

つまり、社会のシステムだから仕方がないと面倒臭がっていると一生無駄なお金を払い続ける

そして、ずる賢い奴らは得して勝つ、自分で調べ考えて行動しなければ負け続ける

これが今の世の中の仕組み

だから、騙されたくなかったら、損して負けたくなかったら

日本について改めて勉強する必要がある

まずは、今の日本がなぜ戦後このような仕組みになっているのか理解する必要がある

なぜ、日本は戦争をする必要があったのか、なぜ戦争に敗れたのか

戦争の悲惨さは今も世界中で起こり続けている現状も考えながら、日本を守るために多くの尊い命が失われ、この暑い8月の終戦まで戦い抜き日本を守り抜いてくれた先祖にまず感謝すべきだと思う

だからこそ、思いは人それぞれ異なるかもしれないがこの8月に靖国神社への参拝をし、今一度守り抜こうとした日本、それをしっかりと引き継ぎ、後世へ受け渡す義務が私たちにはある

これからの日本について真剣に考える必要がある

日本を変えるターニングポイントは何度もない

売国議員やマスゴミや親日韓国人の番組やブログや本を読むと反吐が出る

未知の無限の可能性やら何の根拠もない情報を押し付けようとする

そんな情報に踊らされて個性を生かして他人と違う人生をすごそうなんて大間違いだ

現実は不満と後悔がうずまく現実だけ

日本の未来は日本人が決める

見えないものに立ち向かう勇気と希望

心のままに進む

必ず明るい日本の未来が見えてくると信じて



大・和・魂・敵・皆・無!!

2014年8月1日
プドゥー


AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード