アトリエてらたより

福岡は六本松閑静な住宅地にあるART CAFE & BER<アトリエてらた>からの便り。福岡市中央区六本松3-5-28 TEL 092-771-4445
営業時間15:00~翌1:00 日・月定休ですが開けてる時もあります!お問い合わせ下さい!!


テーマ:
2月はいろんなとこにライブしたり見に行ったりとよく移動した。
移動するからにはその土地の美味いもと面白いとこにいくのが楽しみだ。
今回はひとつひとつ詳しく説明するととんでもない文章量になるので一言ずつコメントして
ご紹介。

まずは2月20日別府。
釈迦カーンという70sディスコナンバーを中心に演奏するバンドのライブで別府行き。
(私ギター担当)

別府の昼飯の定番「とよ常」の天丼。コストパフォーマンス高し!


ライブのリハ迄時間があるという事で「甘味茶屋」私はぜんざい。雰囲気いいっすね~。


ライブもちゃんとしましたよ!「釈迦カーン」@カッパーレイブンス!



打上は別府の隠れた名店「酒某うえはら」ここは地元の人でも知る人ゾ知る的な店。無理行って打ち上げ予約入れて皆で楽しく呑みましたー!(ほんとは人に教えたくない店)



その後2店ハシゴのみしたのだが。。記憶無し。別府はいつもそう。

次の日21日、別府の帰りに高速の別府湾サービスエリアに寄り「不生庵・茜舎」((富山県の古民家を移築して作った雰囲気のいい&眺め良い店)にて蕎麦。



別府から福岡に戻りすぐTKゴーグル、私セシルゴーグルは天神にてゴーグルズのシークレットライブ!(友人の店のパーティー)しかし!J Jゴーグルがインフルで倒れたのでEJゴーグルがベース&ボーカルという激レアなライブに!その晩はさすがに疲れたんで呑まずに帰宅というか店で働く。



2月25日、26日のJESUS and MARY CHAINの来日公演を見に行く為に前乗り。

夜20時近く都内につく。飲屋研究家のY氏のご案内コースという事で1件目昭和23年創業の「兵六」。歴史ある素晴らしい酒場。



渋谷に移動ホルモンの名店「ゆうじ」Y氏はここに軽く15年は通ってるゆうじマスター!頼むのは「レバ ホルモン シビレ スイゾウ サンド ギアラと頼む 最後だけはタレで肉巻ご飯。」結局このコースに行き着いたそう。本当に最高に美味い!


私たちの常宿(友人の工房)が祐天寺という事でとなりの学芸大学まで移動。
超カオス・バー「246」(にょろ)絵描きのマスターが強烈。どの位強烈かは文章で表せないのでアトリエてらたに聞きに来て。とりあえずマスターからは「バカやろー」って言われます。



26日ライブ前はフリーなのでひさびさ浅草とかぷらぷら。
洋食といえば、うまくてすみません。の「よしかみ」豪華にビーフシチューなんぞを



古い喫茶店「ロイヤル珈琲」



今回の東京の目的ジザメリ!しかし豊洲ピットは遠かった!



ライブ終了後お腹すいたので立ち食い讃岐うどんの「おにやんま」五反田。立ち食いとあなどれないハイレベルな讃岐うどん。



下北に移動。東京についたらいつもここが最終地点の友人のバー「テカール」久々にG屋氏が店にたってた。



祐天寺までできるだけ歩こうと三宿までがんばる。で、深夜まで開いてる蕎麦屋「さんとうこう」
東京にしては美味くて安くしかも雰囲気がBARみたいな蕎麦屋。やっぱいいなーここ。



27日東京ー福岡移動。空港から直でゴーグルズリハ。

翌28日ゴーグル鹿児島ライブ
昼過ぎに鹿児島着。やっぱ黒豚でしょう!でトンカツ「六白」


鹿児島ROCKシーンをひっぱるBONさんの番組(FM鹿児島)にメンバー全員で出演。




リハ終わりホテルチェックインついでに「豚トロラーメン」



楽しかったぜ!ゴーグルズ@鹿児島SRホール!



打上イタリアン!!



まだまだいくぜ!のり一が定休日なんで地元の人推薦の「小金太」うまし!!!



深夜のミーティングはカッコイイバー「スプートニック」



翌29日ホテルチェックアウト後のお茶ミーティングはジャンボ餅「中川家」



昼飯は「王将」鹿児島の王将はチェーン店の味ではなく独自の味が売り。天津飯ばりうま。



腹いっぱいもいいとこだけど、どうしても行きたいとこがあるので意地でいく。
「堀江ラーメン」行ってよかった!感動。。また絶対行くよーばあちゃん!



途中霧島の温泉「きのこの里」にて休憩後無事帰宅。



その後ダイエットに励む日々。

で、次のお祭りは久々のゴーグルズ福岡ですよ!
3月13日キャバーンビート!東京からのゲストも強力です!!
是非!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前のブログにて私の20年前にやっていたパワーポップバンド「ブーメランズ」の再結成があるとお伝えした。
福岡は終わり、次は7月12日(日)東京HEVEN青山にてLIVE。
私が東京に行くのでついでに前回1日店長(この店は店長が日替わりなのである)をやらせてもらった三軒茶屋のzabawa bara(ザバヴァ・バー)で今度は「ヤッホーカレー」を出すか!
という事になり妻も上京することに。
2日間限定「アトリエてらた」を営業!
勿論ヤッホーカレーも持って!

なので、7月11日(土)~13日(月)まで「アトリエてらた」は休業致します。


なかなか福岡に来れない関東方面の方々!
この機会に是非是非。



zabawa bara(ザバヴァ・バー)地図はこれに載ってます!↓



詳しくは↓
博多スパイスカレー(勝ってに名乗る)系の福岡は六本松「アトリエてらた」の名物「ヤッホーカレー」を2日間限定で出します!

場所は東京都世田谷区三軒茶屋の小さいBAR 「zabawa bara」(ザバヴァ・バー)

●7月12日(日)12時より18時まで
●7月13日(月) 18時より売切れまで
 の2日間限定販売!
(13日は売り切れてもBERタイムは営業してます!)

福岡で密かなブームを呼ぶスパイス系のカレー!
この機会に是非是非!

(数に限りがありますので確実食べたい方はご予約下さい!)
(店自体は5席暗いしかない小さなBARをお借りします。)

以下フライヤー説明文を書いときます!


博多と言えば豚骨ラーメン。
もつ鍋、水炊き、魚介類、うどん、等々沢山の名物&美味しい食文化を発信してきた。
しかしここ数年、実は地元の(博多の)飲食の中で独自に発展し増え続け密かにブームになっている食べ物がある。

それがカレーである。

カレーは千差万別であるが、博多スパイスカレーはある1人の「カレー馬鹿」の出現&影響によるブームといっても過言ではない。

それは約7年前。
当時佐賀は吉野ヶ里のAMP ギャラリー&カフェという場所で誕生した「ヤッホーカレー」。
店の周りが山に囲まれた麓だったのが名前の由来。しかしその誕生には困難な道のりがあった。
試作を重ねては、カレーを捨てる。長くくねった道が続いた。
そんな時、相談し、アドバイスをもらったのが上記に書
いてある「カレー馬鹿」スパイスロード(今は閉店)の高田氏だった。そのアドバイス(口頭での)元に更にThe long and winding roadして着地点にたどり着いたのがヤッホーカレーである。4年前から福岡は六本松にある「アトリエてらた」にてこのカレーを提供している。

アトリエてらたとは?

2011年にオープンしたカフェ・バー。
故・寺田健一郎のアトリエ跡地を店に改装、福岡市中央区の住宅地、しかも坂の上というおおよそ飲食店があるとは思えない環境にその店は存在する。
かつてアトリエとして使用していた当時、そこは酒好き宴会好きの寺田を中心に絵描き仲間、俳優、作家、新聞記者、放送局者等、が集まるサロンとしての役割
も果たしていた。
その流れは現在の「アトリエてらた」にも確実に受け継がれている。名物「ヤッホーカレー」、ギャラリースペースでの個展やイベント、音楽ライブ等も不定期に行われている。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
90年代の前半位私は住み慣れた福岡から単身上京した。
それまで順調にやってた私がリーダーで歌を歌ってたPHI(ファイ)というバンドを解散してまで東京に行った理由は「一旗あげてやるぜ!」な目的ではなく、ただ単に好きな人が東京にいたから。
いや、年も20代後半近くになって焦ってたのも確かにあるかもしれない。
今でこそ30代や50代でもメジャーデビュー出来る時代だがその当時は30過ぎたらもうダメよ!
的な風潮の音楽業界。
私も「30まではバンドやるかな~」なんて呆然と考えてた。親からずっと言われてたし。そんな感じで上京したのだがやっぱりバンドをやりたくなり福岡時代の(東京に住んでいる)バンドメンバーを中心に4人組の「ザ・ブーメランズ」を結成した。

その頃の私は不定期のアルバイトしか出来ておらず、極貧。
風呂無し、共同トイレという絵に描いたような貧乏生活。駒場東大の近くだったのでアパートは私以外はほとんど学生、1人だけ柄の悪い肉体労働者の男がいる。そんな状況。
でもバンドもやり始め楽しかった。その肉体労働者のオヤジと音の問題でケンカしてそのアパートは出て行くはめになったりもしたが。
そしてブーメランズもリハーサルを繰り返しライブが出来る様になった。
初のライブがその頃できたての下北沢CLUB QUEだった。
その時の写真↓


真ん中の赤いシャツが私。はい、はい、わかりますよ。勿論自分でも
今と違うって事は。
ほ、細い。細すぎる。
なんせこの頃は若い上に極貧だったので池ノ上のサンドイッチ屋がタダで配ってた「パンの耳」
が私の主食。変装して一日2回もらってたりして。
ダイエットというより貧困性栄養不足痩せしてたのだ。やつれていると行った方が正解かも?

で、その初ライブ終了後声をかけてきた男がいた。
なんでもインディーズレーベルをやっているという。その方に「CDだしませんか?」
と言われた。
うさんくさいな~、騙されるんかな~「東京は悪い人が多いけん気をつけリーっ」てそういえば言われたなー
なんて思いつつその方と話してると、なんかどこかであったような????
そしてほぼ同じタイミグで「オーシャン?」(あだ名)「黄太?」(私の名前)と
そう、保育園から中学校までの同級生だったのだ。彼はビクターレコードを辞めて独立してインディーレーベルを立ち上げていたのだ。勿論今も続けている。

そうなると話しが早い。「よし!CD出そう!」
とんとん拍子でリリースしたのがこれ↓


これが20年前。It was 20 years ago
アーティスト写真も撮りました!↓
どれが私か?なんて事は散々友人にいわれたので最初から言っときますが、デニムの上下来ているのが私。





(使っているギターは変わりませんね。)

で、このバンドCDを出したとこまでは勢いが良かったのだが、上に書いたように30代になりもうバンド辞めてきちんと就職して働こう。などという事や、もっと違う音楽がやりたいと思ってた事やなんやかんやで自然消滅してしまった。私も前の仕事のつてでイーストウエストジャパンの洋楽部(ワーナーミュージック)で働くようになって堅気になろう!と思っていたのだろう。

そのCDリリースから20年たった。ブーメランズのメンバーともFBで繋がっているので誰となく「20年周年よね?」みたいな感じで始まり、「20周年記念ライブでもやる?」な冗談な会話が本当になった!
しかも私以外のメンバーが福岡に来てくれてのライブ!東京でしかライブしていないので勿論福岡は初!
東京(7月)は青山のライブハウスらしい。
なんか真面目にやってたバンドだし、私はヴォーカルなんで恥ずかしいのだが、こうやって20年前のメンバーがそれぞれ音楽活動していてまたすっと集まれるのは素晴らしい事だ。と思う。

そのブーメランズと対バンは現在私がギターで参加しているゴーグルズとの2マン!体力がもちますかな?
そして私はダイエットに励む毎日。もう遅いか。と言うより歌を練習せねば!

ブーメランズはこんな感じのバンドです!↓

20世紀の終わりに
世界のおわりに

終わりの歌ばっか歌ってますね。wなんせこの頃はオウムの事件や世紀末だったのでね。
アー若い、青い。

あ、ついでに今やってるバンドゴーグルズ↓
PLEASE FREEZE ME

以前ブーメランズ再結成やったのが10年前!10年に一度のライブ!是非皆さん見にきて下さい!
次は10年後?












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前々回
リベンジ
前回
くじ運
からの続き。

入り待ちの苦行を終えた私はまた1人でボーとする時間。
18時開演なので会場が17時だとしてもまだ40分。でも今ポールが入ったって事は今からリハなんでこれは相当押すな。とは思った。
仕事で武道館入りしている友人が外に出てきてくれて話したり、偶然にゴーグルズを応援してくれているバンドマンの方々(Fbで繋がっている)が私を見つけてくれてお話したりとゆっくり時間が過ぎる。
彼らは武道館のチケットを持っていなくて本番の武道館の音漏れを外で聞くという目的で来ていた。(音漏れ聞き組は相当な人数いたらしい)
しかし、当日券で2万円の立ち見参加席があるのを知り、無事に手に入れていた!
どんな場所でもあれを2万で見れるなら相当安いと思う。良かった良かった。

当初の予定開演時間近くになりやっと開場。もの凄い列がもの凄い時間かけてやっとの入場。
もうこの時点でだいぶ体力を消耗している。
受付でチケットの半券を自分で切って半券を係に渡すという制度。そんなん初めてだ。
無事武道館入り!武道館到着して約4時間やっと中に入れた!
早速席に向かう!兎に角席がどんなかを確認したいのだ。

武道館の通行ロビーにはビートルズの武道館公演時写真が沢山飾ってあった。皆それを写真にとっている。キョードーさんの意気込みが伝わってくる。
では私も!と思いI PADを出して写そうとしたらさっきの入り待ちで電気を使い過ぎてまさかの電源切れ!
あー大失敗。これから会場を写そうと思ってたのに。。。
気を取り直して席に向かう。やっと私の席の所の入口に着く。
探すのがめんどくさいので係員に案内してもらう。
ぐいぐいぐいぐいステージの方に向かっていく。
分っていたがドームを見慣れると武道館は狭いわ!
どんどん下に下がりココです!と言われる前にもう震えが来てた。
「え?ここで見ていいの?」と思った瞬間隣の左横の男性から
「おめでとうございます!この席恐ろしい位近いですよ!」
私も思わず「えーーーーーーー!ここ?」とか始まる前からもう興奮。
懸念してたスピーカーや舞台装置も何にも無い!近い近すぎる!
右隣の女性も「凄過ぎですよね!!!」とかもうあった瞬間から前から友人だったような一帯感ぶり!
震える手でガラケーで撮った写真がこれ!


武道館の一番前なので立って乗り出したらすぐ落ちるような感じ。
目の前の階段はポール含むメンバーが上ってステージに向かう階段だろう。
前のめりで左奥を見ると楽屋に行く通路。
すぐ下はギターテクニシャン、モニターエンジニア(多分)照明等のスタッフの動きが丸見え。

席のすぐ下のスタッフの動きを覗き込む私。(後ろ頭、手が写ってますね)


一息してやっと冷静になれた私はスタッフの動きをよく見た。これはどんなコンサートでも見れるものではないし、バンドやってたら面白くてたまらない風景だから。
階段右横のこのオジさんがどうも楽器のテクニシャンだろう。
と言う事はあそこに全ての使用楽器があるという事か。
ジーと見る。こんな感じ↓


彼の視線の右にはギター類のミニチュアが飾ってるのが見える。
何本かのギターやマンドリンをチェックした後とうとうあのヴァイオリンベースをチューニング!!
ここでキター!となる。
そしてチューニング。なんとヴァイリンベースの生音が聴こえるのだ!
(ヴァイオリンベースは他のエレキベースに比べると生音がでかい)
「これは凄い!生音!生音が聴こえる!」と周りの人に念仏みたいに言ってもだれも気違いとは思わない。
みんなそうだったんで。

大分押したので会場の皆さんも待ちきれずBGMの曲を大合唱したり観客全体(1F 2Fアリーナと分かれて)ずっと観客WAVEが止まらないし、完全にいつものコンサートの盛り上がりとはレベルが違う。

そしてとうとう客電が落ちいつものSEが流れた瞬間の「ウオーーーーーーーーー」という観衆の声。
私は落ちるぎりぎりまで身体を下に向け出てくる場面を食い入りように待つ。
来た!
ポーーーーール!!!!!腹の底から叫んだ。私たちエリアが一番最初に大騒ぎ。
まだステージあがっていなので。
こんな感じで目の前を上がって行きます!(一番前がポール)


そしてステージに上がった瞬間会場が揺れるくらいの「ウぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
を体感。ステージの横なのでポールに浴びせられる観衆の声がほとんど同じような体験ができるのでだ。
なんという席だ!

演奏始める前にゆっくり武道館を左から右へ眺めるポール。そこで既に涙。

《セットリスト》
1. キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)
2. セイヴ・アス(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
3. オール・マイ・ラヴィング(ビートルズ)
4. ワン・アフター・909(ビートルズ)◆
5. レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
6. ペイパーバック・ライター(ビートルズ)★
7. マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
8. 1985年(ウイングス)
9. 恋することのもどかしさ(ソロ)
10. 夢の人(ビートルズ)
11. アナザー・デイ(ソロ)
12. ダンス・トゥナイト(ソロ)◆
13. 恋を抱きしめよう(ビートルズ)
14. アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
15. ブラックバード(ビートルズ)
16. NEW(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
17. レディ・マドンナ(ビートルズ)
18. アナザー・ガール(ビートルズ)◆
19. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ(ビートルズ)◆
20. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
21. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
22. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
23. レット・イット・ビー(ビートルズ)
24. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
25. ヘイ・ジュード(ビートルズ)

アンコール
26. イエスタデイ(ビートルズ)★
27. バースデイ(ビートルズ)◆
28. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(ビートルズ)

◆ 「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015」では初披露
★ 1966年のザ・ビートルズ日本武道館公演でも披露された楽曲

あきらかに武道館用にセレクトされた選曲でした。感無量。

私が見た席ならではの事を記録。

(写真は隣の席の方に連絡先を渡してお願いして送って頂いたもの!本当にありがたい!)


LIVEはこんな感じの見え方↓



ポールがグランドピアノの時は顔が私達エリア正面を向きます!↓


ビートルズの武道館公演(当時アリーナ部分は人入れなかった)
にしたらこの位置。失神物。


武道館ではやらないと思ってて安心していたらいつもの花火もドーーーーーーン!!!!
死ぬ程びっくり熱い!



あと、やっぱり音がもの凄く良い。
メインスピーカーはステージは時から上につり上げてあり」私たちの方には向いていない。
なので小さいモニタースピーカー位のものが私たちエリアに向けてあった。
そのモニターから出る音が恐ろしくクリアーでバランスが良いのだ。
まずデカイ会場では味わえないサウンドで聴こえてくる。
ポールの声やバイオリンベース独特のあの音が。
ドラムなんかはシンバル、ハイハット系は生音が聞こえ、
「ブラックバード」ではポールの靴の音!が生で聴こえた!
(靴はとんがったビートルズシューズ的なものを履いていた!)

あと派手なセットも何も無いので本当にバンドだけ、ポールだけに集中できた。
音とともにライブハウスでポールを見ているかの様な贅沢さ。

本編が終わり楽屋に戻ろうとするポール。
その度に私たちの至近距離2mくらいを歩いていくのだ!
階段を降りて帰ろうとするポールにみな落ちない程度に見を乗り出し「ポーーール」
と絶叫!1回目と2回目どっちも私たちに向かって目をむけて手を振ってくれた。
目が合った!と言ってもいいだろう。その表情を一生忘れない。

そしてあっという間の2時間20分。
Dream is Over↓




しばらく呆然。また隣の方とか近くの方とかと「凄かったね~」「岡山から来た甲斐がありました!」
「私は福岡!」「ボクは広島!」等皆遠くから(何故か西の方面ばかり)見にきていた。それゃそうだよね。
武道館はココにしかないからね。
その中の1人が言った「いつもは終わったらすぐ帰るんですけど、なんかこの席動きたくありませんね」
「本当ね~凄かった。」
なんてボーとしてたら友人のポール側の仕事している友人が私の下に表れた!
「T尾!」と声をかける。すぐにこっちを見る。やはり声はすぐ届くのだ。

終わって仕事を始めるT君(1人だけ日本人)


で、T尾君が下からポール目線で撮ってくれた写真↓


身を乗り出して叫んだら怖いだろうな~。
ま、ビートルズの頃よりは大人しいか。

夢の様な体験をした。
これも全て黙って武道館のチケットをプレゼントしてくれた妻のおかげだ。
この行動が無かったらこんな体験どう頑張ったって手に入らない。
私の運(チケットの席はくじ引きだったので。詳しくは前の日記参照)も使い果たした。
後悔はない。


武道館の様子イギリス放送









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
くじ運は悪い方だと思ってた。

学生の頃くじ引きで2年連続無理矢理体育祭の応援団に選ばれたり、くじ引きで生徒会に立候補させられたり(これはクラスで1人)ろくな思い出がない。勿論宝くじも全然だめである。
その今まで悪いくじ運を貯めに貯めて今回全部使った感がある。これからのくじ運も含めて。
でも後悔は無い。そんな体験をした。数日過ぎてもまだ夢の様である。

前回の記事で書いた様にあの高額なポールマッカートニーの武道館チケットを妻からプレゼントされた。そこで4月28日の武道館公演の前の日27日に東京入りした。当日入りだと何かあって飛行機が飛ばないとか色々あるので大事をとった。

今回の武道館のチケットは買った時に席が分からない。引換券というものを引換所まで持って行き
その場所で手渡しで引き換えるシステム。何かよく解らないが引換は26日と27日に東京ドームで12時から17時まで。28日は武道館で引き換え。当日慌てるのが嫌なので私は前日に引き取りに行く事にした。

昼過ぎに福岡を出て16時30分東京ドームに到着。その日はポールもドーム公園なのでもの凄い人!
人ごみをかき分け案内にしたがって引換所に到着。物々しい空間のとこ入る。↓

スーツ姿のお姉さんに引換券を見せると
「どうぞこちらです。この列んでる封筒から一枚おとり下さい」
といわれ、凄い数の封筒から一枚選ばされる。考えても無駄なので本当にてきとーにスッと一枚抜き取った。その中にチケットが一枚入っている。「こちらでお間違いはありませんね?」と金額の確認をさせられる。「はい。間違いありません」「ありがとうございました」と、お姉さん方々。後ろでは無数のスーツ姿の警備員。なんか怖い。
早速席の確認確認!ドキドキしながらチケットを見る(ドームの強風にあおられて飛んで行ったら最悪なのでカバンに中でコッソリ見た)

「北西スタンド1F A 23」
1F!!しかもA!!勝手に3F席と思ってたのでその時点でとても嬉しい。
なぜなら私のチケット代は60,000円。(上から100,000円 800,00円 60,000円 40,000円という金額)なので勝手にそう思ってたのだ。
早速座席表の看板に向かう。ここでもチケットを取り出さず。席番号を見た時に撮った写真で確認。看板に群がる同士達。なんか見方がよく解らないので係の人に「北西スタンド1F A 23はどこですか?」と聞くと「ここです!」指差した。それがこちら↓(左上の赤い矢印のところ)

その指差したのを見て回りの同士も「おお~!」って言われる。全然しらない人達から「良かったですね!」とか言われる。私もにやつきながら「そうですかね?」なんてやりとり。でもステージの横だしスピーカーとかであまり見えないかもしれない。これは当日席に着くまで分からんなと。

引換が終わりまた人ごみをわけてドームを去ろうと駅にむかった。で、もの凄く見た事あるTシャツの柄がまず目に入り「あ!これはゴーグルズのTシャツだ!凄い!声かけねば」思った瞬間その人から「瀬下さん!」と声をかけられた。顔を見るとつい最近ゴーグルズを別府に呼んでくれたK谷君達だった。「この人数で真正面にばったり合う?」てな感じ驚きあった。ほとんどがポールやビートルズのTシャツの中、彼の選択のセンスは抜群だ。ありがとう!「では、楽しんで!」と別れ用事のある三軒茶屋に向かう。この日の夜は三茶の小さなバーで一日店長をやるのだ。この辺は省略。。
K谷君と↓



そしていよいよ当日チケットをぶらぶら持ち歩いてて無くしたら大変なので6時30分開演のところを2時に武道館に着く。既に凄い人!武道館限定Tシャツが欲しかったのだがもう売切れ!
看板の前の写真スポットでみんな記念撮影。

さて、する事も無いし神保町に行って美味しいカレーでも行くか~、なんて思ってたらなにかみんな道路に座り込んで待っている。「なにかあるんですか」と聞くと「会場入りするポールを待っているんです」という事。これから神保町に移動してチケット無くしたりしたらと考えたら天気も凄く良かったし、ビール飲みながら俺も出入り待ちすっか~と売店に行きビール買ってその場に座り込んだ。入り待ちの最初の方のコアなファン達↓

ジョージも生き返りしました!↓

多分これから軽く2時間は武道館にポールが来る事はない。それはもう皆分かってる。この時間から列んでるファンは知っている。ツイッターとか色々な情報で日本ではポールは左側から窓から姿を現し、手を振る事を。私もそう。↓これがそれ



待ち時間も楽しい。ココにいるほとんどの人達は恐ろしく熱狂的なファンだし、皆高いお金払ってきている仲間!的な連帯感がある。なので皆すぐ話しかけて(お互い)何処から来たとか今回は何回見たとか本当にすぐ話せる。私も一人なので大阪から来てるファンを中心に待ち時間をポール、ビートルズの話しをしたりして待った。16時を過ぎた頃人も2倍以上に膨れあがり私たちが守ってきた場所も人があふれかえり歩道の通行の妨げになるので向かって反対側にもポール入り待ちエリアを作る!という主催者側のアナウンスが流れ誘導していく。《左側から窓から姿を現し、手を振る》を知ってるこっちエリアの人達は「向こう側に行ったって見えないよ」と思って誰も動かない。後から来た方々が「ま、見れればラッキー!」的な考えの方々が反対側でお待ちになる。という構図が出来た。
16時を大分回った頃警備のかたから「今ホテルを出ましたんでもうすぐ来ます!くれぐれも危険行為の無い様に!」とのアナウンス。
この時点で待っている方々はこんな↓

皆デジカメ、携帯、等で記録に残そうと必死。私もi padを構える。
そして先の列の方から悲鳴にも似た騒ぎ声。それがだんだん近づいてくる。
来た!生ポールだ!と車が目の前に来た!

何も見えない。

そうポールはいつもと違う右側から見を乗り出し手を振っていたのだ。

にわかファン(冗談です、失礼)達が皆ばっちり見れた!という事。
通り過ぎた(見れなかった時)時の皆の共通言

「え!そっち?」

ココまで書いた時点でNME(イギリス)が武道館の様子を伝えるショートフィルムがあがってましたんではっておきます!出待ちの観客の中に私を発見!(私にしか分からない程度です)
このURLです。↓(なぜかリンクを貼付けられなかったのでコピペで。。。)
https://www.youtube.com/watch?v=nWJG2wHwVfc#t=117

映ったところ印つけました↓




次回に続く。。。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「話しがある」

こう言われたら人は構える。
まして妻から言われたらそれはそれはビビる。
言われた瞬間から
「俺は何かしたのか。あれが悪かったのか、最近金使いすぎたか?遂に離婚か?
そうだ、女性は突然そういう事言いだすってTVで言ってな」
てな事をコンマ何秒かの間に頭に駆け巡る。

以前、妻からこの言葉を聞いたのはもう8年前。フジロックの帰り道の車の中。

「話しがある」の後
「カヤ(猫)が死んだ」

と言われた時。
家に残してきた(友人が面倒みてくれてた)飼い猫が留守中に死んだのだ。
(その時も上に書いたような事を内容を聞く前に頭に駆け巡った。)
家を出るときはあんなに元気だった猫が死ぬはずないと思っていたので本当にショックだった。
泣きながら新潟から福岡迄一人で車を運転して(妻はまだ免許持ってなかったので)帰った思出。

8年振りの「話しがある」
店が終わった深夜の事。

「当日渡して驚かそうと思ってたけど、予定が入ったらいけないので」
と言った後

「50才(今年の3月20日で私が)記念と結婚記念日(4月29日)のお祝いでポールの武道館のチケットを取ったと!言って来なさい(妻は行かない)」

私から出て来た言葉は「え!~~~~」だけ。
今回もあまりに予想外の言葉に数秒声を無くす。
なぜなら私達は今年の2月に「アトリエてらた」を10日間休んでニューヨークに遊びに行った。
その時既にポールマッカトニーのライブがある事は知っていた。多分武道館公演もあるだろうと。
(昨年の武道館公演は夫婦で見に行く事になっていたが、ポールの体調不良で中止)
NYの渡航費、ホテル代等で相当出費する予定だったので「今回はポールはあきらめるわ」
「そうやね。」と話してたのだ。
今回の「話しがある」の後は悲しい涙でなく嬉し涙。生きてて良かった。

本日早朝ポールマッカートニが関西空港に到着した。


いよいよだ!あーわくわくする。武道館で見るポールマッカートニー!



ビートルズ以来49年振りの武道館!過去中止が2回。
ポール頼むから今回は腹壊さないでね!
私も4月28日迄は健康管理万全にして武道館に備えよう。

とは言っても私は武道館の前日の4月27日東京は三軒茶屋のバー「ザバヴァ- BAR」にて一日店長なるものをやります!(をやるので飲んでしまいそうなんですが。。。。)
せめてジェットスター代の半分位は稼ぎたいので。ポールの武道館のチケットには到底及びませんが。

東京の友人の方々、27日飲みに来てね!5席くらいしか無い怪しいバーですが。
アイラブユートーキョー!



バーの詳細
ザバヴァ- BAR
時間:19時位から~(深夜まで?始発迄?)
(早く来たいって方がいたら合わせます。遅く来たいって方合わせます。w)
場所:三軒茶屋駅前キャロットタワー正面前の道を、駅を背にしてそのまま行くと、右手に東京餃子楼があり、その隣の建物を右に小道入って5m左手の1階。(三茶駅から、徒歩4分)
・カウンター席5~6席&立ち飲み
15人入ると満員電車風 はしごで2階にこたつ
・1人で一杯ひっかけてさくっと帰るお客さんも。出会いも。
・チャージ無し。
ドリンク:
ショット400円
ビール グラスワイン 焼酎 ノンアルコール 500円
他の酒 700円
ワインボトル 3000円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
計画が狂った。

すでに日本中で話題なったポールマッカートニー日本公演全中止!
「アトリエてらた」夫婦はあの高額な武道館のチケットを押さえていた。
同時にJETSTARのバーゲンセールで激安航空券も押さえていた。

高額なチケットを今月の支払いも確定出来ぬまま勢いで買った瀬下家は2人で
「毎日飲むビールの量を減らそう。」「タバコも減らそう」「外食、飲みには当分行けんな」
等の規約を作った。それで秘かに「やせるかも?」と期待していた。

そして武道館の前日の朝「全公演中止決定!」とのNEWSが。
チケット代は戻ってくるので瀬下家は正直ホッとしたのだが、払い戻しが効かない激安航空券なので気持ちを切り替え「東京合羽橋に道具を買いに行く&グルメツアー!」に変更!
あ~、失敗、ポールマッカートニーダイエット。

20日の19:00位に東京都内に到着。
私の東京時代の仕事場の一つ青山(そんな時代もあったんです)でよく行ってた中華料理屋?
を目指す。キラー道りにぽつんとある「福欄」そこの餃子は本当にオンリーワンな味。
私個人的には「ハードコア餃子」と呼んでいる。


上の写真が「福欄」外観。余りの地味さに見落として気づかない場合もある。取材拒否、営業時間が18:00~21:30日祝日定休となかなかハードルの高い店。嫁が食べた事ないので行ってみる事に。店に入ると目の前にダチョウ倶楽部の寺角ジモンが一人で会計をしてた。w
ビール、餃子、焼売を一人前オーダー。
餃子は時間がかかるのでまずは焼売が来る。(つけだれもオリジナルで刻みニンニクがかなり入っている)


見た目は無骨だが中身も凄い。皮がうすく肉のかたまりのような焼売。もはやこれは焼売なのか?でも美味い。ビールに合う。
で、メインデッシュのハードコア餃子


嫁はまず見た目の衝撃にジャブを浴び食べた時の衝撃にストレートパンチを受ける。
揚げ餃子にさらに脂べとべとのあん?がかけてある。こんな餃子は他では食べられません!
私が行ってた頃よりさらに年月が経ち、脂べとべとな店内の汚さは(失礼)更に進化していた。
KO寸前のインパクトを受け次は同じ青山の嫁が一番好きなハワイアンバーガーのクアアイナ 青山本店 へ徒歩で移動。



スモールサイズのハンバーガーとBLTサンド。うまし。

お腹いっぱいになったので泊めてもらう友人の所迄移動。渋谷まで徒歩で行く。
渋谷の東横線の乗り口の深さに戸惑いながら祐天寺に到着。(本当に渋谷から東横線に乗るのは不便!!!)
古いアパートがいい感じに味がある建物に風化したところの一室が友人のアトリエ。
近況を話しながら楽しく飲みそのまま就寝。

21日風も強く生憎の雨。
今日は合羽橋にキッチン道具を探しに行くのがメイン。
まずは腹ごしらえ。合羽橋近くの上野に移動。
大川タージの源流と見られるインドカレー屋「デリー」に行く。

私はカシミール(タージで言う所の「インド」)で嫁が日替わりのタンドリーチキンとドライカレーという日替わりカレー。

どちも美味い美味い!タージの「インド」と「タンドリーチキン」がいかにここのカレーの影響を受けている(推測ですよ)か分かるがタージの方が個人的には上。タージにはバダムもサグマトンとタンドリーチキンもある。タージはカレー界のビートルズと呼んでいるが、デリーはビートルズが影響受けたチャックベリーというところか。

チャックベリー師匠

食事後、上野から徒歩でキッチン用具のテーマパーク「合羽橋」へ移動。


飲食店&キッチン用具に関する物が溢れまくっている商店街。
嫁は真面目に色々探しまわっていたが、私はこんな感じのものにしか興味が湧かなかった。

お子様ランチ用プレート。特に昔の新幹線型。

約2時間近くゆっくり買い物を済まし次の目的地へ。
前日友人にどこか面白いとろない?と相談したところ立石の飲み屋街はオモロいよ!
と教わったのでそこで昼下がりから飲む事にしたのだ。

立石?東京に長い事住んでた私でも知らなかったそのエリア。「下町の首都」と言われる場所、葛飾区。
まずは立石と言ったらここ!的な一番の有名店「宇ち多゛(うちだ)」昼の2時OPENと同時にすぐ満席で行列が絶える事がないという。私たちは16時に到着。雨の平日なんで大丈夫かと思いきや既に待ちの行列。溝口から呼び出したTHE LOVEのカツオももうしばらくしたら着くという連絡を受けていたので店に入って待とうと思ったが、この店は中で人を待つというのが御法度と書いてあった。仕方がないのですぐ近くの店で軽く飲みながら待つ事にした。

昨日友人から教えてもらった、おでんを食べながらワインを飲ませる店「二毛作」へ。

店の横に本物のおでん屋があり(そこはテイクアウトやおでんネタを販売)店でおでんを頼むと横の店迄取りに行ってくれるというシステム。
友人が大推薦の「煮込み」が売切!
なのでおでんを少しつまみながら飲む。
出てきたおでんのスメが驚く程透明!でもしっかりカツオ出汁が効いた味。なるほどコレは美味い!そのスメでご飯を入れる「おじん」やうどんを入れる「?名前忘れた」等メニューも豊富。

カツオ出汁といえば呼び出したカツオも無事到着!さっと一杯飲んでお会計。他に行かなければもっとゆっくりしたい店だ。で、お会計の時に店主から「うちだに行くんですか?」私「はい」
「お客さん、顔に出てないから大丈夫か~」と言われる。どういう事か聞くと「うちだ」は酔っている客、他で飲んで来た客は入れない」というルールがあるらしい!
ま、顔に出ていないので大丈夫と思い列に並ぶ。


順番が回って来て取り仕切る大将と思われるめちゃくちゃ強面のじいさんからいきなり

「お兄さん、飲んで来てだろ!」

私「イや~飲んでませんよ!」

「さっき並んでたジャ無い?」

私「友人を迎えに行ってたんで、一旦出てたんですよ!」

「本当かい?ま、いいや、入いんな!」

私たち「ありがとうございます!」

どんだけハードル高いんだ!ここでまずコッチの負け。

超満員の店内。飲み物とお新香とかのメニュー以外他の串焼きのメニューが無い!
貼ってあるのは暗号のような張り紙。
客も暗号のような串の頼み方を言ってる。
どんだけハードル高いんだ!パート2!
とりあえずビールと煮込みを頼んで様子見。
きょろきょろしていると横の常連さんが頼み方を少し教えてくれた。
一皿に串が2本らしい。部位と焼き方、塩かたれか、他にも色々言ってたが聞き取れない!
とりあえず他のお客を真似してオーダー。だんだん分かってきた!
美味しく串を食べながら3人でビール3本を頼んだところで、

「お兄さん達、これで終わりね!」と言われ

「はい!コレ飲んだら帰ります!」

完全に負けた。ぱっと入ってさっと食って帰る。コレが江戸の粋な文化なのだ!

うちだを出てもまだ明るい時間。調べてきた立石もう一つのディープスポット「呑んべえ横町」へいく。時間が止まったままの小さい飲み屋街。まだ店は開いてないので見学だけしたが、ここの雰囲気も凄いな~~~~!




THE LOVEのカツオと私「呑んべえ横町」入口

見学後、あともう一店行くか!ということになり呑んべえ横町近くの「鳥房」へ!
ここは鳥専門店で唐揚げが有名な店。
最初に行った二毛作と同様に表側の店は鳥専門の肉屋でその店で調理したものを脇の飲み屋ゾーンで出すというシステム。



店鋪の左脇の傘さしている人がいる所が飲み屋の入口!

コレが入口ね!

しかしここに来てこの店もまたまた張り紙が!
「他で飲んで来た方、酔ってる方は入店禁止!」

3人「おーーーーどうする?」

「さすがにちょっと顔赤いよな?」

「仕方ないあきらめるか」

となり帰ろうと駅に向かう途中に嫁が

「ちょっと待った!」と言い。化粧箱を取り出しフォンデーションを塗り始めるた。

「顔白くするけん、コレで入ろう!」という作戦だ。

どんだけハードル高い?そして嫁が先頭をきり無事入店。

しらふを装う為、出来るだけテンションあげずに行動。
浅香光代くらいインパクトのおありになる、おばあさん4人で切り盛り。全員キャラが濃い。
なんか舞台を見に来ているかのような迫力。ビールと鳥ポン酢をまず頼む。



鳥ポン酢。(これも美味かったな~)

そしてこっちから言う間もなく

「はい、今日は550円、580円、620円とあるよー!はい、一人一個ね~時間かかるから最初に頼んでねー」

最初何の事か分からなかったがここの名物鳥の唐揚げの事らしい。
一個を分けて食べるのはのは御法度らしい。

「じゃ550円を3つで~」とオーダー。

出て来たのがこれ↓


鳥の半身丸揚げ!

す、すごい。骨をダイナミックちぎって頂く。
う、美味い。美味過ぎる。懐かしい感じの味付けだがこれがなんとも美味いのだ!
最初出て来た時はさすがに一人一個は~と思ったのだが全然余裕で皆完食!

ア~満足。

ここでカツオとは別れて私たちは東京駅周辺のネットカフェで休憩し朝4時のバスに乗り成田から福岡の早朝便で帰ったのであった。

もうポールに頼らず普通に運動してダイエットします!
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月9日(日)に発売された(発売記念ライブは3/9ゲイツ7で!)ゴーグルズ・トリビュートアルバムに参加してくれている10アーティストを紹介していくコーナー!第十弾!10曲目。

原みどりのチャンチキズ / MOTTBACK

原みどりさんの凄い経歴はこちら

(財津和夫with原みどり「償いの日々」で歌手デビュー。3枚のソロアルバムをリリース、
の他にも小泉今日子やソウルフラワーユニオンとかコーラスで参加等等!凄いです)
アルバム「夜明け」より↓



では恒例の大先生のGET BACK


コノ曲のオマージュしたのがゴーグルズのMOTTBACK。
それをチンドン&カントリー&ビートルズを混ぜたコレが本当のミクスチャー音楽に
仕上げたのが原みどりのチャンチキズ!3分40秒あたりからエンディングまで。



このトラックはホームグラウンドの久留米とベーシック演奏は東京と宇都宮で録音された!
で、メンバーももの凄い!

今回のサウンドの要である「ちんどん」のリズムは「こぐれみわぞう」さん!
CICALA-MVTAのメンバーとしても有名!3月9日の発売記念ライブにも来てもらいました!
CICALA-MVTA "fire in the fire" ↓


そして宇都宮チャンチキ:イシヲロシア&ドン・金指金物店社長ノルリオ~ネ!

衝撃的かっこよさのホンキートンクピアノはフライングキッズの飯野竜彦氏!
frying kids↓


さらに3月9日の発売記念ライブでも司会進行&出演と大活躍の久留米のポールマッカトニー「ポールマンペイ」氏!ギター、ベース、ポール&ジョン、エンジニアまで!



原みどりさんもVo、笛、ヨーコwをやってくれてます!

あ、あと声優で久留米の画家「ナカシンイチ 」氏も参加してますよ!
彼の個展も4/1(火)~4/13(日) 「福岡ギャラリーとわーる」で行われます。



はい。凄い事になってますね~。
このCDお買い上げの方は是非一回ヘッドフォンでこのMOTTBACKを聞いて下さい。
そうすればナカサンの声も、ジョンとヨーコの声も最後のポールのOK!もクリアに聞こえてくるはずですので!



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月9日(日)に発売された(発売記念ライブは3/9ゲイツ7で!)ゴーグルズ・トリビュートアルバムに参加してくれている10アーティストを紹介していくコーナー!第九弾!9曲目。

DAVID BOYS / ALL MY DUBBBING

デビッドボーイズ。はい、そのままの解釈で推測されるようにデビットボウイのトリビュートバンド。
このナナイロプランのレコーディングの為に結成されたスーパーグループ!

VO&AG 内田達也(exスーパースカンツ、exメッセンジャーズ)

G 西原 正浩(exスーパースツ、exパラドックターキー、現THE BIGNOSE)

B 藤原 宏二(exメッセンジャーズ、exパラドックターキー、ex竹ノ内カルテット、exスモール       サークルオブフレンド、現、藤原さくらトリオ)

D タカミカズナリ(ex PHI 、ex グラナダ、現 THE GOGGLES)

という(私が知る範囲です)経歴を持つスゴイバンド。

リーダの内田達也氏は「アトリエてらた」にてデビットボウイを中心とした引き語りのライブを
不定期で行ってもらってます。「レコーディングではバンドでしたい」という内田氏の意向でコノバンドが結成されました。

ではいつものようにALL MY DUBBBINGの大元のビートルズ大先生のALL MY LOVINGライブヴァージョンで!


これをオマージュのall my dubbing(タイトルはALL MY LOVINGになってますがこれはdubbingの間違え)J-WAVE六本木ヒルズでのスタジオライブから(笑)


で、DAVID BOYSはあの名曲に似た名曲をこの名曲に似た名曲にして仕上げました!
その名曲がこちら。言わずとしれたDAVID BOWIEの代表作ジギースターダスト。


出来上がったのがこれ!この間の発売記念ライブから。カヴァーの概念を覆すスゴイアレンジになってます。


そして明日3月19日 「内田達也~アトリエてらたで歌う~」をやります!
デビットボウイの曲を中心に他のオリジナル曲も披露する予定。
20時から。(ミュージックチャージ1000円+オーダー)

5月11日(日)はDAVID BOYSとゴーグルズとの共演再び!場所は清川のキャバーンビート!
この間のライブでD.Bにやられた方は是非どちらもお越し下さい!

*ナナイロプラン(イエロー)も残す所100枚位になりました!まだお買い上げでないかたはお早めに!「アトリエてらた」でも販売しています!(10曲入500円 限定300枚!)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月9日(日)に発売された(発売記念ライブは3/9ゲイツ7で!)ゴーグルズ・トリビュートアルバムに参加してくれている10アーティストを紹介していくコーナー!第八弾!8曲目。

藤原さくら / BOY

天才女子高生シンガー!(この春卒業しました)
博多のノラジョーンズ
とか言われて地元福岡ではデビュー(もう決まってます)前から大騒ぎなったシンガーソングライター。

お父様はその昔、タケノウチカルテット、スモールサークルオブフレンド、メッセンジャーズ、パラドックスターキーの凄腕ベーシストとしても活躍。この次に紹介するDAVID BOYSでもベースを担当している方。



タイトルのBOYからも分かるようにビートルズ大先生のGIRLのオマージュソング。
ではその大先生のガールをどうぞ。


で、ゴーグルズをバックに出来上がったのがこれ。
3月9日に行われたゴーグルズトリビュートライブからのライブ映像。


ナナイロプランのゴーグルズトリビュートアルバムも同じくゴーグルズをバックにスタジオヴァージョンで収録されています。
さくらちゃんも既にレーベルも事務所も決まっていてもうすぐ上京して第一線で活躍することでしょう!
こんな形で共演できて本当に嬉しかったです。MCでも言ったけど東京に行ってもゴーグルズを忘れないでね。プロフィールの好きなアーティストの欄にはゴーグルズと書いてね。(嘘)

では最近とられたプロモビデオもどうぞ!


そのナナイロプランイエロー盤は「アトリエてらた」でも絶賛発売中!限定300枚!
もうあと200枚くらいしか無いですよ!500円!です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。