銭湯 経営者のみなさまへ








客数が減っているのに集客施策を打ち出すことができない。


  • 課金サウナを導入したが、売上げにつながらない、客単価UPにつながらない。

  • 廃業するにしても、お金がかかり二の足を踏む。

  • 売上が減少しているので設備投資ができない。

  • 奮起してお客様を呼び込もうとしても、どのようにしたらいいかまったくわからない。


そんな“ないないづくし”で将来に


不安を感じていませんか?



はじめまして、銭湯再生請負人@平野善之(ひらのよしゆき)と申します。





私は今まで、48件の温浴施設の開業からシステム立上げまで


を成功させてきました。





民間企業である日帰り温泉やスーパー銭湯での実績です。


私は“衰退産業”である銭湯に、行列をつくる一発逆転の


方法なんて無いと思っていました。





しかし……。





なぜ、私が旧態依然とした銭湯にビジネスチャンスあり!

と確信したのか?少しお付き合いください。





>>銭湯再生請負人のプロジェクト詳細はこちら







お電話はこちらから


03-6240-2128


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-15 16:31:29

■入浴料の設定

テーマ:ブログ

銭湯は東京460円。神奈川は470円。

入浴料金は都知事(県知事)が決めます。

多くの銭湯は飲料販売程度ですので客単価での勝負は困難。

客数のみで頑張るしかないわけです。

 

銭湯=公衆浴場

公衆浴場法のもとに運営されております。

 

銭湯以外の温浴施設は「その他の公衆浴場」

ということで料金設定は自由です。

 

ご近所の江戸遊さんで入浴し、

生ビールとランチで4,000円ちょうどでした。

もう少し飲んで、マッサージをすれば1万円程度になります。

入浴していただければわかりますが、

それだけの価値があります。

 

入浴料は約2,000円ですから

折角入ったらゆっくりしたい。

それには時間とお金が必要ですから利用頻度は少なくなります。

(毎日というわけにはなかなかいかない)

 

スーパー銭湯という業種は、また別で

入浴料を1000円以下にして食事も安価に設定し

利用頻度を高める。

 

①客単価3,000円で500人/日のお店

②客単価1,000円で1,500人/日のお店

売上は同じわけです。

 

光熱費、人件費を考えると①の方がよいですね。

②は広さも必要ですからイニシャルコストも大きくなります。

 

何がしたいのか?

どんなサービスを提供していきたいのか?

によって店づくりが決まってくるわけです。

 

儲かるようにやってよ!

という何がしたいのかということさえわからない方が

風呂屋をやってのダメですね。

 

元銭湯経営者?

が経営しているとのことを聞きいってみました。

1時間だと500円です!

とフロントで説明されびっくり。

ゆっくりサウナに入ったら1時間じゃたりない・・・・

もうちょっと長く居るには?と聞くと

3時間で1000円です!

とのことで入店。

 

中は、えっ・・・・という感じですぐに出てきてしまいましたが、

何がやりたいかが判り納得しました。

カプセルがあるので、インバウンド向けに安く滞在場所を提供しよう。

とその一点突破です。

 

浴場内にお客さんが少ないのに

下足箱の空きが少なかったのも納得です。

大きな荷物がフロント前にたくさんあったのも納得。

 

カプセル3,700円と書いてありましたら、

宿泊としての客単価は低いですが

温浴施設で考えると高いですよね。

(カプセルの設置数にもよりますが)

(売上そのものは悪くないはずです)

 

銭湯は460円。

来てもらうにはどうするか?

考えて→実行して→振り返る

やらなきゃ明日はないですよね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-13 22:34:56

■薪集めの法則

テーマ:ブログ

昭和の銭湯は、まず薪集め。

仕込み(湯を沸かす、塩素を入れる)

開店し、釜の温度を維持すべく薪をくべる。

(閉店まで継続)

 

閉店後は掃除。

浴場内だけではなく、

温水器(これは営業中に)

濾過機や集毛器とかも。

 

仕込み前には釜掃除。

(すすで真っ黒になります。マスクをしてても鼻の中まで真っ黒)

 

基本的にはこのルーティンなわけです。

男仕事は。

(女性でもできなくはないです)

 

一般的に掃除が一番大変だと言われております。

私でも疲れます。掃除は。

 

地味に大変なのは薪集め。

墨田区松の湯の場合は、廃油用バーナーが壊れておりますので、

100%薪で湯を沸かしております。

ですので昭和のルーテインそのままです。

(わけあって掃除もタワシで手作業です)

 

薪が少ないと気が気じゃない・・・・・

廃棄用の破損パレットを集めて回ったり

工事現場に飛び込み廃材をもらったり、

思いつくがままに走り回ります。

 

顔の広い常連さんにお願いしておくと

気にしてくれて結構集まったりします。

 

仲好しの床屋のおばちゃんが薪集めの苦労をわかってくれていて

近所の解体現場に声かけしてくれておりました。

 

おかげで薪FULL!

 

しかも次から次へと「薪もってくよ!」の電話が鳴ります。

無い時は、本当に困るのですが、

あるときは決まって重なります。

 

今日は断ってばかりです。

写真はノコギリで自分で切ったのです。

切るのは掃除ほどは疲れませんが、時間を食う。

 

ガスにすればこの業務から解放されます。

しかしガス代が発生します。

 

ご存知の方もいるでしょうが

太陽の力で4トンの水を60度に上げて維持できます。

(この装置が200万円程度)

 

この60度4トンを400度にあげて維持する開発をしてくれて

いる方がおります。

(過熱水蒸気でしょうね)

 

400度が4トンあれば浴場運営でも足りますね。

(ガス代ゼロで開発してくれてます。私のために)

 

数年内に、薪があるときに限って

薪が集まってくるんだよなぁ・・・・と昔話で飲める日が来そうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-09 05:16:09

■39年の実力

テーマ:ブログ

カレーが大好きな5歳の娘。

私と二人で外食するときココイチに何度か行きました。

(何が食べたい?と聞くとカレーと言うので)

 

私は通常400gで3辛。

娘はお子様カレーセット。

 

食欲旺盛でお腹が私に似てきた娘は、

お子様カレーセットではなく

大人が食べる大きなお皿でたくさんカレーを食べたい願望を持ちました。

 

こんどカレー屋さんにいったら大きいのを食べるんだ!

と頻繁に公言しだしました。

 

365日働くようになって数年ですので、

どこかへ遊びに連れていってあげたい・・・・

と思う反面、成長の過程で幼少期の遠出は忘れてしまう・・・・。

健全な成長には影響はないのだ。と言い聞かせてます。

常日頃、自分自身に。

 

そんな私ですから

大人のようにカレーを食べたい!

容易に実行できる娘の願望をすぐに叶えましょう。

ということで睡眠不足の体にムチを入れ、

女房と娘の三人で錦糸町のココイチへ向かいました。

 

大人の普通のカレーを頼んだ娘。(300gかな?ライス)

ペロリたいらげるのかと思いきや、

空腹ではなかったこともあったようですが

半分以上残すことになりました。

 

はしが進まない様子に気が付いた男性店員さん。

(スプーンがすすまないが正しい)

辛かったかな?甘いのにつくりなおしましょうか?

と聞いてきました。

 

辛さが原因ではないと思ったのでお断りしましが、

残ったのはお弁当にしましょうか?

と先ほどの男性店員さんが話しかけてきました。

 

本心としては、残したカレーを持って帰るのはイヤでした。

ちょっと迷ってから、お弁当でのお持ち帰りをお願いしました。

それが親として正しいと判断したからです。

 

カウンター越しに、はしの進まない子供を見て

「甘いのにつくりなおしましょうか?」と声をかけ

残った量を見て「お弁当にしましょうか?」と言ってくる。

 

流石ですね。

 

厳しい飲食業界で39年続いているだけのことはありますね。

 

得るものありました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。