銭湯 経営者のみなさまへ








客数が減っているのに集客施策を打ち出すことができない。


  • 課金サウナを導入したが、売上げにつながらない、客単価UPにつながらない。

  • 廃業するにしても、お金がかかり二の足を踏む。

  • 売上が減少しているので設備投資ができない。

  • 奮起してお客様を呼び込もうとしても、どのようにしたらいいかまったくわからない。


そんな“ないないづくし”で将来に


不安を感じていませんか?



はじめまして、銭湯再生請負人@平野善之(ひらのよしゆき)と申します。





私は今まで、48件の温浴施設の開業からシステム立上げまで


を成功させてきました。





民間企業である日帰り温泉やスーパー銭湯での実績です。


私は“衰退産業”である銭湯に、行列をつくる一発逆転の


方法なんて無いと思っていました。





しかし……。





なぜ、私が旧態依然とした銭湯にビジネスチャンスあり!

と確信したのか?少しお付き合いください。





>>銭湯再生請負人のプロジェクト詳細はこちら







お電話はこちらから


03-6240-2128


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-17 02:23:08

■人体の不思議

テーマ:銭湯再生計画

この暑さでは、ガバガバ水を飲みます。

(痛風の恐怖が常にあるのでどんどん飲みます)

 

薪をくべている時はヒドイものです。

ただただ汗が滴り落ちます。

 

休憩するにしてもカマには70度のお湯があるわけですから

その場にいるだけで体力を消耗する暑さです。

 

番頭の住み込み部屋に侵入してクーラーにあたろうかという

誘惑にもかられますが、ちょっと気が引ける。

(学生時代なら遠慮なしですが、もう50歳見えてる大人ですから)

 

フロントに逃げこむと・・・ここは天国か!

と思うほど、冷房が心地よい。

 

だだ、汗と煤で汚い体ですから

フロントに長居はできません。

 

フロントには当然お客さんがいますから、

暑いからどんどん水飲んでくださいね。

と自分でも飲みながら補水をお客さんにすすめます。

 

そうなののよね・・・水飲まなきゃね。

といいながら補水するお客さんが多いのですが、

全く補水しない方がちょいちょいいるのです。

 

猛暑の中、歩きまたは自転車で来店し、

補水しないで入浴し(=発汗し)

入浴後も補水しないで帰ってしまう・・・・・・。

 

どう考えても危険。

 

強めに言っても飲まないんですよね。水。

(美味しいバナジウム飲料水を無料でおいているのに)

(もちろん飲む方が大半です。まれにいる飲まない方を指してます)

 

何年か前に東スポに出てた

インドで飲まず食わすで生きている仙人みたいな人がいましたよね。

(アメリカに連れていかれて研究されていた人)

 

不思議ですね。

なぜ水飲まないでいられるのだろう?

 

調子悪くなっちゃうって言うんですよね。

水飲むと。

(冷たいから胃に負担がかかるのは理解できますが)

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-07-13 01:52:09

■銭湯冥利

テーマ:銭湯再生計画

映画や小説、テレビドラマなんかで感動するハナシってありますよね。

スポーツ観戦なんかでもウルウルすることがありますね。

自分の脳みその何かに反応しているのでしょうね。

 

日常生活やビジネスのシーンでもありますよね。

感動すること。

でもそれほどは多くはないから

非日常の感動を求めて

映画を見たりラグビーみたりするのだと思います。

(高校野球とかもね胸打たれますよね)

 

墨田区緑「松の湯」でもあるんです。

もろもろの実話が。

 

実話だけにプライバシーそのものなので

ぼかして書きますが、

深刻なご病気のご夫婦が特定の曜日に

来店してくれます。

おおよそ、いつもの時間なので

薪くべ作業から抜け出し、風にあたるふりをして

店先にいると、いつもの方向からご夫婦が手をつないで

いらっしゃる。

 

私も多くはハナシかけません。

「いやぁ暑いですねぇ。ごゆっくりどうぞ」程度です。

 

気分転換の外出の機会に

銭湯を利用してくれているのがわかります。

 

「夫婦のいたわりあう姿」

ってこういうことだよなぁって実感できます。

 

涙した小説で「明日の記憶」というのがありましたが、

小説を読まなくても

手をつないで歩いてくるご夫婦を見れば

映画や小説で涙する以上の気持ちになります。

ご夫婦にとっての素敵な場所になっている

我が浴場を誇らしく感じることができます。

 

水野晴郎的に

「いやーみなさん、銭湯って・・・・・」という感じです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-10 03:25:22

■引き継ぎ準備進む

テーマ:ブログ

大田区羽田6丁目「入船湯」の経営を8月から開始予定。

着々と準備が進みます。

 

営業許可のための立ち合い検査も終了。(承認まち)

環境対策課への提出書類も準備完了。

牛乳販売の届け出完了。

管轄消防署への手続きもほぼOK

光熱費の切り替え手配OK

自販機契約・・・・見積もり待ち数社。

組合への挨拶完了。

券売機発注済。

 

今週から担当者が順番で仕込み業務(湯沸し開店準備)

研修開始。

 

フロントスタッフさんの募集は明日ハローワークへ。

 

あとは備品等のチェック、

メンテナンス業者顔合わせ、一覧表の作成。

 

勤務シフトを仕上げれば、準備完了。

HPは間に合うとして、リーフレット配布は

明らかに文句を言いそうな人が組合でいたので要確認。

 

今回のポイントは二点

1.サービスの向上

現在の入船湯はキレイでお客さん対応もしっかりしているので、

ボロボロの浴場再生とはわけが違います。

現状の清潔感を落とさないようにすることが第一。

漫画、ゲーム(将棋やオセロ)を置いて

気楽に長居してもらう雰囲気づくりを予定。

あとは私が標準としているボディシャン、シャンプーの設置

綿棒や髪ゴム、ドライヤーの無償化、飲料水の提供

2.営業時間告知

年中無休と深夜2時まで。

朝風呂は土日祝祭日を予定。

深夜営業については知れ渡れば必ずお客さんは来てくれる

ことは間違いありませんが、「知れ渡る」ことが容易ではありません。

店先の壁に大きく営業時間・料金の告知用看板を設置する予定

ですが、突き当りが多摩川の下流なので、川方向から

歩いてくる人はおりません。

不特定多数の人に設置予定の告知用看板を見でもらえる環境にない。

日頃来てくれているお客さんへの地道な声かけ(営業時間変更)

と近隣のホテル、釣り船への営業が中心となりそうです。

土手を走るランナーへどう知らせるか?

入船湯はここです!

営業してます!

大歓迎ですよ!と。

この辺りを楽しみながら経営していきます。

 

小中学生が一人でも来やすい雰囲気づくりを大切に。

単身ビジネスマンが一日の終わりに寄りたくなる雰囲気づくりを大切に。

シニアが居場所として一日の行動バターンに入れたくなる雰囲気づくり。

 

率先垂範だと逆効果になるのは確実なので、

見目麗しく、気配りのできるフロント人材ですね。

 

飲料水の提供って重視しております。

銭湯の利用者客は徒歩か自転車が中心です。

入店の時点で水分補給が必要です。

入浴前に水分補給して、入浴後にも水分補給。

これが正しい入浴方法。

無料であれば正しく入浴してくれます。

飲料の売上が落ちる!馬鹿じゃないの・・・・

と批判する同業者さんがおりますが、

そのままそっくり返します。

無料で飲料水を提供すると、脱水症状が防げるだけではなく

飲料の売上も上がります。

 

何事も前向きに取り組んでいる方には

真摯にアドバイスいたしますが、

ガラパゴスジイサンへ私から近寄ることはありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。