メルマガ購読・解除
 

音に心を

音に心を

羽根パープル上反レインボー ご訪問ありがとうございます 羽根パープル上反レインボー



'14年3月末に拙書が音楽之友社より発売になりました!


このブログに書き溜めた記事を集めたHPをさらにグレードアップした内容です


ご参考にどうぞ♪


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月16日

【主催講座】2/12第9回ヴァイオリン骨体操講座、終了しました。

テーマ:ブログ
遠藤記代子先生をお招きしてのヴァイオリン骨体操講座、無事に終了いたしました。
 
 
本番へ向けての心構えについて、遠藤先生の新刊にも記載されています。
メンタルトレーニングについて、遠藤先生からお話しを子供達は真剣に聞いておりました。
 
 
 
今回はひもを使った即効性のあるトレーニング、目で凝りを取る、本番への心構えなどなど盛り沢山でした。
 
 
頭に紐をまくと、不思議と頭が軽くなり、背筋がまっすぐになります。
 
皆さんでたすき掛けもやりました!
 
 

次回は開催は5月です。
ご興味のある方は、メルマガにご登録ください。
募集時にすぐにご案内いたします。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月11日

昨日、体験レッスンでお会いした小2の女の子。 ヴァイオリンを始めて一年たつけれど、お引っ越...

テーマ:ブログ
2017年02月09日

メガネを新調しました!私はかなりの近眼で、レンズが重くなり鼻パッドのあたるところが痛くな...

テーマ:ブログ
2017年02月03日

山田英り子作曲「ソレラミ組曲」YouTube配信が始まりました。

テーマ:OTOの会
昨年開催しましたOTOの会、子供が弾く新曲発表会「わたしにもひけるかな」での山田英り子さんの作品「ソレラミ組曲」のYouTube配信が始まりました。





「OTOの会」とは作曲家、演奏家、ピアノ・ヴァイオリン・声楽指導者、
音楽学者など、60名を越す音楽家が参加している団体です。

当日の様子について、以前のブログはこちら。
http://ameblo.jp/sayoneco/entry-12228239178.html



山田英り子さんに、小1と小5の姉妹のために、第1ヴァイオリンはすべて開放弦、第2ヴァイオリンは第1ポジションのみで作曲していただけないかと提案しました。

レッスンで取り上げることを想定して、ピアノはヴァイオリンの先生でも弾けるようにあまり難易度が高くないようにと、随分と沢山の無理をお願いしましたが、とてもカワイイ曲を作ってくださりました!

およそ1年、打ち合わせを重ね、作曲の過程で山田さんから「歌詞をつけられる」とご連絡をいただき、2曲目から歌詞がついています。
これはリズムを覚える助けになるもので、弾きながら歌うというものではありません。
この有り難いアイデアによって、最終楽章の「虹が見えるかも?」では子供達は楽しく6/8拍子を勉強することができました。

初歩の教材で6/8はほぼ出てきません。
子供にとって、特にヴァイオリンで弾くには6/8は難易度が高いのですが、開放弦で音楽的に楽しく、色々な意味でとても成功したと言える曲を作ってくださりました。


OTOの会のHPからも問い合わせれば楽譜を購入できます。
ご興味のあるかたは、お問合せください。

OTOの会HP
http://otonokai.web.fc2.com/




☆メルマガ☆

http://archive.mag2.com/0001599299/index.html



 



 



 人気ブログランキングへ



 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月31日

【2/12主催セミナー】第9回ヴァイオリン骨体操 ~ ベストな本番を迎えるために

テーマ:セミナー
告知が直前になってしまいました。
2月12日(日)に、遠藤記代子先生をお招きしてヴァイオリン骨体操講座を開催します。
今回も公開レッスン受講者を募集します。
(1曲全部弾いてくださらなくても結構です。ワンフレーズのみお弾きください。)
 
 
遠藤先生はいよいよ御著書が発売となりました!!
ご参加の皆様はどうぞ新刊をお持ちください。
 
 
~ 遠藤先生からのメッセージ ~
ナンバ術ヴァイオリン骨体操では、本番の演奏において、心に3つの「病気」があると説明しています。
①他人に対する恐れ
②上手く弾きたいと思う心
③失敗を防ぎたいという心
自分の演奏に評価がつくと思えば誰でも恐くなりますし、失敗しないように演奏したい、良い評価を得たいと思うのは人として自然なこと。
ごく当たり前の反応に思えるでしょう。しかし、この①恐れ②焦り③受け身の心があると、心が固まって身体の動きが鈍くなります。

『上手く弾こうとするな、ただ、弾け』by.イヴリー・ギトリス

 
このやっかいな病気を治すには、どうしたら良いのでしょうか。
桐朋学園にて行われているメンタルトレーニングの授業「ナンバ」から紐解き、無心に演奏するための鍛錬法を体操を用いてどたなにもわかりやすく、ご紹介していきます。
 

<日時>
 2017年2月12日(日) 15~17時

<受講料>
   一般   ¥3,000 (親子参加はペア料金)
   ワンポイント公開レッスン ¥5,000

<場所>
   昭和音楽大学 北校舎 3階 第6スタジオ
   https://www.tosei-showa-music.ac.jp/examinee/campus/north.html

<定員>
  30名


↓お申込みはこちら↓
 
http://goo.gl/114eqi (←メールフォームです)

 


<諸注意>
・寝転がってする体操があります。普段バレエやミュージカルのレッスンをしているスタジオです。お気になる方は、ヨガマット、バスタオル等を持参してください。
・ズボンなどの動きやすい服装をお召ください。スカートはご遠慮ください。
・土足禁止のスタジオです。上履きをご持参なさるより、足の感覚を上げるために厚手の靴下などをお召しになってください。


<遠藤記代子先生プロフィール>
東京生まれ。19歳で渡欧。ザルツブルグ音楽祭にソリストとして選ばれる。帰国後、弦楽オーケストラを結成し、バレエとのコラボレーションで都民フェスティバルに参加。また師である故江藤俊哉との共演で室内楽演奏会を定期開催、好評を博す。
活動はクラシック演奏のみにとどまらず、バンド・ライブ、芝居・ミュージカルでの音楽担当、ゲーム音楽のレコーディングなども行う。
2013年4月、在京演奏家有志による『バームクーヘン室内管弦楽団』結成。オペラ、コンツェルトなどのアンサンブルをレパートリーとするほか、
身体&メンタルトレーニング、指揮講習会などの講座を設け、アマチュア奏者参加型の音楽祭開催を展開する。
弦楽専門誌『ストリング』にて連載を行う。反響を呼び、国内外の講習会に招かれるようになる。
後に弦楽器マガジン『サラサ-テ』にインタビューが掲載される。読者の支持を得て、同誌にて現在も連載中。
2009年より、新ベルリン交響楽団の招きを受け、コンツェルト等を好演。ソリストを務める。
朝日カルチャー、宮地楽器にてヴァイオリン・弦楽器アンサンブル・弦楽四重奏、及び演奏のための身体作り講座の講師を務める。
桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。
これまでにヴァイオリンを故江藤俊哉、江藤アンジェラ、故久保田良作、久保良治、川崎雅夫、藤川真弓、山下洋一、室内楽を柿崎素子、山口裕之、西原稔、古澤巌、藤井一興/身体コントロール・メンタルトレーニングを矢野龍彦/ヴァイオリン体操を神原泰三の各氏に師事。
ナンバ術協会公認師範。

 

 

☆メルマガ☆
http://archive.mag2.com/0001599299/index.html

 

 

 人気ブログランキングへ

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。