テーマ:



平日の朝にも関わらず期日前投票所には多くの人が。

毎回来ると必ず他にも投票来てる人はいるし、
自分の周りにも政治に関心を持ってる人は少なくない。
でも選挙の度に投票率が低いのはどうしてなんだろう?
と思いますが、まだまだ無関心な人も多いということでしょうか。

「政治なんて誰がやっても同じ」

本当に窮地に立たされている国ではそんなこと言ってられない。
そして今の日本も完全にそんな状態になりつつあると思います。

うちら大人の世代で総てが終わるなら、ぶっちゃけどうなってもいいんですけど、
子供たちの未来がかかっているわけで。
しかも、表立って命に関わる問題に直面しているわけで。。


でも本当は、誰がやっても政治は同じなんてこと、いつの時代だってありえないし、
3.11が起きる前から、イスラム国が出来る前から、
政治は常に命と直結してる。

その意識が薄れていた国民への罰が、今のこの状態なのかなって思います…


投票率、上がってほしい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私は、描く方だけでなく「描かれる方」としても、時折仕事をします。
美術モデルとして、デッサンする人たちの前に立ちます。

そこから見える景色
真剣に、一生懸命に絵を描く皆さんの顔
描く対象物をよく観察し、自分自身の内面とも向き合う
そこにあるのは、描く自分と、描かれるモデルと、紙と鉛筆(木炭)だけ
そしてオーディオから流れる音楽


その空間を一言で表現するならば、


尊い


人間が、自分自身と向き合うこと
いま現実にあるものをよく観察すること
自己を表現すること
好きなことに没頭すること

その瞬間は、とても満たされ、美しくもあり、平和です。


今ではこんな当たり前のことが、ずっと続けられる世の中であってほしい。

好きなことを、好きな場所で出来る
誰もが自由にそれを選べる社会であってほしい。


私が南米、ブラジルに強く惹かれる理由は、沢山あるのですが、
人間にとって必要な「多様性」と「柔軟性」が大切にされる国だからです。

「生物は、様々な種が存在するからこそ、環境が変化した時にも、それに対応し、次の状況へと進化していける」
と、過去に何かで読みました。
また、人権を守るという点においても、多様性の尊重は必要となります。
ブラジルの、あらゆる人種が混ざり合い(セクシュアルマイノリティーも多い)、各々の考え方や文化を受け容れ、人々が共に暮らす姿には勇気と希望を貰えます。
また、不安定な情勢・経済にも怯むことなく、日常生活においてもあらゆる不具合や不完全さに柔軟に対応する彼らを見ていると、「生きてるだけで幸せなことなんやな」と自然に思えてきます。
そんな中で生活していると最終的に「生きるのってこんなに楽だったっけ?」と思えます。


いま、世界、特に日本に必要なのは、このラテン的な「柔軟性」と「多様性を受け容れる包容力」なんじゃないかなぁと思います。
(過去に読んだこんな記事も面白かったです:『日本は実はラテン的国家だった』


だからこそ、私はブラジルでもっと勉強していい芸術を生み出したいし、
それによって日本にも大切なことを伝えたい。

何年かかるか分かりませんが、実現させたいのです。


アートといえば、アメリカ・ヨーロッパ。
多くの人がそう考えるのは、仕方ない。
でも、そこばかりでアートもお金もぐるぐる回っていたら世の中は変わらない。
南米といえば、まだまだ発展途上国、というイメージが強いし、実際そうです。
でも、それだけじゃないんですよ。
人間にとって大切なものが、いっぱい詰まってる。

(当然ですが同時に悪いところもあるのは事実です。
ブラジル国民が一生懸命働いても強欲な政治家達によりお金が上手く回らず、
いつまでたっても貧富の差が無くならず、治安が悪いままなのは残念なことだと思う)


でも、そんなところも覆すくらいの、人々の圧倒的なパワーと優しさ。
そんなラテン文化の良さを、多くの人に伝えられたらと、今は思います。




あともう一つ、最近思うこと。

この世から、苦しみは無くならない。
ユートピアはその名の通りこの世に存在せず、残念ながらそれは現実であり、
極端な話、それこそが「生きる」ということでもある。

でも、その苦しみを「悪」として、
楽しいこと、キレイ(に見えるもの)にばっかり目を向けていたら、
薄っぺらくなるというか、不自然になってしまうんですよね。


生きるということは、苦しみを伴うもの。
その苦しみを少しでも減らせたり、その人の心に寄り添えるもの
また、楽しい時は、その楽しさを何倍にも膨らませられるもの
それが芸術です。

受けるべき苦しみは受け容れ、原動力に変えていくことが大事。
いつの時代であっても、どこの場所であっても、
そんな心構えで芸術をやっていきたいと思います。


自分の知っていることしか、相手に伝えることは出来ませんから。



とりあえずは、来週は選挙行きます。


ウェブサイトの作品写真を更新しました。良ければご覧ください。
写真撮影はTatsuya Azumaさんです。ありがとうございます!)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のLive Painting GIGで描かせて頂いた作品!です。









(Not yet titled) / 3.5m x 7.2m /Acrylics on Japanese paper

「森」というキーワードが自分の中に何となく浮かんで、昇華したかったのでそのイメージで描きました。でも「見えるもの」は鑑賞者に委ねたいから、タイトルも抽象的なものにしたい、ってことでまだ無題です。タイトル考えるのって難しいな~。
















こんな感じで描いてましたよ。



会期中お越し頂いた皆さま、設置・片付けなど手伝って頂いた皆さま、ありがとうございました。
この作品も舞台や展示などで、日本国内はもちろん海を越えてお披露目していく予定です。いつか皆さまの前にもお目にかかれますように。
これからも巨大作品を沢山描いていきたいです。



今年ももう半年が過ぎようとしています。
2016年は後半が怒涛のスケジュールです。
とても有り難いです。


主な活動場所はブラジル・台湾・京都・東京
月単位で移動します。風邪ひかんようにせな。
特にブラジルは、今は冬。
今年のサンパウロはとっても寒いんだそうです。
ダウンジャケット持っていくよ!


そして紅葉が終わる頃には来年2月に向けて個展準備
合間には試験勉強・準備
4月の試験と同時期にヨーロッパで展示です。


なんかホントに思うけど小中学生くらいの時から好きなものが変わってません。
増えても減ってもいません(それはそれでどうなん)
芸術と、外国語(外国の文化を知ること)
この二つを使って人とコミュニケーションすること、世に貢献するために生まれてきたんかなって思います。
まぁ書くだけならだれでも出来ますのでね。循環していかないと。


というわけでこれからも見守って頂けましたら嬉しいです!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。