野菜、ときどき肉魚。〝健康に、強く、美しくなる〟アスリートフード研究家池田清子のSayako's Kitchen☆

4年連続世界選手権日本代表、プロマウンテンバイカー池田祐樹を支える、アスリートフードをご紹介。野菜中心の食材で「細胞から美しく健康的に強くなる」をモットーに、日々研究中ー!


テーマ:
前回記事関連で、フィードのご紹介です。

今回は友人のTAKEさんが車に同席して、幾つか写真を撮ってくれました。

フィードとフィードの間がタイトな時は、気持ちが焦りますが、安全第一で。
{87CD805F-256C-4063-B606-B47F51FBBBBE}
ナビもありますか、迷ったりしないように道を頭に入れています。これは試走の成果。

一箇所迷いそうになりましたが、土質の感じで覚えていました。


ここは第6フィード。オフィシャルフィードゾーンというのが決められていて、その範囲内で渡さなければなりません。
{9C89C88C-83B5-4AA1-8893-429A701CACE6}
後ろには牛舎↑

UCIスタッフが必ず立ち会っていて、不正がないかも確認しています。一度ゾーンを過ぎると、選手は戻って補給を受け取ることができません。メカトラなどが発生した時も同じく、このエリア内で行われます。

カナダから出場の、ティムのお父さんが「YUKIの奥さん?」と話しかけてくれました。
{1B153928-EE45-4ADA-BF48-9716599DBF0C}
2年前の南アフリカで行われた同大会で、私がティムの奥さんを車に乗せて、一緒にフィードを周ったのです。お父さんとは今回が初対面でしたが、「彼女が貴方によろしくと言っていたよ」と伝えてくれました。嬉しいことです。

ドライブの一コマ。

撮影 : TAKE

もっと険しい道も走ります。
急ぎつつも、対向車が来るので慎重に。


今回は10日間の滞在のうち、外食は2回。たくさんご飯、作りました。
{2BB11B3E-BF6D-483A-93CC-A03A153F4787}

{688ADA53-C2CA-4ABA-A7F4-B54B5A2FD731}

パッキングは、祐樹さんの工具をお預かり。今回は成田空港まで電車で向かったので、ダッフルバッグではなくスーツケース。工具が半分を占めていますが、私物をとにかく少なくしてきたので、問題なしでした。

{F704944A-DCB0-4563-84B6-FC74D3493C1E}
↑手前は、母がくれたマッサージャー



さて!

いよいよアメリカはデンバー空港へ出発です。
{83954AFA-8538-4AD8-8E37-8FB13366A213}


今回レースの舞台となったレサック、フランスの南部の景色はとても美しく、緊張感が高まる日々の中では、私にとって大切な癒しでした。
{9C88DD85-E7DD-485C-B30B-5D21F8C7487B}

{A98EC48C-08EF-408C-8CB0-66E1C3A3B1E3}

{0F260108-1D4A-40DD-8702-64A7A8BF4B2F}
↑昨日はこんな素敵な道を10kmランニングしましたよ。あまりに気持ちがよくて、予定していたより思わず距離が伸びてしまいました。心配した祐樹さんから電話がかかってきました…


merci!ありがとう。


自転車素人の私が経験を積み重ねて、少しでも役に立てていることが嬉しいです。


いつかまた戻って来る日まで、
もっともっと成長したいです。



オマケ

フライトには必須なC3fit。着圧具合が丁度よく、むくみが軽減される気がします。
{9045A039-6B0B-4254-AA6E-811B686A7FD1}




ではまた!


次はアメリカからお届けいたします。


いいね!した人  |  リブログ(0)