フクちゃんの検査結果

テーマ:
昨夜
近所の獣医さんより電話をいただきました。
先日血液検査の際に
肝臓にも腎臓にも異常がないらしく
貧血もなしとの事だったので、
甲状腺の検査を依頼していました。

その結果の連絡でした。
特に異常はないとの事。

数値は低いものの正常値であると・・・

そうすると他に何か悪いと考えられることはあるでしょうか?
という私の質問に電話口の先生は
「消化器系の腫瘍、リンパ腫などの可能性があります。
その場合大きな病院でないと検査が出来ませんから他の病院で、エコー、全身麻酔で細胞の検査などをすることになると思います。
悪性のリンパ腫などの場合は、抗がん剤治療をすることになりますが、
よくなったり悪くなったりを繰り返しながらだんだん弱っていきますし、
治療をしても生存率がずっと良くなるわけではありません。少し伸びるくらいだと思います。治療費も抗がん剤となると一回万単位での出費になります。」

そう言われても私も返事に困り、
「そのほかの治療としてはどういうことができますか?」

先生は
「ステロイド剤の投与をすることもできます。
最初の一週間は集中して投与しますが、その後間隔をあけて飲ませていけば、一時的に体調は良くなると思います。」

副作用はありませんか?
「膀胱炎とか、免疫力が落ちるので感染症とかかかりやすくなります」

そうですか・・・・
少し考えさせてください。
またご連絡します。


っえ~!

寿命が短い?

ちょっと待って!

まだ原因特定に至っていないでしょ・・・
先生はリンパ腫かと思ってるようですが~!

・・・・あやしいけど・・・

そうだったら困るけど・・・

どうしたものかと家族で相談
まだどうするかわかりませんが・・

食欲はあります。

いいウンチです。

だるそうです。

やせ細っています。

おねがいかわいいです。









AD