株式会社GATEWING http://gate-wing.co.jp

2011年11月15日設立

「企業様の収益改善をサポート」



を通して日本や世界がよくなることに貢献することを理念に会社を設立します。
企業様のよきパートナーとして、収益アップ、収益アップの原点である社員様の幸せをアップができる情報提供やコンサルティングサービスをおこなっていきます。

自分自身の内観を通して、自分は、人の成功や目標達成実現ができた瞬間が一番モチベーションが上がることを知りました。
前職役員を通して大きな成長を遂げるお手伝いをしている最中に、ずっとどうやったらもっと多数の会社様に自分の役立てるノウハウを提供できるか考えていました。
その思いを実現したいと強く思い、今回起業という手段でその夢に向かっていこうと思いました。

是非、よき会社の皆様とよいお付き合いができればと思っております。

よろしくお願いいたします。


【絶賛発売中】

サルでもわかる中国経営本をテーマにストーリー風の本を書いてみました。

この本を読むとよくわからなかった中国人の思考パターンが理解できるとともに、著者の失敗談をあますところなく語るので、日本人経営者がやりがちな失敗についてもマスターできます!


中国で繁盛店をつくるシンプルな方法
―成功のコツはすべて日本にある/関 敏
¥1,575


Amazon.co.jp     日経BP書店購入はこちら


【ビジネス人生】


いきなりパキスタン駐在

クーデターで帰国

某上場コンサルティング会社で支援先2社の上場を経験

中国で会社を3期ほど経営、優良財務体質な会社を作りあげ引継ぎ

帰国後、株式会社ROI 取締役 役員として3年在任中業績拡大実現

2011年11月15日株式会社GATEWING設立
http://gate-wing.co.jp/




【リーダーズEYE 新経営道掲載中】


http://leaderseye.shooti.jp/


テーマ:

WEB会社が採用活動を強化している。

 

みんなで考えまくり、ウォンテッドリーとか採用ページとか

あらゆる媒体を駆使して、新しい仲間を集めようとしている。

 

みんなで考えまくった結果、ウォンテッドリーでは5000社ぐらい

ある会社で見られた数が20位(サイバーさんより今は上の順位らしい)

まで来たそうだ。

 

GMA採用ページ

http://g-ma.co.jp/recruit/

 

ウォンテッドリーページ

https://www.wantedly.com/projects/76948

 

身内の自慢になって申し訳ないが・・・うちのメンバーは凄い!

 

ちなみに僕のところに費用の申請が来るだけで、採用活動には一切

絡んでいない。。。というより絡ませてもらっていない(笑)

 

まぁ、自分でも思いますが、僕が主導したら常識の範囲ないのもの

しか出来上がらず、、、

上記のような成果は出ない。自信がある。

 

そんなこんなであまり会社のアピールをしてこなかったので、

未来の仲間に向けてのアピールをしていきたいと今日は考えてます。

 

うちの会社、グループのスタイルは、一言で言えば、「任せた」だ。

 

なぜ、「任せた」を重視するのか?

 

大きな視点でいえば、僕の夢はたくさんのよい想いをもったリーダーを

育て、日本や世界の今や未来に少しでも貢献したいと思っているから

である。そして、現実的な話をすれば、現在のトップである僕は残念ながら

いつか死んでしまう。しかし、会社や組織は永続するから、いずれは

強制的に誰かに任せなければいけない。

いきなり、トップをやってくださいといってトップが出来たら苦労はしない。

色々なリーダーをしてみて苦労をして、会社を自分の子供のように思える

ぐらいの愛がないとできない。経験と思い入れの両方が必要だと考えて

いるからだ。

 

もう一つの視点は、僕らの人生の多くの時間は仕事に割かなければ

いけない。それなのに、仕事がつまらないといったら人生がつまらない

と言っているのと同じだ。

僕の観点でいくと、仕事で強制的に「命令され、指示され、言われた

ことだけを毎日毎日やるだけの仕事であったらと想像すると楽しいはず

がない。」きっと最近、ことあるごとに話題になるブラックという言葉は、

仕事が楽しくないから出ているはずだと考えている。

だって、自分が楽しいと思っていることって

誰でも夢中になって何時間でもやっているものだから。

ブラックという言葉つまらないからという前提条件がつきものなのだ。

こういう前提条件を理解していれば、

自分達がこんな状況を創りたいと思っていることを自分達が決めて

現実にしてければきっと仕事が面白くなるだろうと思い、

「自分達がやりたいならやればいい」というスタイルを貫いている。

 

また、それでも余計な口をはさみたい僕は、会社をいくつか創ったり、

他社のコンサルをさせていただいたりして、強制的に口を出せないような

システムにしている(笑)。。。

だから、この「任せる」というスタイルが現実的に出来ている。

 

こういった話をするときに一番の問題は、それで「ずれることがないのか?」

「収益はきちんと出るのか?」という問題になる。

 

しかし、これは杞憂だ。むしろメンバーが主体的になればなるほど成長角度

はあがる。しかもつまらなそうにではなく、自分たちが望んで高い目標を

たて、自分達でチャレンジをしていく。

 

そして、もう一点、「ずれることがないのか?」ということについては、

 

創業当初よりずっと力を入れてきたのが、「理念の共感」をしてもらうことに

すごく神経を使ってきた。

つまり会社の存在する目的とゴールとゴールイメージを常に共有してきた。

 

「人の役に立つ」

「5方よしの経営」

「徹底的にお客様に寄り添う」

「お客様と目的・ゴール・ゴールイメージをすり合わせて、同じ方向に向かって

日々の小さな感動を積み重ねていく」

 

こういった基本の価値観だけでなく、どのような価値観が求められるか?

どんな考え方で生きていくべきかをどんなに忙しくても多くの時間を割いてきた。

 

いうなれば、白いキャンパスの大きなだけは決めてきた。


だから大きなところは決してずれない。

 

多少は僕の意には反しても、目的ゴールがずれていない限りは、

結果は間違えない。

 

どころか、

その中に塗る色は、メンバー皆さんの自由がゆえ、僕以上のアイディア

をもって結果を出していく。

 

そして、このような経験を積み、事業を創り、組織を創り、未来を創る、

そのようなリーダーを多数輩出する会社になっていく。

そんな未来を描いている。

 

理念と自由

この二つを大事にしてこれからも、「任せた」の精神で経営をする

我々と是非、一緒にジョインをしてくれると嬉しいと思います!!

 

ご参加お待ちしています!!

 

【クリックすると写真が変わる採用ページ。】

 

http://g-ma.co.jp/recruit/

 

 

【本日紹介の本】

 

採用のよい本はなかったので、、、

今日は、色々、面白そうな経営をしていらっしゃる偉大な会社が

紹介されている本を!紹介します

 

刺激されまくりで中々面白かったです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今期も無事グループ各社の決算が締まり、本当にお客様や協力会社様、

メンバーの皆さまのおかげで引き続き、経営をさせていただくことが出来ます。

毎期のことながら、言葉では表すことが出来ないほどの感謝の気持ちがあります。

心より御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

昨日は、小学校3年生までを過ごした四ッ谷第3小学校の同級会にお呼びいただき、楽しい時間過ごしておりました。

せっかく近くまで来たのだからと 

帰りがけに小さい頃、亡き両親と過ごした家を

訪ねにいきました。

すでに思い出のつまった家は無くなっており、

そこは原っぱのような空き地に

なっておりました。

しかし、私はその場所に立つことで、

忘れかけていたたくさんの思い出が蘇ってまいりました。

思い出をたどってみると多くの気づきを

もらえます。私は今だけでなく、これまでも

本当に多くの方に支えていただき、

許していただき、育てていただいたのだということ。

そして、今、こうして毎日やりがいをもって

生きられているのは、そのような多くの方の思いやり

が前提にあるのだという気づきです。

 

弊社グループに共通する理念は、「人の役に立つ」という理念です。

 

私たちがこれまで多くの人に支えられ、許され、育てていただいて

今があるということを自覚し、今度は自分が多くの人にお返しをして

いく、そんな人生をみんなに歩んでほしいという願いから考えた理念です。

 

その中でも今期を振り返りとりわけ思うことは、弊社がこのようにまだ存在をさせて

いただいているのは、弊社が何もなかった時代から弊社を支えてくれた

お客様の存在です。

 

お客様からいただく売上なくしては、弊社の社員、アルバイトさん、

そして多くの協力会社の皆さまとお仕事をさせていただくことも出来なかった

ということを考えると、本当にお客様には感謝をしてもしきれません。

 

感謝の気持ちをもっと形にして恩返ししていきたいと考えております。

「お客様の成功をお客様以上に願い、活動し続ける組織」、

すなわち

「日本一お客様に寄り添っていくグループ」を本気になって創って

いくことにもっと真剣に取り組んでいきたいと思っております。

 

コンサルの会社であれば「お客様の課題に抱えていらっしゃることを

お客様以上に悩み、過去の事例と現在の事例から最適なソリューションを

提案し、実行できるようになるまでのサポートをすること」でしょうし、

 

外食の会社であれば、「お客様がたくさんの店から弊社の店を選んで

いただけた理由を知り、そのニーズを実現できるような料理やサービスを

実行すること」

 

イベントサポートの会社であれば、「お客様のイベントの成功をするための

あらゆる雑務や企画サポートをして大会を成功させること」

でしょうし、

 

WEB集客支援の会社であれば、「お客様の考えられている集客戦略を知り、

あるいは一緒に創り、それを実現するためのツールや運用を一緒に

実行して効果検証を繰り返し、理想のパターンを創り上げていくこと」

 

になるかと思います。

 

コンサルタント時代から経営というものを20年間考えさせていただき、

企業には大きく二つのタイプがあるように思いました。

 

自らの創りたい世界観を、創りあげ、顧客を巻き込んでいくパターンの会社

 

顧客の創りたい世界観を必死に理解し、その世界観実現のために

何が出来るか考えお手伝いする会社

 

2つのタイプです。

 

前者がアップルやフェイスブックといった素晴らしいアイディアをお持ちの

会社だとすると、弊社は会社創成の歴史、商品開発の歴史をみても

どちらかというと自分達のアイディアよりお客様と対話をし、お客様が

お困りのことを自分達の手で実現をしてきた歴史であります。

 

創業当初は、前者のような企業を考えていましたが、最近はとても自分達

の考え方が自然体で満足しております。

そうであれば、これからもっとその方向を強化していくために自分の考えを

しっかりと形にしたいと思い、

 

今期、私の決心として、

「日本一お客様に寄り添っていく会社」

「日本一お客様の成功や満足を、お客様以上に喜べる会社」

を創り上げていく

 

そのように感じました。

 

前期も皆さまのおかげ様で無事決算を終えることが出来ました。

今期はより一層「人の役に立つ」会社になっていけるように、私自身が

誰よりも努力し、お客様の想いに答えられるような人間になっていきたい

と思っております。

 

引き続き、GATEWING社、GMA社、BARCOMPANY社、コームラ社を

宜しくお願い申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

                                 2016年11月12日

                                   関   敏 

 

◆本日紹介の本

 

最近、グループの幹部に必ず読んでもらっている本です。

想いが正しくても、スキルなき想いは無力である。

 

マネージャーはどうあるべきか?部長はどうあるべきか?

大変整理されて良本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年秋口は、和僑会の世界大会に参加をさせていただく。

 

1年に1度、全世界26地域の現地で起業をするメンバーが集まる

会だから、もちろん、東京和僑会の理事だから参加をしないといけないことも

あるのだが、そんな立場を超えて、参加をしたいモチベーションはいつも高い。

 

1)1年に1回、各地のメンバーに一同に会える同窓会的な懐かしさ。

  このメンバーにそれぞれ各地に出かけあったらそれだけで1年間経ってしまう(T_T)

 

2)現在の世界情勢がリアルでどうなっているか確認できる。

  中国で住んでいたときに反日デモの現地の日常と日本の報道のかけ離れ方

  にだいぶ驚きましたので、ここらへんはリアルでビジネスしている方に聞くのが

  一番。 中国はバブル崩壊がひどく、空室だらけというのは実態なんだなぁと

  思いました。

 

3)たくさんの現地経営者の講演や著名人の講演が聞ける。堀紘一さん、大前研一

  さんなんかに過去お話しをしていただいていますが、今年はホリエモンこと

  堀江貴文氏とアップルコンピューター日本社長の山元賢治氏でした。

 

そんなわけで、今回も友達と色々情報交換をさせていただいたり、講演をたくさん

聞いてよい気づきがたくさんありました。

 

その中でもとりわけ気づきが深かったのは、著名な二人の講演者の堀江氏と山元氏

の講演でした。

 

一言でいうと、お二方がおっしゃっていたのは、

 

世界の環境は大きく変化しているのだから、皆さんも大きく「変化」しなさい。

ということでした。

 

山元氏の言葉でいくと

The only constant is change(世界上でたった一つの真実は変わり続けていくことだけ)

ということで、

たった30年でテレビがどう変わったか?の写真は衝撃でした。

昔は家具でタンス以上に太く厚かったのが、今は超薄い形で、僕が小学生の頃

みたSFでしか見たことなかった世界が、たしかに30年後には現実にあったという

世界です。

 

そして堀江氏も、

ある時代作家の方から聞いたお話しで、昔は、時代小説を書くのに、

江戸の文献を図書館などで読み込んだり、資料集めて書くのだからまともに

時代小説を書けるようになるのに、数十年費やし、下手したら50歳すぎてから

まともな時代小説が書けるような時代だったが

今はネットを調べれば大概のことが整理され、いつでも取り出せるので

30歳でも同じレベルかそれ以上の小説が書けるという話でした。

これも、僕が小学生のころ、なんでも知っているロボットがいるようなアニメの

世界の感覚で、それが今は現実になっているのだと知りました。

 

そんな時代だから、僕らはこの変化する時代に対応し、常に変化をしていか

なければ、自分達の存在など価値を生み出さなくなるのだということを

強く認識しました。

 

ただ、自分たちにその力はあるのか?僕はそんな技術者じゃないぞ。

と少し思うところもあったのですが、彼らの講演を聞きながら、そんな僕の

スタンスは完全に間違っていたなと思いました。

 

アップルが出したipod。それは最先端の技術か?と問われたら、

たしかにあった技術だと。そのころはUSBも外付けのハードディスクもあった。

そして、それを記録する装置もあった。

技術はそんなに難しいものではない。

では何か?

 

世の中には、1000曲もって外に出たい人がいる。

という潜在的なニーズを的確にとらえており、それを最高のタイミングで

出しただけなんだという、起業家的な使命をしっかりと考えていたスティーブジョブス

と、情熱がまだ足りない僕の違いなんだと思いました。

 

また、iphoneも同様。

携帯電話もある。すでにipodもある。そして、ネットもwihiで飛ばす技術も

ある。これを組み合わせただけのものがiphoneであり、そしてこのiphoneが

世界や僕たちの生活のルールを大きく変えたんだと。

 

お二方の講演を聞き終わり、僕はこう思いました。

 

世の中が変わっているから、僕らも変わらなければいけない。

 

これは一見正しいが間違っている。

これでは、世の中についているだけで、企業家である僕たちが目指す

姿ではない。

 

僕たちが不足している技術はすでに世の中にある。

足りないのは、

 

「次の世の中が何を求めていて、僕らは何を提供するべきか?考え抜く

情熱」

 

なんだと。いうことです。

 

すべては満ち足りている。

「不確実な未来を確実にする方法は、自らそれを創り出すことである」

という僕の好きな言葉を、具体的にするのが今回の講演の気づき

 

一度しかない人生、必死に情熱をもって生きていきます。

 

北海道和僑会の皆さま、児島会長、浦谷副会長、とても楽しいおもてなし

本当にありがとうございました<m(__)m>

 

追記1:この世界大会でロサンゼルスでお世話になった、ロサンゼルス和僑会の

     大本会長が突然亡くなられました。悲しくて仕方ありません。

     アメリカビジネスのことを教えていただいたこと忘れません。いつ何が

     あるかわからない人生だと教えていただいたと思い、一生をしっかりと

     使い切りたいと思います。合掌

 

追記2:次回はタイで開催になります。前回は500名近くの和僑が参加をした

     会ですので、世界のビジネスを知るにはとてもよい機会かと思います

 

◆本日の紹介の本

 

札幌の行きかえりの中で読んだ本。

世界で大きく流れている歴史を知ることで、今から起きることが予測できます。

「世界史」と「地政学」はこれからのビジネスマンの必須知識だと思います!

 

 

堀江氏の最近出た本

 

お店の本は衝撃です

 

食べ歩きをしている人のほうが、マーケティング出来ている

料理をしている人は週6必死に働いているけど、知識や情報がなさすぎる。

これは確かに思いました。

消費者が何を求めているか?膨大な情報をどう蓄積していくか?

そう考えるとすべての世の中は情報をもつものとどうリンクしてどう効率的に

情報を集めるかの時代になるなと。そう考えると、世界を端的に知るに和僑会は

かなりのネットワークだと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。