株式会社GATEWING http://gate-wing.co.jp

2011年11月15日設立

「企業様の収益改善をサポート」



を通して日本や世界がよくなることに貢献することを理念に会社を設立します。
企業様のよきパートナーとして、収益アップ、収益アップの原点である社員様の幸せをアップができる情報提供やコンサルティングサービスをおこなっていきます。

自分自身の内観を通して、自分は、人の成功や目標達成実現ができた瞬間が一番モチベーションが上がることを知りました。
前職役員を通して大きな成長を遂げるお手伝いをしている最中に、ずっとどうやったらもっと多数の会社様に自分の役立てるノウハウを提供できるか考えていました。
その思いを実現したいと強く思い、今回起業という手段でその夢に向かっていこうと思いました。

是非、よき会社の皆様とよいお付き合いができればと思っております。

よろしくお願いいたします。


【絶賛発売中】

サルでもわかる中国経営本をテーマにストーリー風の本を書いてみました。

この本を読むとよくわからなかった中国人の思考パターンが理解できるとともに、著者の失敗談をあますところなく語るので、日本人経営者がやりがちな失敗についてもマスターできます!


中国で繁盛店をつくるシンプルな方法
―成功のコツはすべて日本にある/関 敏
¥1,575


Amazon.co.jp     日経BP書店購入はこちら


【ビジネス人生】


いきなりパキスタン駐在

クーデターで帰国

某上場コンサルティング会社で支援先2社の上場を経験

中国で会社を3期ほど経営、優良財務体質な会社を作りあげ引継ぎ

帰国後、株式会社ROI 取締役 役員として3年在任中業績拡大実現

2011年11月15日株式会社GATEWING設立
http://gate-wing.co.jp/




【リーダーズEYE 新経営道掲載中】


http://leaderseye.shooti.jp/


テーマ:

月初の朝礼は、僕が1時間ぐらい話をするコーナーがある。

 

今月のテーマは「信頼」にした。

「信頼」を勝ち得ることが、僕らの企業の唯一の財産であると思うからだ。

 

企業の最大の目的は「存続と発展」であり、

「存続と発展」の目的は、社員や関わる仲間の「物心両面」の最大限の幸福を実現

し続けること。

 

そのために考えることは、企業が生き残り、発展をするために何が必要か?という

問いに答えることだが、

ある人は、「人」であると答え、ある人は、「もの」や「技術」と答える。

そして、ある人は、「時代環境に適応した戦略」であると答える。

 

それは、とても重要なことであるが、若い頃、所属していた企業の栄枯盛衰物語を

間近で見続け、それは「違う」のだと知った。

 

いくら、「よい人財」や「技術」があっても、「よい戦略」がなければ、その技術も

人財も機能しない。確かにその通りだ。

しかし、それだけでは足りない。

 

いくら、自分達の戦略方針が論理的に正しく、マーケットに受け入れてもらえるもの

であっても、

 

世間からの「信頼」がなければ、受け入れてもらえることは出来ない。

そして、その前に組織を構成するメンバーから戦略を作った人への絶対的な

「信頼」がなければ、「戦略」は「実行段階」で骨抜きにされ、機能しない。

 

よって、企業にとって、「信頼」を勝ち得ることが唯一の「存続・発展の条件」だと

思うようになった。

 

誰もが知る東芝の粉飾決算によって、東芝は傷つき、立ち直るかどうかが微妙な

状態になっている。

料理を使いまわしをしていた「歴史ある料亭」は2度の不祥事でこの世から姿を消した。

 

「信頼」を失うことが、すべての人財もすべての戦略も台無しにすることを実証している。

 

だから、我々は、すべてのこと、私たちの目標数値を達成することや自分達のあらゆる

都合より、マーケットから「信頼」を得るために活動をし続けること。

 

これが我々の「戦略」である。

と話をいたしました。

 

では、この「信頼」を得るという戦略は、何をもって実現可能なのか?

 

次の5つの要素によって、「信頼」を得続けることが出来るということを、ある本

に出会い、整理することができました。

 

①常に誠実であること

   ・・・ やると言った約束を守ること、そして、嘘をつかず常に正直であること


②常に人の役に立とうとしていること

   ・・・ 自分のための意図はすぐにわかる。相手の役に立とうとしている。立とうと

      いう気持ちをもって、お客様や仕事をいただいた方と対峙すること。

      そして、それが自分にとっても価値のあることであるということが整理できること

 

③その仕事に対して十分なスキルを保有していること

   ・・・ 仕事は気持ちだけではダメだ。その仕事に対して、十分な「知識」「スキル」

      そして、その仕事をするにあたっての「問題解決能力、いわゆる知恵」を

      保有し、発揮できていること

 

④結果を出し続けていること(実績があること)

   ・・・ ①~③は期待値にしか過ぎない。人は結果をみて①~③を判断する。

      仕事を選ばれるときは、過去の私の結果をみて、そして仕事を続けられるのは

      今の自分のパフォーマンスをみて、そして、これから先も仕事を続けられるのは

      過去と今をみての期待値で判断をする。
   

⑤これら要素について自信をもって誰に対してもYESといえる状態であること

   ・・・ 自分が①~④までをYESと言えるかどうか。

      他人からみて、自分が①~④までYESと言ってもらえるかどうか?

      もしNOであれば、自分の出来る仕事から(下積み)からはじめて、

      才能をためたり、結果を出し続けなければいけない。

 

 


我々の最大の戦略は「信頼」を積み続けること。

その「信頼」を積むために努力すること。

 

「信頼」が組織にたまり、マーケットにたまれば、

 

「戦略」のメンバーの実行スピードはあがり、マーケットが我々の提案する

「商品」や「提供価値」を受け取っていただける確率はあがるから、成果は出続ける。

 

そんなことを話した5月度の朝礼でした。

 

下半期も頑張っていきましょう!!

 

◆本日紹介の本

 

「信頼」と企業業績についてとても参考になる本で、たまたま手にとった素晴らしい1冊です!

七つの習慣を書いたコビー博士の息子さんが書いていらっしゃいます。

この親あり、この息子ありですね!とても感動しました(^^♪

 

 

「信頼」について同じく大切さを説いています。


生き残り成長する企業の原則は、「信頼」をいつまでも得続けられる企業だなとわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尊敬する経営者の方から、食事をさせていただいているときに教えて

いただいた言葉。

 

「関君、振り返ってみると、ものごとが上手く進んでいると思っているときに、

大体、そのころに失敗する原因を作っていたことが多くて、中々うまくいっていないなぁ

と思っているときに、後から思うと、あれが成功のきっかけだということ一生懸命作って

いるんだよね。」

という話しから、

 

結局、

「経営も人生も、上手くいっているときに、失敗するための原因を作り、

上手くいっていないときに、成功のきっかけと作っている

この繰り返しなんだ」と

 

結構頭から離れず、何日かぼんやり考えておりましたところ、

 

ある日、書店で「貞観政要」に関する本を手にとり、読む中でやっと自分なりに

教えていただいた言葉の意味がわかったのです。

 

「貞観政要」とは、中国史史上もっとも天下が安定して治まっていた唐の太宗が

臣下とともに国の治め方、リーダーとはどうあるべきか?というものをまとめた

本で、鎌倉幕府の北条政子、徳川家康、明治天皇といったリーダーが最も

愛した書物の一つだそうで、今も多くの経営者やリーダーがこの本を参考に

してリーダーシップをとっているということです。

 

この本を読みながら、すごくぴんと来たのは

 

「人間というのは、油断をするとどんどん、独善的に、かつ傲慢になってしまう

生き物だ」ということを自覚している人でいるかどうかが大事なんだということです。

 

特に、社長やトップというのは、よほどでない限り、メンバーはそのリーダーの

立ち振る舞いを注意してくれません。

そして、リーダーは、人事権という強大な権力を持っているので、メンバーも

よほどの覚悟を持たないと、基本は進言などしてくれませんし、

仮にしたとしても、トップが真摯に受け止めず、

 

「俺のやり方が正しいんだ」

 

と一度でもやってしまうと、バカらしくて二度ど進言しなくなります。

 

そして、それは「上手く行っている時ほど、もしくは自分に自信があればあるほど

そうなるんだ」ということです。

 

人は見たいものしか見えない生き物ですし、

知っていることしか知ることが出来ない生き物です。

 

ということは、リーダーである我々も、見えるもの、知っていることに常に限界が

あるわけで、

会社の規模が大きくなってくればくるほど、一人で出来ることは合理的に

限界が来ます。

 


科学では、限界があるわけですから、知らないことはメンバーとともにやっていく

ことが合理的なのですが、

 

感情は逆のことを考えがちです。


すなわち、大きくなっている、上手くいっているときのリーダーは、

 

「ここまでこれたのは、自分の判断が正しかったからだ。で、自分はたくさん

勉強も経験もしているのだから、相手の言っていることこそ正しくないんだ」

 


と考えてしまいがちです。

そして、メンバーや人の意見を受け入れずに、自分の考えで進んでいこうと

しまいがちだということです。

 

そして、そういったストレスやフラストレーションは深いところに潜り、

十分に人の心がリーダーから離れたときに、肝心なところで、爆発し、組織が

乱れ、上手くいっていたことが実は自分の実力ではなく、組織の実力で大きく

なったということを思い知ることになるのだろうということです。

 

これが、上手くいっているときほど、失敗の種を蒔いているということだと

感じました。

 

逆に上手くいっていない、問題だらけのときはどうでしょうか?

 

リーダーは、上手くいくまで一生懸命、働きます。

そして、自分が何をやっても上手くいかないので、メンバーの意見をたくさん

聞きます。マーケットの声をたくさん聴き、自分を修正していきます。

 

だから、このリーダーは、とても謙虚で、勉強熱心で働き者だ。

そして何より人を大切にしていると周りが判断をしてくれるので、自然に

メンバーや周りが力を十分に発揮してもらえるし、ベクトルが1つになり

やすくなるということなんだと

思いました。

 

だから、上手くいっていないときは次の成功の種を蒔いているんだということです。

 

つまり、僕が気づいたこと

 

「種を蒔く」の「種」とは、「人の心」なんだということです。

 

「人の心」こあやふやのものはなく、「信頼関係」があったとしても、

自分の態度で一瞬で変わっていくものです。

 

そして、僕らビジネスマンは「一人で成果を出すものではなく、組織の力、

チームの力を使って、自分一人ではできない大きなゴール」を達成させて

いくものです。

 

で、チームの力とは、その組織に属する人や関係する人が、ある目標を

持った人、すなわちリーダーに力を本気で貸し続けたいと思ってもらえるか

どうかだということです。

すなわち、リーダー自身が、周りから信頼されるような人になれるかどうか

なんだということです。

 

そして、信頼とは忍耐だと思います。

 

人の話を聞かない人を好きな人はいますか?

人の意見を取り入れず、常に自分の意見を重要視する人を好きになる人はいますか?

相手の痛みに無関心で、物事を進めようとする人を好きになる人はいますか?

自分の価値観や自分が正しいと思うことを周りと粘り強く働きかけず強引に進める人を

好きになる人をいますか?

 

そんなことを考えていくと、リーダーというのは誰よりも、人から信頼してもらえる

人に努力してならないといけない。

そんなことに気が付きます。

 


「上手くいっているときに失敗の種を蒔き、上手くいかないときに成功の種を蒔く」


すなわち

 

「上手くいっているときは、人の心が自分から離れていないか十分に油断せず、

周りに配慮し、

上手くいっていないときは、悲観することなく、周りと力を合わせていける環境に

集中をしていく」

 

そんなことを勉強させていただきました。

 

自分もリーダーとしても経営者としても、能力はまったく足りていません。

まずは自分にできる「人格」をしっかりと作っていく。

こんなことをはじめていきたいと思いました!

 

よいことを教えていただきましたS社長、本当にありがとうございます!

 

◆本日の本

 

この2冊はリーダー、経営者は必ず目を通しておいたほうがよいと思った本です

本当に素晴らしいです!!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
本日は土曜日ということで、僕は事務所で、
採用面談やら外部の提携先の方の面談もありましたが、
いつものように業務整理や本や新聞を読みながら今後の全体感
の整理をしてました。
 
そんな中で、今一番考えていることは、
 
「生産性」をどのように改革していくか?
ということです。
 
最近、弊社グループのミッションを
 
「ITツールとコンサルティング技術を使い、外食及びサービス業の
生産性を改革し、外食及びサービス産業のこれまでの常識を覆す企業
となる」
 
このように進化させました。
 
趣味のように通っている本屋さんを定点観測していくと面白い傾向が
わかります。毎日新聞をルーティンで読んでいくと面白い傾向が
あることがわかります。
 
それは、明らかに最近よく取り上げられるのが「生産性」というキーワード
です。
数年前まではあまり前面に出てこなかったキーワードですが、
ここ最近はとにかく「生産性」にまつわる本や記事が多いように感じます。
 
例えば、OECDで日本は加盟国35位のうち21位で先進国の中では生産性が
もっとも低いと紹介されていたり、
【参考】労働生産性の国際比較
http://www.jpc-net.jp/annual_trend/
最近、マッキンゼー出身のコンサルタントがかかれた本でいえば
そのものずばり「生産性」という本がかなりのヒットになったように、
 
 
企業のテーマがだんだん「生産性」をどのように上げていくか?ということ
にシフトをしてきたように感じているからです。
 
では、「生産性」を企業や世間が優先順位をあげて考え始めたのはなぜ
でしょうか?
 
それは、「人口減」社会が、いよいよ現実になったからに加えて、
オリンピックによって、なかった特需、すなわち建設業界に人が流れるよう
になり、「雇用」の確保が難しくなってきたからです。
 
そして、この先も2018年問題(2009年121万人だった18歳人口がしばらくは横這いだった
のだが18年を境に減少に転じ、多くの大学が定員割れを起こすといわれている
問題。ちなみに1992年は205万人いて、2009年まで減り続けていた)
 
という問題があり、「採用マーケット」に出てくる人数がさらに少なくなってくることが
現実の問題として数年先の確実な未来として起こるからになります。
 
だから、今までのやり方を変えないといけない。
この発生した課題を考えたときに「効率をよくしよう」、すなわち「生産性」をあげよう
という言葉になってきているのです。
 
1990年代までの日本は、GDP2位(現在は3位)の経済大国でした。
なぜ大国になったかというと、生産年齢人口が増え続け、その人たちが必死に
なって働く、つまり大量の時間を仕事に投下することで経済を伸ばしてきた
事実がありました。
 
すなわち、生産性の概念
「生産性」=アウトプット(付加価値)÷インプット(人・もの・金・時間などの資源)
でいう、インプットを増やして、アウトプットを増やすという「物量」大量投下
回収モデルでした。
 
しかり、「失われた20年」と言われるバブル崩壊から2010年までの時期は
生産年齢人口が減り続け、量を投入できるモデルに限界が来ていました。
 
そして、小康状態が続いてきたあとに人口減、生産人口再減少期に入り、
同じやり方ではもう同じ結果は得れないということがわかりかけたのです。
 
まったく違った観点からも、そうなりました。
「電通」の過労死事件を境に、「働き方」にも大きな制限をかけられるよう
な流れが出来つつあります。
 

つまり、我々企業人は、否応なしに
「インプット」を減らしても、「アウトプット」を増やす方法を模索しないといけない
ことになりました。
 
ではどんなことを検討していけばいいのでしょうか?
 
テクノロジーの進化では「AI」や「IoT」の活用のみならず生産性を高くする「ITツール」
や「生産性を高くするスマホなどのデバイス」をどのように活用していくか?をもっと
考え、使っていかないといけないと思いますし、
そもそも、人的パワーだけに頼ろうとする企業はおそらく数年後には、自社の
ビジネスモデルに大きな限界をむかえるはずです。
 
 
それと、もう一つは、「働き方」革命です。
今までの「仕事の仕方」は、とにかく「時間」を使って、ものごとを解決していき
ましたが、これからの仕事の仕方は、
プロフェッショナルの「仕事の仕方」を身に着けることと専門家同士の「分業」
モデルによって「高生産の分野」にすることにしか手を出さない。ということ
のように思います。
昔、テーラーが科学的管理法を確立する中で、
「椅子を職人がすべて作ることを覚えるより」、「未成熟労働者が、足だけ作る、
椅子のカバーだけ作るとわけて覚えて作業させたほうがミスも能率も圧倒的に
あがる」と考えられたように、チームや外部組織を使いながら自社のコアノウハウ
に集中をしていく
ということが、成長をしていくのに一番早い方法のように思います。
 
特にリソースの足りない、我々のようなベンチャー企業は
この二つの「経営の仕方」をしっかりと意識して取り入れていかないと
いけないそんなことを感じています。
 
最近、自分のやってきた「仕事の仕方」を分解していたら21項目の分野に
わかれたので、こちらはブログで一つ一つ紹介をゆっくりとしていきます!!
 
そんなわけで、本日は「生産性」を考え、新しいITツールの開発会議なんか
も出来ましたので、とても生産性の高い一日にでした!!
 
今週もお疲れ様でした!!来週も頑張ります!!
 
◆最近、関が仕事の仕方や生産性をあげるために関心した本
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。