株式会社GATEWING http://gate-wing.co.jp

2011年11月15日設立

「企業様の収益改善をサポート」



を通して日本や世界がよくなることに貢献することを理念に会社を設立します。
企業様のよきパートナーとして、収益アップ、収益アップの原点である社員様の幸せをアップができる情報提供やコンサルティングサービスをおこなっていきます。

自分自身の内観を通して、自分は、人の成功や目標達成実現ができた瞬間が一番モチベーションが上がることを知りました。
前職役員を通して大きな成長を遂げるお手伝いをしている最中に、ずっとどうやったらもっと多数の会社様に自分の役立てるノウハウを提供できるか考えていました。
その思いを実現したいと強く思い、今回起業という手段でその夢に向かっていこうと思いました。

是非、よき会社の皆様とよいお付き合いができればと思っております。

よろしくお願いいたします。


【絶賛発売中】

サルでもわかる中国経営本をテーマにストーリー風の本を書いてみました。

この本を読むとよくわからなかった中国人の思考パターンが理解できるとともに、著者の失敗談をあますところなく語るので、日本人経営者がやりがちな失敗についてもマスターできます!


中国で繁盛店をつくるシンプルな方法
―成功のコツはすべて日本にある/関 敏
¥1,575


Amazon.co.jp     日経BP書店購入はこちら


【ビジネス人生】


いきなりパキスタン駐在

クーデターで帰国

某上場コンサルティング会社で支援先2社の上場を経験

中国で会社を3期ほど経営、優良財務体質な会社を作りあげ引継ぎ

帰国後、株式会社ROI 取締役 役員として3年在任中業績拡大実現

2011年11月15日株式会社GATEWING設立
http://gate-wing.co.jp/




【リーダーズEYE 新経営道掲載中】


http://leaderseye.shooti.jp/


テーマ:
昨日は、とある300店舗ぐらい展開されている会社のNO2と

会食をさせていただきました。

考え方や思想感が勝手にですが、僕的には親近感が感じられ、

定期的に食事をお願いして、ご一緒させていただいているのですが、

昨日も大変、勉強になる話しが聞けたので、これは僕だけでは

もったいないと思い(笑)、、、

ブログで書こうと思い、久しぶりに更新しました。


この会社さんは、他の同業他社よりも2割増しぐらいで高い料金

設定をしているのですが、ユニークな商売の仕方であれよあれよと

300店舗まで急展開をさせてた会社です。


値段が高くても、この会社のどの店舗にいっても、いつもお客様が

溢れており、ついでに僕もリピーターの一人なので、不思議に思って

質問をさせていただいたのです。


「なぜ、値段が高くても入っているのですか?他の会社さんと何を

変えているのですか?」


という僕が普段から思っていた質問に、彼は


「関さん、うちは競争をすると負けちゃうんですよね」


と実に不思議な答えを返してくれました。


競争をすると負ける

しかし、他の会社さんより入っている。


???

僕の頭の中はこんな感じだったのです。


特にこの業界は、差別化が大変しずらい業界でして、他で展開している

チェーンさんは、「値段を半分に下げて、集客をする」か「設備を豪華に

接客を丁寧にして、空間で値段はそのまま、つまり粗利はおとして集客して

いる」のに対して、この会社さんは、値段はむしろ他より高いは、他よりも

通いなさいというアプローチが多く、月当たりの費用でいくとリピーター

さんは結構な額がかかりそうなものなのに、

なぜか集客が出来ている。


そんな背景を話しながら、それでも集客が出来ている理由を

聞くと、つまり


「我々は思想を売っている」

つまり、

「お客様に身体がよくなってほしい」という思想を売っており、


その思想にお客様がついてきている。

他の会社を意識すると、他の会社の思想に影響をされ、

自分たちのそもそも持っている思想が曲がってしまう。

だから、「競争しない」と決めているんです。

との話でした。


そんな話を聴きながら、もう一つの事例で盛り上がりました。

それはコンビエンスストア業界の生みの親 鈴木敏文さんです。

セブンイレブンは、1日当たりの売上、つまり日商がほかの会社より

10万以上高く、この10年以上推移しております。

私は、鈴木さんの大ファンで、著書、インタビューをよく読むのですが、

鈴木さんの言葉から、「L社」がこうやっているから、「F社」がこうやっている

からという話は一度も出てきていません。

鈴木さんの言葉から出てくるのは、今後世の中はこうなる、お客様の嗜好はこうなる

から、僕らはその移り変わるお客さんにこういうものを提供していこうと思う

ということばかりなのです。

値段も安くやらず、むしろ「金の食パン」や「高級なおにぎり」では値段を

高くしても大ヒットしました。



実は、「競争戦略」とよび、相手を意識しながら戦い方を決めているという

ことを伝えているのは、「学者」が整理した本とか、「勝つために戦う大手

さんの学ぶべき理論」で


我々、起業家がやるべきことは、「自分たちがよいと思っている思想」を

どのように表現したら「お客様に伝わるか?」、それだけを考え、

怠惰にならず、移り変わる顧客の嗜好にあわせて、自分たちが先手をうって

変化し続ける。

つまり

「自分たちの思想」を「顧客に問い続けること」であって

「競合他社」より「どちらが優れているのか?」ということを比べることではない。

ということがより一層深く理解出来ました。

逆に「競合」の動きだけを気にしていたら、「相手の考えたことにあわせうち」を

することになり、スピード重視の世の中において常に「絶対負ける」戦略を

選択しているように感じました(笑)


特に大手ならともかく、物量に劣る我々中小企業というのは、この思想感というのは

ものすごく大事になると思いました。



ミッション、理念、ビジョンは大事。

これは組織を運営する上だけでなく、世の中、つまりマーケットに対しても

自分たちはどのようなポリシーで進んでいくか?を

常に考え続けることはとても重要なんだなと思った会食。

これから新幹線で移動なので、もう少し考えを深めていこうと思いました!

頑張ります


◆本日紹介の本◆

私が尊敬する一人に、

明治維新は「お金がなければできない」と官僚から企業経営者に

身をとおじ、日本郵船や銀行など500以上の企業設立にかかわった

渋澤栄一氏がいます。

彼は資本家でいながら、商売というのは、「利益」も大事だが

「社会発展に貢献すること」「人として正しく歩むこと」が必要

だと訴え、それを晩年まとめた名著作に「論語と算盤」というものが

あります。

しかし、結構明治の書体なので難解だったのですが、

致知出版さんが現代語訳というおそろしく読みやすい本を創っていただけました。

これは必読です!

あわせて、慶応大学を創った福沢諭吉の「学問のすすめ」もビジネスマン必須の

教科書です!!











論語と算盤(上) (自己修養篇(いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ13))/致知出版社

¥1,620
Amazon.co.jp

論語と算盤(下) (人生活学篇(いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ13))/致知出版社

¥1,620
Amazon.co.jp

学問のすすめ (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ1)/致知出版社

¥1,512
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの連続ブログ更新です。
決して暇だからではないです(笑)。

弊社はコンサルティング業ですが、長い間お付き合いを

させていただいている企業様が多く、創業からずっと

お付き合いをさせていただいているところも多くあります。

また、上場企業様から中堅・中小企業様までお付き合いをさせて

いただいたおかげ様で、

改めて、「企業というものを外部と内部から適度なバランスで

観察をさせていただく」ことができ、当初からお伝えしていた

理論ではありますが、改めて原理原則はここにしかないという

ところを感じたので、今日もブログに記そうと思いました。


それは、

企業の成長がストップするところは、一人のマネジメント範囲の

限界を超えたからであり

企業が引き続き成長しているのは、マネジメントの力をもった

マネージャーが次々と現れているからであるということで


もちろん、決して0ではありませんが、マーケットも競合といった

外部環境も大した意味は持たないという事実です。


仕事のランクには大きくわけると4つあり

「リーダー、マネージャー、オペレーター、マーケッター」

とあります。

多くの企業様のスタートアップは

リーダーが、強い理念と信念を持ち、何らかしらのビジネスを

クリエイトもしくは持ち込み、マーケティング活動(セールス含む)

を通して企業を成長させていきます。

やがて、メンバーが増えていくと、リーダーが伝えたいことが

うまく伝わらない時がきて、

その時に、リーダーの「やってほしいこと」を「翻訳」、すなわち

実現するために、業務に落とし込める人(育成なども含む)がいて、

はじめて、リーダーが業務をする人、すなわちオペレーターとの

断絶の橋渡しをします。

またまた、リーダーだけではない、市場に適応させるために

こんなビジネスをというクリエーターやマーケッターの「ふわっと

したイメージ」をどのように形にしていくか?実務に落としていく

人、あるいは、イメージと現実の間に出てくる問題を、上手に解決

しながら進めるマネージャーの存在がクリエーターのビジネスの

精度を決めていきます。


オペレーターは、業務をする人で、どんなに習熟をしようが、

オペレーターは「形が見える」まで動けません。

しかし、マネージャーは、見えない形を見えるようにして、

リーダーやマーケッターが抱く、未来予想図、あるいは仮説と

現在の環境化での現実の間にある問題を課題化し対策をたて

、修正をしながら、仮説と現実を近づけていきます。


よってマネージャーという生き物は、「このような思考特性」

だけでなく、「出来ない理由よりも、どうしたら出来るだろう?」という

強いマインド、すわなちリーダーにも似た壁を乗り越えるマインドを

持つから成り立ちます。


このようなマネージャーがいるから、リーダーが実現したい世界観が

広がり、企業は発展をしていくのですが、

マネージャーのいない組織は、世界観は広がらないので、新しいことに

チャレンジをしても、仮説は仮説のまま消え去っていきます。

つまり仕事が生まれないので、オペレーターの数も限られる。

すわなち、先に伝えた企業規模に限界がくるのです。


よって、企業を成長させていくには、「マネージャーを何人育成できる

か?」ということが大きなポイントになります。


しかし、マネージャーは、業務の習熟、すなわちOJTでも定型化された研修でも

育ちません。

仕事にはマニュアルレーバーとヒューマンワークという2種類の仕事があります。

前者は、定型化された仕事、マニュアルにできる仕事であり、

後者は、それぞれ環境の違う条件下で人と協力関係をもち、一人ではできない

高い目標を達成していく仕事になります。


当然、本物のマネージャーは、ヒューマンワークを経験します。

すわなち「修羅場の創造と克服です」。

そして、修羅場は本人の創造性を引き出し、知識ではなく、知恵を生み出し、

知恵が「どうしたら出来るか?」というマインド強く持てるようになります。


よってマネージャーは、「どのような修羅場を与えるか?(本人の力量にあわせ)」

と「どのような実践での壁に対して具体的な知識と知恵」を与えることでしか

育ちません。


だから、業務、すなわちオペレーションをいくら習熟させても育たず、

マネージャーがいないということで、リーダーやマーケッターのやりたいこと

が実現せず、停滞をしていきます。

しかし、普段から常にマネージャーを育てるための教育をし続けるところは、

切磋琢磨を通じて、マネージャーが次から次へと育ち、

外側からでは見えない競争力を保有するので、ずっと登り調子が維持できる

のです。


また、ここでは、マニュアルレーバー(単純作業)を監視するマネージャー

という話ではなく、未来を創造するヒューマンワークの仕事を対象に

していますので、マネージャーという役職ではなく、機能と理解をして

いただけると幸いです

(マニュアルレーバーを監視したマネージャーは仕組みの監視が仕事です

ので、リーダーの実現したい未来を、紐解いて下に落とし込むのではなく、

新しく決まった仕組みが運用されるように動かしていくことが仕事に

なります)



企業にマネージャーを育てる「機関」はありますか?

マネージャーを育て続けること。これだけが企業成長を確実にしていく

たった一つの方法だと、お客様や自社を観察して思った結論。


「マネジメントを創り出す」実践型企業として

頑張っていきます!!


◆本日紹介の本◆

マネージャーやリーダーの名著。

外せないのがドラッカーの現代の経営とマネジメント。もう5~6回、いつも
読み直します。マネジメントという機能を発見したドラッカーってすごいです。

また日本では波頭さんのリーダーシップ構造論は、難解なところもありますが、
読み込むたびに、すごい発見があります!!

天才たちが作った思考と思想をどう実現化していくかも

「マネジメントを創る」ことをミッションとする我々の使命だなと思っています!

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則/ダイヤモンド社

¥2,160
Amazon.co.jp

リーダーシップ構造論―リーダーシップ発現のしくみと開発施策の体系/産能大出版部

¥2,376
Amazon.co.jp



ドラッカー名著集2 現代の経営[上]/ダイヤモンド社

¥1,944
Amazon.co.jp

ドラッカー名著集3 現代の経営[下]/ダイヤモンド社

¥1,944
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は、メンバーとともに、我々の会社の”真の強み”は何か?

ということの突き詰めを毎週、毎週行っています。


人間である以上、強み・弱みはあるのと同じように、

人間が集まった組織には、強み・弱みがあり、

過去我々が生き残ってこれたには、生き残ってこれた強みが

あるわけで、その強みを、全員で共有することから次の5年を

スタートさせていこうということで、半年間かけておこなっています。


元々、グループの代表である私のキャリアは、

・チェーンを発展させていくための本部構築や店長、SVer及びマネージャー

 の仕組み構築・教育

・海外2か国においての会社作り、組織作り、業態及び商品づくり

・企業のあるときは内部に、ある時はコンサルタントとして

 収益体質改善及び拡大戦略の策定及び仕組みの構築

を歩んできたわけで、


色々、やっているように見えますが、やってきたことは

実は、拡大をするための「マネジメントの仕組み」を構築すること。

が本質論になります。


企業というのは、

・ビジョン
・マーケティング
・マネジメント

という大きな3要素で構成させており(細かいところはすべてここに分類されます)

それぞれ、成長している企業といってもこの3部類の中で経営者のタイプが

分かれるともいえます。

「ビジョン」でいくと

自分たちの会社はこのような会社にしていく。このような世の中にしていく

という強い想いをベースにする「仮説空間」を現実のようにしていく経営者。

孫正義さんや、スティーブジョブスのようなタイプの方で当時は非常識だと

思われていることでも強い現実感をもっている人。リーダーの資質とも

呼ばれているものです。


「マーケティング」でいくと

企業は経済活動で成り立っていく限り、お金を稼ぐ手段が必要なわけで

マーケティングとは、このようなやり方でやれば顧客から支持をうけ、

このようなビジネス形態になるだろうという考え方で

クリエーター型(ゾゾタウンの前沢氏)や、ビジネスモデル型(SPAなどに目をつけて

センスのよいものを安く提供提供できる仕組みを提供できた柳井さんなど)、

セールスプロモーション型(チャネルを大量の広告だったり、大量のセールスだったり

で自らの力で切り開く)など、企業が顧客からお金をもらうための方法論を

組み立てていくタイプ


そして、最後が「マネジメント型」と呼ばれているものです。

前者二つが、市場を創造していくのに対して、マネジメント型とは、

ビジョンとマーケティングで突破した企業が、さらに大きくなっていくために

「拡大再生産」をしていく仕組みすべてともいえます。

偉大な経営者でも、一人で決して経営をすることは出来ませんので、

偉大な経営者でかつ偉大な会社になっている中身の話を聞いていると

それをサポートするバックアップする参謀や幹部は「マネジメント」が得意

なタイプが多くいたということがわかります。

すなわち、マネジメントは「トップやクリエーターの仕事を誰にでも出来る

ように組織に行動させ根付かせる活動」であり、「仕組み」や「組織作り」

であり、「成功したものを一時的でなく、精度、成功確率を高めていく」

活動ともいえます。




各種のお客様に恵まれ、歩ませていただいた自分達の歴史を丁寧にたどって

いくと、実は、我々の仕事というものは、

天才たちが作り上げた理念やビジョン、クリエートされた業態や商品を

どのようなマネジメントプランを組織に根付かせれば、上手に拡大をしていくか?

という方法論に強みがあるともいえるということがわかってきました。


組織を動かすマネージャーの質が企業の経営スピードの実態である以上、

どのようにマネージャーは選抜をされ、どのような教育でマネジメントの

業務がはたせるか?ということや

規模にあわせて、どのような組織図やどのような経営管理システムを使えば

次のステージにいけるのか?

店舗での販売促進はどのように管理していけば、トレンドの変わる中でも

最適なプランニングが出来るのか?という情報提供や代行

など、

過去の確率論がゆえに、高い精度で成功にもっていける商品開発、サポート及び

コンサルティングが源流であるということが我々の強みなのだと改めて

発見しました。


ビジョンやマーケティングは、不確定な未来を創るが故に、天才、クリエーター

たちの仕事ではありますが、

マネジメントは、それを「誰でも出来るようにする」ことがゆえ、誰でも

ルールと仕組みさえ整えば出来るものであり、そして、それを根付かせる教育

の仕方さえ間違えなければ、組織は必ず前に進みます。


そんなことを感じた今、

もっと顧客の皆さまに喜んでいただけるため、我々自体がどのように

レベルアップしていくか?我々のDNAを新しいメンバーにどのように引き継いで

いくか?にもっと真剣に取り組んでみたいと思っている今日この頃でした!

明日も頑張ります!!


◆本日紹介の本

まさに「仮説で世界をつくる」クリエーターの思考がとてもよかったです!!
おすすめです


ぼくらの仮説が世界をつくる/ダイヤモンド社

¥1,404
Amazon.co.jp

松下幸之助氏、孫正義氏といったビジョンを語れる人になりたい((+_+))
とても勉強になります。未来を切り開く人の思考法

最強経営者の思考法/飛鳥新社

¥1,500
Amazon.co.jp


テクノロジーの明日の予測の仕方がわかります。
僕は天才型ではないので、この佐藤航陽さんの考え方に感銘を受けました!
この考え方で、「テクノロジーは広がっていく」「習慣を乗り越えるかどうか?」
を判断基準に考えたいと思います

未来に先回りする思考法/ディスカヴァー・トゥエンティワン

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。