株式会社GATEWING http://gate-wing.co.jp

2011年11月15日設立

「企業様の収益改善をサポート」



を通して日本や世界がよくなることに貢献することを理念に会社を設立します。
企業様のよきパートナーとして、収益アップ、収益アップの原点である社員様の幸せをアップができる情報提供やコンサルティングサービスをおこなっていきます。

自分自身の内観を通して、自分は、人の成功や目標達成実現ができた瞬間が一番モチベーションが上がることを知りました。
前職役員を通して大きな成長を遂げるお手伝いをしている最中に、ずっとどうやったらもっと多数の会社様に自分の役立てるノウハウを提供できるか考えていました。
その思いを実現したいと強く思い、今回起業という手段でその夢に向かっていこうと思いました。

是非、よき会社の皆様とよいお付き合いができればと思っております。

よろしくお願いいたします。


【絶賛発売中】

サルでもわかる中国経営本をテーマにストーリー風の本を書いてみました。

この本を読むとよくわからなかった中国人の思考パターンが理解できるとともに、著者の失敗談をあますところなく語るので、日本人経営者がやりがちな失敗についてもマスターできます!


中国で繁盛店をつくるシンプルな方法
―成功のコツはすべて日本にある/関 敏
¥1,575


Amazon.co.jp     日経BP書店購入はこちら


【ビジネス人生】


いきなりパキスタン駐在

クーデターで帰国

某上場コンサルティング会社で支援先2社の上場を経験

中国で会社を3期ほど経営、優良財務体質な会社を作りあげ引継ぎ

帰国後、株式会社ROI 取締役 役員として3年在任中業績拡大実現

2011年11月15日株式会社GATEWING設立
http://gate-wing.co.jp/




【リーダーズEYE 新経営道掲載中】


http://leaderseye.shooti.jp/


テーマ:
昨日は43歳のバースデーですが、夜はパーティーでも家族と

ご飯でもなく、昔の仕事仲間2人と3人でご飯を食べていました(^^♪


若い頃、僕らはそれぞれの担当で苦労をしていました。

思ったようなゴール、水準に達成せず、家にも帰れない日もあり、

どうしたらこの苦境を乗り越えられるか?夜、よく仕事をしながら

話をしていましたし、話を聞きながら、僕よりも彼らのほうが

苦労をしていると、よくわからない「より不幸な人を見つけて、

自分で安心させる」(笑)みたいな気持ちで、話をしていたときも

ありましたが、


そんな二人は、一人は、一部上場企業の社長で、一人も上場企業の

社長だったり、チェーン企業の役員だったりと

とても僕では近寄り難いぐらい立派な人になっていました。


そんな彼らと食事をさせてもらい、話を聞かせてもらい思ったことは、

「一つの分野に興味を失わず、コツコツと努力し続ければ、

異次元の成果に突然変わる」という気づきです。


そういえば、例えば、京セラの稲盛さんは、「セラミック」という

陶器のような素材を研究し続け、携帯の部品や宝石、包丁まで汎用性

を広げ、1兆を超える企業体を創り出されましたし、

池上彰氏は記者として、ニュースにかかわり続け、起きている出来事を

分かりやすく伝えるという分野で、今やオンリーワンの存在として

確固たる地位を築いていらっしゃいます。


そんなことを思うと、彼ら二人は、どんな苦境にいようと、人から

見ると、とても地味な道にみえようと、コツコツ努力をし続けて、

本当に業界では確固たる地位を築き上げました。


ある軍隊の実験で、たくさんの脱落者が出る合宿において、

どのような人が、その合宿を乗り越え、どのような人が脱落をするか

長年調査した結果、

知能でも体力でも、柔軟性でもなく、

「地道力」、つまりどんな状況下においても、一つのことに興味を

失わず、コツコツと努力を重ね続けられる人が、困難な課題を乗り越える

ために一番重要なことだったそうです。


経営をはじめて思うことは、たくさんの大きな壁や、問題があり、

しんどくて、逃げだしそうな思いをしたこともありましたが、本当に

経営者としてもっとも重要なことは、どんな場合でも、未来を信じ続け

「続ける」という選択をし続けることだと感じました。


ともに食事をした友人が最後に言った言葉が印象的でした。

「俺の自信のあることは、これから先にどのような状況下になったとしても

一切、テンションを変えず、自分のやるべきことに集中できる」


こんな友達が周りにいることが自分の宝です。

とても勇気の出る誕生日でした!!

今日からまた、気持ちを新たに頑張ります!!


◆本日紹介の本


これは1970年代のまだ稲盛さんの若い頃からの講演録を現代まで活字でつづった
かなり貴重な本です。

一貫してぶれていない哲学が稲盛さんの強さだと感じています。

また二冊目は、稲盛さんの話すことは、なぜ多くの方の心をゆさぶるのかを
脳科学的に解明した本です。
こちらもかなり参考になります!!なるほどがいっぱいでした。


稲盛和夫経営講演選集 第1~3巻セット/ダイヤモンド社

¥12,895
Amazon.co.jp

なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか? ~脳科学でリーダーに必要な力を解き明かす~/クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

¥1,706
Amazon.co.jp

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
25歳から仕事であちこちの海外に住んだり、出張をしたりで

過ごした人生なのですが、、このGWに実は初めてアメリカに視察に

いきました。

ビジネス上の勉強ではいつかいかないといけないと

は思いながら、時差の問題や、食べ物が美味しくないといった噂

などを聞き、体調壊したくないとか、毎日美味しいもの食べたいと思うぼくとしては、ちょっとおっくうに感じていましたが、

食わず嫌いはよくないと思い、たまたまGWの関係も

あり、まとまった日程をとれたので、視察にいって

きました。


・トランプが躍進をしている理由はなぜか?

・アメリカ発で日本にビジネスが上陸をしてくるのは
 なぜか?

・アメリカ人の国民性やビジネスに対しての考え方は?

などなど、色々な疑問があり、今回は在米50年近くの

つわものや、日系二世というばりばりのアメリカ通の

方たちがアテンドをしてくださるので、色々な興味を

もって、伺いいました。

あまり、細かく感情などを入れると、誤解も招きそうな

ので、本音のところは、お会いしたときに話をすると

して(笑)

事実ベースや伺った話だけを書くと、とても面白い

見解を聞くことができました。

①トランプの躍進について

 白人のブルーカラー層の潜在的
 な不満をものの見事に正しくすくい、それに対しての政策が
 胸がすかっとするような政策を訴えているから。であると
 考えられているようです。
 全く事実ではないのですが、すなわち自分達が貧しいままでいるのは、
 不法移民であるメキシコ人に仕事を奪われていると思っている
 ことや、日本や韓国、中国に不当な貿易によって、自分達が
 貧しいと思っていることで、
 メキシコに壁をたてたり、莫大な関税をかけることで、
 白人のブルーカラー層の不満のニーズをとりこめているからの
 ようです。

 また、人種問題もかなりあるようで、特に保守的で古きよき
 アメリカが好きな共和党で純粋なWASP(白人、アングロ
 サクソン、プロテスタント)候補者は、トランプ氏だけのようなの
 も大きいようです。


②アメリカ発のビジネスが日本に上陸をしてくることについて

 ここは事実ではないかもしれませんが、今回、色々な店にいって
 思ったことは、中身を磨いていくという考え方より、
 どうやってものを買わせていくか?わくわくさせるか?という
 ことにビジネスの集中ポイントがあるように思いました。

 僕自身はアメリカ的なビジネスは3つが強いなと思いました。

 ショー、コンセプト、マーケティング

 です。

 わかりやすいものを、主張をしながら、受け入れられるように
 伝えていく。

 ことの技術が全般的に優れていました。

 実際に、ミーティングにて、僕が「僕はあまり目立たないほうが
 いいと思っています」という発言には、

 「アメリカにおいて、そのような考え方はまったくダメな考え方」
 だと注意を受けました。

 どうやって「自己アピール」をするか?ということを
 常に考えている国民だとのことです。

 すなわち、「よいものはいつかわかってくれる」「コツコツ努力さえ
 すれば必ずたどり着く」という考えよりは、

 「よい包装紙にくるまれないと選ばれない」「わかりやすいもので
 ないと選ばれない」という根底があるように思いました。

 実際に、人気のあると言われて、満席のお店にいくつか連れていって
 もらいましたが、マーケティング的センスのほうを強く感じました!

 僕自身がわりあい日本人的な職人よりの発想をしてしまうので
 今回の視察において、ここら辺の価値観が変わりました。

 総じてオシが強いイメージを持ちました!

 わかりやすいものを、わかりやすく、包装をしながら押し出しを強く
 する。

 ここらへんを少し意識しながら進めていこうと思っています。


③アメリカ人の国民性やビジネスの考え方

 一番、衝撃的だったのは、ここらへんかもしれないなと。
 聞いている国民性は中国人とすごくよく似ていて、大陸的な国は
 そうなるのかなぁと思いました。

 自己主張が強く、謝らない。
 
 のが一般的であるそうです。
 また、弁護士さんに聞いたことで衝撃的だったのは

 アメリカで逃れられないことは、①死 ②税金 ③訴訟
 ということで、訴訟から逃れることは出来ない

 それどころかかなりの割合で悪徳弁護士がいて、訴訟になるように
 契約書にグレーなところをしこんでおき、契約書で一儲け、
 訴訟で一儲けと考えているそうです。
 
 あくまで、これは私見で聞いたのですが、元々狩猟民族である
 アメリカに住む白人は、「罠をしかけて、略奪をする」というDNA
 を持っているので、
 
 手ぐすね引いて相手のミスを待っているところがあるということ
 でした。

 なので、アメリカでビジネスをする上では弁護士が欠かせないようです。。

 ゴールドラッシュ的なビジネス、実業をするより、その周辺ビジネスが
 儲かるような仕組み、士業もアメリカから始まったようで、
 こういった儲ける手段を創り続けていくこともアメリカが得意と
 しているように感じました。

 日本は、弁護士を入れなくても、「歩み寄る」「合議をする」などで
 灰色や妥協点を見つけることが得意で、
 そのおかげもあり、こういった社会的コストは、アメリカと比較すると
 とても安く済むように感じました。


在米何十年や日系2世というバリバリのアメリカ社会を知っている方や
アメリカ人の弁護士なんかの話をたくさん聞き、
当初よりもっていた僕自身のアメリカに対しての認識が、間違っていず
ほぼイメージ通りだったことがわかったことが一番の収穫でした。

しかし、このようなディープなアメリカを知ることが出来たのは
アテンドいただいたロス和僑会の方、東京和僑会の三浦会長の尽力なくて
は実現できなかったことですので、
心より感謝をしたいと思っております。

ありがとうございました。

日本、日本人というのは本当によい国、人だという誇りも同時に強く
持てたので、その誇りを胸に、習うべきところ、学ぶべきところは学び、

世の中に貢献できるように、自分自身を成長させていきたいと思っております。

時差ぼけ中ですが頑張ります!!(^^♪


◆紹介の本

アメリカという国を勉強するのに使ったものです。

地政学やアメリカという国の成り立ち(ピューリタン革命とキリスト教的
理想の国の建国)、なぜトランプが支持を受けるのかなど
理解すると、アメリカがよく理解できます!!
 

崩壊するアメリカ ~トランプ大統領で世界は発狂する! ?/ビジネス社

¥1,512
Amazon.co.jp

ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)/SBクリエイティブ

¥864
Amazon.co.jp

世界史で学べ! 地政学/祥伝社

¥1,728
Amazon.co.jp


ステーキの勉強で見たDVD。これをみると肉食文化の白人が好む
ものと日本人が好きな肉の違いなどがわかるようになります
ステーキ・レボリューション [DVD]/TCエンタテインメント

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、GW/GMA社のコアメンバーで「あるべき姿」追求合宿の1日目。

なのですが、僕が話に入ると、話が長いというメンバーの声で、

僕は意思決定以外は、話の輪に加われないことになりました。。。(笑)

冗談はさておき、主体性を大事に、みんなで決めるために、

僕の意見は全体が意見集約した後に入るという流れになったので、

一人の時間が出来たので、久しぶりにブログ更新をしています(^^♪


そんな合宿や会議にまつわる話しを本日はブログにしたいと思って

おります。


弊社は、何をするにも「準備」というものを一番の重要視

しております。どのくらいの重要視しているかというと

「準備9割、実行1割」というぐらいの勢いで準備を重要視しています。


例えば、会議は、会って議論をするということなので、議論をしない

といけません。そして議論には、個々人の意見がないといけません。

意見を出し尽くさなければ、「納得」いく決定にもならないですし、

みんなの成長にもならないので、全員が意見を言い合える環境を

創らないといけないのですが、そもそも「意見」を個々人がもって

いなければ、議論は始まりさえしないのです。


では、どうすれば会議に「意見」が出るかというと、

事前に準備をしてくることが必要になると思うのです。


では、どんな準備をしたら、「意見」が言えるか?というと

二つないといけません。

一つは、「基礎知識」です。

「知識」が足りないと意見は言えませんし、相手の言っていることも

十分に理解できません。

例えば、中国語で会議をするとしたら、中国語がわからなければ

何を言っているかわからないのと一緒です。

ここは普段からの教育や、重要な会議では、数週間前から、テーマ

を決めた読書をしてもらうことで何を意図している話かが理解を

しやすくなります。


ちなみに、今回は「ビジョナリーカンパニー2」「ビジョナリーカンパニー4」

と、「チームのことだけ考えた」ということで会社のあるべき未来を

この本に沿って比較をしてくるようにお願いをしました。


もう一つは、「プレシンキング」です。

脳みその使い方は二つあり、「しっかりと考えないと意見がまとまらない

人」「すぐにぱっと言える人」がいます。

どちらがいいというわけでなく、「すぐにぱっと言える人」は訓練して

いないと、筋道が間違えていることを思いつきで話している場合が

多くなりますし、「しっかりと考えないといけない人」は、中々

意見を言おうとしません。

この2者が効果的に議論をしてもらうためには、先に会議のテーマと

狙うゴールを話をしていて、かつメールなどで何回も、意見を考える

ように話をしないといけません。


その上で、「アイスブレイキング」や「オープニングトーク」などで

場をなごませ、ようやくまともな「議論」が出来るようになります。



そして、これは会議だけではなく、あらゆる仕事に有効になります。

例えば、外食でいえば、「売上予測」「仕込み」「ワークスケジュール」

という概念をしっていれば、よい準備が出来、結果、よい営業が

出来るようなりますし、

例えば、営業でいえば、「お客様の状況や課題の予測」や「お客様に

提案する内容」、また「回るスケジュール」を事前に決めておけば

お客様にとってよい時間になります。


実行には、色々あり、もちろん「修正」はあるのですが、

「準備」をしていれば、あわてることなく修正が出来ます。


そんなわけで、何をするにも「準備9割、実行1割」で仕事を進める。

これがとても大事に感じます。

合宿は2日間。頑張ります(^^♪


◆本日紹介の本

合宿でメンバーに読んでもらうようにお願いをした本

「ビジョナリーカンパニー2」では、偉大になっていくためには、

メンバーを決めてから、一点突破の戦略をきめ、粘り強い実行で

飛躍するという流れをイメージしてもらうために読んでもらいました

「ビジョナリーカンパニー4」では、粘り強い実行のイメージと

リスク管理で死なないように経営をすることをイメージしてもらうため

読んでもらいました。

「チームのことだけ考えた」は、ビジョナリーカンパニーを実行している

企業と、僕らが目指している関わるメンバーが「幸せ」になっていく

ためにどうすればいいか、具体的な施策をイメージをもってもらうために

読んでもらいました。

おススメです!

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/日経BP社

¥2,376
Amazon.co.jp

ビジョナリーカンパニー4 自分の意志で偉大になる/日経BP社

¥2,376
Amazon.co.jp

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができ.../ダイヤモンド社

¥1,620
Amazon.co.jp

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。