THIS IS IT

こんにちは

げんきママです


小学4年生の娘の学級では、



朝に、日直さんが、今日の出来事から1個選んで発表するらしいのです。



で、日直だった娘に何を話したの?ときいたら、



THIS IS ITの話をしたっていうので、うん?マイケルジャクソンの?ってきいたら、うん。と。



マイケルファンなの?っていったら、



違うけど、他に明るいニュースがなくて、それしか、楽しそうなニュースじゃなかったから。



と。



なるほど汗

AD

こんにちは

げんきママです



久しぶりに家にいて、はなまるマーケットを観ていたら。

羽田美智子さんがでていらっしゃる



40代になって思うこと。っていうところで、

不完全OK。と



すごーいわかる。っていうか、

ちょうど同じことを思っていた。



30代までは、完璧を目指して、努力して、それでも足りないものはなんでできないんだ、足りないんだ、なんでだーーーってあせったりしてたけど、



自分ひとりの力とかそんなの限られてるし、そんな自分もOK.不完全な人間も人間らしいし、それでも能力でほしいと思うものがあれば、がんばってやればいいし、そんな感じ。



っていう彼女の言葉そのままのことを、ちょーど考えていたので、この40歳になったときって、同じようなことを考えるのかなーなんて思ってみてました。



腰が痛いのがなかなか治らないんだけど、昨日これまたテレビで、ガンになっても、延命できる人の体質。みたいな番組をやっていて、



ガンにならないからだってのがもちろん目標ではあるけど、そうなっても、そこから完治は無理でも、現状維持、そこから進行させない努力をすれば、OKなのかも。



って思うと、とっても気持ちが楽になったドキドキ



こうらないように。っていう予防ももちろん大事で、計画的な生き方ももちろん必要だけど、そうは完璧にうまく物事はすすまないこともあるし、



悩んだりイライラしたって、その時間もったいないから、



そのときどうしようかな。最善の道は何かな?なんて、調べたり、お友達にきいたりして、試してみて、いい方向にきっといく。



っていう気持ちさえもっていれば、いいことしかおきないんだろうなーって。何がおきても、それがいいことだって捕らえられる人間になるんだろうなーって。




きっと、10代のときの私も、こういうことを考えてたり、言ってたりした。って思っていきてきたけど、そのことを身をもって、また違う意味で、最近かみしめていたり・・・していますラブラブ




40代って、迷わず。ってそういう意味なのかなーってビックリマーク


AD

こんにちは

げんきママです


ものすごいおいしい飴を発見しました。

生姜糖っていう飴で、


しょうがと黒糖のコラボです。



材料は黒砂糖、砂糖、水あめ、しょうが、香料のみ



検索いろいろしてたら、この飴をすごーく素敵に紹介してるサイト発見!これみてね。



生姜糖

AD

げんきママです

こんにちは



前に、恥ずかしいことって言うタイトルで、若いとき恥ずかしかったことが恥ずかしくなくなり、

恥ずかしくなかったことが、恥ずかしい



っていう日記をかいたのですが、ちょっとコメントを見せていただき、誤解を与えちゃったかも・・と思い、説明のブログをかいてみまーす♪



えっと、昔ですね、若かった頃、恥ずかしかったのに、今恥ずかしくなかったことは、



変だって思うこと、いやなことについて、クレームをすること。

これが恥ずかしくなくなりました。だって当然だし、それによって人にどう思われたらいやだとか、そんなことは気にもならなくなった。これを世間はおばさん化したっていうのかもしれませんが、



違うと思います。主張です 笑




で、恥ずかしくなかったことが恥ずかしいっていうのはですね。

たとえば、お礼をしないといけなかった人に、し忘れたとか、すぐに謝りたかったのに謝れなかったとか、とにかく人間として、しなくちゃだったのに、そのタイミングを逃しちゃったとき。



ものすごい恥ずかしいですね。

こんにちは

げんきママです


うちには2羽インコがいて。

言葉を教えているのですが・・・



ダメだこりゃ と、

これでいいのだ



ダメだこりゃ・・って言う言葉ってついつい大人は使ってると思うし、どっちかとえば、これいいのだ。っていう肯定より、ダメだこりゃっていう反省のほうが、進歩がありそうで。ついね。



でも、なんでも、これでいいのだ!っていう認定のほうが、実はこどもにも大人にも進歩があったりして・・・・ってことで、



最近では、いかりや長介モードから、赤塚不二夫モードな私なのでした・・