必ず失敗する飲食店経営

味はいいが経営となるとさっぱり・・・な個人飲食店オーナーシェフが、
自己プロデュース力を身につけることで “地元でダントツ店” に生まれ変わるためのブログです

【ありきたり脱却マーケティング】とは?


そもそも現状に苦しんでいる原因は、あなたのお店が


「ありきたりな店」
「どこにでもありがちな“魅力のない店”」
「これといって来店したいと思う“理由”がない」

と思われているので、そこが解決されていなければ何をやってもうまく行くはずがありません。

見込み客がパッと見て一瞬で

「なにコレ、美味しそう!」
「なんだか良さそう!」
「すげー面白そう!」

と二度見されるものがなければ一発で「ありきたりな店」と認定されて、永遠に終わりです。
一度レッテルを貼られてしまったら、それを取り返すのに何年もかかってしまいます。
もっと言うと、最初の3秒の印象でその後の3年が決まってしまうのです。

いい料理・いいサービスのスキルも大事ですが、飲食店経営者が身につけるべきスキルは、魅力(強み・価値)を伝える表現力なんですね。



◆だからといって奇をてらったことをしろと言っているのではありません。
それに、うまく行っていないお店の方に多いのが

「商品・サービスが自分目線」 だということ。

あなたはきっと「これは売れるぜ!」と思って販売しているかもしれませんが、
そこにニーズがない、ってケースが多いんですね。
もしも立地が違っていたら売れていたかも知れないですが、
立地が違っていたら売れていたかもしれないというのは、裏を返せば

「売れる場所で」
「売れる商品・サービスを」
「売れる見込み客に売っていない」

ということです。
つまり、非常にちぐはぐでお客様目線がまったくできていない、非常に自己中な経営をしているということです。



◆また、良い商品・サービスを提供しているのに、
全然リピーターができない多くの店は、


・単に忘れているだけ
・そもそも集客した見込み客を間違っている
・商品・サービスが見込み客の想定の範囲内だったので、
驚きも満足度も低かった

つまり、
「何か“普通”だったよね」
「よくある店って感じだったよね」
「わざわざまた行こうって感じの店じゃないよね。二度目はもういいかな」

と思われている可能性が非常に高いです。

もっと言うと、
800円のランチが

600円ぐらいに見えたり・感じるなら、もう論外。
800円でも同じ。そんな店その辺にゴロゴロあります。そんなところと同レベルってこと。
1000円ぐらいに見えてやっとまあまあレベル。でも繁盛するところまでは、まだまだレベル。
1300円に見えて初めて「良い店見つけた☆また来よう!」と思ってもらえる。
1600円ぐらい行けば、誰かをわざわざ紹介してでも来てもらえるレベル。もうそこまで行ったらマスコミからも取材が来ます。

あなたはどのレベルを提供していますか?
。。。逆に、そこまで目に見えて分かるぐらいのこと、中学生でも気づくぐらいのことをやらなければ、それは「ありきたり」レベルだってこと!


「ありきたり脱却マーケティング」は、それを非常に戦略的、かつシンプルな方法で、
何をやってもうまく行かない、そもそも何から始めればいいか分からない個人飲食店オーナーシェフのお店を、あの手この手で短期間で生まれ変わらせる集客手法です。

これを行えば、どんな閑散店でも
『流行らせる前に流行っています状態』
をつくることができます。


《実績》

ちなみにこの「ありきたり脱却マーケティング」を個人飲食店に取り入れると具体的にどうなるのか?という疑問ですが。。。

●パソコンのパの字もできないアナログ夫婦が営む閉店寸前のイタリアンバル
→客数を上げずに利益を倍にし、かつ仕事量を半分にすることに成功!

●料理一筋、でも経営のこととなるとさっぱり・・・な創作居酒屋
→圧倒的な魅力づくりに成功、12週間で売り上げが480%UP!

●「美味いもん出せばお客さんは必ずくる」とかたくなに信じて立地にこだわらず、よりによって最悪の立地に出店。
案の定、月の半分以上ノーゲスト状態の崖っぷち和食ダイニング店
→たった2時間、2点のアドバイスで、2か月で売り上げが8.5倍に!


。。。このような成果を上げられた個人店がここ3年間で33店いらっしゃいます。(2016年3月現在)



ご興味がある方は弊社ホームページ
http://sasakitadanobu.com
もぜひご覧ください!





◆ブログでは言えない、より実践的でシークレットなノウハウを学びたい方は、7DAYS無料メール講座 
【個人飲食店経営、お金になる努力の仕方】
にご登録ください!

ご登録はこちら(クリックしてください)

NEW !
テーマ:

【追記】

 

追記が、記事の最後にございます。

【追記】

と赤で囲った部分以降がそれです。

 

 

 

 

こんにちは。

 

佐々木です。

 

 

いくら立地がいいところにお店を開業しても、
【お店そのものに魅力】
がなければ宝の持ち腐れです。

 

では【お店そのものの魅力】とは何か?
まぁ言や「総合力」です。

 

・業態と外観・店内の雰囲気がマッチしているか?
・「美味しそう!」「良さそう!」「面白そう!」が感じられるか?
・入りやすさはあるか?
・接客やサービス、店長の人柄はどうか?
・料理に魅力はあるか?
・また来たいと思える具体的魅力はあるか?

 

など数え上げたらキリがありません。

総合力は総合力です。
総合的なものです。

 

とはいえ、できるだけ短期間で成果を上げたい!
成果を上げなければ資金がもたない。。。
そういう方のための必殺技を教えましょう!
それは。。。


とにかく目を惹くメニューを1つ、つくりましょう!


。。。これだけ。
そもそも、どんなにあなたの店が、接客が良かろうが、料理が抜群に美味かろうが、
一度来てくれさえすれば良さが分かってもらえるほど良かろうが、

とにかくまず「一度目」をわざわざ足を運んでもらうという行動をとってもらう必要があります。

 

「わざわざ足を運ぶ」という行動を起こさせるような「強烈な魅力」なり「来店したくなる理由」が必要なんです。

これさえしっかりあれば、
小予算で反応の取れる販促物は、テクニックがまったくなくてもカンタンにつくれますし、
ライバルとの差別化もカンタンに図れます。

 

でも目を惹くメニューといっても、絶対にやっちゃいけないことがあります。
それは、

安売り、値引き、割引の類です。

これだけはやっちゃいけません。
自分の首を絞めるだけですから。

 

それをやらずして、目を惹くメニュー、それも

「自店のターゲット顧客に合った」
「自店のターゲット客層が飛びつく」

メニューを用意することです。

 

あなたにとって最高のメニューなんてどうでもいいのです。
あなたのターゲット顧客・見込み客が食いつくかどうかです。

そこを自分目線で考えちゃいけませんよ~
そこは徹底的に自店のターゲット顧客・見込み客を分析してくださいね。

 

 

。。。私はこれだけの指導で数々の不振店を生き返らせてきました。
別にこれだけしか指導していないわけではないのですが^^;
でも、これだけの指導だけで成果を上げられてしまうのです。

 

もちろんその他のメニュー構成のバランスも重要です。
それらをひっくるめて「メニュー戦略」だけで、崖っぷちの不振店を再生することができるのです。

 

それも、私が直接お店に訪問する・しないに関わらず。
電話やメールだけで十分。

お伺いする必要なんて一切ありません。

 

写メを送ってもらうだけで十分。
味なんてものは、そもそも私はここのお店のターゲットじゃありませんからね。
ターゲット顧客と同じタイプの友人知人にモニターになってもらえばいいだけの話です。

あとはそれをチラシにしたり広告にしたりサイトがある店であればサイトに掲載して、
ちょっとキャッチーなコピーを載せればOK!
それだけで十分、現状が変わります。

 

この方法は、一生モンです。
他店がマネしたら?
マネできないです。
それでもしてきたら?
遅かれ早かれその店は苦しくなっていきます。
自滅していきますので心配ないです。


しかもこの方法は、他のどの集客方法よりも短期間・小予算で成果が出ます。
しかも誰でも出来ます。
アルバイト経験程度の調理技術しかなくて開業した方でも十分可能な方法です。
しかもパワフル!

もちろん目を惹くメニューだけ用意してもダメです。
それを含めたメニュー構成がキモなんです。
これが【繁盛店経営】ってやつなんです。

 

 

。。。とはいえ、「目を惹く」ってどういう意味?
派手にしろってこと?


う~ん・・・まぁ、地味では効果ないですよね。
でも派手ならいいかというと、そんな甘い世界ではありません。
1つだけヒントを言いますと、

 

「お客様が満足するか?」

 

です。
はい。ここでも【自分目線】はご法度だということです。
常に「自店のターゲット・見込み客目線」でモノを見て下さい。
自分目線は自己分析の時だけです。

 

店はあくまでも“戦場”です。
あなたの“城”かも知れませんが、あくまでもそこは戦場です。
あなたが居心地がいい場所ではないのです。
お客様が居心地がよくなるように徹底的に考えられた場所でなければいけないのです。

 

要は、稼ぎたいのか?
好きなことがやりたいのか?の二者択一です。

そして、稼ぎたいのであれば、
そんなお客様が居心地がいい場所で提供する商品が料理であるならば、
その料理も徹底的にあなたのお客様、
もっと言えばターゲット顧客・ターゲット見込み客の満足を第一に考えられていなければいけません。

 

料理内容はもちろん、料理を載せる器・お皿、提供の仕方、写真を含めた見せ方、アピールの仕方(言葉)・・・
様々な角度から考えられていなければいけません。

 

出来上がりの料理そのものが「商品」ではないのですからね。
それは「商品」ではなく「製品」です。

「製品」を「商品」にするには、料理をお客様が販促物等で知った瞬間から食べ終わるまでの一連の流れすべての瞬間で魅力に映っているか?
それらすべてが「商品」なんです。
テーブルに出てきて見て楽しんで口に入って美味しい!これだけが「商品」じゃないんです。

 

勝負は、お客様があなたの店のことを初めて知ったその瞬間から始まっているのです。

いい料理を用意してお店を開けてお客様が来るのをボーっと待っているようでは成功するわけがないのです。
まぁボーっと待っているだけの方はおそらくいないと思いますが。。。


いずれにしても、

 

・お客様が満足するものを
・目を惹く形で
・それもターゲット客層・ターゲット見込み客に刺さるものを
・徹底的に分析して
・刺さる言葉・写真で伝えましょう!

 

 

 

【追記 5/24 15:40】

 

もし、「もうちょっと詳しく学びたい!」「いっそのこと自店でちゃんとした最強看板メニューをつくり上げたい!」とお考えの方には、

1ヶ月3回の電話コンサル&1ヶ月メール無制限(要予約)のコンサルティングを

5万円 / 月 ※税別

で行います。

 

ただしお申込期限は今月末まで。

もしくは定員20名達し次第、終了いたします。

 

 

■お申し込みは。。。

http://ws.formzu.net/fgen/S15741219/

 

※お問い合わせがある方は、このブログに直接メッセージ下さい。

 

 

 

 

それでは本日はここまで。

 

 

AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。