アメリの小部屋

フランスの地方都市に住む主婦です。
蚤の市で恋に落ちた可愛い雑貨のコレクション。
       自己満足と記録の意味も込めて。


テーマ:

 

あっという間にもう4月に突入ですね。

本格的な春到来~~嬉しい季節ですね。

日本は入学や入園、新社会人など、スタートの季節。

 

新生活をスタートするにはぴったりと思います。

でもフランスは新学年は夏休み終わりの9月からです。

この違和感、何年住んでも慣れないなぁ。笑

 

 

そしてこちらは一週間前の日曜日から夏時間となり

日本との時差が マイナス7時間となりました。

年に二回この変更があるので、ややこしいです。笑

陽の昇るのと沈む時間を人間の行動時間に合わせやすいように

調節しているみたいですが。。。

 

春のこの変更は朝起きが一時間早くなるってことなのでしばらくは眠い朝です。

日本の午後8時はこちらは 冬は同日の正午でしたが、

夏の間、10月の最終日曜日までは 午後1時になるんです。

日本の家族や友人との電話などはこの時差があるために

ついつい遠慮がちになります。

まぁ地球は丸いので仕方ないですね(^^;

 

なんのこともない田舎のありふれた風景ですが・・・

好きで~す。

何年住んでも見飽きません。

毎年同じような写真を同じような場所でパシャパシャパシャパシャと

撮ってしまいます。

 

のんびりまったりの牛さんにも毎回興奮します。笑

 

 

この日は田舎の村の蚤の市があったのでドライブでした。

真っ青な空に飛行機雲が何本も。

桜もどきの(たぶんアーモンド)の樹も美しい花を咲かせていました。

 

この一週間は昼間は陽射しがきつくて

暑くて暑くて、もちろんコート無し。ジャケット無し

若者はタンクトップ姿が目立ちました。

ところが4月になったとたん、昨日今日とフランスは全国的に雨みたいです。

太陽が顔を出さないと一気に15度ほど温度下がってます。

大げさじゃなくて。

なのでフランスは衣替えできません。

昨日はまたダウンコート着てましたから。笑

 

予定していた田舎のドライブが中止にしたので

家で久しぶりにアンティークポストカードのコレクションしていたのを

出してきて数えてみました。

出てくる出てくる。

そういえばこの晴れの日の蚤の市でもまたついつい買ってしまったのでした。

本能のおもむくまま~~♪

 

 

たぶん600枚以上はたまっていました。。。笑

我ながら、蒐集癖に驚かされます。

まぁ絵葉書は場所はとらないというメリットがあるので良しとしましょう。

 

その中で見つけたのがこれ ↓

 

Poisson d'Avril  四月の魚

あまりなじみのない、暦ですが

いわゆる4月1日のことです。

エイプリルフールをフランスではこのようによんでいるのです。

フランスが発祥と言う説が書いてありました。

面白いので転載させてもらおうと思いましたが 禁止と書いておられるので

(当たり前 笑)

興味のある方はぜひぜひ 検索していわれを読んでくださいね!

 

これにまつわるカードは当時かなり盛んにやりとりされていたようで

流行だったみたいです。

 

ちなみに今でも小学校などで子供達が魚の形の絵やおもちゃを

人の背中にくっつけて笑いあったりします。

嘘をつくという我々におなじみのエイプリルフールとはちょっと違う感じです。

からかいの意味もあるのですが、もっと無邪気に楽しんでいる様子です。

 

先日パン粉のことを書いたときに言っていた パン粉掃除セット

田舎にあったので持って帰ってきました。

ブラシのは見つからなかったのですが

こちらの方が上等な感じです。笑

きれいにパン粉がお掃除できますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

 

 

我が市は花の4ツ星マークです。

最初嬉しかったけれど。。。その分住民税が高いそうです。笑

 

とりあえず 桜もどきを連投します(^^:

散歩の途中に見つけると 日本を思い出して狂喜します。

 

 

 

 

 

 

なかなかブログかけておりません。。。汗

 

貧乏ひま無しとはまさに私のことでございます。笑

 

すっかりお外は春春春~~春爛漫。

 

3月に入って10日ほど前から 本格的に春到来、

 

あっという間、 急に花々が開花したので驚いています。


最近は日中はコートでは汗をかくほど暑かったり。

 

ただ陽が翳ると ぐっと寒いのが なかなか難しい。

 

油断をすると風邪をひきそうです。

 

フランスの気候はあなどれないです。

 

先日のディゴワン美術館の続き

荒っぽいですが、写真のみ追加しておきます。

 

入ってすぐは古代からの陶器の歴史の説明です。

 

 

 

 

 

↑ これ可愛い~~。 まだ持っていないシリーズです。

 

 

可愛い子供たちの情景

ポストカードで有名な作家さんではないかしら・・・

アンティークの 絵葉書で見たことがあります!

 

 

 

絵付け前の白い陶器も展示されています。

 

 

 

↑このあたりはほとんど私も持っています!!自慢かいっ!!(^^;

 

 

 

こじんまりした玄関

 

 

時代が下ると 最近ではこういった洗面所やトイレット関係の製造になっていったそうです。

 

ちょっと味気ないですが。。。笑

 

こんな洗面所なら素敵 (でもちょっと洗いにくい?笑)

 

 

 

ここへ訪れた直後の蚤の市で この上のブルーとピンクの薔薇のお皿に巡り会えました。

 

なんという奇跡。笑

 

これは運命だ!!

 

(ディゴワンらしくない古典的な雰囲気なので たぶん今まで目にしても

記憶に残らなかったのかもですが。。。)

 

で、もちろん、買わせていただきました。笑

 

(お皿はもう絶対に買わないという決意はすぐにどっかに吹っ飛ぶ昨今)

 

↓ 大きさがわかりにくいかと思いますが。。。

 

これかなり大きいんです!!

大きなケーキをのせれます。

そうだそうだ。大皿は買ってもいいことにしよう。

あまり持っていないので。笑

じゅんさいな私です。。。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

晴れの日はすっかり春を感じる今日この頃です。

 

2月ももうすぐ終了、3月が楽しみ。

 

 

今日は昨年の秋に訪れたディゴワンの美術館の紹介です。

 

Digoin の村の説明はこれです。↓

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B4%E3%83%AF%E3%83%B3

 

その一年前サイトをちゃんと調べて開いているはずなので出かけたのですが

 

なんと閉館日。。。(フランスではこんなことがたびたび起こりますので要注意!)

 

絶対にもう一度リベンジを誓ったのでした。

 

そしてなかなか機会がなく一年が過ぎ、この日ようやく中に入れました。

 

フランス語に堪能な友人はご親切なボランティアガイドのおじさまの説明をしっかりと拝聴。

 

フランス語にかなり疲れ気味の私は写真担当。

 

ひたすら陶器の写真をバシャバシャと撮り続けたのでした。

 

 

外観はとてもこじんまりしていたのであまり期待せずに入館したのですが

数階にわたり豊富な内容、たくさんの所蔵数でただただ圧倒されました。

 

最初に陶器を作り始めたかなり古い時代を再現した

考古学的な部屋が続くのですが。。。

 

何もない時代に

『土を練って固めて焼いたら頑丈になってできあがる!』

ということを発見した太古の人々の知恵に改めて感動します。

 

それらの写真はかなり地味なので省きますが(笑)

 

 

以前の日記

http://ameblo.jp/sarreguemines1900/entry-11496869127.html

 

でも書きましたが、ディゴワンの図柄はクロスステッチ刺繍のデザインとしても

愛されています。

ここにも飾られていました。

刺繍はほとんどあきらめていたのですが、こうして目の当たりにすると

せめて一個くらいは死ぬまでに刺したいと思ったりする私でした。(^^;

 

と、4年前も死ぬまでにはと書いてあったので笑ってしまいますが。。。汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の持っている 洗顔セットに激似 もあったので嬉しくてパシャ。

 

 

大好きだったカフェオレボルもたくさん。お宝の山ですね。

 

↑なぜ過去形かというと、カフェオレボルはもうコレクションするには敷居が高すぎ。

なかなかいいのが見つからないのであきらめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このグリーン宇治抹茶色。大好きですが。。。まだ見たことありませんでした。

いつか一個でもゲットしたいものです。

(もう食器は買うまいと決心中なのに~また買うつもりかい!)

 

↓大大大好きなマリィルゥシリーズもこんなに。

かなり持っているつもりでしたが・・・

アイテム的にはまだまだです。(また増やす気 まんまん?笑)

 

 

 

あまりにも多いのでパート2をいつか書きます。

 

今夜はここで力尽きました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

フランスに住みだした頃は 日本の食パンが恋しくて恋しくて。。。

こちらには似たようなパンドゥミとか、ブリオーシュの薄切りにしたものは

市販していますが、どうもまったく日本のヤマザキパンとかとは違う。笑

あのふわふわの新鮮で柔らかい食パン。。。なぜか売っていません。

パンドゥミは賞味期限、長い。笑。

そしてブリオーシュってちょっと違うんだよね~

 

仕方ないのでパン焼き器をたまたまプレゼントでもらったので

せっせと焼いたりしていました。

でも旦那さんは、まぁ普通にパン屋さんのバゲットを毎日食べているので

私もだんだん不精になってバゲットを食べていたら。

徐々に堅いバゲットが好きになってしまいました。

本当にパン屋さんのパンは美味しいということが判りました。

まぁ当たり前のことなんですが。。。

フランスのパン屋さん、ほんと美味しいです!!

食パンに固執していた私って。。。笑。汗。

食パンは日本に帰省したときにお腹いっぱい食べようと決め

パン焼き器は台所の棚の奥にとしまわれてしまいました。笑

 

で、最近はまった youtubeのテレビ番組は前回書きましたが

以前から面白くて欠かさず観ているのが 世界の日本人妻です。

 

本当に世界にはいろいろな暮らし方やびっくりがあるなぁと感心して観ています。

でもずっと前にフランスの回があって、興味深く観たのですが

その日仏ご夫婦は日本に住んでおられて、お若い方たちでしたが

バゲットを食すときに手でちぎって包丁では切らないとおっしゃっていました。

敬虔なカトリック?なので パンはキリストの肉と同じなので

そういう罰当たりなことはしないとか。。。なんとか。

なので手でちぎるときにパンの粉がいっぱい散らばって

しかも寝床でも食べるご主人だったような気が。

奥様はパン粉を掃除するのが大変みたいな。。。

フランスの家は床にパン粉がいっぱいみたいな。。。笑

 

『フランスではパンはナイフで切らない』 というびっくりが

まるであたかも全フランスの家庭で行われているように放送されていた覚えがあります。

でも、私、もちろん家では毎朝食べるときにはバゲットをパン切り包丁で切ります。

今まで行ったフレンチレストラン、全部で ナイフで切られたバゲットが出てきてました。

知り合い、友達、夫の家族(敬虔なクリスチャンたち)のおうちに招かれて

食事したときも、バゲットは必ずナイフで切られていました。

手でちぎられたバゲットなんて聞いたことも見たこともありません。

何と言ってもバゲットかなり堅いパンですし。。。ちぎるのは力要りますよね。(^^;

 

でも何度も言いますが・・・番組ではフランスはカトリック教徒の国なので

パンはキリストの肉と同じ。ワインは血と同じ。

なのでパンは手でちぎると。

(それなら食べたり飲んだりするほうがもっと罰当たりな気もしますが。笑)

 

まるで全部の家庭がそうしているみたいな報道。

そのほうが面白おかしくなるからでしょうけれど。。。

別にいいんですけど、テレビって怖いなぁとちょっと思いました。

こんなふうにたわいない情報はまぁいいとしても

他の大切な情報もいったん公けの報道で流されると

皆が信用してしまいますよね。流布してしまいますね。

 

実際私が知らないアジアの国などの日本人妻さんのお宅とか

とても興味深くみて、へーへーへーとすごいなぁと感心したり驚嘆したり

中には大変なご苦労をされていて涙したり。。。

と観ていますが。

あまり皆が皆この人と同じって思わないことにしています。

 

ちなみにフランスのテレビ番組で日本の特集とか見ていても

たまに 日本人は着物をよく着ていて、料理も精進料理で

いつもお茶会をしてお茶をたててる。

四季折々の風雅を大切にしている。。。

礼節を守り、男子は空手柔道をたしなみ 地下鉄では礼儀正しく。。。

皆がそうだったらどんだけ~素敵でしょう!

(たしかに日本人はフランス人とは違うメンタリティですけれどもね。もちろんいい意味で。笑)

 

そして皆が漫画を愛し。。。笑

以前は日本の高校生は黒顔ギャルが闊歩みたいな。笑

たしかにそういう素敵な風雅を愛する人も大勢居ますし

黒顔ギャルも存在していましたが。

皆が皆ではないですよね!

 

 

バゲットの話題に戻りますが

普通テーブルのこぼれたパンの粉でさえ、いちいちちゃんと掃除しますし

気を使う人もたくさんいます。皆 無頓着ではありません。

アンティークで テーブルのパン粉の掃除用のブラシとちりとりの

素敵なセットもよく売っています。

現行品でもありますし。

私も持っていますが、田舎の家に持っていったので今手元になくて

載せれなくて残念。笑

まぁアンティークのものは飾りって感じですが。笑

 

あらら。今日は珍しく長話しています。

あともう少しお付き合いください。(^^;

 

うちの近所には3軒のパン屋さんがありまして

その中でも一番お気に入りのパン屋さんは

トラディショナル、アルチザン、なんとか。という3種類のバゲットを

どれでも3本買うと1本おまけ。 4本目がただです。

なのでとてもお得だし。美味しいしで。

ちょっと遠いけれど 散歩がてら買ってきています。

 

たまに私もだんなさんも 買ってきて 8本のバゲット!!

多すぎるので、ありゃりゃ。買ってもたわ。。。と失敗したと思いましたが

パン屋さんのマダムが 買ってすぐに冷凍しておくといいよと

教えてくれたので、そうしました。

たしかに冷凍しても味も食感も損なわれませんでした♪

 

 

 

昨日今年初めての蚤の市、ブロカントに行ってきました。

これから春になるとどんどんあるので嬉しいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋のブロカントで見つけたディゴワンをいっぱい売っていらした出店者さん

 

もう家にはそれこそ売るほどあるし。買えませんが。。。涙

 

 

 

そうそう!

 

秋には念願だったディゴワンの美術館にも行くことができました。

そのネタは次回に貯金中。笑

なんせ写真を山ほど撮らせてもらったので選ぶのが大変。

 

お楽しみに~ (^^;

 

(今日のつぶやきは、だいぶ前に観た日本人妻の記憶ですので間違っていたらごめんなさい。)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

ぼやぼや、バタバタしている間に・・・もう2月!!

 

二月は如月でしたっけ?

 

きさらぎを検索してみたら語源は

 

寒さで着物を更に重ねて着る 着更着・・・納得 (笑)

 

気候が陽気になる季節で 気更来 息更来

 

草木が生え始める月で 生更木 

 

草木の芽が張り出す月で 草木張り月 が転じた とかいろいろな説があるそうですが。

 

なんとなく意味を知るとうきうきしてきますね。

 

そういえば先週まではかなり寒かったのですが、今週になってから

 

ずっと気温が上がってきた気がします。

 

先週は最高気温が零下でした。びっくり。

 

でも着実に春は少しづつ近づいて来てくれています。嬉しいなぁ~~~るんるん。古っ

 

 

 

 

それにしても日本語は本当に風流。素敵。

 

日本人に生まれてよかった。

 

英語やフランス語よりも、外国人が日本語を覚える、勉強するのはすごいすごい大変だと思います。

 

と、フランス語でさえ上達せず、ほぼあきらめ気分の私が言うのもなんですが。。。笑

 

なんと言っても 英語とかはアルファベットだけですものね。

 

日本語はひらがな、カタカナ、漢字 濁音、撥音、擬態語、と エトセトラ

 

たまにフランスの子供に日本語を教える機会があるのですが

 

なかなか、説明が難しいです。

 

なんと説明していいか判らないことが多々あります。

 

自分の頭の中では当たり前のことだから。

 

何人か知り合いの日仏ご夫婦はお子さんの日本語教育ではかなり苦労をされています。

 

毎夏休みに帰省して、少しでも日本の小学校で勉強させておられます。

 

こちらの夏休みは7月に入るとすぐか、早いときは6月末から休みですので

 

すぐに日本に帰ればうまくすると3週間くらい通えるそうです。

 

頭が柔らかい間に接しないと、日本語は大変だと思います。

 

会話ができても、読み書きまで完璧にできるようになるのは大変。

 

親も子どもも努力ですね。

 

海外に住むということはそんな苦労もあるということですね。

 

 

 

ところで今の私の心のオアシスはYoutubeで日本のドラマやバラエティを

 

観ることなんですが。。。

 

忙しいはずなのにそれだけは結構 別腹 (笑)

 

なんとか時間を捻出というか。いつの間にかたくさん観れてます。汗汗汗

 

それで 最近初めて観てはまったのが 世界、ニッポン行きたい人応援します

 

とかいうバラエティです。

 

たぶん人気のある番組みたいなのでご存知の方も多いと思いますが。。。

 

それの最近のオンエアで、フランスの女の子が百人一首にはまってという回がありました。

 

かなり感動しました。 

 

フランスでも最近あちこちでカルタが流行っているとのこと。すごい!!

 

そして誇り高い気持ちになりました。

 

そんな文化歴史を持っている国に生まれたこと。

 

私もにわか百人一首おたくになってます。最近。

 

大昔中学生くらいに覚えたのは不思議とちゃんと思い出せているのですが。

 

悲しいかな、100首全部は覚えていなかったので、今新たに覚えるのに四苦八苦。

 

やはり頭は柔らかいうちに使わないとダメですね。

 

ボケ防止のためにももうちょっと頑張りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の写真は話題とはまったく関係なく、以前行ったParisの サントシャペルのステンドグラスです。

 

素晴らしかった。 しばらく修復中で入れなかったので余計に感動しまくりました。笑

 

 

 

唐突ですが~ 話変わって。。。

 

蚤の市ではたまに可愛い子供服が売っています。

 

アンティーク、ヴィンテージいろいろと。

 

もう孫娘にはサイズが合わなくても、小さい可愛いのをちょこっと

 

集めたりしています。

 

 

 

 

去年 出会ったクリスタルの小物入れ、ゴールドの鍍金のリボンが可愛いくお気に入り。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

(フランスではお正月のお花飾り、ヒヤシンスの鉢植えも定番です)

 

 

明けましておめでとうございます!

楽しいお正月をお過ごしのことと思います。

私もなんとか元気で日々暮らしております。

日本は穏やかな良いお正月だそうですね♪

こちらの元旦は深い霧の朝となりました!

 

 

 

お互いに健康第一。

笑う門には福来たる😃

皆仲良く笑顔溢れる一年になります様に🎆

タモリさんのSMAPへのメッセージが良かったですね!

『人生に勝敗なんてない。判定みたいなことどうでもいいんだ。

大切なことはそれを引きずらないこと。』

確かに!

あくせくしがちで よく くよくよしている私の胸に響く言葉でした。

かなり滞りがちなブログですが今年もボチボチ更新していきますので

どうぞよろしくお願い申し上げます。❤💖💘

 

写真はクリスマスイブに訪れた近所の古城の城下町。

ミサのあった教会や

お城のクリスマスの飾りつけです。

ランダムに貼り付け失礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

とうとう今日からクリスマスバカンス、 ノエルのお休みが始まります。

 

私も昨日 今年の仕事納めを無事に済ますことができました。

 

かなり疲れ気味でしたがなんとか気力で乗り切りました。

 

バカンスの間はいつものように 田舎にひっこみます。

 

田舎は以前からも書いていますがインターネットの状況がかなり不安定

 

今回はそれを ストレスにはしないで もう、居直ってネット離れします。

 

そして疲れ切った目を休ませようと思っています。

 

たまにはアナログ生活を満喫しなくてはね。

 

でも本は読みたいと思いますが。。。それじゃやはり 目は疲れるだろうか。。。

 

そんな訳でブログの更新はできないと思いますのでその前に

 

どうしてもストラスブールで一番気に入った場所を紹介させてください。

 

博物館の中庭

 

アルザス民族博物館 Musée alsacien 

 

この地方の歴史や風俗を知ることができるとても興味深いミュゼでした。

 

全く予備知識なしに適当に入ったミュゼでしたので

 

余計に意外。 嬉しい驚きでした。

 

 

200年くらい前の建物に部屋がそのまま残されていて家具衣類食器等

 

当時の庶民の普段の生活の様子を垣間見れます。

 

本当は他にもいっぱい展示物をご紹介したいのですが

 

あまりにも多すぎるので(笑)

 

テーマを絞りました。

 

おもちゃのコーナーです。

 

 

素敵なアンティークレースの衣装を身に着けていますね~惚れ惚れ

 

 

 

おもちゃも豊富でしたが、特にミニチュアが圧巻でした。

 

ここからはミニチュアのみの写真の羅列です。説明無しですみません(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっといっぱいありました。笑

 

いや~本当に上手くできていて感動。

 

とても可愛くておしゃれでした。

 

では今年はこれで終了します。

 

いつも拙ブログを覗いてくださってありがとうございました。

 

どうぞ皆様もお元気で楽しい年末年始をお過ごしください。

 

 

 

 

ささやかでお恥ずかしいですが我が家のクリスマス飾りです。

残念ながら本物のもみの木ではありません(^^;

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

ほんとうはアルザスの旅日記書きたいのですが(笑)

 

思い起こせば 旅日記 いつも尻切れとんぼになっていますね。汗汗

 

 

でも 今日はあえて新鮮ネタで行きます。

 

♪とれとれぴちぴち♪道頓堀の蟹もびっくり。笑

 

( 関西人しかわからないギャグすみません!)

 

 

今リヨンでは La fête des lumières  光の祭典が催し中

 

元々は100年ほどの昔 ソーヌ河の氾濫、洪水から守ってくれた事を 

 

一年に一度、三日間、マリア様に感謝し

 

窓辺にロウソクを灯して祈りを捧げる日でした。

 

 

 

最近ではすっかり観光化され大きなイベントとなりました。 

 

 

 

 

これらは街中の有名な実際の建物に光や映像を当てて次々と色やイマージュを変えていくスペクタクルです。

 

15分毎くらいに繰り返されるので、移動してあちこちで違うショーを楽しめます。

 

もちろん無料です(笑)

 

去年は直前のパリのテロのせいで中止になったのでした。

 

 

なんとか今年は実施されました。

 

銃を持った警官がたくさんあちこちで見張ってくれていました。

 

ちょっと緊張。行くのにも少し勇気が要りました!

 

イリュミネーションに負けじとお月様が(小さく)可愛く輝いていました。 

 

 

 

毎年は行っていなかったので久しぶりでした。

 

考えてみたらもったいないことです。

 

昔大阪に住んでいた頃、いつでも行けると思って京都や奈良、大阪城の桜なども

 

めったに観に行きませんでした。

 

フルタイムで働いていて忙しかったというのもありますが。

 

フランスに住むようになってからのほうが、日本国内で旅することが多いです。

 

『日本の美』 再発見ですね。本当に 『美し国』日本。

 

特に秋の紅葉の風景は秀逸だと思います。

 

でもまだまだ未踏の地がありますので今度帰省したらぜひとも

 

行ってみたい地方が山積みですが。。。

 

特に沖縄!!!カナヘイハート

 

 

 

と話題がそれましたが(^^;

 

さて今年はこちらはお天気に恵まれ三日間 晴れ。

 

何年か前に雨の時があって、大混雑の中傘をさして歩くのが大変だった思い出があります。

 

フランス国中からはもちろん、海外からもたくさんお客様がくるので

 

ホテルやレストランなどの観光収入が増えるということでしょうが

 

大変なお金をかけて催していると思います。 

 

まぁ、言うても~~税金かな(笑)

 

(そういえば 東京オリンピック、有効に国民の血税を使ってほしいものですね!!

 

小池さん、頑張って~~)

 

ちなみに本祭り(と呼ぶのか?)の8日は夕方の4時から市内の公共交通機関は

 

無料となります。 メトロ、トラム、バス すべて。(リヨン交通、TCL)

 

(SNCF国鉄は除く)

 

ご親切なことですね。 日本ではありえないね。涙

 

日本は交通費高くつきますよね~涙

 

話は少し飛びますが・・・こちらでは時々ポリューション、公害 CO2の数値が高すぎると

 

大都会の中心部は公共交通が無料になる日があります。

 

( 自動車の利用を抑制するため)

 

ごくごく たまにですが。そして突然決まるので予定には入れれませんが。笑

 

ついおとといくらいも(今週末もかもしれませんが)パリのメトロが無料だったそうです。

 

by 友人情報。

 

写真多くなったのでちょっと結合してみました。

 

 

↑ サンジャン大聖堂の中

 

↑サンジャン 大聖堂の 外

 

 

↑街なかのお店の可愛いディスプレイとベルクール広場の大観覧車

 

 

↑ フルビエールの丘の上のカテドラルのイルミ 黄金のマリア像と

 

 

↑ ソーヌ河沿いの風景

 

 

というわけで田舎者の狸が街へ久しぶりに降りていって

 

都会の美しさに感動したというお話でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あちこちで可愛い看板 撮ってましたので

 

場所別に書くより看板特集ってことで。

 

実はどこで何がかちょっと忘れて混ぜこぜになったので。笑

 

 

 

 

↓このお店は有名なドイツのローテンブルグみたいに一年中クリスマス飾りのお店です。

 

一度入ると、全部を一周しなければ出てこれないという、ちょっと不便なお店でもありました。

 

中は迷路のようになっていて二階にも行かねばなりません。

 

さっき買いそびれたモノを もいっかい見たくなっても引き返せませんし。。。

 

私はあまりにも人がいっぱいで途中で出たくなったんです。笑

 

遅々と進まぬ人の群れをかいくぐり一周しました。

 

写真撮影禁止!!と大書してある、少しイジワルなお店(^^;

 

いろいろなお店に行きましたがこんなのは初めて。

 

 

 

 

 

 

 

くだんのコウノトリ~

 

 

 

もうちょっとアップにすべきでしたね ↑ 

 

これ ↓ 一番好きなので 。。。 先日も載せてますが もいっかい。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ワイン街道沿いにある美しい村、Ribeauvillé は本当に可愛いお家がたくさん。

 

いっぱい写真を撮ったのでまた今度ゆっくり特集書きます。笑

 

 

 

 

ワインのお店でアンティークのサンプラー発見!

 

クロスステッチの刺繍の布でおしゃれにディスプレイ

 

 

 

 

 

 

当地の有名なお菓子、パン クグロフ型です。

 

アルザス博物館にもたくさんのお菓子型がありました。

 

博物館、ミニチュアのおもちゃも満載のとても楽しい美術館でしたので

 

これまた近日中に特集組みます。笑

 

 

 

 

とりあえず、今日書きたいのは

 

お題の 嬉しい発見。

 

実は・・・

 

それは・・・

 

アルザスの旅とは・・・

 

全く関係ないのです~

 

これ! ↓

 

フランスに住んでから このたび、初めて冷奴をこちらで食べました。

 

お豆腐、見つけちゃいました。

 

これ ↓

 

 

まさに絹こし!

 

Bioなので安心。

 

実はこちらでも中華スーパーみたいな

 

アジアン食料品店が何軒かあります。

 

でもそこで売っている中国製のお豆腐は

 

日本語でとうふとは書いてありますが

 

かなり あ、ぶ、な、い (笑)

 

どうしてもすき焼きなどしたくなった時には

 

仕方なく買って食べましたが。。。

 

どうもまずい。

 

そしてよからぬ噂がちまたには。。。

 

髪の毛が入っていたとか、そんな類の噂ですけど。

 

なんか気持ち悪くて もう食べれません。(^^;

 

もちろん生でなんて、もうもう絶対にNG です。

 

そこで最近日本人友から入った情報で

 

こちらを買ってみました。

 

近所のスーパーカルフールで売っています。

 

気軽に買えるし。嬉しくて嬉しくて。

 

こぶりで1丁 300円は日本と比べたらちょっと高い。

 

まぁウチにとっては贅沢食材ですが。笑

 

ちょっと柔らかすぎるけれど、時々大判振る舞いしちゃいます。爆

 

ちなみに土しょうがは普通に売っているので助かります。

 

懐かしい和食には欠かせないですものね。

 

紅しょうがはないので、ちょっと寂しいですが。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。