ラッセン展示会情報はこちら

北海道札幌市中央区の税理士日記 ~ 北のサクセス・ストーリー ~

北海道札幌市の中心部に拠点を構える税理士法人の代表を務めております。弁護士・司法書士等と同一フロアにて高品質かつ顧客第一主義のワンストップ総合サービスを提供しております。創業・税務顧問・事業再生&承継・相続税&贈与税など何でもご相談下さい!

      北海道税理士会 ・札幌中支部所属 (登録番号2246)

       税理士法人 North Active Innovation

       (ノースアクティブイノベーション)

              (旧:前島治基税理士事務所)

      【 公式ホームページはコチラをクリック 】

     【 相続税ホームページはコチラをクリック 】

札幌駅前創業・会社設立サービスはコチラをクリック


         札幌市中央区南1条西4丁目5-1 大手町ビル8階

          (四丁目プラザの二軒西隣り、電車通り沿い)

               地下鉄大通駅より徒歩1分!

           TEL 011-222-5595 / Fax 011-222-5596


 【 経営革新等支援機関 道内第一回目認定事務所

         20120927北海道第22号及び北海財全1第373号


          $北海道札幌市中央区の税理士日記 ~ 北のサクセス・ストーリー ~-大手町ビル内外画像


札幌市街の中心部、地下鉄大通駅から徒歩1分圏内の好立地ビルにて、弁護士・司法書士・行政書士など各士業者と共にワンストップ総合サービスを展開しております。会社設立・融資など創業に関するご支援、税務顧問・経理代行・税務調査の対応など日常の経営関与、リスケジュールなどの銀行対応、NPO法人・社会福祉法人などの介護・福祉事業に関するご支援、相続税・贈与税の申告・生前相続対策・不動産の運用など資産全般に関するご相談を承っております。所長はじめ平均年齢30代の優秀な若手スタッフが、お客様に対して日々最高レベルのサービスを提供すべく研磨し続けております。どうぞお気軽にご相談ください!


 パートナー税理士・スタッフ大募集中! 詳細はコチラ


          メディア掲載実績・予定

             詳細一覧はコチラをクリック

          セミナー開催実績・予定

             詳細一覧はコチラをクリック


          $北海道札幌市中央区の税理士日記 ~ 北のサクセス・ストーリー ~-スタッフ集合画像


             スタッフ一同、お待ちしております。

                お気軽にご相談ください!


      【 公式ホームページはコチラをクリック 】

     【 相続税ホームページはコチラをクリック 】

札幌駅前創業・会社設立サービスはコチラをクリック


テーマ:

加算の最期です。


○ 送迎加算


一定数以上の利用者に対して、居宅と事業所との間の送迎を行った場合に、所定の単位数が加算されます。



○ 福祉・介護職員処遇改善加算

○ 同 特別加算


職員の賃金の改善等に関する計画(改善計画)に基づき、その改善内容が一定の成果を挙げているなど一定の要件を満たす場合に、所定の単位数が加算されます。



以上で就労継続支援B型に関する実地指導のポイント解説を終わります。


次回からは児童デイに関する実地指導のポイント解説を始めたいと思います。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

加算の続きです。


○ 医療連携体制加算


医療機関等との連携により、看護職員を事業所に訪問させ、利用者に対して看護を行った場合に、所定の単位数を加算します。



○ 施設外就労加算


利用者が、一般企業等で作業を行った場合に、所定の単位数が加算されます。

ただし加算単位数は、一月あたりの利用日数から2日を除いた日数を限度とし、また一定の要件を全て満たす必要があります。



○ 重度者支援体制加算


利用者のうち、障害基礎年金1級を受給する者の割合が一定以上である場合に、所定の単位数が加算されます。



○ 目標工賃達成指導員加算


工賃向上計画を作成し、その計画を達成するために目標工賃達成指導員を配置し、その指導員を含む人員配置が一定の基準を満たしている場合に、所定の単位数が加算されます。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

加算の続きです。


○ 訪問支援特別加算


利用者に対して5日間連続、その利用者の居宅を訪問して相談援助等を行った場合に、1月につき2回を限度として、所定の単位数を算定できます。



○ 利用者負担上限額管理加算


事業者が、利用者負担額合計額の管理を行った場合に、所定額を加算できます。



○ 食事提供体制加算


利用者に対して、食事の提供(調理員による提供、第三者への委託による提供など)の体制を整えていることを所轄庁に届け出ている場合、平成27年3月31日までの間、所定額を加算できます。



○ 福祉専門職員配置等加算


職業指導員または生活支援員等の常勤従業者のうち、介護福祉士または精神保健福祉士の有資格者である者の割合が一定以上である場合等に、事前に所轄庁に届け出ている場合、所定額を加算できます。



○ 欠席時対応加算


利用者が、利用予定日に急病等により欠席した場合において、その利用者や家族等への連絡調整のフォローを行った場合に所定額を加算できます。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

給付費算定の続きです。

今回からは加算の解説をします。



○ 視覚・聴覚言語障害者支援体制加算


利用者のうち、視覚や聴覚等の障害を持つ者が原則30%であり、それらの利用者との意思疎通に関する専門性を有する生活支援員を一定数配置した場合に、一日につき所定の単位(41単位)を加算します。



○ 就労移行支援体制加算


支援を受けた利用者が、その後一般企業等に就職し、その就職期間が6ヶ月超継続した実績に応じて加算されます。

上記就労定着者の利用定員に占める割合に応じて加算単位が変わります。


 イ 100分の5以上100分の15未満 41単位

 ロ 100分の15以上100分の25未満 68単位

 ハ 100分の25以上100分の35未満 102単位

 ニ 100分の35以上100分の45未満 146単位

 ホ 100分の45以上 209単位


事前に所轄庁に対して、加算したい旨、就労実績等を届け出ることが必要です。



○ 目標工賃達成加算


利用者に対して支払った平均工賃額が、所定の目標をクリアした場合等に加算されます。



○ 初期加算


利用者の利用開始から30日以内の期間について、所定の単位を加算します。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

基本事項の続きです。


イ 就労継続支援B型サービス費(Ⅰ)

 (1) 利用定員が20人以下 589単位

 (2) 利用定員が21人以上40人以下 526単位

 (3) 利用定員が41人以上60人以下 494単位

 (4) 利用定員が61人以上80人以下 485単位

 (5) 利用定員が81人以上 469単位


ロ 就労継続支援B型サービス費(Ⅱ)

 (1) 利用定員が20人以下 538単位

 (2) 利用定員が21人以上40人以下 481単位

 (3) 利用定員が41人以上60人以下 447単位

 (4) 利用定員が61人以上80人以下 438単位

 (5) 利用定員が81人以上 423単位



上記イは、厚労省大臣が定める「施設基準」を満たし、かつ従業者数が利用者数を7.5で割った数以上である場合に算定できます。

上記ロは、上記イ以外の場合で、業者数が利用者数を10で割った数以上である場合に算定できます。


そして、次のいずれかに該当する場合には、それぞれに掲げる割合を単位数に乗じる必要があります。


1.利用者数が次に該当する場合 … 70/100

   ・過去3ヵ月間の利用者数の平均値が、次のいずれかに該当する場合

     (ア) 利用定員11人以下の事業所

         … 利用定員数に3を加えて得た数を超える場合

     (イ) 利用定員12人以上の事業所

         … 利用定員数に125/100を乗じた数を超える場合

   ・1日あたり利用者数が、次のいずれかに該当する場合

     (ア) 利用定員50人以下の事業所

         … 利用定員数に150/100を乗じた数を超える場合

     (イ) 利用定員51人以上の事業所

         … 次の算式で得た数を超える場合

            利用定員数+{ (定員数-50)×25/100+25 }


   ※ 届け出た利用定員と、実際の利用者数とのコントロールが必要です。


2.職業指導員、生活支援員、サビ管の数が人員基準を満たしていない場合 … 70/100


3.就労継続支援B型計画が作成されていない場合 … 95/100



また、利用者が継続支援B型以外の障害福祉サービスを利用している場合には、B型サービス費を算定することはできません。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

今回からは訓練等給付費に関する説明です。

実地指導で誤りを発見されると、場合によっては給付費を返還しなければならなくなり、事業所の資金繰りに支障をきたす(=倒産する)ことがありますので、まさに死活問題です。


○ 基本事項


国に請求する訓練等給付費は、基本的に次のとおり算定されます。


1.「介護給付費単位数表」に基づき、事業所の利用定員に応じた単位

    (1) 利用定員が20人以下 589単位

    (2) 利用定員が21人以上40人以下 526単位

    (3) 利用定員が41人以上60人以下 494単位

    (4) 利用定員が61人以上80人以下 485単位

    (5) 利用定員が81人以上 469単位


    ※ 一日、一人あたり


2.「厚労大臣が定める一単位の単価」に定める単価

    (1) 通常は単価10円。

    (2) ただし地域によって、人件費など物価の高低等を勘案し、若干上乗せされる。

      ちなみに北海道の場合、札幌市と小樽市がこれに該当する。


3.上記1 × 上記2 × 利用者数&日数

   ただし利用者が満額のサービス給付を受けていない場合は、その利用者が実際に利用した

   実額に基づき算定する。


4.上記3の額のうち、90/100は国に請求し、残り10/100は利用者の自己負担とする。



大雑把に説明すると上記のとおりです。

なお算定上、1円未満の端数は切り捨てます。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

事業所開設後、次に掲げる事項が変更した場合等は、10日以内に、その旨を所轄庁に届け出なければなりません。


1.事業所の名称・所在地

2.法人の名称・所在地、代表者の氏名・生年月日・住所・職名

3.法人の定款・登記事項など

4.事業所の平面図、設備の概要

5.事業所の管理者、サービス責任者の氏名・生年月日・経歴・住所

6.運営規定

7.協力医療機関の名称・診療科目・契約内容

8.訓練等給付費の請求に関する事項

9.役員の氏名・生年月日・住所



蛇足ですが、上記の事項に関しては、税務署や年金事務所、ハローワーク等の各役所に対しても届け出なければならないケースがありますので注意が必要です。



以上、今まで「人員基準」「設備基準」「運営基準」に関する実地指導のポイントを解説しました。

特に重要なのは運営基準です。


人員や設備は、そう大きく変化することは稀だと思いますので、開設時から大きく変化してなければさほど問題はないと思います。

が、運営基準は、開設後の運用がきちんとなされているか、が大きな問題となります。

各種運営規定をきちんと運用し、都度必要なエビデンスを作成・保管しているかどうかがポイントとなります。


また次回以降は、訓練等給付費に関するポイントを解説します。

これを間違えてしまうと、返戻等の処分を受け、事業所の資金繰りに莫大なダメージを与えてしまうことになりますので要注意です。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

運営基準の続きです。


○ 苦情解決


仕事にクレーム(苦情)は付き物です。

利用者やその家族からクレームを受けた場合には、都度迅速かつ適切に対応しなければなりません。


まず利用申込者に対してサービス内容等を説明する際に、クレーム対応に関する体制や手順等を記載した文書を手渡すとともに、それらを事業所内に掲示することが望ましいです。

かつクレームを受けた際には、その内容等を記録しなければなりません。


クレームがゼロ、ということはまず現実的に有り得ません。

・・・と、行政側は考えます。

従ってクレームの記録が全くないと、指導の対象となる可能性が高いです。



○ 会計の区分


事業所ごとに経理を区分し、かつB型の事業については就労支援会計基準に基づき経理しなければなりません。


これが全くできておらず、指導を受ける事例が多々あります。

そもそも顧問税理士が就労支援会計を理解しておらず、対応できないケースが非常に多いです。



○ 記録の整備


今まで数回に渡って運営基準の解説をしてきましたが、結局のところ、これらは全て文書として記録し、5年間は保存する義務があります。

これらの書類は膨大であり、事業所の運営を極めて難しいものとしているのが現状であります。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

2運営基準の続きです。


○ 身体拘束等の禁止


やむを得ない場合を除き、身体拘束その他利用者の行動を制限する行為(これらをまとめて「身体拘束等」といいます)を行ってはなりません。


自閉症、知的障害の方と接すると分かりますが、まれにパニック状態になって暴れ出すことがあります。相手が児童ならまだしも、これが体の大きい成人だと大変です。場合によっては身体拘束せざるを得ないケースも有り得ます(むろん拘束せずに対処することができるのであれば、それを優先するに越したことはありません)。


一昔前、老人施設で認知症の老人を拘束するのが当たり前となっていることが問題視されたことがありました。さすがに今現在はかなり改善されたようではありますが、障害福祉サービス事業においても、利用者の人権、自尊心などを尊重し、決して虐待行為と解釈されるようなことを行ってはならないことは言うまでもありません。


実地指導においては、これらの事項は「身体拘束等に関する記録」をチェックすることによって行われます。



○ 地域との連携等


色々な場面において、地域との連携は欠かせません。

事業所の周囲の居住者等と密接に交流し、理解を得て、日常そして非常時の強力体制を固めておく必要があります。


実地指導においては、これらの事項は「事業計画」「地域との連携の記録」などをチェックすることによって行われます。



○ 秘密保持等


事業所の管理者および従業者は、正当な理由なくして利用者またはその家族の秘密を漏らしてはなりません。


ただし例外として、必要に応じて他の支援機関などに利用者の情報を提供することは有り得ますが、その際にも事前に利用者または家族の同意文書を得ておく必要があります。

(この同意は、サービス提供開始時に包括的な同意を得ておくことで足ります)


実地指導においては、これらの事項は「就業規則(秘密保持に関する事項)」「利用者の同意書」などをチェックすることによって行われます。



○ 利益供与等の禁止


いわゆる利用者紹介に伴う賄賂の禁止です。



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

テーマ:

運営基準の続きです。


○ 非常災害対策


次に掲げる事項が大きなポイントになります。


・消防法その他法令等に規定された設備を設置し、定期的に点検しているか。

  スプリンクラー設備

  自動火災報知設備(住宅用ではなく、感知器・受信機・ベル等を動作させるシステム)

  火災通報装置(消防機関へ通報するシステム)

  消火器


・消防計画、風水害や地震等の災害に対処する計画を策定しているか。


・防火管理者を定め、計画の策定や業務の実施を行わせているか。


・災害時の避難体制、職員の役割分担、緊急連絡体制を定期的に従業者・利用者へ周知させているか。


・災害時の避難場所や経路の設定、情報連絡手段などについて、市町村との連携をとっているか。


・近隣住民や近隣施設との協力体制をとっているか。


・定期的に避難訓練を行っているか。


・消防署の立入検査によって指摘された事項を改善しているか。


これらの点に関する実地指導は、消防用設備等設置届出書、消防計画、非常災害時対応マニュアル、避難訓練の記録、立入検査結果通知書および改善についての回答書などをチェックすることによって行われます。



○ 協力医療機関


利用者の病状の急変等に備えるため、あらかじめ協力医療機関を定めなければなりません。


この点に関する実地指導は、医療機関との契約書をチェックすることによって行われます。



○ 掲示


事業所の見やすい場所に、次に掲げる事項を掲示しなければなりません。


・運営規定の概要

・従業者の勤務体制

・協力医療機関

・その他の利用申込者のサービスの選択に資すると認められる重要事項



★ 札幌駅前創業・会社設立サービス 起業に関するご相談はコチラ ★

★ 札幌の税務申告・税務調査・節税・税理士に関するご相談はコチラ ★


いいね!した人

[PR]気になるキーワード