Saphiraの海外ドラマ中毒

ネタバレ有りのアメドラ大好きブログ。
細く長くが信条です。
皆さまに海外ドラマをご紹介するなんて大それたことは
考えてません。
自分の備忘録に近い
ライフワーク的なブログです。

欧米ドラマについて、日記がわりにつらつらと書いてます。

TV、DVD、動画配信サイトなど日本で公開済みのドラマに関してはネタバレありでお伝えしています。その辺のところご注意の上お読みください。


コメントは大歓迎ですが、

日本未公開ぶんのネタバレを含むコメント、

記事にまったく関係のないコメント

はどうかご遠慮願います。



テーマ:

シーズン13の最後は#21~24まで4話続き物という

NCISにしては珍しい構成でした。

トニー・ディノッゾ特別捜査官、勇退の花道ということだったのでしょう。

 

注意くわしいあらすじは省きますが、ネタバレご注意ください。

 

 

21話から続いていたお話でわかったのは、NCISやMI-6の元エージェントが

次々と殺されていた事件の犯人は、今までNCISと何度となく捜査協力した

CIAのコルトだったということ。

コルトはロシアに核の情報を売り、

それを知る者たちを次々と消しては、

現場に元MI-6の脱獄犯スコットの指紋を残し、罪をかぶせてきたのでした。

 

そして、コルトが最後に狙ったのは、悪事の証拠となる資料をもつ

故モサド局長の娘ジヴァ。

 

ギブスらがそれに気づいた時には時すでに遅し、

引退後のジヴァが暮らすイスラエル郊外の農場にロケット弾が撃ち込まれ、

ジヴァの死亡が確認される。

 

そうなんです。

このまわりくどい事件の行きつく先は、ジヴァの死だったのです。

とはいえ、ジヴァが回想シーン以外で再登場することはなく、

数年前NCISを引退したことが語られたまま、

ストーリーから完全に消えてしまったということ。

(どこぞのドラマのように生き返ることはないでしょう)

 

そして、ジヴァの死に動揺し、怒りのもっていきようがなく、ギブスに食ってかかるトニー。

トニーとジヴァが惹かれあっていたのは仄めかされていたものの、、

その思いをあらわにするトニーを視聴者は初めて目にしたと思います。

 

ジヴァを殺したコルトを追って暴走し、自爆する展開も予想できたのですが、

実際はそうではなく、意外にも、ジヴァの幼い娘が生き残ってトニーの前に現れる。  

そう、トニーはパパになってたのでした!

ジヴァとの別れ際にそういう関係になっていたようで、

うん、後付けだったとしても納得。

 

トニーはジヴァとの娘タリを守り育てていく決意をかため、

まずはイスラエルに飛び、そこからジヴァの好きだったパリへいって

暮らすことにしたのでした。

NCISの仲間もみなその決断を受け入れ、快く送り出してくれます。

 

うん、納得の去り方でした。

パリで暮らすとはっきり地名を出したことに、

将来何かあったときに協力をたのめそうな可能性を感じます。

 

トニーが去るのは寂しいけど、

最近のあの体型と貫禄考えると、もはや一捜査官の役では役不足になってきたかもほっこり 

走って容疑者追いかけるのも大変そうだったし。

新加入の2人も頑張って盛り上げてくれるでしょう。

 

ギブスやアビーとの別れのハグは、ちょっとうるっときました。付き合い長かったからねー

マイケル・ウェザリー降板を知ってから、ひょっとして殉職?と案じながらもネタバレ踏まずに頑張った甲斐がありました。

 

ジヴァの死という不幸なオマケ付きだったけど、それ以外は考えられる限り最高の去り方だったんじゃないでしょうか。

 

 


にほんブログ村


海外ドラマ ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブロ友チョココさんからお知らせいただいたパクリブログの情報。

海外ドラマブログの方々が多数コピペの被害にあっている模様。

気味が悪いしかなり悪質なので、アメブロ最新の機能リブログなるもので

チョココさんの記事引用させていただきます。

 

 


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

huluでアウトランダーS2の全エピソードが出そろいました。

今シーズンは前半がちょっと退屈に感じて数話ずつまとめてイッキ見したので

書くのはこれが初めてになります。

 

退屈と感じたのが申し訳なく思うほど最終話は見ごたえありました。

これまで見てきたことがストンと腑に落ちた感じ。

 

シーズン3は来年の予定でまたしばらく待たされるので、

シーズン2の終わり方をざざっとメモっておきます。

 

注意詳しいあらすじはありませんがネタバレご注意ください。

 

 

シーズン2はどういうお話だったかというと、

カローデンの戦いを阻止し、歴史を変えるという究極の目的のために

クレアとジェイミーが奮闘するお話でした(雑っあせる

 

カローデンの戦いとは、

1746年4月スコットランドのハイランド地方インヴァネス近郊のカローデン(ムーア)湿原で

ジャコバイト軍とイングランド軍との間で行われた戦い。

 

ジャコバイト軍の敗戦によってハイランドの文化が滅ぼされ、

多くのクランが命を失うという歴史を何としてでも変えなければならないと、

ジェイミーとクレアはまず、ジャコバイト軍の組織を計るチャールズ殿下を止めるべく

フランスに渡ったのでした。

――――――

チャールズに近づいていろいろと阻止計画を実行する2人ですが、

結局のところ歴史の波には逆らえず、

スコットランドに戻ってカローデンの湿原で戦いの日を迎えてしまった最終話。

 

この最終話、クレアが元の世界に戻って20年後の1968年と、

カローデンの戦い当日の1746年が並行して描かれます。

 

 

アメリカで暮らしていたクレアは娘のブリアナとスコットランドを訪れ、

当時世話になった牧師さんの葬儀に顔を出します。

そこで20年間忘れようとしていた地を訪ね歩き、

ジェイミーとの思い出に涙するクレア。

とくにラリーブロッホの廃墟の前で昔を思い出すシーンは泣けました。

 

1968年の出来事のまとめ

●カローデンの戦いの資料館で、クレアは“琥珀の中のトンボ”を見つける。

それはかつて物乞いで友達のヒュー・モンローからもらった結婚祝で、

石の前で別れる時、クレアがジェイミーにお守りとして渡したもの(うるっぐすん

カローデンの遺物として展示された琥珀を見て、

クレアはジェイミーが戦死したことをあらためて思い知る。

 

●魔女裁判騒動のときのゲイリスは、現代でジリアン・エドガーズという

愛国主義の熱心な活動家でした。

クレイグナデューンの言い伝えを徹底的に調べ、

夫を捧げ物にして石を抜けて過去へいってしまいました。

たぶん彼女の目的もカローデンの戦いを変えるためだったと思う。

 

●牧師さんの養子ロジャーの実の親の姓はマッケンジー。

クレアはこのことにピンときて家系図を調べ、

ロジャーの親には子供ができず、ドゥーガルとゲイリスの子を引き取ったことを知ります。

つまり、ロジャーもまたブリアナと同じ、現代の母と過去の父のハーフってことね。

 

●ラリーブロッホはジェイミーが望んだとおり、甥のマーレイ名義になり、

国に没収されることはなかった。ファーガスがちゃんと仕事をしたってことですね。

クレアは自分の署名入りの譲渡証書を200年の時を経て目にすることに。

ここもグッとくるシーンでした。

 

●クレアの娘ブリアナ(Brianna)はジェイミーの父ブライアンにちなんでつけられた名。

死んだフランクが実の父だと思ってたのに、

自分は母親の不倫でできた子だと思って憤慨。

クレアが真実を語っても、ブリアナはそんなおとぎ話は信じないと言いますが、

ゲイリス(ジリアン)が石の中に消える瞬間を目撃し、信じる気になります。

 

 

1745年4月カローデンの戦いの朝

●戦いは避けられないと悟ったクレアは、最後の選択として

チャールズ殿下を毒殺することをジェイミーに持ち掛ける。

 

●その話を立ち聞きしたドゥーガルがジェイミーに襲いかかり、

 戦いのすえクレアも手を貸す形でドゥーガルを刺し殺す。

 

●ジェイミーはラリーブロッホの譲渡証書に一年前の日付で署名して

マーレイ夫人に届けるようファーガスに託す。

 

●戦いの混乱の隙にフレイザーのクランを故郷へ戻せと、

ジェイミーはマータフに指示しますが、

マータフはクランを逃がしたら自分は戦場に戻ってジェイミーと共に戦うと告げる。

さすがマータフ。今シーズンはいい仕事しました~。

 

●ジェイミーは戦いの前にクレアをクレイグナデューンへ連れてゆき、

フランクの元へ帰れと言います。

クレアは船で逃げようとか、一緒に石を通っていこうとかいうけど、

俺の住む世界はここだと、ここで戦うのだと、決意は堅い。

ジェイミーはクレアのおなかに2ヶ月になる子供がいることも気づいてました。

クレアはトンボの琥珀をジェイミーに託し、ジェイミーは指輪をクレアに渡します。

そして石に手を置き――

 

ラストでわかった驚きの事実

ブリアナとロジャーがカローデンの戦いについて調べた資料から、

当時5人いたジャコバイトの将校のうち、一人だけ処刑されていない者がいることが判明。

その将校の名はジェームズ・フレイザー。

ジェイミーが生き延びたことを知ったクレアは「戻らなきゃ!」

 

ということで、

来年のシーズン3は20歳も年をくったクレアがジェイミーの元へ戻ることに

なるんでしょうかね~?

石のブーンという音がブリアナにも聞こえたので、彼女も石を抜けられるんでしょうか?

 

ところでクレア役のカトリーナ・バルフですが、

1968年のクレア、年齢を演出するための化粧のせいか

過去世界のすっぴんに近いほうが個人的にはずっと好き。

 

歴史に翻弄された二人のタイムトラベルストーリーですが、

基本は命をかけて愛し合った男女の純粋な愛の物語。

恋愛物に久々にどっぷり浸かったわ~って感じです。冬ソナ以来かも(笑)

 

来シーズン、2人が再会できることを祈ってラブラブ

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。