1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009-12-13 13:30:11

2007/6/28 ついにゴール! 東名高速道路

テーマ:23.東名高速道路

 ついにこの日がやって来た。

 4月中旬から始めた全国高速道路の上下線を走り、全てのSAPAに立ち寄る旅。

 未走行の区間は東名高速道上り線、浜松IC~横浜町田IC間、SAPAも13箇所を残すのみとなった。


 この旅を始めたころは、ゴールははるか彼方…正直なところ、毎日SAPAをひとつひとつ訪ねるだけで精一杯だった。

 それでも毎日走り続けていけば、いつかはゴールにたどり着く、そう信じてひたすら走り続けていた。

 ゴールの日など先の先、想像することさえできなかった。


 それが、これは行けそうだ!と現実味を帯びてきたのは、西日本を走り終えて大阪に着いたとき。

 訪問したSAPAが700箇所に達し、残り33箇所にまで迫ったのだ。

 塵も積もれば山となることを、今更ながら実感した。


 今日、泣いても笑っても、大きなトラブルがなければ目標は達成できるはず。

「よしっ、行こう!」いつもより勢いよく、ホテルを飛び出した。

 浜松ICから東名高速道に入る。これまでは当たり前のことだったのが、高速を走るのはこの区間が最後、次に料金所から出るときはこの旅が終わるとき…そう思うと少し感傷的になる。

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062801

 それにしても東名はトレーラーとトラックが多い。視界からトラックの姿が消えることがない。

 さらに驚くのがそのトラック野郎たちの運転だ、オーバースピード、無謀な追い越し、居眠りしているのかフラフラしているトラックまでいる。お陰でこっちは事故が起らないか、巻き添えを食わないか、常にヒヤヒヤしながら運転しなければならなかった。


 東名高速のSAPAはどの路線よりも豊かだ。駐車場は大型で、常に数十台のトラックが止まっている。

 一般的なPAは小さな軽食コーナーと売店、トイレだけなのに、軽食コーナーは広々しているし、おみやげも豊富。トイレも大型で、地方のSA顔負けの充実ぶり。こんなところにも格差があるんだぁ。


 今日は最終日、いつも以上に食べまくるぞ。胃袋に気合を入れる。

 最初の遠州豊田PAは何も食べず、次の小笠PAでまずは名物の「うなぎアイス」にチャレンジ。果たしてその味は?

 というと正直なところ、ミルクとうなぎの相性がいまひとつという感じ。これを好きな人はいるのかな?


 次の牧之原SAは設備は大きいものの、食事メニューはこれといったものがない。

 だが、せっかく茶どころにいるので「茶そば」を注文する。麺はまずまずだが、ダシの醤油が濃ーい! だが、これもゴール(関東)に近づいている証拠なのだ。

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062803


 日本坂PAには魚介類を販売する「焼津さかな工房」が入店、何と、お寿司屋があるではないか。

「すしだ、すしだ!」「よっしゃ、すし食うぞ!」ヒロコとふたりで大興奮。これも最終日のご褒美!

 ということで船に乗った「漁師寿司」を堪能する。ネタも新鮮で、最高においしかった! 幸せ! これで880円は安い。ここはかなりおすすめのPAです。


 日本平PAで名物「あべ川もちソフト」。由比PAはひと休み。

 富士川SAはハイウェイオアシスの「富士川楽座」に比べると、SAの内容はいまひとつ。名物の「富士宮のやきそば」を食べるが味は…?だった。


 どこで食べようか…ずっと迷っていた静岡の名物「桜海老のかき揚げうどん・そば」を愛鷹PAで食べることにする。理由は簡単、安かったから。

 同じメニューなのにあるSAでは700円。それがここでは420円なのだ。香ばしい桜海老が野菜と絡まった天ぷらはサクサクの食感、うどんとの相性もバッチリだった。お腹を摩りながら愛鷹PAを出る。さあ、残すところ5箇所となった。

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062802


 噛み締めるように駒門PA、足柄SA、鮎沢PA、中井PAとひとうひとつ巡り歩く。

 これまでは次へ、次へ、と常に気が急いていたが、残りが僅かになると自然と歩みが遅くなる。

「長かった高速の旅もこれで終わりか…」「ここまできたら達成したも同然、早く家でのんびりしたい!」そんな思いが、頭の中を行ったり来たりする。


 「海老名SA 3km」の標識が現れる。いよいよここが733箇所目、最後のサービスエリアだ。

 左ウインカーを点滅させ、サービスエリアに入る。

 実は自宅から一番近いサービスエリアなのだが、入るのはこれが始めて。目に止まった屋根付きの大型バイクパーキングにDSC11を入れ、エンジンを切る。


 やった。ついに予定の全SAPA訪問達成だ。言葉にならない喜びが込み上げてくる。

 高速道路もここから横浜町田ICまで、僅か約12kmを残すだけ。この喜びと興奮を伝えようと思い編集部に電話すると、一緒に喜んでくれた。

 だがそれと同時に「家に着くまでが旅ですから、最後まで気を抜かないでくださいね」とアドバイスをいただく。本当にその通りだ、この後事故でも起こしたら、これまで頑張ってきたことが無駄になってしまうからな。


午後8時。相模原の自宅に無事到着。長かった旅は終わった。

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062804

 この旅で知ったことは、高速道路はただ早く移動するための道ではないということだ。

 もちろんそれが大前提ではあるけれど、高速道では自然の大きさと共に、そこへ高速道を通した人間たちのパワーと執念を感じる「道」でもあるのだ。


 またSAPAではその土地の風土や文化を、気軽に目と舌で味わうことができる。

 確かに画一的な部分も多く、食事メニューはいまいち、買いたいおみやげもない、そんなSAPAが存在しないわけではない。だが逆に、そこで働いている人たちが新しい食事メニューを考えたり、珍しいお土産を置いたり。そこのオリジナルティーを出そうと、頑張っているSAPAもたくさん存在していることも事実なのだ。

 その土地の方言を紹介したり、手作りの観光案内を貼ったり…それは見ているだけであったかい気持ちになる、嬉しいものだった。

 どうしても無機質的なイメージがある高速道路の旅だが、実際は道にもSAPAにもそれぞれ特徴・個性があり、なかなか奥が深いのだ。


 それからSAPAのトイレは何百回と利用したが、汚いと思ったことは一度もなかった。だがそれは、いつもキレイに掃除・管理をしてくれる人がいるからこそ。

 この旅の途中、強い日差しを浴びながら草むしりをしている女性、殺風景なトイレに花を飾っている女性など、いろんな人たちがいた。

 特にゴミ箱やトイレの掃除は、汚いし臭いし本当に大変な作業。見かける度に頭の下がる思いであった。まさにSAPAを支える縁の下の力持ち。そんな人たちの存在も、強く心に残った。


 予想をはるかに越えるハードだったこの旅。

 旅の間は毎日朝6時半に起床。一日300km以上走り、SAPAを10箇所以上回ってホテルに着く頃には、いつも日も暮れていた。

 それからシャワー、洗濯、夕食、家計簿などなどをしながらブログ作成。そうなると作業が終わるのはどうしても夜中の1時、2時頃になってしまう。お陰で睡眠時間は4~5時間、寝不足だけはきつかった。

 お陰でサービスエリアを必死で駆け回る夢を何度も見た。いま思うとじっくり回るなら、一日250km・SAPA10箇所以下がベストだったかなと思う。

 だが、それも、今日で終わり。いまは達成感で胸がいっぱいだが、同時に終わって嬉しいような、寂しいような、複雑な気分でもある。

6/28(木)
本日の走行距離 243km / トータル距離 17,254km
本日の訪問SAPA 13カ所 / トータル数 733カ所
本日走った高速道路 : 東名高速道路
宿泊地 : 神奈川県相模原市


<注意>

 これは、2007年の過去の旅です。SA・PAのデータは こちら からどうぞ。

 藤原かんいちは現在、『高速道路上下線全線&SAPA停車の旅 』 に続く、第二段の旅、『国道全制覇!10万キロの旅 』 で全国の国道を爆走中。

 現在の旅の様子は こちら からどうぞ!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-12-10 13:22:43

2007/6/27 東名阪・東名高速道路

テーマ:28.東名阪自動車道

 6時半起床。

 早朝だというのに、窓から注ぎ込む日差しはすでにフルスロットル。痛いくらい日差しが強い。

 昨日に引き続き、今日も「暑さ」との戦いになりそうだ…


高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062701   高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062702


 一宮木曽川ICから一宮JCTを経由して名神自動車道に入る。と、いきなり「春日井から9km渋滞」の文字が目に飛び込む。「ひぇーっ、また渋滞かよ!?」

 実は1ヶ月前。逆車線だが、ここ近辺でひどい渋滞にはまり、散々な目に遭っているのだ。渋滞の文字に憂鬱な気分なる。きっとこの辺りは、名古屋の渋滞ポイントなのだろう。


 そのときに走り残した、東名阪自動車道の四日市JCT~高針JCTを走るため、名古屋ICから東名阪に入る。

 ばらく地下を走ってから、地上に出る。大都会「名古屋」を走る道だけに、交通量が多い。


 同じ高速なのでチケットは共通だろうと思いきや、料金所が現れる。どうやら別料金らしい。何だか損した気分。

 未走行区間に一箇所だけPAがあるのだが、なんだかやけに遠い。1時間以上走って、ようやく大山田PA着いたときには、お腹ペコペコ。

 PAの名物「はまぐりラーメン」を食べてみるが、これが予想以上においしかった。クリーミーなとんこつスープと、はまぐりがとてもよく合うのだ。ふたりとも大満足。幸せな気分になった。

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062703   高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062704

 四日市東で折り返すと、今度は上り線。東名阪自動車道の完全走破を目指すため、上社JCTを越えて、さらに高針JCTを越え、春岡ICまで行ってから折り返す。

 わずか2.7kmの区間を走るために10km以上余計に走る羽目になってしまったが、小さいことは気にしない、気にしない。


 再び東名高速に戻ると、後はひたすら東を目指して走る。

 SAPAの間隔が狭いため、走っている時間よりも、SAPAにいる時間のほうが長くなる。これも東名高速道ならではの体験だ。


 1ヶ月ぶりに浜名湖SAへ戻ってくると、前回立寄ったメインのレストハウスが、現在は工事中のため入れなくなっていた。そんな状況の変化に時の流れを感じる。


 今日も1日無事走りきり、予約していた浜松のホテルにたどり着いた。

 ところが、ここがこの旅最後の記念の宿になるというのに、部屋に入った途端、体中が痒くなってきた。

「うそーっ、この部屋、虫がいるよ!」見ると隣りのヒロコも体中をガリガリ掻いている。これは絶対にダニか何かがいるぞ。というわけで、なんともさえないラストナイトとなってしまったのであった。


 SAPA全制覇まで、残り13ヵ所…

6/27(水)
本日の走行距離 298km / トータル距離 17,011km
本日の訪問SAPA 9カ所 / トータル数 720カ所
本日走った高速道路 : 東名阪自動車道・東名高速道
宿泊地 : 静岡県浜松市

 

<注意>

 これは、2007年の過去の旅です。SA・PAのデータは こちら からどうぞ。

 藤原かんいちは現在、『高速道路上下線全線&SAPA停車の旅 』 に続く、第二段の旅、『国道全制覇!10万キロの旅 』 で全国の国道を爆走中。

 現在の旅の様子は こちら からどうぞ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-07 16:23:47

2007/6/26 名神高速道路

テーマ:24.名神高速道路

 これまでに立寄ったSAPAが、昨日700ヵ所に到達した。

 計画では合計734ヵ所のSAPAを訪ねる予定なので、残り34ヵ所。順調に行けば後3日で達成できる数となった。


 大阪に立寄る度にお世話になっていた、親友のぺーちゃん夫婦にお礼を言って、馴染み深い大阪の町を後にする。

 残す路線は名神自動車道の上り線、東名阪自動車道の高針JCT~四日市JCT間の上下線、東名高速道の上り線の3本だ。

 「よし、ラストスパート、行くぞーッ!」


高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-07062601   高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-07062602

 まずは名神自動車道に乗る。この路線は日本の大動脈だけに、これまで走ったどの路線よりも交通量が多い。

 立寄るSAPAのパーキングは、どこもトレーラーと乗用車で溢れ返っているし、レストハウスも「あれ?今日、日曜だったっけ?」と勘違いしてしまうほど混雑。

 また、どのパーキングエリアの施設も大型で、食事とお土産の内容も充実している。

 このところ静かーなSAPA、交通量の少ない路線が多かったので、よけい賑やかに感じる。


 SAPAに着くと、ここの休憩施設内容は? なにか名物料理は? おすすめのお土産は? などなどを見て歩くのだが、この路線はどこも内容盛りだくさん、楽しい反面、いつも以上にやることが多くハードワークになる。

 今日はうだるような猛暑なので、少し歩いただけで汗が滝のように流れる。


 名神自動車道のSAPAはおいしい物のオンパレード。それが短い間隔で次々現れるからたまらない。

「あーっ、ここでは何を食べよう?これも食べたいし、これも良いな、くそーっ迷うなぁ!」嬉しい悲鳴を上げる。

 特に名古屋圏に入ると、きしめん、エビフライ、みそカツ、ひつまぶし、名古屋コーチン、エトセトラ…うまいものが目白押し。

 これまで走った中でこのエリアのSAPAが、一番充実しているのではないだろうか。


高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-07062603   高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-07062604

 前回来た時は渋滞にはまり迂回したために走れなかった区間と、立ち寄れなかった尾張一宮PA(下り)へ行くため、春日井ICまで行きUターン。

 尾張一宮PA(下り)で夕食の台湾ラーメンと天むすを堪能すると、一宮JCTから東海北陸自動車道へルートチェンジする。

 一宮木曽川ICで降りると、長く途切れていた点線が、ついに一本の線となる。これで、名神自動車道の下り線と、東海北陸自動車道全線が完全に繋がった。

 これでゴールが一気に近づいた。


 今日の宿泊地は尾張一宮。

 今日立寄ったSAPAは11ヵ所なので残りは24ヵ所。本当にカウントダウンになった。

 明日の天気予報は「晴れ時々くもり」なので雨の心配はなさそう。天気も万端。

「よし、明日も、頑張るぞーッ!」


6/26(火)
本日の走行距離 238km / トータル距離 16,713km
本日の訪問SAPA 11カ所 / トータル数 711カ所
本日走った高速道路 : 名神高速道路
宿泊地 : 愛知県尾張一宮市


<注意>

 これは、2007年の過去の旅です。SA・PAのデータは こちら からどうぞ。

 藤原かんいちは現在、『高速道路上下線全線&SAPA停車の旅 』 に続く、第二段の旅、『国道全制覇!10万キロの旅 』 で全国の国道を爆走中。

 現在の旅の様子は こちら からどうぞ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-04 16:16:20

2007/5/24 中国・山陽自動車道

テーマ:36.中国・関門自動車道

 梅雨らしく、今日は朝から冷たい雨が降っている。それもかなり激しい降り。完全な雨仕様に身を固めて出発する。

 今日の予定は大阪まで、距離的にはそう遠くないので気分的にはラクだ。


 津山ICから中国自動車道に乗る。

 雨粒で視界が悪くなるので、左手でシールドの雨粒を擦りながら走る。


 今日は日曜日なので、SAPAはどこも人が多い。特に観光バスが到着すると、レストハウスは人人人でごった返す。しかしバスが出るとスーッと潮が引くように人が減り、さっきまでの喧騒がウソのように静かになる。そのコントラストが面白い。


 中国地方らしい、のんびりとした田舎が続く。

 穏やかな山々、寄り添うように建ち並ぶ民家、豊富な水を湛える田んぼ… まさに日本の故郷のような風景だ。

 ハイスピードで走っているのに、気分はどこかゆったり。ダイナミックな自然の変化はないけれど、それが逆に道を行く人たちの気持ちを穏やかしてくれる。そんな中国自動車道が僕は大好きだ。

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062401

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062402

 午後から雨は小降りになるはずだったが、昼を過ぎると雨はさらに激しさを増した。こんなときはバイクパーキングの屋根がとてもありがたく感じる。


 中国自動車道上り線の最後、社PAに到着。コンビニエンスストア「ファミリーマート」がメインの小さなPAだ。これで中国自動車、全SAPA制覇となった。

 少し走ると、神戸JCTから山陽自動車道に入る。走り残していた「神戸JCT~三木JCT」を走るためだ。


 途中の淡河PAに立寄るが、雨がひどく気分が落ちつかない。

 三木JCTを越えた先の三木東ICで一度高速を降り、今度は上り線を行く。再び神戸ICに出ると、山陽自動車道と中国自動車道上下線完全走破だ。これで吹田JCTから西方向の高速道路は全線走破したことになる。やったぁ!

 連日の長距離走行と睡眠不足がずっと続いていたので、安全を考えて明日は走行せず、大阪で一日休養をして最後の3日間に備えることにする。

6/24(日)
本日の走行距離 214km / トータル距離 16,475km
本日の訪問SAPA 9カ所 / トータル数 700カ所
本日走った高速道路 : 中国自動車道・山陽自動車道
宿泊地 : 大阪府大阪市


<注意>

 これは、2007年の過去の旅です。SA・PAのデータは こちら からどうぞ。

 藤原かんいちは現在、『高速道路上下線全線&SAPA停車の旅 』 に続く、第二段の旅、『国道全制覇!10万キロの旅 』 で全国の国道を爆走中。

 現在の旅の様子は こちら からどうぞ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-01 15:51:33

2007/6/23 高松・瀬戸淡路鳴門・瀬戸中央・岡山・中国自動車道

テーマ:44.高松自動車道

「ちくしょう、やっちまったかぁ!」

 昨夜、さあ、明日の予定を立てようか、と地図を開いたところ、とんでもないことを発見してしまった。


 昨日は高松西ICで降りて高松市内に宿泊。

 明日は同じ高松西ICから高松自動車道の上り線の続きを走ろうと思っていたのに、良く見ると高松西ICはハーフインターチェンジ(乗り降りどちらか一方だけしかできない)ではないか。

 上り線は出口専用、もし上り線に乗るなら2.5km先の高松檀紙IC(ハーフインターチェンジ)まで行くしかない。だが、そうなるとその間の2.5kmが走らない空白区間となってしまう。わずか2.5kmだが、それだけは避けたい。

 しかし、その空白を埋めるためには高松西ICから下り線に乗り、昨日走った道を14km引き返し、さらに2km先の坂出ICまで行ってUターンしなければならない。かなり面倒な上に、往復で32kmも余分に走ることになる。

 ひとつ先の高松中央ICで降りれば何の問題もなかったのに… そう考えるとバカバカしいが、それしか方法はなかった。


高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062301

高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062302

 そんなわけで今日は、眠い目を擦りながら朝6時に起床。8時前には高速の人となった。

 朝ごはんも食べずに、走って走って坂出ICを往復。

 今日最初となる津田の松原SAに着いたときは、9時近く。もう空腹でお腹と背中がくっつきそうだ。


「さあ、食うぞーッ!」と意気込んでレストハウスに入ると、やったーっ。セルフ式の讃岐うどん屋があるぞ。

 香川だからもしかしてもしかしたら…と淡い期待を抱いていたが、まさか本当にあるとは! 嬉しい。

 ヒロコとふたりで大興奮、鼻を荒くしながら讃岐うどんズルズル… 「ああ、うまい…」しみじみ幸せを感じる、うどん大好き夫婦なのであった。


高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062303   高速道路上下線全線&SA・PA停車の旅-2007062304

 渦潮を眺めながら大鳴門橋で鳴門海峡を渡って、淡路島へ。

 淡路南PAの展望台から遠くに架かる大鳴門橋の遠望を楽しむと、再び四国へUターン。

 高松自動車道は山あり、町あり、海あり、平原ありと変化が富んでいるため、いくら走っても飽きることがない。


 今日二本目の海越え。今度は瀬戸大橋。

 今日は天気がいいので、眺めも景色も気分も最高。海や島までも、いきいきと輝いて見える。

 橋を渡り切ると四国の旅も終わり。今日の宿泊地は岡山県の津山市。


 長かった高速道路を走破する旅も、中国自動車道、名神自動車道、東名高速道、東名阪自動車を残すだけ。

 訪ねるSAPAもついに残り50ヵ所を切った。いよいよ先が見えてきた。

6/23(
本日の走行距離 371km / トータル距離 16,264km
本日の訪問SAPA 13カ所 / トータル数 691カ所
本日走った高速道路 : 高松自動車道・神戸淡路鳴門自動車道・瀬戸中央自動車道・岡山自動車道・中国自動車道
宿泊地 : 岡山県津山市


<注意>

 これは、2007年の過去の旅です。SA・PAのデータは こちら からどうぞ。

 藤原かんいちは現在、『高速道路上下線全線&SAPA停車の旅 』 に続く、第二段の旅、『国道全制覇!10万キロの旅 』 で全国の国道を爆走中。

 現在の旅の様子は こちら からどうぞ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。