お繭玉を食べる。

テーマ:

 

小正月行事のつづきです。

四季折々、子供の頃から実家の祖母や母がしてくれた行事をわたしも受け継ぎたいと思いながらも、立ち止まることなく日々流されがちです。そんなわたくしですが、この地域の農家のお母さんに教えてもらった繭玉作りだけは毎年行っています。というのも、繭の豊作を祈る予祝行事になっているからです。毎年恒例の投稿です。よろしければおつき合いください。

 

 

 

 

 

一般的に繭玉は枝にさして、どんど焼きで焼いて食べるものだと思います。焼いた繭玉を食べるとその年は風邪をひかないと近所のおじさんに聞いたことがあります。今年もFacebookなどで全国さまざまな繭玉を見ました。食紅で色鮮やかだったり、形もいろいろあり見ていて楽しかったです。

 

わたしがお母さんに教えてもらった繭玉づくりはどんど焼きとは別のもので、家の中に飾る繭玉です。予祝なので繭玉は白だけです。行事は12日から始まります。米粉をこねて繭玉の形にする日、蒸して木にさす日と続きます。昨日の15日は繭玉を木の枝から取る日でした。

 

 

 

 

 

そして、今日の16日はこの繭玉を食べる日です。朝、繭玉をたっぷりの湯の中で煮て、湯ごといただくのです。お醤油などを入れると「オカイコがタレコになる」からいけないということで白湯のままです。教えてくれたお母さんの家では白砂糖を入れるというので、わたしもそうしています。

タレコというのは蚕がなる病気の1つで、軟化して腐り、ほかの繭を汚す原因になるので収穫時には要注意なものなのです。

 

この16日の行事のことは「群馬の小正月ツクリモノ」の報告書にも載っています。報告書によると、私が住む安中市とお隣の富岡市にある行事のようです。ですが、この地域でポピュラーな行事かというと違うようです。興味があるので、事あるごとに農家さんに話を聞いているのですが、いまのところ、このことを教えてくれたお母さん以外出会ったことはありません。

 

お母さんの話では、15日の木から取るのは「マユカキ」、16日は「イトトリ」といいます。「マユカキ」は繭を収穫するしぐさを、「イトトリ」は糸をつくるために繭を湯で煮るしぐさを真似ているのだと思います。小正月は枕草子など平安時代にも記載があるようで、朝に小豆粥を食べたそうですが、この繭玉づくりはいつの時代からあるのでしょうね。繭玉は最終的には人間が食べるケースが多いでしょうが、それを「イトトリ」と言い始めたのはいつなのか。これは県内でも富岡と安中で見られた事のようですから古くても江戸後期、明治時代には安中と富岡、下仁田に南三社(碓氷社、甘楽社、下仁田社)という製糸会社がありましたから、その頃生まれたものだろうかと想像を膨らませています。

今年も無事にお繭玉をいただきました。これから養蚕と糸取り頑張ります!!

 

 

 

 

AD

 

少し先の話になりますが、3月に撚糸をしたいというご要望があり開催を予定しています。空席が1名ありますので、ご興味ございましたらton-caraさんまでご連絡下さい。

 

◆ 糸車による撚糸のワークショップ ◆

日時:2018年3月24日(土)10時〜16時(昼休み1時間あり)

講習料:8,640円(材料費込)

定員:3名

空席状況:残り1名(2018年1月15日現在、定員に達し次第締め切ります)

開催場所:手仕事の店 ton-cara(群馬県安中市上間仁田442)

TEL : 027-368-2370

 

ワークショップの内容:2本の生糸を1本に合わせて、糸車で撚りを掛けます。出来た糸はお持ち帰りいただきます。

 

 

 

 

 

AD

マユダマづくり

テーマ:

 

小正月ですね。今年も農家のお母さんと恒例のマユダマをつくりました。

久しぶりに夫も同行。ちなみに前橋出身の夫はメーダマと言います。

お母さん手づくりの美味しい煮物や漬物をお茶請けにひと息ついたら作業開始です。

 

 

 

 

 

お母さんの新兵器、使い捨てのビニール手袋です。

この手袋をしてこねると餅が手に全くくっつきません。すばらしい!!

 

 

 

 

 

これで米粉1キロ分。蒸して冷ませば出来上がりです。

 

 

 

 

 

そして、昨日はこのマユダマを枝にさす日でした。

さす木は、農家のお母さん家の庭にある桃の木で、枝ぶりが混んでいたところを剪定を兼ねて切ったものです。ちょうど飾り台に使える糸枠があったので、写真のように置きました。

 

お母さんの話では、昔は8畳間を全て使って大きな飾りをしたそうです。その日は、子供も飾り付けのお手伝いで学校に遅れて行ったのだとか。

 

 

 

 

 

これは、群馬県立博物館研究報告「群馬の小正月ツクリモノ」に掲載されている飾りです。こんな感じだったのかな。

 

 

 

 

 

小正月のツクリモノといえば、当館の神棚には8年前に中之条の「ぼく市」で購入した削り花があります。当時ツクリモノの店は1軒しかありませんでした。いまでもあるのでしょうか。そして、こちらは4年くらい前に長野原のお土産屋さんで見つけた「キジ車」です。彩色がない、こんなに素朴なのは珍しいと思うのでブログに載せてみました。

 

 

 

 

AD

わたしの養蚕と繭

テーマ:

 

先週の日曜日(1月7日)に放送されたBS-TBS「こころ ふれあい紀行〜音と匠の旅〜」をご覧くださったみなさま、ありがとうございました。二胡とギターの演奏素晴らしかったですね。

 

各所から反響をいただきました。家族や親戚が一番喜んでいたもしれません。両親には日ごろから、わたしが何をしているかは話していますから理解してくれていますが、親戚はよくわからなかったと思います。映像は偉大です。構成と編集が素晴らしくて、わたしのうだうだ会話もすっきりとまとまっていました。放送を見て安堵しました。説明下手なところが露呈してすごく反省しておりましたから。明瞭に会話できるように、もう少し努力します。

 

さて、放送の中で背景にあったのはこの繭たちです。

これは、わたしが養蚕を始めてから勉強のために育てた様々な蚕品種です。原種や交雑種が7種類とその玉繭です。注文以外で個人的に座繰りをする機会をなかなか作れずに冷凍庫に何年も貯蔵していました。今年はこうした繭たちをどうにか消費しようと、倉庫から引き上げてきました。

 

わたしは2007年から2年間養蚕農家で学ばせていただいた後、今の場所に移り、細々と経験を積んできました。倉庫から引き上げた繭たちは、わたしの養蚕の記憶です。蚕を育てることが少しわかってくると、多くの人が通る道で、次は蚕品種への関心が高まって原種を育てる流れになります。わたしもその大堂で、尊敬する先人の方々が育てた幾種もの原種を手にしてみたいと燃えました。

 

わたしの原種との出会いは「又昔(またむかし)」でした。仕事で糸をつくったのが最初で、2004年には飼育を手伝う機会があり、そこで生産した繭をもう一度座繰りするチャンスに恵まれました。糸が少ししか取れず大変な思いをしました。わたしは養蚕の経験も10年が経ち、いまその頃の事を思い返してみると、この品種はたしかに糸歩が出ないけれど、それよりも飼育環境や設備が万全ではなく繭の品質も良好とは言えなかったと思うのです。そこには当時の私の座繰り技術の未熟さもありました。今なら、あの頃より良質な繭と生糸が作れます。

 

最近の原種の仕事では「小石丸」です。次のステップとしてあったのは、原種を量産できるようにすることでした。昨年までに、箱単位で飼育し、これをお客さまへお納めしたことは大きな自信になりました。

 

いま、チャンスがあれば育ててみたい品種がありますが、それはビジネスにはつながりづらいものなので出来ずにいます。ここ数年来、育てたいと夫にも相談しているのですが叶わずにいます。近い将来実現したいです。

今年の養蚕は、当館ではまだ使ったことがない設備を導入する予定です。ton-caraさんでの養蚕ワークショップでもそれをみなさんと使ってみようと思っています。その様子は養蚕の時期になりましたらブログでご紹介します。どうぞ、お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

昨年テレビ取材をいただきました。

その番組が明日BS-TBSで放送されますので、お知らせいたします。

二胡奏者のジャー・パンファンさんとギターの中村圭之介さんが当館に訪問くださり、最後には演奏もあります。お時間ございましたら、ぜひご覧ください。

 

放送日時:2018年1月7日(日)AM9:00 〜 9:24

番組:BS - TBS 『こころふれあい紀行〜音と匠の旅〜

 

 

 

 

行く年来る年

テーマ:

 

2017年は大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。

 

当館の仕事始めは、2018年1月6日(土)からとなります。

どうぞお願いいたします。

 

===================================

 

タイトルに「行く年来る年」と入力していたら、「来る」が最初に「繰る」で出てきました。この語を見た瞬間、来年はやりたいことを明確に意識して、そのチャンスを自ら是非「手繰り寄せたい」と思いました。そのための努力を地道にやって行く年にしたいです。

 

写真は今年最後の仕事から。「ぐんま黄金」の撚糸した生糸を精練していました。外光で黄金色に輝く絹糸は、見ているだけで幸せな気持ちになります。みなさまも、そうだと良いな〜と思い載せてみました。では、よいお年を〜!!

 

 

 

 

 

 

今年のワークショップが終わりました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!!

 

来年の2018年1月の当館の座繰製糸のワークショップの日程は以下の通りです。

6日(土)、7日(日)、18日(木)、19日(金)

ただいま受講生を募集しております。この日程以外でも3名以上揃えば開催できます。座繰り同様に、糸車による撚糸ワークショップと角真綿づくりは初めての方でもご参加いただる1日コースです。ご興味ございましたら、ton-caraさん(mail@ton-cara.com)までお問い合せください。

 

 

 

さて、今月あったワークショップ(以下、WS)のご報告を。

この時のことはton-caraさんのブログにもアップされていますのでご覧ください。

 

新しい内容としては、座繰りのステップアップ講座として生糸を精練(せいれん)するWSを開催しました。生糸は食品の春雨のように硬いのですが、この硬さの原因となっている(にかわ)のような「セリシン」というタンパク質を除去することを精練といいます。除去した生糸は柔らかく光沢のある絹糸に変化します。

 

除去する方法は幾つかあり、ton-cara のWSでは藁灰汁を使う方法が楽しいかなと考えていたのですが、灰汁をお家で作る事が難しい方が多いので、もっとスマートに実践できる酵素を使った精練をまずはご案内することにしました。

 

 

 

 

 

これは、精練が終わた絹糸です。左は撚糸をしていない生糸で、右は撚糸ワークショップを受講後に生徒さんがご自宅で撚糸した糸です。原料繭は「ぐんま200」なので、白さが際立っています。撚糸しているか否かで光沢が違います。

 

撚糸していない生糸を練ると繭糸がバラバラになって扱いが困難になるイメージの方もいらっしゃると思いますが、酵素は練っている時間が短く、温度もそれほど高くないので、アルカリの液で煮ながら除去する方法に比べて、糸の乱れが少なく仕上がりがきれいです。

 

 

 

 

 

こちらは「ぐんま黄金」の繭で座繰りされた絹糸です。今回は練り歩合を五分練(ごぶね)りに設定したので黄色が鮮やかに残りました。五分練りというのは、セリシンを除去する割合を50%にしたということです。有色繭の生糸を精練する時、練りムラが出ると部分的に色が白けて目立ちますが、ムラ無く仕上がりました。

 

 

 

 

 

この日のおまかせランチ ♡

 

 

 

====================================

 

 

 

 

新しいといえば、お客さまからのご要望でアレンジした特別講座もありました。この講座を希望された方は「糸車で撚糸をするのは大変だけれど仕組みを知りたい、そして酵素精練もやってみたい、できたらそれを1日コースで!」というご希望でした。

 

 

 

 

 

そこで、午前中は当館に来ていただいて、生糸をどのように加工するか機械を動かしながら説明。糸の撚り回数を計る検撚器を使ってのレクチャーなどを踏まえた座学を行いました。

 

 

 

 

 

午後はton-caraさんの染色部屋へ移動して、酵素精練です。

お客さまがどのようなことをしたいか、明確な希望がある場合はお聞かせください。可能なことは特別講座としてご案内したいなと考えています。

 

 

 

 

 

この日の生徒さんはみなさんお弁当持ち。わたしのために布施さんが用意してくれた鍋焼きうどん。心も胃袋もぽかぽか満足。

 

 

 

====================================

 

 

 

こちらは25日に開催された、今年最後の座繰りのWSの作業風景です。

初めてご参加いただいた方から、新たな技術にチャレンジする方までさまざまでした。チャレンジは節のある生糸作りです。これは、本座繰りWSに1回以上参加いただいた方に限ります。楽しいので、皆さまもぜひご参加下さい。

 

 

 

 

 

この日のおまかせランチ ♡

 

 

 

 

 

この日は、お客さまからクリスマスのラッピングをしたチョコ菓子をいただきました。クリスマス限定のコーヒー豆を持ってきてくださった方もあり、ランチの後にton-caraさんで淹れてもらいました。ありがとうございます。美味しかったです〜♪

 

最後に、

『くらし手仕事の店 ton-cara』さんは、今年の4月にグランドオープンしました。3月のプレから12月まで多くの方が足をお運びくださいました。感謝しております。当館は講師として参加させていただき、大変充実した1年を送ることが出来ました。至らないことも多々あったかと存じます。店主の布施さんと相談しながら、これからも内容を充実させて行きたいと考えています。どうぞ、来年もご贔屓にお願いいたします。

 

 

 

 

 

今年もあと半月。くらし手仕事の店 ton-cara さん座繰りのワークショップも年内はあと2回となります。ただいま、受講生を募集しております。ぜひご参加下さい。ご連絡は ton-cara さんまで。

 

◆ 2017年12月22日(金) 残席4

◆ 2017年12月25日(月) 残席2

(空席状況は、12月16日現在のものです。)

 

 

 

 

ほかに、ton-cara さんでは12月24日(日)に餅つきがあります。けんちん汁のお振舞いあり。午前9時から準備をはじめて、11時には餅つき、12時から食事となります。お好きな時間にお越しください。お米代として600円/人、一家族(4名)1000円をいただきます。当館もお店に伺います。 ton-cara さんが気になる方、この機会に遊びにいらしてくださいね。

 

お申込:ton-cara 布施さんまで。tel : 027-368-2370  e-mail : mail@ton-cara.com

 

 

 

 

 

撚糸のこと

テーマ:

 

気づくと12月中旬、今月はまったくブログを書けなかったので久々の更新です。

ご注文の糸づくりとton-caraさんのワークショップで忙しい日々を送っております。

 

先日、ワークショップの特別講座で、当館の機械を見ながらの撚糸講座と精練をする企画があり、その様子がton-caraさんのインスタグラムに上がったので、これを機にブログにも撚糸機を載せようかなと思い至りました。

 

これまで何故載せなかったかというと、自信がなかったからです。撚糸は専門業者さんがいらっしゃるだけありまして、すっごく奥が深いのです。それでも、試作した糸を知人の染織家に使ってみていただいたりしながら経験を重ね、太めの座繰り生糸なら請け負えるようになってきました。

 

 

 

 

 

それで、なぜ当館が撚糸まで製造工程をひろげているかといいますと、それは年々請け負っていただけなくなっているからです。糸へんは斜陽で、撚糸業者さんも廃業するところは多いです。その廃業して行くところというのは、大きな撚糸工場ではありません。小規模な個人業者さんです。当館がお客さまからいただくロットは生糸 0.5〜3キロくらいが良いところです。その超小ロットを受けてくださっていた個人業者さんが廃業されているのです。

 

いまは、まだなんとかお願いできるところがありますが、そうした業者さんのところには注文が殺到しますから納期が読めません。他にも開拓を続けていますが、お願いする量が超小ロットなので、なかなか良い返事をくださるところがありません。自分でも撚糸をかじり始めて知ったことですが、撚糸は量が勝負の仕事なのです。それなのに多くの機械をわざわざ遊ばせて、機械の使用を手織り向きに変更するのはとても面倒なことです。代金を高く取ってくださいとお話しても、そっけない、暖簾に腕押しという感じです。以前、小ロットを受けてくださるところがあると紹介いただいて訊ねてみると、それは30キロからという話で驚きました。でも、そういうものなのでしょう。30キロ分の工賃と同じ金額を払えるなら快く受けてくださるでしょうが。

 

 

 

 

こんなことですから、少しずつ鍛錬しております。

当館には、自分の創作にふさわしい絹糸を求めて足を運んでくださる方がいらっしゃいます。そうした方のご要望にスマートに応えられるよう日々勉強と実践あるのみです。

 

 

 

 

 

今日は、『くらし手仕事の店 ton-cara』さんで今月開催した当館のワークショップをご報告します。

 

 

この日は3名様がご参加下さいました。

このうちのお1人は9月の晩秋蚕ワークショップに参加いただいた方です。その時に生産した黄繭種(おうけんしゅ)「ぐんま黄金(こがね)」の繭を座繰りされました。他の方も、この繭で生糸をつくりたいということで、そのようになりました。

 

通常だと白繭種「ぐんま200(にひゃく)」をご利用いただくのですが、晩秋蚕で「ぐんま黄金」の繭が生産できましたので、それ以降はこの2種類をご用意出来るようになりました。ご参加予約される際に、どちらの繭が良いかご希望があればお知らせください。

 

 

 

 

 

こちらのOさんは、ご自分の座繰器を使いたいとのことだったので、ご持参いただきました。他の方でもご要望にはお答えしています。最終的にはご自宅で糸作りができるようにしたい方もいらっしゃるので、そういう方はご持参いただく方が良いと思います。ただ、道具が故障していたり、道具の形状によっては設置が困難な場合もありますので、そうした場合はご了承下さい。

 

また、座繰りワークショップでは1回目は基本的な座繰りの繰糸方法を体験いただき、2回目以降はご希望によっては「節糸(玉糸)」の繰糸方法もご案内しています。Oさんは何度かご参加いただいており、この日は持参した座繰器で節糸を作ってみたいということでした。Oさんの座繰器を見てみると、節糸づくりには向かない形状でしたが、造りがしっかりした道具だったので工夫すれば出来ると判断しました。即席なのでちょっと強引な感じでしたが、部品を少し替えることで節糸がつくれるようになりました。納得して楽しんでいただけたので良かったです。

 

 

 

 

この日の ton-cara ランチ♡

 

 

 

 

===============================

 

 

この日ご参加いただいたAさんは ton-caraさんに1泊、次の日に実習をされました。

座繰りをしたのは今回が初めてとのことでしたが、難しいアミソ掛け作業もお1人でこなされて、このように自力で生糸を完成されました。すごい!!

 

ton-caraさんでは、ワークショップに参加いただいた方がその後実習できるように滞在や場を有料で提供しています。ぜひご利用下さい。詳しくは、こちらを。

 

 

 

 

 

今日は宿泊を検討中の方へ ton-caraさんのお布団もご紹介しましょう。店主のフセさんは、睡眠をたいへん大切に考えていらっしゃいます。なので、お出しする寝具も心地の良いものをご用意されています。

 

フセさんセレクトのお布団がどんなものなんのか気になって、以前横にならせてもらいました。シーツからマットまで心地よくて、自分家の綿を打ち直したお布団とはぜんぜん違いました。宿泊される方は、こちらも楽しみにしてくださいね。

 

 

 

===============================

 

 

こちらは、先週末に開催された「糸車による撚糸ワークショップ」です。丸1日で体験いただくこの講座では、単糸2本を引き揃えて糸車で片撚りします。写真は、座繰器を使って2本(枠)を引き揃えているところです。

 

 

 

 

 

そして糸車で撚糸をしているところです。今回は、糸車を扱うのが初めての方ばかりでした。このワークショップは初めての方がほとんどです。撚りが掛かる角度がわかるようになると楽しいです。

 

撚糸と精練のワークショップは、希望日を幾つか ton-caraさんにリクエストいただき参加者を募ります。3名揃えば開催します。

 

 

 

 

 

この日のランチ、炭水化物on炭水化物〜。肉うどん美味。

 

 

 

 

===============================

 

 

この日は、スペシャルな座繰りワークショップを開催しました。何度か座繰りに参加いただいている染織のプロの方からのリクエストで原種小石丸を原料にしたステップアップ講座でした。

 

 

 

 

 

この日のランチはホットサンド〜♡♡ ton-caraさん家では、パンにはホットミルクが定番なんだそう。サラダは店主のお友達「和丿屋」さんのお野菜、オシャレだ。

 

 

 

 

===============================

 

 

最後に、お知らせです。

来月、座繰りワークショップを受講された方対象に精練のワークショップを開催します。今回は『酵素精練』です。酵素精練は、酵素が活発になる温度と時間を一定に保ちながら、鍋の中で生糸を繰って行く方法です。

 

日時:2017年12月14日(木)10時〜15時(昼食1時間)

講習料:税込 8,640円

定員:4名 ※ 残席は11/27 現在 2名です。

お申込:ton-cara 布施さんまで。

TEL : 027-368-2370

e-mail : mail@ton-cara.com