佐野実オフィシャルブログ「ラーメンの鬼 佐野実厳選ブログ」powered by Ameba

ガチンコラーメン道で一躍有名になった支那そばや店主「ラーメンの鬼」佐野実。
今までもこれからも日本のラーメン界の味をリードし続ける男の熱いブログ。

日本ラーメン界の重鎮として君臨した支那そばや創業者佐野実の想いを受け継ぐ
支那そばやスタッフによるオフィシャルブログ

テーマ:



ミシュラン東京2015 ガイド本掲載おめでとうクラッカー



去る今月2日、ミシュラン東京ガイド本に「ビブグルマン」部門に評価された店の店主、

ドゥエ イタリアン(市ヶ谷) 石塚氏

麺や 維新 (目黒)    長崎氏


ラーメン店22店中、11店がパーティーに招待された模様。


終了後、一目散に戸塚本店まで来てくれました。


先ずは、お墓参りを。


親父に報告だと・・




佐野は、「ミシュラン」などとは一度も口にした事はなかった・・。

勿論、洋食のコックをしていたので知らないはずはない。

35歳で洋食からラーメンに転身した28年前、ラーメンの地位はまだまだ低い位置付けにあった。

これまで頑張って来たのも、そのラーメンの地位を上げたかったのが理由の一つにあるのは間違いない。

そんなラーメンは今や国民食となり日本だけでは留まらず、世界へと羽ばたいて行っている。

そしてとうとう・・ミシュラン本「ビブグルマン」部門にまで掲載される事となり、東京発で佐野JAPANメンバーが2店舗も!!


喜んでくれてるだろうか・・

いや・・

バカヤロー! まだまだこれからだぞ~!!って云ってるかも(笑)

きれいな、純粋な目をしてね・・




いいね!した人
佐野実さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

11月3日に終了した東京ラーメンショー2014に、我店 支那そばや本店も出店した。

暖簾分けのお弟子や直弟子達と、マスター佐野への追悼です・・。

出品のらぁ麺は、「佐野実鵠沼時代の復刻らぁ麺」でした。

弟子達の初めての共同作業でしたが、想いは一つとなり納得の行くらぁ麺だったと思います。

マスターは何と言ってくれるでしょうか~。


そこで・・

そのラーメンを店頭で味わって頂きたく、下記の通りで販売することにしました。

現在のラーメン鉢は、有田焼を使用していますが、

当日は鵠沼のラーメン鉢で再現して召し上がっていただきます。


また、その日は通常の醤油らぁ麺はお出しできません。

懐かしの味だけで楽しんで戴けたら幸いです。




支那そばや

新横浜ラーメン博物館店は、11月29(土)~12/5(金)で販売いたします。

いいね!した人
佐野実さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

v(^-^)vつい先日、関東は台風がやってくるという日でした。

いよいよ、成田発~北京から中国包頭へと飛んだ。

15:30出国~4泊5日の仕事です。


今回で、6回目の仕入れです。


包頭へ到着したのは、中国タイム PM10:00でした。

朝から自宅でて、まる一日かかります。




包頭空港~市内へ車で走る事20分。





ホテル到着。

チェックイン後、すぐ出かけます。




近くの足裏マッサージへまっしぐら・・v(^-^)v

唯一の楽しみです!


翌早朝から、吉蘭泰の塩湖へ出発です。

もちろん工場にもご挨拶。




国営の工場です。

工場内は企密という事で、見せてもらえませんf^_^;






 でも皆さん親切に会話してくれました。

工場内は事務所のパソコンで、製造工程を教えてくれます。

謝謝です。




工場近くの塩湖を車で散策。

塩湖からとれた塩の山です。

ここから、かん水に精製します。

これだけ見るとただの写真かと・・

なので、恥ずかしながら・・そこに立ってみました。。ビックリマーク




この日の気温は12℃です。

夜は2℃でした。


朝8:00包頭を出て、車で走る事600km 。

到着したのはPM4:00でした。

移動時間、8時間と長旅でした。しかも時速160kg(平均)・・(ノ゚ο゚)ノ




夕方6:00~塩湖に沈む夕日に癒されました


何を食べたかと云うと・・


これです。ダウン



イスラム料理




モンゴリアン料理





辛さは強くなく・・食べれました。。


でも、5日は限界でした・・。ガーン



包頭市の人口は、300万人位。

横浜より少し少ない位です。

高層ビルばかりですが、

吉蘭泰に行くまでの道のりを紹介します。ダウン






ひたすら、赤土の砂漠だったり・・



山というより、岩山だったり・・





道はきれいで走りやすいのが救いですが・・

ひたすら何もない状態です。



時々こんな風景も。。




草を食べて生きているようです。


なんか癒されました。




翌日、包頭市内へ戻り、中国銀行へもご挨拶へ





船積みの業者へもご挨拶して。。

英語ペラペラのアラフォーレディです!



3日連続で、足裏マッサージで癒し・・o(^-^)o


5日目、日本へ帰国しました。


15年程のお付き合いしてる仲介役のZAOさんへ、謝謝です。


また2年後、お世話になります。


塩(塩湖)を原料として作られいるのが、内モンゴルのかん水!

大変な食材の旅ですが・・

佐野実が拘った意味を噛みしめて・・使い続けて行きたいと思います。



いいね!した人
佐野実さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み