産経新聞(皇統尊崇・外交・教育・安全保障に関して)を応援する会

庶民万民を宝とされ「おほみたから」と呼ばれた皇室は日本のみ 陛下のもとに全ての国民は対等 法の下に対等です 人権は尊重されて当然ですが利権ではありません 産経新聞の応援を通して日本を普通の国にしよう


テーマ:

https://gunosy.com/articles/Rur2B?s=f

羽生結弦、金メダル取材で「国旗は下に置けない」発言に日本中が感動の嵐

フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)が17日、ソチ五輪に続いて平昌でも金メダルを獲得する偉業を果たし、日本中が沸いた。二大会連覇はフィギュアスケート男子ではなんと66年ぶり。また2位に同じ日本代表の宇野昌磨(20/トヨタ自動車)が入り、史上初となる「日本人2人の表彰台」とあって、都心では号外が配られる盛り上がりをみせた。

羽生は17年11月にNHK杯の練習で右足首靱帯を負傷。4カ月のブランクを経た今大会は、決して万全のコンディションとはいえなかった。それでもケガを乗り越えて、見事に演じ切り、演技後には思わず右足に手が伸びて撫でていた。「右足に感謝しかないです」と語る羽生に、多くのスポーツファンは感動をおぼえたことだろう。

そんな羽生が、もう一つ、ささいな言葉で日本人の心をゆさぶる出来事があった。男子フリー後のインタビューを受けた際、羽生はカメラの前で手荷物を下ろそうとしたが、ふと思い出したように「国旗。国旗だけ誰か、下に置くことはできないので」と、つぶやいた。そして、羽生は国旗をスタッフに手渡してから、インタビューを受けた。ほんのひと言、ささいな所作に、羽生の人柄が現れた瞬間であった。おごることなく、ただただ謙虚に、己が背負い、そして送り出してくれた”日の丸”に、自然と畏敬の念を払っていた。

ちなみに羽生は、今日も肩に日の丸を掛ける前にも一礼して「ありがとうございます」とつぶやき、その後、丁寧に半分に折りたたんでいるシーンも目撃されている。

羽生のこれらの行動には、SNS上でも「ありがとう! 忘れていた気持ちを思い出した」「羽生選手の行動は、演技以外でも見ていて気持ちがいい」「最近、涙もろくて困る。」「彼は日本の誇り。国宝ですよ」「もはや白鵬の代わりに横綱をお願いしたいレベル」などと、胸を熱くした人も多かったようだ。

平昌ではスポーツと関係のないところで、「美女応援団」だの「南北合同チーム」だの、さんざん政治利用されたナショナリズムに辟易とさせられた。だが、純粋にスポーツをつきつめていった超人たちが、自身の足下のアイデンティティとして「国」に立ち戻って敬意を払う姿は、アメリカ人であれ、アフリカ人であれ美しい。かのウサイン・ボルトもインタビュー中に他国の国歌が流ると、話を中断して耳を傾けていた。92カ国すべての選手が、国を背負い、その誇りを胸に戦っているのだ。そんな五輪の原点を、羽生選手が思い出させてくれた気がする。

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)

※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(6)

テーマ:

飯塚市国際交流広場、朝鮮人強制連行追悼碑が、まさに、女史の指摘の典型例です。原田衆議院議員も同様に指摘しています。
戦前、朝鮮半島出身であろうが、北海道、東北、中国、四国、九州各県出身であろうが、同じ日本国民として、みんなで励ましあい、日本のエネルギー産業を支え日本の富の源となった筑豊炭田の誇りある歴史を、朝日新聞吉田証言以降、徴用を「強制連行」と書き換える媚特亜勢力が改ざんしてしまいました。断じて認めてはいけません。

 

あなたは、自分の先祖が奴隷のように強制連行されてきたなどという「在日」の方に会ったことがありますか?

他の家の話として話は聞いたことがあると言う「在日」の方はいても、戦時中自分の祖先が強制連行されてきた等という方を私は知りません。

彼らは私たちと同じように自分の祖先が家族の為に必死に働らき、自分たちに繋いだことを誇りを持っています。

 

その誇り高き「在日」の歴史を「強制連行」という言葉が貶めていることを媚特亜勢力は気づくべきです。

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】「左傾」強める歴史教科書「ゆとり教育」「左翼史観教育」に戻ることは許されない

http://www.sankei.com/politics/news/180212/plt1802120013-n4.html

 

平昌五輪で、韓国が北朝鮮の攻勢に翻弄されている。だが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も秘書室長(官房長官)の任鍾●(=析の下に日)(イム・ジョンソク)氏もまんざらではない表情なのは、韓国より北朝鮮の方がより善く正しい存在だと考えているからか。そんな彼らが政権を取り得たのは年来の北朝鮮による情報工作の結果であろう。

 韓国の土台は明らかに反韓国的教育によって蝕(むしば)まれてきた。わが国の教育もいま、再び危うい局面にある。事実を曲げて日本の歴史を非難する教科書が少なくない。教科書の偏向を是正することなしには、わが国の土台も蝕まれ、中韓が仕掛ける歴史戦には未来永劫(えいごう)勝てないだろう。

 中韓両国は今年、戦時中の徴用工問題で対日攻勢を強めるだろう。同問題をわが国の教科書会社は、東京書籍、実教出版、清水書院、山川出版、第一学習社などが「強制連行」だと記述している。

 しかし、徴用工は強制連行ではない。徴用工に関わった日本人や、徴用工として渡日した朝鮮人が残した著作の数々は教科書の記述とは全くの別世界を描いている。

 『朝鮮總督府官吏 最後の証言』(桜の花出版)で、当時を証言した西川清氏は江原道(カンウォンド)の朝鮮人知事の下で内務課長などを務めた。私は氏に直接話を聞いたが、氏は徴用は行政府による説得と納得の募集であり、納得しない人は徴用に応じなかった、決して強要ではなかったと語った。

鄭忠海(チョンチュンヘ)氏は『朝鮮人徴用工の手記』(河合出版)で、寝具から食事まで、手厚く準備されていたと語っている。

 学校ではこうした事実を子供たちに教え、中韓の主張ではなく、事実に基づいて日本人として考える力を養ってやるべきだ。

 だが、日本の教育現場は逆方向に進んでいる。2月の日教組の教育研究全国集会では中韓の反日歴史教育に歩調を合わせるかのような実践例が報告された。平和教育として、昭和6年の満州事変から大東亜戦争終結までを「十五年戦争」として小学生に教えているという。「十五年戦争」は、日本がずっと「侵略戦争」を続けていたという強い否定的な意味を含んでいる。そのこと自体、誤りで、小学生に教えるのは不適切だ。

 郷土愛を育てるために郷土の英雄について教えるのは、「現状肯定の危険性」につながり、「社会の矛盾や格差、搾取、支配者の狙い」に注目させるべきだとも指摘された。

 思い出すのは、聖徳太子の名前を「厩戸王(うまやどのおう)」に変えるという、昨年の文部科学省の発表である。案は批判を受けて挫折したが、歴史上の偉人を削除する方針はその後も続いている。拓殖大学客員教授の藤岡信勝氏は、背景に日本学術会議史学委員会高校歴史教育分科会などと連携する「高大連携歴史教育研究会」があり、文科省も同調していると喝破する。

 

高大連携歴史教育研究会は昨年10月、高校の歴史教育に登場する歴史用語は3400~3800ほどもあり多すぎるとして、これを2000~2500に、約40%減らす案を発表した。

 子供たちが覚えなければならない内容を減らし、考えさせる学習へと方向転換するという理屈だ。だがそれは、教える量を減らして子供たちに自主的に考えさせるとした、あの悪名高いゆとり教育への逆戻りである。また失敗して日本の子供たちの知力低下に終わるのは間違いない。

 加えて「多すぎる歴史用語」を減らすというが、その基準は日本否定のイデオロギーを反映している。教科書から抹殺する候補として吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作らの名前が挙げられているが、これは国難を乗り切った明治維新とその時代を命がけで走り抜いた英雄たちを全く評価しないということだ。明治以降のわが国の歩みの否定が膿(うみ)のように染み込んでいる。徴用工を強制連行と決めつける先述の記述もその具体例だ。

 日本で進行する反日教育とは対照的に、中国も韓国も自国の偉大さを強調する歴史教育を推進中だ。「習近平思想」は指導思想として中国の憲法に書き込まれ、中国共産党は完璧な存在と位置づけられた。

毛沢東の一大失政である文化大革命は歴史教科書から削除され、日本人257人を虐殺した悪名高い通州事件の跡地は痕跡の全てが消されている。中国人の残虐行為の証拠は消し去られ、日本国を悪役に仕立てる新たな歴史物語が作られる。「南京大虐殺、30万人の犠牲」「慰安婦は40万人が強制連行、30万人が虐殺された」に続いて、731部隊(旧日本軍の関東軍防疫給水部)は中国人30万人を殺害したとする研究論文も報じられ始めた。

 韓国では文大統領が朴槿恵(パク・クネ)前大統領の定めた韓国を前向きに評価する国定教科書を廃止し、親北朝鮮路線を歩んでいる。

 反日の基盤で結ばれている中韓の歴史戦には終わりがないだろう。中国は各種の「30万人虐殺説」を唱え続け、文氏は慰安婦問題を蒸し返し、徴用工問題で攻めてくるだろう。

 日本の若い世代にきちんとした歴史教育を施さなければ、日本を貶(おとし)めることで自らを道徳的高位に置こうとする中韓の主張に、彼らは太刀打ちできない。安倍晋三政権の下で以前のゆとり教育に戻ることも、左翼史観の教育に戻ることも許されない。教科書と文部行政を厳しく監視すべきである。                                   転載終わり

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

原田義昭 衆議院議員  飯塚市国際交流広場、朝鮮人強制連行追悼碑を視察

                                               (日本会議福岡 筑豊支部)

 

約200名が参加して建国記念式典祝賀式―飯塚市立岩公民館
(講師衆議院議員原田義昭先生 飯塚市霊園 強制連行追悼碑視察)  

皇紀2678(平成30年)2月11日(日/祝)建国記念の日に、飯塚市郷友会・日本会議福岡筑豊支部の主催により、片峯飯塚市長をはじめ筑豊地区の多数の国会、県議会、市町村議会議員他のご来賓を含み約200名の御臨席のもと祝賀式を飯塚市立岩公民館で祝執り行いました。
 上杉鷹山の名言「成せばなる、成さねばならぬ何事も 成らぬは人の、なさぬなりけり」の紹介から始まった衆議院議員原田義昭先生の記念講演。「自信と誇りを取り戻せ」をテーマに、国会議員として政治の中枢におられる視点から、日本国が抱える諸問題について、お話をいただきました。
 戦時中、不足した炭鉱の労働力を補うため、徴兵が行われなかった(戦争末期を除く)朝鮮人を対象に行われた徴用を、強制的に連行され奴隷のように扱われたという「強制連行」だったとする間違った認識が、日本の国益を奪おうと企む近隣諸国により、国内外へ拡散されています。慰安婦問題や南京事件など、反日感情や思想を多くの人に植え付ける事で、日本の世界的地位、そして、自信と誇りを奪うためのロビー活動が日々行われております。その活動は、私たちが住む身近な場所でも行われています。飯塚市の市営飯塚霊園内にある「国際交流広場」という公共の場に立てられた朝鮮人追悼碑に、日本の戦争責任を一方的に非難する内容が書かれているという問題です。在日韓国人・朝鮮人や自治労関係者らでつくられたNPO法人「国際交流広場無窮花堂友好親善の会」に管理されている当広場の石碑には、「日本の植民地政策により、数多くの朝鮮人と外国人が日本各地に強制連行されました。ここ筑豊には15万人にも上る朝鮮人が炭鉱で過酷な労働を強いられ、多くの人びとが犠牲となりました。」という真実と異なる内容が記されています。講演前に当広場を訪れ、その石碑の内容や展示されている歴史パネルを視察された原田先生は、強制連行は日本政府の見解に反しており、間違っている事にはしっかりと声を発していく必要があるとの認識を講演において示されました。
 最後に先生より、日本は君主国家として、世界で一番長い歴史を誇る国であり、それぞれの国民が日本人であるという自覚と正しい歴史認識を持ち、誇りと自信を取り戻していくことが求められているという総括をいただき講演が終了しました。    (A)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、木、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:原田 義昭さん、室内

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(12)

テーマ:

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000018-yonh-kr

 

【平昌聯合ニュース】9日に米NBCが放送した平昌冬季五輪開会式の生中継で、解説者が日本の植民地支配を正当化するような発言をしたことについて、同局が正式に謝罪した。

 大会組織委員会は11日、「NBCから不適切な発言で韓国国民の気分を害したことを理解し、謝罪する」とした書簡を受け取ったことを明らかにした。

 NBCの解説者は開会式の中継途中、「日本は1910年から1945年まで韓国を支配した国だが、全ての韓国人にとって発展過程で日本が文化や技術、経済的に重要なモデルになったと話す」などと発言した。

 韓国のインターネット掲示板などでは政府レベルで公式に抗議するよう求める声も出た。これを受け、組織委はNBCに抗議。NBCは組織委に謝罪の書簡を送るとともに、約7500万人が視聴する朝の番組でも謝罪した。

                                                                                                               転載以上

 

1945年8月15日までは、多くの朝鮮半島にすむ朝鮮民族に限らず、世界中の人々がそう考えていました。

日清、日露戦争の大義は、朝鮮半島の独立、解放でしたが、第2次世界大戦の大義は、決して朝鮮の日本からの独立ではなかったことを、実は世界中が知っていることの証左でしょう。

1945年8月16日から、朝鮮半島の歴史が書き換えられたことを、実は西洋諸国は熟知しているということでしょうか?

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(3)

テーマ:

https://mainichi.jp/articles/20180207/k00/00m/040/082000c?inb=ys

 

秋篠宮家の長女眞子さま(26)と法律事務所社員の小室圭さん(26)の結婚延期を公表した宮内庁幹部は「お二人の結婚の意思は変わらない」と強調する。一方で延期の理由は「結婚後の生活に向けた準備に時間を要するため」と述べるにとどめ、どのような準備が遅れているかについての具体的な説明はなかった。

今回の発表は、正式な婚約が決まる「納采の儀」を約1カ月後に控えて行われた。宮内庁の加地隆治宮務主管は、「(お二人が)結婚の準備を進める中で十分な時間がないとお感じになり、いろいろな方に相談し、延期が良いとの結論に至られた」とし、このタイミングでの発表は「たまたまこの時期になった」と説明した。

 小室さんをめぐっては、複数の週刊誌が、小室さんの母親と知人男性との間で金銭トラブルがあると報じていたが、加地氏は「週刊誌報道は延期と関係ない」と説明。報道内容の真偽について問われると「小室家の話であり、私から申し上げることは控える」と述べた。

 週刊誌の報道は「知人男性から400万円を借りた小室さんの母が返済をしていない」という内容。金銭の提供の時期は小室さんが大学生だったころで「国際基督教大学の入学費用や留学費用に使われた」などと報じている。

 眞子さまは6日、ご自身と小室さんの気持ちを踏まえてつづった文書を公表した。「私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います」としている。宮内庁によると、天皇、皇后両陛下は結婚の延期について眞子さまから報告を受けられているという。眞子さまは文書で「私たち二人の気持ちを尊重してくださいました」と記した。【山田奈緒、高島博之】                             毎日新聞

 

私たちは静かに見守っていればいいのだと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

評議員会は外部有識者と現役親方の計7人で構成し、理事の選任や解任などを行う役割がある。(貴乃花親方が解任後の理事候補選で当選した場合)、可能性は低いものの、問題があると判断すれば役割上は承認を与えないこともできる。

ということは、下記理由により、春日野親方理事就任は承認しないとするのが、評議委員会の正しい判断でしょう。あり得る?

「栃ノ心優勝」を喜ぶ前に必要な相撲界の大手術 - 赤坂英一(スポーツライター) http://blogos.com/article/275084/

大相撲初場所は西前頭3枚目の栃ノ心が初優勝を飾った。ジョージア出身の力士としてはもちろん初めてで、平幕優勝は1場所15日制が定着した1949年夏場所以降、2012年夏場所の西前頭7枚目・旭天鵬以来6年ぶり。栃ノ心が所属する春日野部屋では1972年初場所の初代・栃東以来、実に46年ぶりのことで、歴史的快挙と言ってもいい優勝だった。

 青い目を潤ませながら「きょうは最高の日です。うれしいです」と語った栃ノ心の優勝インタビューを見て、胸が熱くなったテレビ桟敷のファンも多いだろう。2006年春の入門から12年目、手塩にかけて育て上げた春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が感涙にむせんでいたのも無理はない。が、愛弟子がこれほど感動的な優勝を飾ったいまだからこそ、一般社会に対してはっきり説明しておかなければならないことが、この親方にはあるはずだ。

初場所の最中、過去に春日野部屋で力士による暴行事件が発生していた事実が明らかになった。2014年、兄弟子(現在は引退)が弟弟子の矢作嵐さん(22歳)に殴る蹴るの暴行を加え、顎を骨折させるなど全治1年6カ月の重傷を負わせたものである。病院で治療を受けたいと言う矢作さんに対し、春日野親方は「冷やしておけば治る」などと言って部屋のかかりつけの整体治療院へ行くよう指示。その後、矢作さんが病院で診察を受けると、即座に手術を受けるようにとの診断が下り、現在も味覚障害などの後遺症が残っているという。

 矢作さんは約1カ月後、兄弟子を傷害容疑、春日野親方を保護責任者遺棄容疑でそれぞれ刑事告訴。兄弟子は16年に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定し、春日野親方は不起訴処分になった。春日野親方は相撲協会理事長・北の湖親方、危機管理部長・貴乃花親方、広報部長・出来山親方(いずれも当時)には報告したと話しているが、協会は一連の事実を一切公表していない。こうした対応に納得できなかった矢作さんは、17年3月22日付で、春日野親方と兄弟子に3000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 当然のことながら、同じ春日野部屋にいる栃ノ心もこの事件を知っていたはずだ。それ以前に、栃ノ心自身、春日野親方に手ひどい暴行を受けているのである。矢作さんの事件より3年前の2011年、親方は栃ノ心ら3人の弟子を拳に加え、ゴルフのアイアンで殴打。部屋に警視庁本所署の捜査が入り、グリップの折れたアイアンが発見された。親方は任意の事情聴取に、「外出の際に着物を着るよう何度も注意したが、言うことを聞かないので殴った」と証言。記者会見にも応じ、「正直、やり過ぎたと反省しています。弟子たちには、もうげんこつは入れないと言いました」と、殊勝にコメントしていたものだ。

 この事件は、栃ノ心らが被害届を出さなかったため、これで沙汰止みになった。被害者のひとり、栃矢鋪は本所署の事情聴取に対し、「自分たちが悪かったのだから被害届は出しません」と語ったと報じられたが、果たして真相はどうだったのか。それから僅か3年後に矢作さんが兄弟子に顎の骨が折れるほどの暴行を受けたことを考えると、春日野部屋では依然として恒常的に暴力が振るわれていた可能性もある。

過激な暴力を容認している角界独特の雰囲気

 相撲界では2007年、時津風部屋で斉藤俊(当時17歳、四股名:時太山)が時津風親方や兄弟子の暴行によって死亡。親方をはじめ加害者4人が傷害致死容疑で逮捕され、親方には懲役5年の実刑判決が下った。この事件のあと、北の湖親方は自ら文科省に出向いて謝罪し、「再発防止委員会」を設立。協会を挙げて暴力や体罰の根絶に取り組んでいたはず。時津風部屋では金属バットが凶器に使われていたことから、竹刀や木刀を持って指導に当たっていた親方たちには、そのような凶器になる物を稽古場に持ち込まないようにとのお達しも下った。

 しかし、現実には4年後の11年、バットではなくアイアンで、春日野親方が栃ノ心らを殴っていたのだ。その3年後の14年、今度は矢作さんが兄弟子の拳骨で顎を骨折させられていた。原因も状況も異なるとはいえ、貴ノ岩が日馬富士にカラオケのリモコンで、頭が割れるほど殴られた事件も、そうした過激な暴力を容認している角界独特の雰囲気が生み出したような気がしてならない。

 栃ノ心の優勝は確かに感動的だった。が、それでは、感動したファンが、自分の子供が相撲取りに憧れているからといって、春日野部屋に入れたいと思うだろうか。相撲協会は遅まきながら、文科省の指示を受け、全力士から暴力問題に関する聞き取りを行うというが、どこまで徹底した調査が行われるのか。これまで相次いだ不祥事の事後処理を見る限り、甚だ疑問と言わざるを得ない。

 同じ公益財団法人の全柔連は2013年、セクハラ、パワハラ、金銭問題などで理事が総辞職した。相撲協会も同じくらいの〝大手術〟が必要なときに来ているように思う。

相撲協会理事選 執行部側は真っ先に「造反者炙りだし」へ

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12180-649375/

執行部に反旗を翻した貴乃花親方と八角理事長による角界を二分する骨肉闘争は、「2・2理事選」で貴乃花親方の理事落選が決まり、一応の決着を見たかたちだが、大きな禍根を残した。

「貴乃花一門は土壇場の一門会まで貴乃花親方の立候補を正式に決めなかったが、それだけ執行部側の攻勢が凄まじかったということ」(担当記者)

 最後の1週間になって貴乃花親方の“右腕”である立浪親方(元小結・旭豊)の不倫疑惑騒動が報じられたり、テレビ番組の取材に応じたことが相撲協会で禁止されている“本場所中の無断のテレビ出演”だと槍玉にあげる報道が出たりしたことで、「慎重に動かざるを得なくなっていた」(同前)というのである。

 一方の八角理事長サイドは、「無投票に持ち込むことが狙いだった」という。ある若手親方がいう。

「執行部サイドは立候補の意向を示していた伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)に出馬を断念させた。これは執行部側の立候補者を『8人』にしぼり、出羽海一門ながら貴乃花親方に近い山響親方(元前頭・巌雄)を含めた貴乃花グループに『2人分の枠を差し出した』ことを意味する。貴乃花親方はこの“和解案”に乗るか、同じ一門の阿武松親方(元関脇・益荒雄)を立て『3人立候補』という“絶縁状”を出すか、最後まで検討を重ねていた」(同前)

 結果、投票が行なわれたことは両陣営が全面抗争に突入したことを意味する。この角界闘争は一層、激しさを増すことになる。

◆裏切り者の粛清

 新理事の互選による理事長選が行なわれるのは3月の大阪場所後。それまでの約2か月、60日間は、任期を残す“旧理事”によって協会運営が行なわれる。

「昨年末に日馬富士暴行事件の責任を取って伊勢ヶ濱親方が理事を辞任し、貴乃花親方は年明けに降格処分を受けた。二所ノ関親方(元大関・若嶋津)も自転車事故で入院中のため、理事会は7人で運営されていくことになる。そのなかで貴乃花グループは山響親方だけ。執行部側の思惑で事態を動かしやすい状況が続く」(協会関係者)

 執行部側が真っ先に取り掛かると考えられるのが、「造反者」の炙りだしだ。

「貴乃花親方は一門外にも数多くのシンパがいますが、理事選で貴乃花サイドに流れた“浮動票”は他の一門からすれば裏切り者がいる証拠。誰が投じたものか、徹底的に調べ上げられることになる」(ベテラン記者)

 理事選はもちろん無記名投票だが、過去には、開票後に誰が投じた票か“チェック”できるように、投票用紙に数字やマークをつけさせる一門もあったという。

「公職選挙法なんて関係ない選挙だからなんでもあり。2月は巡業もなく、一門の会合を繰り返し開いて裏切った疑いのある親方を問い詰める機会も作りやすい。

 2010年の理事選では貴乃花親方が二所ノ関一門を割って出る“貴の乱”が起きた。当時、立浪一門の所属ながら貴乃花親方に票を投じた安治川親方(元前頭・光法)は、一門の『反省会』で造反を告白させられ、一時は廃業にまで追い込まれかけた(その後、別の年寄名跡を襲名し、貴乃花部屋へ移籍。現在は退職)。今回も同じように、貴乃花グループに投票したと見られる他一門の親方は徹底的な追及を受けることになるのは間違いない」(同前)

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(3)

テーマ:

重すぎる貴乃花理事解任の目的は、この結果を導き出すためだったのだろうか? 

バンドワゴン? 勝者による論功行賞への期待や報復への恐れがあるためバンドワゴン効果は強く働く 
理事解任という理不尽な決定こそ起点であり問題とすべきではなかったのか? 
その時点で勝負は決まっていたのではと思う。
法廷闘争に持ち込んでいれば、その後の世論の動きを見ても決定は覆された可能性はある。
決定が覆されると予見できれば、別のバンドワゴン効果で、今回の決定は逆になったのでは?  

貴乃花親方落選に?元朝青龍が意味深「笑いますね」

 

日本相撲協会は2日、東京・両国国技館で役員候補選挙を実施。注目された貴乃花親方(45=元横綱)の落選に、各方面から驚きや失望などさまざまな声があがった。

 各局情報番組は選挙結果を速報で伝えた。フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」の安藤優子キャスターは、貴乃花親方の落選に、顔をしかめて「ああーっ」と悲鳴をあげ、「『まさかそんなことは』(という結果)になりましたね。貴乃花親方がブログに書いたような相撲協会を変えていきたいっていう思いは届かないんですかね?」と落胆。「このままじゃ済まないですね。世論は絶対、このままじゃ済まない」と波紋が生じることを予想した。

 貴乃花親方の得票数がわずか2票だったことについても驚きの声があがった。日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に中継で出演した元幕内力士で歌手の大至は、「うわぁ、これはちょっとびっくりですね……。言葉がありません」と絶句。また、TBS系「ゴゴスマ」に中継で出演した作家でスポーツライターの小林信也氏は「これではっきりしたのは、貴乃花親方が政治をしなかったということ。そのことはすごくすがすがしく感じますよね。ほかの八角親方とか、票を伸ばしている方々はそういう工作を一生懸命された努力の結果でしょうね。すごく対照的だと思います」と私見をまじえて解説した。

 そうした中、元横綱朝青龍は選挙結果速報が出た直後にツイッターを更新。「笑いますね」と意味深長な言葉をつづった。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝鮮総連が分裂し、東京に自由北朝鮮共和国臨時政府が設立され、米国日本が即日亡命認定する日?

NEW ! 
テーマ:

彼等は生粋の北朝鮮国民です。亡命する資格があります。
臨時政府を作る資格があります。

在日本朝鮮人総聯合会が密かに分裂する

→   東京に自由北朝鮮共和国臨時政府が設立され、米国日本が即日亡命認定する

       (彼等は北朝鮮国籍を有しているので亡命が成立する)

       (当然、日本で教育を受けているので民主主義の手段を熟知、議会が開かれ大統領、内閣が承認される、)

       (拉致被害者の解放、北朝鮮国民の解放自由化が決定し、米国と安保条約を結ぶ)

 

→   安保条約により米国、臨時政府連合軍(名前のみ、実質米軍)が北朝鮮を攻撃(韓国軍は後方支援)

 

→   現北朝鮮国民に相当な被害が出るが、「革命」 であり 「内戦 」  であると国際社会は認識

 

→   朝鮮人(在日)を中心に自由北朝鮮を建国、暫定的な軍事政権ののち、選挙がおこなわれ民主国家が成立

 

中国に漁夫の利を得させないために、米国はこれ位やっても可笑しくない。日本の民主主義、平和主義を学んでいる在日4世の北朝鮮国籍を有する総連構成メンバーが分裂する事は、大いにあり得る。 戦国真田家が頭に浮かぶが、分裂して臨時政府を設立、二股をかけるのは民族を守るためには当然だ。

 

※ 参考までに

 

臨時政府暫定政府: provisional government)は、前政権の崩壊により無政府状態が生じることを防ぐ為に仮に設置される政府政権。多くの場合には、その後選挙が開催されるなどして正式な政府に交代する。

歴史的に見ると、他国の占領下にある国が解放される場合や、革命の勃発の際に設立されている。また、亡命政府が臨時政府と名乗ることもある。

→ ここから本日更新

 

1. キムハンソル亡命政権

 

金正男氏の長男・金勝率(キムハンソル)氏が亡命政権を欧州かアメリカ、カナダの何処かに樹立するというお話が去年から出てましたね。脱北者が700人はいると言われている英国が最有力ですが、欧州は北朝鮮の工作員も多いので、アメリカではないかとも言われてます。
産経応援さんのご指摘のように灯台下暗しで、日本かもわかりませんね。
北朝鮮の亡命政権が日本に出来上がると、これを最も嫌うのが共産中国でしょう。北朝鮮が旧東ドイツが西ドイツと併合、NATOに取り込まれるのと同じだからです。
日本としてはこの亡命政権を支援し、統一KOREAができたとしても、あの国民性ですから、また戦時賠償の三重取りみたいな話になるので、いっそ国連委任統治地域にでもしてくれたほうが良いかと思います。

霧島 

 

 

キムハンソル政権の誕生   キム一族伝説の継承  → 金の生る木=人質

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(2)

テーマ:

彼等は生粋の北朝鮮人です。亡命する資格があります。
臨時政府を作る資格があります。

在日本朝鮮人総聯合会が密かに分裂する

→   東京に自由北朝鮮共和国臨時政府が設立され、米国日本が即日亡命認定する
       (彼等は北朝鮮国籍を有しているので亡命が成立する)
       (当然、日本で教育を受けているので民主主義の手段を熟知、議会が開かれ大統領、内閣が承認される、)
       (拉致被害者の解放、北朝鮮国民の解放自由化が決定し、米国と安保条約を結ぶ)
 
→   安保条約により米国、臨時政府連合軍(名前のみ、実質米軍)が北朝鮮を攻撃(韓国軍は後方支援)
 
→   現北朝鮮国民に相当な被害が出るが、「革命」 であり 「内戦 」  であると国際社会は認識
 
→   朝鮮人(在日)を中心に自由北朝鮮を建国、暫定的な軍事政権ののち、選挙がおこなわれ民主国家が成立
 
中国に漁夫の利を得させないために、米国はこれ位やっても可笑しくない。日本の民主主義、平和主義を学んでいる在日4世の北朝鮮国籍を有する総連構成メンバーが分裂する事は、大いにあり得る。 戦国真田家が頭に浮かぶが、分裂して臨時政府を設立、二股をかけるのは民族を守るためには当然だ。

 

※ 参考までに

 

臨時政府暫定政府: provisional government)は、前政権の崩壊により無政府状態が生じることを防ぐ為に仮に設置される政府政権。多くの場合には、その後選挙が開催されるなどして正式な政府に交代する。

歴史的に見ると、他国の占領下にある国が解放される場合や、革命の勃発の際に設立されている。また、亡命政府が臨時政府と名乗ることもある。

 

※  困った国もあるが

http://agora-web.jp/archives/2030239.html

幻の重慶の韓国臨時政府で新たな歴史捏造開始か

 

八幡 和郎

八幡 和郎

 

韓国の文在寅大統領は12月16日に重慶で、「大韓民国臨時政府」庁舎跡を視察した。「臨時政府は韓国の根っこだ」と強調し、韓国は中国での抗日活動を継承した国家だとの認識を示した。習近平国家主席も14日の会談で、史跡保存の協力を約束した。

また新たな歴史捏造の始まりらしいが、そのあたりの経緯は、『韓国と日本がわかる 最強の韓国史』(扶桑社新書)でも取り上げている。

日韓併合後の日本統治は比較的平穏に進んだが、1919年に3.1運動という暴動が起きた。高宗(最後の皇帝である純宗の父)が死去したのが引き金になったのである。このとき王家の人のほとんどは、最後の皇太子となった李垠殿下と梨本宮方子女王の結婚式のために東京にいた(高宗は京城にいた)。

実際には、高宗は李家に対する日本からの敬意を示すこの結婚を非常に喜んでいたのだが、結婚を邪魔したので殺されたのでないかとか噂も飛び交い暴動に発展した。

この暴動を機に、総督府は宥和政策を進め、終戦まで平穏な統治と朝鮮人の地位向上が図られたのだが、上海では李王家傍流の李承晩らによる大韓民国臨時政府が樹立された(1919年4月13日)。

さほど重要性がある事件ではなかったのだが、戦後になってこの李承晩が政権に就いたことから、これが大韓民国の建国であるとかいう空想的歴史観を持ち出し、サンフランシスコ講和条約のときも戦勝国として参加させろとか騒いだが、相手にされなかった。

現在の韓国の憲法前文には「大韓国民は3.1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」を継承すると書かれている。しかし、あまり現実的な意味はないので、下火になり、朴槿恵政権で出された国定歴史教科書の検討本は、1948年を「大韓民国樹立」としていた。

ところが、文在寅大統領は、ソウルで開かれた光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)式典の演説で、「2年後の2019年は大韓民国建国と臨時政府樹立100年を迎える年」と言った。

さらに、重慶での臨時政府の活動を重視したのは、このころ、李承晩はアメリカで活動し、金九ら左派が重慶で活動していたこともあり、そちらを上海以上に重視するということだろう。

いずれにしろ、欧米諸国からも亡命政府として認められていなかったわけだし、在外の朝鮮人たちも臨時政府を支援に熱心というほどでもなかったので、さして、重要な存在でもないが、韓国の政府や国民がどう考えておくことは大事なことだ。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(2)

テーマ:

 凶器のサポーターを使って、顎より上に肘をぶつけた取り組みを 髷をつかんだのと同じ、反則負けと判定を覆したとしたら、

白鵬の 最高とされる 勝利数、優勝回数は どうなるだろう? きっと間もなく誰かが解明するだろう。

凶器使用はドーピングと同じ。 判定を覆すのが当然となるだろう。

最強横綱から最凶横綱  最悪横綱として 歴史に名を残すのか?

勝利の為に、超えてはならない線を、超えていたのか? 

 

https://www.j-cast.com/tv/2018/01/25319594.html

貴乃花が抱えている爆弾の一つがさく裂したのだろうか。貴乃花と近いといわれるスポーツニッポンがけさ25日(2018年1月)の1面で、春日野部屋の元力士が兄弟子から暴行を受け傷害事件になっていたのに、相撲協会は公表しなかったとスクープした。

   事件は2014年9月5日の夜に起きた。入門したばかりの力士を、部屋の掃除の仕方のトラブルで怒った兄弟子が拳で殴り、全治1年6か月の大けがを負わせたのだ。だが、春日野親方は必要な治療を受けさせなかった。その弟子は10月に兄弟子を警視庁に刑事告訴し、東京地検が傷害罪で起訴して、16年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決をいい渡した。

   当時は、07年に時津風部屋で弟子たちのリンチで17歳の力士が死亡したことが発覚し、相撲界が信頼回復に努力していくといっていた最中であった。春日野親方はこの事件を協会に報告したといっているが、春日野も協会もともに公表していない。貴乃花が指摘している協会の隠蔽体質が問われることになる。

   スポニチによれば、事件当時は北の湖理事長だが、有罪確定時は八角理事長である。貴乃花の高笑いが聞こえてくるようだが、当時、貴乃花も要職についてのだから、自分はまったく関係ないといい切れるのだろうか。

   週刊新潮によれば、張り手とかち上げを封じられた白鵬が、虎から猫のように弱弱しくなってしまったのは、特注サポーターに強さの秘密があったからだと報じている。

   これは一般のものより硬めにできている強迫サポーターで、力を入れやすくなり、素材もナイロンで、顔に当たった時硬く感じ、繊維の網目が比較的粗いので、こすれると摩擦で相当痛いそうだ。白鵬のかち上げをくらった力士が「やすりで削られたように痛かった」(相撲記者)と嘆いていたという。

   そのサポーターを巻いたひじを白鵬は「相手の顎よりも上にひじをぶつけている。あれはかち上げではなく、エルボースマッシュです」(同)

   そのエルボースマッシュで、白鵬は豪栄道を左眼窩内壁骨折させ、40回目の優勝がかかった平幕遠藤との取り組みでも、遠藤の顎のあたりに左ひじを見まい、遠藤はあっけなく土俵を割ってしまった。スポーツ評論家の玉木正之はこういっている。

   「サポーターをしているということは、ひじが悪いということでしょう。その悪いひじであんなひじ打ちが出来るということ自体がおかしい。あのサポーターはひじ打ちがより効果的に決まるように使っているとしか思えません」

   週刊新潮は、最強横綱から最凶横綱になった白鵬の相撲人生は終わったと結んでいる。たしかに、初日に見せた白鵬の心の揺らぎは、土壇場に追い込まれた人間の弱音を垣間見せたのかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(3)

テーマ:

政権与党に潜む 媚中 媚韓国 特亜利権政治屋?

 
以下 産経新聞

官邸はありがた迷惑? 自公幹部「安倍晋三首相は平昌五輪出席を」 菅義偉官房長官は「どうなるかは直前にならないと難しい」と慎重姿勢

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日、東京都内で会談し、2月9日に行われる平昌冬季五輪の開会式に「安倍晋三首相が出席するのが望ましい」との認識で一致した。首相は、慰安婦問題に関する日韓合意をめぐり、韓国の文在寅政権が日本政府に新たな措置を求める姿勢を示したことに反発し出席を見送る方向だけに、政府筋からは「ありがた迷惑」などの批判が出ている。

 会談では、井上氏が2020年夏に東京、2022年冬に北京と東アジアで五輪開催が続くことを踏まえ「政府が判断することだが今回は行った方がいい」と主張した。二階氏も「行ければ行った方がよい」と賛同し、野党側と通常国会(22日召集)の日程調整を進める方針を確認した。

 二階氏は16日の記者会見でも「(五輪と国会は)両方とも大変重要な政治課題だ。うまく調整し、実現できるよう努力したい」と述べた。2月上旬は首相が出席して平成30年度予算案を審議する衆院予算委員会の基本的質疑が控えるが、与党は2月7日頃までに終えたい考えで、その通りに審議が進めば首相の訪韓は日程的には可能となる。

 

ただ、首相は15日、訪問先のブルガリアで同行記者団に「国会の最中なら一日も早い(平成30年度)予算の成立こそが最大の経済対策となる」と述べ、出席に消極的な姿勢を示した。菅義偉官房長官も17日の記者会見で「国会日程が当然最重要だ。どうなるかは直前にならないと難しい」と述べ、慎重に判断する姿勢を示した。

 日韓合意で日本側に身勝手な要求を突きつけ、一方で開会式の出席を求めるような文政権の姿勢に対し首相は怒りを募らせている。前のめりな自公幹部と官邸側との溝は深い。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。