大阪杯の予想2018|出走予定馬と注目馬をピックアップ

2018/04/01(日)に、阪神競馬場・芝2000mで開催される大阪杯(G1)の出走馬情報や注目馬を選んで紹介していきます。競馬ファンの皆様の予想に立てれば幸いです。


テーマ:

4/01(日)に阪神11R・芝2000m(定量)にて
《大阪杯》が開催されます。

 

 




昨年から春の古馬中距離戦線に
新たなG1として幕を開けた当レース。

G1昇格2年目の戦いに要注目だ。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
大阪杯の出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ミッキースワロー 57.0 横山典弘
1 2 サトノダイヤモンド 57.0 戸崎圭太
2 3 ヤマカツエース 57.0 池添謙一
2 4 シュヴァルグラン 57.0 三浦皇成
3 5 ペルシアンナイト 57.0 福永祐一
3 6 スマートレイアー 55.0 四位洋文
4 7 ゴールドアクター 57.0 吉田隼人
4 8 アルアイン 57.0 川田将雅
5 9 トリオンフ 57.0 田辺裕信
5 10 サトノノブレス 57.0 幸英明
6 11 ウインブライト 57.0 松岡正海
6 12 ヤマカツライデン 57.0 酒井学
7 13 マサハヤドリーム 57.0 北村友一
7 14 ダンビュライト 57.0 浜中俊
8 15 スワーヴリチャード 57.0 M.デムーロ
8 16 メートルダール 57.0 松山弘平


以上、出走馬16頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


スワーヴリチャード

昨年のダービー2着馬。

勝ったレイデオロに食い下がる2着を確保。

始動戦となった前哨戦の金鯱賞では
サトノダイヤモンドを撃破して成長を見せた。

ただ、今回は右回りの阪神。

同馬は全4勝のうち3勝が左回りで
サウスポーであることは周知の事実。

右回りでコーナーのきつい内回りをクリア
できるかが最大の焦点になるだろう。


アルアイン

昨年の皐月賞の勝ち馬。

昨年の結果から早熟疑惑も囁かれたが
今年初戦となった京都記念ではレイデオロ
モズカッチャンらを抑え2着に入線。

今回の舞台である阪神は2戦2勝と
同馬とってベストと言っていい条件。

前走からコンビを組む川田騎手を背に
G1の舞台で皐月賞以来となる勝利を目指す。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


サトノダイヤモンド

16年には菊花賞、有馬記念とG1を連勝。

17年は仏遠征を敢行するもフォワ賞4着、
凱旋門賞15着と不本意な結果に。

大きな注目が集まった今年初戦の金鯱賞。

休み明けのせいか反応は鈍かったが
メンバー最速の上がりをマークして
3着まで追い上げてみせた。

今回は叩いた分の上積みが期待できるし
約1年ぶりとなる勝利といきたい。

鞍上は戸崎騎手との新コンビ。


シュヴァルグラン

昨秋のジャパンカップの勝ち馬。

今回は3か月余りの休み明けに加えて
約2年7か月ぶりとなる芝2000m戦と
越えるべきハードルは少なくない。

ただ、調教でハードに乗られており
仕上がりへの不安はなさそうだ。

キタサンブラックが引退し、
空位となった中長距離のエースの座に
就く準備は着々と進んでいる。


ミッキースワロー

昨年のセントライト記念の勝ち馬。

同レースで皐月賞馬アルアインを撃破し
トップクラスの力を保持していることを証明。

今年の始動戦となったAJCCでは
1番人気に支持されるも2着。

今回は強敵が揃う中での2000m戦となるが
強烈な末脚を武器に頂点を目指す。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-3-2-1】
2番人気【2-1-1-6】
3番人気【1-0-1-8】
4番人気【1-0-4-5】
5番人気【0-1-1-8】
6番人気【2-1-1-6】
7~9番人気【0-4-0-25】
10番人気以下【0-0-0-34】


1番人気が非常に堅実なレース。

また、相手には6~9番人気の中穴が
多く馬券に絡んでいる。

ただし、二桁人気の馬による好走は
皆無なので過度な穴狙いは禁物。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-0-0-10】
2枠【0-0-2-9】
3枠【1-3-1-9】
4枠【2-0-1-11】
5枠【1-3-1-12】
6枠【1-1-2-15】
7枠【3-2-1-13】
8枠【2-1-2-14】


1~2枠を引いた馬は連対すら
一度も果たせていない。

馬場が荒れて時計の掛かる
ケースになる事が多く、
内側の傷みがひどい場合は距離ロスが
少なくても内枠が不利になりやすい。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-1-1-7】
先行【3-5-4-24】
差し【3-2-4-37】
追込【3-2-1-25】


コーナー4つを回るため
極端にペースは早くならず
逃げ・先行が残りやすい。

ただし、同レースに限って見れば
差し・追込みの活躍が目立つ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


大阪杯は阪神芝2000mでおこなわれる。


G1としては昨年からの施行となるので
過去の傾向はあまりアテにできない。


なにしろ、一昨年までは春シーズンの
古馬戦線の中で、天皇賞や宝塚記念を
目指す馬のステップだったレース。


賞金的には1着・1億2000万円と
低めの設定だが、G1の舞台だけに
ガチンコ勝負になるだろう。


そこで今回は、過去データからではなく
~~~~~~~~~~~~~~~~~
コースの特徴と各馬の力量比較から
~~~~~~~~~~~~~~~~
馬券を組み立てていきたいと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~



まず、阪神の2000mは昔ながらの
「おむすび型」で先行馬に分がある。


その為、追込みが決まるとすれば
後ろに強力な馬がいて
前崩れの展開になったときだろう。


もう一点、格的にG1の出走経験すらない馬は
このメンバー構成では厳しいだろう。


以上を統括して各馬を分析していくと

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【スワーヴリチャード
==============

皐月賞こそ6着に終ったが
ダービーではちょうどドバイに
行っているレイデオロの2着。

秋にはG2勝ちから有馬記念4着に。

そして、金鯱賞で価値ある勝利を決めての参戦。

ここからこの馬の本当の歴史が
はじまるかという一戦。

枠が心配な面もあるが、
日本に残っているデムーロ騎乗なら。


対抗は【シュヴァルグラン
=============

2年前から王道のG1路線で常に
上位の戦いをしている実力馬。

目下の充実度でもトップクラス。

心配なのは三浦のG1初勝利がかかっている点か。

ただ、伊藤工真も通算100勝を達成した
ことだし、プッシュにはなるか。


そして【サトノダイヤモンド
==============

能力だけなら勝って当然。

前走のラストに見所はあったが
今度は本番のG1で他も全力。

どこまで走れる状態になっているかが問題。


以上を加味した馬券戦略は

◎15.スワーヴリチャード
○ 4.シュヴァルグラン
▲ 2.サトノダイヤモンド
☆ 7.ゴールドアクター



馬連で4-15.2-15.2-4を本線に
7絡みを少々いれて勝負。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて
競馬の最新ニュースをリアルタイム配信しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。