サナダヒデトと夜空の日記

うたうたい

誰かに聞いてもらいたい独り言のような日記です。
時間を持て余した真夜中にでも読んでいただければ。


テーマ:

歩み行く一歩  曲がるのも一興

休もうか、いっそ

堕ちるのは一瞬で

 

森はなお鬱蒼  途切れてく日光

続けてく葛藤

やめるならいつだって

 

I don't know  このままじゃnothing

 

燃え盛れ煌々  邪魔者の郎党

振りかぶるチェーンソー

欲を言えば直進で

 

限界は妄想  忍耐の消耗

終点は頂上

その時は喝采で

 

I don't know  このままじゃつかめないままで

 

君の声が聴こえた気がしたんだ

陽炎のような轍をつけて

進むサーカスを笑い飛ばすのかい

 

いつか誰も知らない森の中

アンドゥトロワ  ワルツを踊ろう

魔法が解けてしまうまでは落ち葉を乗せたシンデレラ

幻を抜けて君の住む朝へ

 

 

歩み行く一歩  曲がるのも一興

休もうか、いっそ

もうちょっとやれそうです

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

まん丸いはずの言葉が胸に刺さって掻きむしった

悪い奴はそんないないけど上手くいかない事が多いんだ

ささくれ立った心をすし詰めにしたまま

地下鉄のドアは閉まる

 

掴んじゃいな この手を

higher & higher  何処までも

崩れ落ちる瞬間も

積み上げてた いつでも

バベル

 

息を吸って吐いて吸って吐いて吸って吐いて止める

それだけで罪深い僕です

アフリカの子供のことを考えながら

街は静かなもの

疲れきって家に帰る

窓を開けたなら夜の風が吹くはず

 

伸ばした手がいつかは

誰かを温めるかも

気がつけばいつの間にか

周りを踏みつけていた

 

吸って吐いて吸って吐いて吸って吐いて吸って吐いて

吸って吐いて吸って吐いて吸って吐いて

いつか止まる

 

掴んじゃいな この手を

higher & higher 何処までも

崩れ落ちる瞬間も

積み上げてた いつでも

 

踏みつけても崩れ落ちても

積み上げていく僕のバベル

今日は高く 明日は遠く

せめて君は僕の近く

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、山下達郎さんがライブの時に大きな声で歌うお客さんに、あなたの歌を聴きに来ているんじゃないと苦言を呈したみたいな記事を見たけど、自分も昔にGRAPEVINEのライブを見に行った時にみんなが結構、歌ってたので大声で歌っていたら声が大きいのよ!前からだけで充分なのよ!と哲学的な文句で怒鳴られたことがある。

そりゃそうだ。

前からGRAPEVINEの音が聴こえてるんだもの。

そんな時は素直にごめんなさいですよ。

 

でも世の中の全部のミュージシャンが歌わない音楽やステージの作り方のわけでもない。

音楽を作って人前で鳴らす時にコール&レスポンスのことはずっと切っても切り離せない。

 

演者連中と話してるとよく出るのが、コールは嫌い、レスポンスは好きだということ。

自然に歌いたくなる曲を頑張ってつくれってことだよね、きっと。

 

たまに見るけど、こんだけみんなが歌うまで終わらないぞー的なやつあるけど、あれはかっこいいと思わないからやらない。

自然発生的に大合唱みたいになるみたいなのは演奏しててめちゃくちゃ気持ちが良い。

足元に置いたモニタースピーカーの音を突き破ってくるような。

 

お客さんがたくさん入ったライブの時にそれぞれのつぶやきくらいの声が重なって大きくないけれど、なぜか共鳴が共鳴を呼ぶような響きも素敵。

その時はモニタースピーカーから出る音の間をすり抜けてくるような感じがする。

 

確かにここは一人で歌わせてくれよのところもある。

同じようにここはしっとりと聴きたいのよ、の部分もあると思う。

 

じゃあ、その判断をどこでするのか。

そんなことをいちいち考えながら聴かなきゃいけないのか。

面倒くさいよね。

音楽は何も考えずに聴く時が一番気持ち良いものね。

 

だから自分は演者がわかりやすく提示するのが一番の気がする。

歌ってくれとお願いするでなく、わかりやすく、でもあくまでさりげなく。

楽曲の中にコール&レスポンスを取り入れるというのもあるけれど、それもそこに寄って行くと音楽が安っぽくなってしまう場合もある。

自分が書く時は歌詞の物語の中で叫んでもおかしくないならオッケーっとしています。

それもケースバイケースではあるけれど。

このことに答えはない気がする。

人の数だけ音楽があって、それぞれ違うものだから。

 

難しいことはこちらで済ませておいてみんなには気楽に来てもらうのが一番です。

そんな抑圧や思考から解き放たれた時に歌声というのは最もよく響くものだから。

 

この世界で美しいもの。

なにもかもを染める夕焼け、青い空、新宿のビル群のシルエット、大好きな人の産まれたままの姿。

ステージに飛び込んでくる歌声もそんな美しいものの一つです。

それは時々、目に見えるような気さえする。

 

 

〈サナダヒデト弾き語りワンマンシリーズ〉

 

☆2017年09月23日(土) 

サナダヒデト弾き語りワンマンライブ「サナーソニック」

OPEN: 18:30 / START: 19:00

【会場】大阪・心斎橋 酔夏男

【料金】前売り:3000円 / 当日:3500円(ともにD別)

ご予約はinfo@sanadahideto.comまで。

 

 

※そしてジョン中村と二人でやるやつも決まってます。

☆2017年10月21日(土)

サナダヒデト弾き語りワンマンライブ「サナーソニック」

 OPEN: 18:00 / START: 19:00

【会場】青山プラッサオンゼ

【with】ジョン中村(Dr.)

【料金】前売り:3000円 / 当日:3500円(ともにD別)

ご予約はinfo@sanadahideto.comまで。

 

 

 

〈アイラブユーベイビーズ主催〉

 

いよいよ近づいてきました。

☆2017年09月28日(木) 

アイラブユーベイビーズpre. 愛してる祭 vol.3

OPEN: 18:00 / START: 18:30

【会場】渋谷CLUB CRAWL

【with】 絶叫する60度 / チロル / CANDY GO!GO! / toitoitoi

【料金】前売り:2500円 / 当日:3000円(ともにD別)

【チケット購入方法】 メール予約 / 手売り

 

 

そんで10月の愛してる祭りも発表になりました!

レコ発を予定してます。

☆2017年10月18日(水)

アイラブユーベイビーズpresents 『愛してる祭vol.4』〜音源発売編〜

OPEN: 18:00 / START: 18:30

【会場】渋谷CLUB CRAWL

【with】ダイナマイト☆ナオキ / 松山晃太(GRAND FAMILY ORCHESTRA) / アサトアキラ

【料金】前売り:2500円 / 当日:3000円(ともにD別)

【チケット購入方法】 メール予約、手売り

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。