おいしく作ってきれいになれるグルテンフリー東京広尾の米粉教室

東京広尾駅徒歩2分。グルテンフリーの米粉だけでつくる驚きのパン、お菓子、お料理などが学べる料理教室です。
一般社団法人日本米粉クッキング協会の認定講師資格を取得することができます。

米粉クッキングでグルテンフリー生活!

サラ・グルテンフリークッキング広尾では“米で創造する新しい食文化”を発信しています。和洋中どんなお料理にも変幻自在な魅力的な食材「米粉」を使って皆さんも米粉クッキングを始めてみませんか。




テーマ:
次々と グルテンフリー・米粉の手成形パン の試作が進んでいます。

今回ご紹介するのは 「メロンパン」です。


  クッキー部分は 卵も乳製品も不使用のクッキー生地 です。
 クッキーの味はいいのですが、もう少し改良の余地がありそうです。
 パンの部分は申し分ありません。柔らかくてふわふわ、メロンパンにピッタリのパン生地です。
 
(ミニ知識ビックリマーク
 果物のメロンの皮の網目ってどうしてできるのか、ご存じでしたか?

 私たちが転んで皮膚を擦りむいたときに、傷が乾いてくるとかさぶたになりますね。
 それと同じようなもので、果肉が肥大する際に果皮がはじけてできたひびがかさぶた状態に
 なって網目模様をつくり出すそうです。

メロンパンにきれいな網目模様が入るように、クッキー生地の配合を見直しましょう。

後日改めて網目がきれいに入ったメロンパンをご紹介いたします。







 
いいね!した人

テーマ:
たった今、グルテンフリー手成形パン・動物ちぎりパンが焼き上がりました!!
 全部で9匹の動物たち、1匹として同じ顔の子がいませんね。


  ちぎって整列音譜 かわいい~ビックリマーク

  中にはこんなにあんこがぎっしり詰まっています。
  パンがとにかく柔らかくて、おいしいあんパンの焼き上がりです。

グルテンフリー・手成形の米粉パン で 次は何を作りましょう !!

                                              どうぞお楽しみに音譜





いいね!した人

テーマ:
グルテンフリー・手成形による米粉パン の進化のスピードがすごいことになっています。

    見て、見て、見てくださ~い音譜

 グルテンフリー・手成形米粉のパン が ついに、ここまで来ました!!

 コルプ型に入れて焼く、ハード系のパン、なかにはレーズンがたっぷり入っています。
 大人気のどこを切ってもレーズンたっぷり、のあの レーズンパン です。
 

  いよいよ、食レポです。
  切り口を見ると、もう、これはパンでしょ、と言いたくなるような顔をしています。
  期待を胸に、いただくと、疑いもなくパンでした。国産小麦を使ったような適度なもちもち感が
  あり、レーズンの味が素直に伝わり、やさしい甘さが心地よく、1枚食べ終わると、もう1枚と
  手が出てしまいました。(お昼のお弁当を食べた後ですよ、おかわりしちゃいましたニコニコ
  
  実は、このパンは昨日焼いたものなんです。1日たっても柔らかいのが不思議なくらい。
  トーストせずにそのままいただきましたが、その柔らかさには驚きました爆弾
  
  グルテンフリー・手成形パンの進化のスピードには目を見張るものがあります。
  さすがに白神こだま酵母の第一人者である当・スタジオ主宰の大塚せつ子の成せるわざ。
  白神こだま酵母とツー・カーの仲ラブラブですから、こだまちゃんの特性を最大限生かし、
  米粉パンの世界に新たな手成形の世界が加わりました。
  グルテンフリー・手成形の米粉パンの進化のスピードは、これからも目を離せません。


 こちらはデーニッシュパン風の菓子パンです。どこからどう見ても、普通のパンですね。
 こちらも前日焼いたものをいただきましたが、柔らかくてビックリビックリマークしました。
 米粉パンは素材の味を引き立てるというのはわかっていましたが、その通り、チョコレートの
 味が素直に伝わりました。米粉のパン生地はまったく雑味がなく、やさしい味わいでした。
 これは間違いなくおいしいですクラッカー

 8月は本科コースのレッスンは夏休みとなりました。その間、たっぷりと試作の時間が
 とれます。きっと夏休み明けには、 グルテンフリー・手成形の米粉パン
 もっとすごいことになっていると思います。
 
 手成形の米粉パンが当たり前のように食べられる時代はもうすぐそこまで来ているかも
 しれません。


 
 

いいね!した人

テーマ:

本科おやつコースの第7回は『和』で攻めました。

    浮島 と お焼き  もちろん グルテンフリー です。


米粉で和菓子をつくるのって 当たり前すぎるかもしれません。

1kgの米粉(当スタジオではあきたこまちの米粉・『マイドルチェ』使用)があったら、

パンを焼いたり、シフォンケーキを焼いたり、、、と、いろいろな用途に使うことができれば、

米粉がもっともっと身近な材料になると思い、和菓子もメニューのなかに入れてみました。


浮島はメレンゲを使い、焼くのではなく蒸しあげます。出来上がりはパウンドケーキのよう。

でも味は和菓子、しっとりとした生地で口のなかであんの味が伝わってきます。

皆さんにはとても気に入っていただけたようですニコニコ

  浮島のつくり方はいたって簡単ビックリマーク蒸し時間も20分ですから、手軽につくれます。

  クルミとオレンジピールをそれぞれお好みで入れました。

  白あんのほうにローストしたクルミを入れたら、薄皮のタンニンのせいでしょうか

  色がくすんでしまいました。左はあずきこしあんにクルミ、白あんにオレンジピールを

  入れてあります。この組み合わせのほうが色のあがりが断然きれいです。


  

   

    小麦粉ではなく、米粉でつくった お焼き 、グルテンフリー のお焼き です

    当スタジオ独自の米粉の前処理をします。そうすることで デンプンのべたつきが

    緩和され、歯切れのよい生地になります。その生地で つぶあん、きんぴらごぼう、

    ヒジキ煮を包みました。きんぴらもひじきもグルテンフリーのたまり醤油を使って

    煮た、正真正銘グルテンフリーのお焼き です。

    ホットプレートを使えば、一度に12~15個が焼けるので、お焼きパーティーなんて

    楽しいですね。



そして、作業の合間を見て、電子レンジでつくる

京都土産の定番『生八つ橋』を共同作業でつくりました。

これで京都まで行かなくても、おうちで『生八つ橋』が

手軽につくれるようになりますよ。








和のスイーツもラインアップに加わり、

グルテンフリーのお菓子のレパートリーが増えましたね。


午前のパンコースでは手成形のグルテンフリー・パン※を習い、コーヒーシナモンロール

食べられるようになり、ますますグルテンフリーの食生活が充実してきましたね。


            ※手成形のグルテンフリーパンは

              7月16日付スタッフブログの速報をぜひご覧ください!!




いいね!した人

テーマ:


       パン屋さんの店先に並んだ、コーヒーシナモンロール、ではありませんよ。
       サラ・グルテンフリークッキング広尾の本科パンコース第7回目のレッスンで
       焼き上げた可愛いパンたちです。

  ひとつひとつ顔は違いますが、すべて グルテンフリー・手成形のパン です

  もう一度言いますよ、
  手成形・グルテンフリーのパンです。


米粉パンの進化はここへ来て、一気にそのスピードを上げています。

今日のレッスンで初お目見えのグルテンフリー米粉パンコーヒーシナモンロール」、しかも
手成形による菓子パン、いかがですか?
見るからにおいしそうな焼き色がついています。間違いなく、これはパンですビックリマーク
コーヒークリーム、シナモンシュガー、クルミのフィリングと、パン生地とのバランスが絶妙の
ハーモニーを奏で、1つ食べ終わると、もう1個と つい手が伸びてしまう美味しさです音譜

感動 !? と 笑顔いっぱい ニコニコ のレッスンでした クラッカー

                        今日習われた生徒さんへ
                          忘れないうちに 必ず 復習してくださいね。
                        次回木曜日クラスの生徒さんへ
                          もう今からワクワクドキドキ 28日が待ち遠しいと
                          思います。どうぞお楽しみに。




いいね!した人