おいしく作ってきれいになれるグルテンフリー東京広尾の米粉教室

東京広尾駅徒歩2分。グルテンフリーの米粉だけでつくる驚きのパン、お菓子、お料理などが学べる料理教室です。
一般社団法人日本米粉クッキング協会の認定講師資格を取得することができます。

米粉クッキングでグルテンフリー生活!

サラ・グルテンフリークッキング広尾では“米で創造する新しい食文化”を発信しています。和洋中どんなお料理にも変幻自在な魅力的な食材「米粉」を使って皆さんも米粉クッキングを始めてみませんか。




テーマ:

5月21日(土)

午前

本科パンコースの第3回は 「ハーフ&ハーフ フォカッチャ」

















ローズマリーオイル・黒オリーブ、バジルペースト・赤ピーマン・パルミジャーノレジャーノの

ハーフ&ハーフのトッピング。生地の中にはドライトマトと黒オリーブが入っています。

1本で2度おいしい グルテンフリー・米粉のフォカッチャの焼き上がり!!


周りはカリッと焼け、ふっくらモチモチの食感 ニコニコ に感激。

一瞬小麦粉で焼いたの、と思ってしまいます。

でも正真正銘のグルテンフリーのフォカッチャなんです。

1.5斤の食型に入れて焼いたので、焼き上がりの存在感があります。


皆さんが口にしたのは、人に差し上げるときにもってこい、とか、持ち寄りのランチ会のときに

今度持っていこう、っと。

きっと喜ばれますよ。そうやってグルテンフリー・米粉パンをまずは自分の周りから広めて

いってください。そうです、草の根運動音譜ですね。


午後

本科おやつコース第3回は 「ソーダブレッドとカレースコーン」 (メニュー変更があり)

ソーダブレッドもカレースコーンももちろんグルテンフリー、そして卵、乳不使用です。























サラ・グルテンフリークッキング広尾独自の方法で米粉の前処理をします。これをすることで

でんぷんのべたつきを緩和してくれます。

ソーダブレッドもカレースコーンも両方とも米粉の前処理をします。

どちらも米粉の前処理をするのが手間と言えば手間ですが、それさえすれば、あとは簡単。

混ぜて、焼くだけです。

ソーダブレッドはクイックブレッドと呼ばれますから、酵母を使って発酵させることがなく、

重曹やベーキングパウダーで膨らませる手軽なパンです。3大アレルゲンフリーの材料で

焼くソーダブレッドは甘さ控えめ。朝食にも、おやつにも向いています。材料にバターは

使っていませんが、なんとなく遠くにバターっぽさをかすかに感じるのは単なる錯覚!?


今までの本科ではパンコースに組まれていたソーダブレッドですが、人気のアイテムなので

今回はおやつコースに復活。


カレースコーンは今までの本科おやつコースで人気のアイテムでした。ぜひ作っていただき

たいので再登場です。カレーの香りが生地を仕込み中も また焼成中も 食欲をそそり、

たまらないアロマ効果を発揮。カレースパイス類が絶妙な、大人向きの調合です。

日本人の大好きなカレーライスの ライスを米粉に替え、カレールーはスパイス類を米粉に

混ぜ込むことで、スコーンの形になりました。このカレースコーン、カレー好きな10人中10人

の大人からグッド!(いいね)をもらえると思います。本当においしいんです音譜


残念なことに日本人はお米を粒であまり食べなくなってしまいました。

米粒を粉にすることで、米粉をつかったおいしいメニューがもっともっと世の中に広まれば、

日本人のソウルフードであるはずの『お米』の消費に貢献できるはず。そして食料自給率アップ

にもつながります。そして、何よりグルテンフリーの食事が実践できますよ。


身近な方がたに本当においしいグルテンフリーの米粉パンやおやつを食べていただく、

という草の根運動にぜひご協力をビックリマーク





いいね!(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今まで1斤型で焼いていたフォカッチャを、1.5斤型で焼いてみました。
当スタジオの米粉パンのなかでも 人気上位にランクインのフォカッチャです。
1.5斤の存在感は半端じゃありません!! 写真だと、その大きさが伝わらないのが残念しょぼん
生地にはドライトマトと黒オリーブの実が入っています。
ハーフ&ハーフのトッピングは
    黒オリーブにローズマリー  
    バジルペースト、赤ピーマン&パルミジャーノ・レッジャーノ


一度で二度楽しめる GF・米粉のフォカッチャ です。

味は言うまでもありません、もちろん、おいしい~音譜 スープとサラダがあればランチとして十分の
満足感が得られます。ドライトマトがいい仕事ぶりを発揮。さすが太陽の光を思う存分に浴びて、
干されて、トマトのうまみと甘みがギュッと凝縮されていますから。時々口の中でドライトマトに
出会うと、ちょっと得した気分です。

当スタジオでは米粉100%のパンを 「田んぼのパン」 と呼んでいます。
日本人のソウルフードである「米」が粉になり、そして、イタリアンに変身しました。

今日は、GF(Gluten-Free)・米粉でつくった「田んぼのフォカッチャ」 をご紹介いたしました。





いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヘーゼルナッツ1粒入りのスノーボールが焼けました。

先日のブログで、銀座Wの「ボロン」のお話をしましたが、ヘーゼルナッツパウダーが
手に入ったので、早速つくってみました。
小麦・乳・卵不使用のスノーボールです。


ナッツ好きにはたまらない一品(逸品?)となりました。

スペインのお菓子「ポルボロン」から派生したと思われるスノーボールですが、
ポルボロンをつくるには小麦粉を予めオーブンで黄金色に焼いて、グルテンを切ることから
始めます。米粉にはグルテンがないので、この手間はいりません。グルテンがない米粉に
とても向いたお菓子と言えますね。サクサク、カリカリ、その食感があとひきます。

1個に1粒のヘーゼルナッツ入り、何て贅沢な!!ナッツ好きの方へのプレゼントにいかがですか?





いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月7日(土)


午前:本科コース グルテンフリー・パンの第2回目は

    ★スクエア型で焼く1斤グルテンフリー・米粉パン


   なぜグルテンフリーで米粉100%のパンが焼けるのか、不可能を可能にした技術を

   大塚せつ子がお伝えしています。今までの本科で使っていたいわゆる1斤型から

   新・本科ではスクエアの1斤型を使うようになり、今まで以上にハードルが上がりました。

   生徒さんより一足先に焼き上がったパンを見て、歓声が上がりました。

   わぁ~!! すごい音譜 よく考えつきましたねクラッカー


   (写真でご紹介できず大変申し訳ございません。後日ご紹介します。)


   焼き立ての米粉パンの切りづらいこと、ご存じの方も多いかと思いますが、それを見事に

   解消した大塚せつ子の工夫、そのアイデアに皆さんは感動なさったご様子。白神こだま

   酵母の第一人者の大塚せつ子だからこそ可能にした技術を目の当たりにすることが

   できるんです。

   新・本科コース グルテンフリー・パンの残り8回のラインアップもどうぞお楽しみにアップ


   

午後:本科コース グルテンフリー・おやつ の第2回目は

    ★3大アレルゲンフリーで焼くクッキー3種

        ①チョコアーモンドクッキー (ココア味にアーモンドの香ばしさが加わったがっつりクッキー)
        ②ココ・フィンガー (ココナッツづくしのカリカリクッキー)
        ③くるみのスノーボール (くるみ好きにはたまらないホロっとサクっとクッキー)

どれも作り方は簡単。一番面倒なのは材料の計量あせる。 計量さえ済めば、あとは混ぜるだけ音譜


今日のレッスンでは米粉を中心に使っていますが、クッキーをつくるうえで米粉にはグルテンがない

ことが欠点であり、長所にもなります。バター、卵を使わずに小麦粉でつくるクッキーのような食感を出すには、米粉にはグルテンがないという欠点を補う工夫が必要です。そこで、アーモンドパウダー、くるみ

パウダー、ココナッパウダーなどが登場。それらの材料もグルテンがないので、混ぜすぎても安心、失敗がありません。そうです、グルテンがないことが長所なんです。



               焼き上がったクッキーをケースに詰めて 勢揃い ニコニコ

一番人気は「くるみのスノーボール」でした。

このレシピでアーモンドパウダーを使えば、いつもスノーボール。

ヘーゼルナッツパウダーを使って、中には1粒ヘーゼルナッツをしのばせれば、、懐かしい銀座Wの

「ポロン」。(最近はヘーゼルナッツが入っていないようですしょぼん

1つのレシピからいろいろ応用ができますよ。楽し~い音譜

ぜひそんな応用力を身につけていってくださいね。




いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

チーズケーキが好きな人、この指グッド! とまれ~音譜


チーズケーキが好きな人って多いように思いますが、嫌いな人ももちろんいますよね。

今から40年以上も前に(年齢がわかってしまいますねしょぼん) チーズケーキが某ホテルのコーヒーショップにありました。その頃はまだチーズケーキに馴染みがなかったせいか、石鹸を食べているみたいで嫌い、という方がいらしたのを思い出します。そのチーズケーキは『タルト・フロマージュ・オー・アプリコ』という名前で、タルト生地にクリームチーズベースのフィリング、底にはアプリコットが敷きつめられ、上にはサクサクのクランブルがのっていて、今思い出してもおいしいチーズケーキでした。


レアチーズ、スフレチーズケーキ、ベイクドチーズケーキなど いろいろなチーズケーキがありますが、

お好みはどんなチーズケーキですか?


          ↑

上の写真のシフォン型で焼いたチーズシフォンは スフレチーズケーキとも違うし、ベイクドチーズケーキでもないし、やっぱりチーズシフォンケーキなんです。もちろん小麦粉不使用、グルテンフリーです。

当スタジオ主宰の大塚せつ子によるレシピで、材料の配合はまさに黄金比。

当スタジオにいらっしゃるお客様に最近よくお出ししておりますが、女性からも男性から大絶賛!!

レモンの酸味がほどよくきいて、クリームチーズのコクを生かしながらも爽やかさを感じます。


今日はお土産用に4台焼きました。冷凍して、クール宅急便で送ります。

喜んでいただけるといいなぁ。






いいね!(11)  |  リブログ(0)