欲がなくなってきた若者

テーマ:

米国の大学や大学院に留学する学生が減りつづけているという。学費が高いのと、テロや銃乱射の危険が高いからだという。この分でいくと、グローバルに活躍できる日本人が少なくなる一方だ。

 

しかし、こればかりは親や教師が「行ってこい」と尻を押すわけにはいかない。それによって本人が怪我をしたり死んでしまったら、責任の取りようがないからだ。それでも日本人が世界に出かけていって、見聞を広めるだけでなく、最先端の学問や技術を学んでこないと、10年後20年後には、相当遅れた国になるのではあるまいか?

 

これに対し、中国、インドの学生の米国留学は、うなぎ登りだという。その人数を聞くと思わず唸ってしまうが、日本人の1万9千人に対し、中国人は35万人だという。中国人だってテロや銃撃の怖さは同じなのだ。それに当たり前のことだが、米国には3億人以上の人々が住んでいる。日本人だけ危険なわけではない。

 

恐らく日本人全体が欲を失いはじめたのではなかろうか? 出世の意欲も急激に下がっているという。これまでは経営者になりたくないという若い世代がふえてきたが、いまは管理職になりたくないというのだ。いわゆる「小市民」といわれる、小金を貯め込んで、それで生活していければいい、というわけだ。

 

1人の生活として見た場合には、これでいいかもしれないが、指導層になる人がいなくなると、日本全体が小さく、力のない小国になっていく危険性もありそうだ。もちろん、日本にいても勉強はできるが、それでは江戸時代の鎖国状況になってしまう。

 

若者にはもっと大欲を抱いてもらわないと、日本全体が活気が出ないだろう。いや、それより中国に使われる国になるかもしれない。

 

 

--------------------------------------------

櫻井秀勲 音声コラム『文壇爺の文豪日記』

http://m.himalaya.fm/59021/album/99874

--------------------------------------------

櫻井秀勲 新刊『「適職」に出会う5つのルール』が

http://www.kizuna-pub.jp/book/9784866630137/

--------------------------------------------

 

 

▼早稲田運命学研究会

 http://w-unmei.com/subpage1.html

 

▼男と女の深層心理学講座

 http://bit.ly/2pkMMD6

 

▼著者になりたい!実践塾

 http://bit.ly/2rSCVCT

 

▼櫻井秀勲の「小説家養成講座」

 http://www.kizuna-pub.jp/study/shosetukayousei2nd/

 

▼<週末書斎勉強会> 

   櫻井秀勲のリーダーになるための「着眼と発想力」

 http://bit.ly/2pXX9sQ

 

▼櫻井秀勲Facebook

 http://www.facebook.com/sakuraihidenori

AD

引っくり返るのが歴史

テーマ:

歴史には正史と稗史(はいし)の2種類がある。正史はその時代の裏付け資料のあるものをいい、稗史は民間に伝わった裏付けのない噂話をいう。作家はこれらを小説にするのだが、基本的に正史を資料に使う歴史小説作家と、稗史を集めて縦横にちりばめる時代小説作家の2種類がいる。

 

このところ、その正史を覆す研究が進んできたらしく、歴史の教科書も大きく変わるらしい。坂本龍馬が消えるという説もあるし、松下村塾の塾頭として輝いてきた吉田松陰も、テロ扇動家として外されるかもしれない。

 

また来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」も、これまでの実像と大きく変わるようだが、世が世であれば、長州藩や薩摩藩の鹿児島県人や山口県人から、大きなクレームが出そうだ。私の知っている歴史小説作家の海音寺潮五郎は西郷隆盛については右に出る者のないくらいの研究家だっただけに、生きていたらこのブームに反対して、一大論争を巻き起こしたかもしれない。

 

実は歴史は100年毎に書き替えられる、といわれる。1つには新しい資料が出てくるからだが、もっとも大きいのは、戦争と平和時の時代の変化による。右翼が台頭する時期と左派全盛の時代で、消えたり生き返ったりする歴史上の人物が何人も出てくるものだ。

 

これは歴史だけでなく、地理もそうだし、医学もそうだ。50年前には短時間催眠がもてはやされたが、いまは睡眠負債時代になっている。走ったほうがいい、走ったら足腰に悪い――といった論争はいつでも起こるので、あまり一喜一憂しないほうがいい。

 

いまの新説歴史がブームもあと数十年たったら、また引っくり返ると思っていていいだろう。私は歴史小説担当編集者だったので、作家と作品の変遷を知っている。どの学者が何を説こうと、怒ったり嘆いたりしないことだ。

 

 

 

--------------------------------------------

★音声プラットフォームアプリ「Himalaya」★

櫻井秀勲音声コラム『文壇爺の文豪日記』

http://m.himalaya.fm/59021/album/99874

 

★櫻井秀勲 新刊 『「適職」に出会う5つのルール』★

http://www.kizuna-pub.jp/book/9784866630137/

--------------------------------------------

 

 

▼早稲田運命学研究会

 http://w-unmei.com/subpage1.html

 

▼男と女の深層心理学講座

 http://bit.ly/2pkMMD6

 

▼著者になりたい!実践塾

 http://bit.ly/2rSCVCT

 

▼櫻井秀勲の「小説家養成講座」

 http://www.kizuna-pub.jp/study/shosetukayousei2nd/

 

▼<週末書斎勉強会> 

   櫻井秀勲のリーダーになるための「着眼と発想力」

 http://bit.ly/2pXX9sQ

 

▼櫻井秀勲Facebook

 http://www.facebook.com/sakuraihidenori

 

AD

これからの日本人は独身(ソロ)になっていくといわれる。結婚が減り、高齢者が亡くなっていくと、当然のことながら家族、家庭が消えていくことになる。少子社会の恐ろしさは、若者が減って働き手が少なくなるだけではない。独身者ばかりになると交際も減っていき、人間性が失われていくことにもなるのだ。

 

ところがもっと恐ろしい社会になりそうだ。政府が生産性革命を掲げ出したからだ。この生産性革命のトップはテレワークの導入だという。勤務先で働く必要はない。自宅でもどこでも好きなところで働こうというのだ。いわゆる在宅勤務だが、このプラスは働く側の人間にとっては非常に大きい。特に子育て中の夫婦にとって働きやすいし、また会社側もベテランをしっかりつなぎとめておけるだけに悪くないのだ。

 

さらに会社側としては、むやみに大きな社屋が必要でなくなり、それも大きなプラスになる。一見すると労使共に大歓迎なのだが、ここで大事なことは、社内立ち話、飲み会、あるいは男女交際などがなくなるため、人間らしさが失われてしまうという。

 

さらにコミュニケーションがなくなれば、働こうという気概が失われて、最終的には、働く気、遊ぶ気、出かける気がすべて失われ、沈滞した社会になると指摘されている。たしかに私たち人間には「群れる」という大切な行動がある。

 

それが少しずつなくなると、ソロ社会に順応するタイプと、順応しないタイプの2つに分かれるかもしれない。それはどの程度、テレワーク企業が拡大するかで決まるだろうが、私たちも働きやすくなるのか、働きにくくなるのか、時間をかけないと正しい解答の出ない社会になってきた。

 

 

--------------------------------------------

音声プラットフォームアプリ「Himalaya」にて

櫻井秀勲の音声コラム『文壇爺の文豪日記』

第0回~第9回 公開中!

--------------------------------------------

太宰治、五味康祐、松本清張……

ここで初めて明かされる、大文豪の知られざるエピソードの数々。

 

あの名著はこうして生み出された!?

編集者だからこそ語れる、文豪や出版業界の裏話が続々登場!

 

Himalayaアプリのダウンロード、試聴はこちら▼

http://m.himalaya.fm/59021/album/99874

 

--------------------------------------------

櫻井秀勲の新刊

『「適職」に出会う5つのルール』 好評発売中!

--------------------------------------------

NGな会社の見極め方から、仕事の将来性まで、

あらゆる視点で適職の見つけ方を解説!

 

将来に意識を向けるきっかけともなる一冊。

高校生、大学生の方にもおすすめです。

http://www.kizuna-pub.jp/book/9784866630137/

 

 

 

 

▼早稲田運命学研究会

 http://w-unmei.com/subpage1.html

 

▼男と女の深層心理学講座

 http://bit.ly/2pkMMD6

 

▼著者になりたい!実践塾

 http://bit.ly/2rSCVCT

 

▼櫻井秀勲の「小説家養成講座」

 http://www.kizuna-pub.jp/study/shosetukayousei2nd/

 

▼<週末書斎勉強会> 

   櫻井秀勲のリーダーになるための「着眼と発想力」

 http://bit.ly/2pXX9sQ

 

▼櫻井秀勲Facebook

 http://www.facebook.com/sakuraihidenori

AD

痛公用車から痛スーツへ

テーマ:

近頃は「痛」ブームだ。2000年に入ったいつ頃から流行りはじめたのか、最初は若者言葉として使われていたが、いまはもう大人言葉だ。私は「イタ車」という言葉を聞いたのが初めてかもしれない。当然のことながらイタリアの車と思っていたが、実はそうではなく「みっともない車」という意味だった。「気の毒に」「恥ずかしいだろうに」というところを、たった一言「痛ッ」というのだ。しかしこれがなんとも絶妙な感じなのだ。

 

若者たちからすると「なんだよ、もう古い言葉だよ」というかもしれないが、このところで「痛公用車」という言葉が出回ってきたことで、改めてもうこの言葉は、全国区になっていることを痛感したのだ。といってもこの公用車は東京にいたのでは、ほとんど見られない。最初は兵庫県の豊岡市で使い出したらしい。この市はかばんの町だという。

 

しかしそれほど知られていないので、2台ある公用車に、かばんの写真をラッピングして走らせてみたのだという。これが意外にも多くの人の目に止まり「あれは何だ。みっともないが目につく」と評判になったらしい。これがいまや全国区に広がる勢いで、東京の近くでは埼玉県深谷市の「ふかっちゃん」公用車が人気なのだ。

 

長野県飯田市の「ナミキちゃん」ラッピングの痛公用車は、中国などでも話題になっているというが、そのうちに市長のスーツやバッグもラッピングされるかもしれない。こういうのは最初にやったもの勝ちで、必ずテレビに取り上げてくれる、それだけで一躍全国に都市名が知られるだけに、やってみる価値がありそうだ。

 

そのうち「痛ブーム」研究会がつくられるかもしれない。いまのところ車のラッピングが中心だが、まだまだ広げられるだろう。こういうのは、若者に考えてもらうにかぎる。

 

 

 

▼早稲田運命学研究会

 http://w-unmei.com/subpage1.html

 

▼男と女の深層心理学講座

 http://bit.ly/2pkMMD6

 

▼著者になりたい!実践塾

 http://bit.ly/2rSCVCT

 

▼櫻井秀勲の「小説家養成講座」

 http://www.kizuna-pub.jp/study/shosetukayousei2nd/

 

▼<週末書斎勉強会> 

   櫻井秀勲のリーダーになるための「着眼と発想力」

 http://bit.ly/2pXX9sQ

 

▼櫻井秀勲Facebook

 http://www.facebook.com/sakuraihidenori

足腰頭に手指の先

テーマ:

大仁田ハルノさんは100歳だが、熊本県天草市のインターネット放送局の女子アナだ。世界最高齢の現役アナだという。この彼女が99歳から折りはじめたのが千羽鶴だった。この折り鶴の数がなんと、2600羽を超えたというのだ。彼女はこの折り鶴が欲しい人に贈ろうと考え、地元のテレビ局に相談した。

 

その縁によって、ある病院の女性患者の許に届けられたのだが、「この折り鶴によって元気になりました」というメールが届いたという。すばらしい話だが、それと同時に大仁田さんの生き方は、高齢者の鑑といえるかもしれない。というのも1つには、他の高齢者や病人を励ますことになり、もう1つは、自分も高齢の生き甲斐を見つけることができたからだ。

 

実際、指先を使っていると認知症予防になるというので、大仁田さんはこの折り鶴を折り始めたというが、90歳、100歳といった超高齢まで生きられる人は、必ず何か趣味や仕事をしているようだ。

 

105歳で亡くなった日野原重明先生も死ぬまで聖路加国際病院の名譽院長など、いくつもの現役職業をもって忙しくしていたが、まさに認知症にならずに長寿を全うした人生ではなかったか? 世間を見渡すと、最近は90歳以上で仕事をもっている人たちが、ずいぶんふえてきた。農家でも、90歳以上の夫婦が働くケースはまれではないという。作家や芸術家に至っては大勢いる。

 

私は自分で「足腰頭に手指の先」という言葉をつくったが、いくつになってもこれだけ動かしていれば、寝たきり老人にはなりにくい。大仁田さんは自分から特に手指の先を動かして、社会に貢献している。何歳まで生きるか楽しみだが、私たちは自分でこういう生き方を見つけていくべきなのだろう。とても参考になる。

 

 

 

 

▼早稲田運命学研究会

 http://w-unmei.com/subpage1.html

 

▼男と女の深層心理学講座

 http://bit.ly/2pkMMD6

 

▼著者になりたい!実践塾

 http://bit.ly/2rSCVCT

 

▼櫻井秀勲の「小説家養成講座」

 http://www.kizuna-pub.jp/study/shosetukayousei2nd/

 

▼<週末書斎勉強会> 

   櫻井秀勲のリーダーになるための「着眼と発想力」

 http://bit.ly/2pXX9sQ

 

▼櫻井秀勲Facebook

 http://www.facebook.com/sakuraihidenori