今日の夕飯はうどん。

テーマ:

雨でしたね。

我が家は雨の日の食事作りは中々に憂鬱な外キッチンでの薪仕事。

紙も焚き物も湿ってたりで、中々に着火までかモタついたり、足元悪かったりポタポタ雨粒にやられたりでね。



そんな雨降りの本日は日曜日なので、夕飯はお母さんには(あまり)手をわずらわせない「げうどん」に。



{D7738354-7FCC-42AA-9120-0E22E8659456}



なんかこの子供らのうどん踏みの絵が可愛かったのでブログにしました^_^


最初はムギちゃんと2人で踏んでたらドカちゃんが喜んで踏みに来て、兄2人も寄ってきたんです。
環ちゃんは寝てた。 恵ちゃんは真ん中にいるけど暗くて顔が見えない(>_<)





{448A7590-0054-459C-B4E1-B4F62A394784}



なんか本日はずっと麦ちゃんがうどん打ちに付き合ってくれました。



娘はカワイイ。



{428166B5-2B89-4C92-93EA-A39B89A135DA}




仕上げはお父さん。




{666A9BDD-7276-4A62-ADEF-F6032455E827}



1キロの粉に50gの塩と450gの水で、大体この台いっぱいに広げるのが目安でやってます。



{DBD699FA-A727-4770-B136-AEB7BE8B52D3}



で、たたんで切る。

麺棒は捨ててあった銅管、麺切りは菜切包丁、頂いたお餅用の台で伸ばして拾った板壁用の杉板で切ってます。

家にある物でうどんって作れるもんでした、みなさんもやってみてください。



{E97C5EB2-BEF3-476E-83D7-8409DB0DB3B9}



で、切ったらすぐに ほぐしてく。


水回しといって、粉に水を回してくのを上手にやれると、この時にうどん同士がひっ付きにくくバラけやすいです。



 ほぐしたら1/3に切る。  




{3FDC261B-B6AC-4D3A-88F1-52001DF1BA07}




カマドには入らないサイズの大きい羽釜でグツグツ。

10分ゆでたら食べれます。
20分くらいまで茹でながら食べれます、その後は味見ながらだけど茹で過ぎになる前に冷水で締めていただきます。





{E4CCE695-4EC6-42C2-BEF7-8A4CE6EF1182}




茹であがったタイミングでいただきますできるように 子供らと食卓をセットするのが地味に大変だったりします。



{5F3F1197-47EF-4999-8FC2-85704A8E3BDE}



やー、久々にうどん打ったけど今回は良いできでした。 嫁さんからもグッジョブをいただきました^_^




{98041C93-BB68-4C0D-A129-8EFCA9E5A928}




小雨落ちるなか、外でいただくあったか〜いうどん。

秋を通り越して、冬を感じちゃいました^_^


環ちゃんは、最後まで寝てました。

AD