2017年 あけましておめでとうございます。

 

ジェッターマルスやエヴァの後の時代を生きている自分に(@ ̄□ ̄@;)!!

 

昨年めでたくロハン10周年を迎えてイベントしてた時に

ログインしてたことも記事にしないまま、年が明けてしまいましたが(゚ε゚)キニシナイ!!

 

今年も気が向いたら生存報告しますねー。

 

2016年12月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:1676ページ ナイス数:29ナイス 旌旗流転・妖雲群行 ―アルスラーン戦記(9)(10) カッパ・ノベルス旌旗流転・妖雲群行 ―アルスラーン戦記(9)(10) カッパ・ノベルス感想 田中先生はラジェンドラが大好き。ヒルメス王子はいいように使われてる。アルスラーンと入れ替えられた姫と思しき娘は、なんと3人もいた(笑) 読了日:12月4日 著者:田中芳樹
魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11) (カッパ・ノベルス)魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11) (カッパ・ノベルス)感想 ちょ、これって歴史モノっぽいイメージだったのに、なにこの魔王との闘い的な流れは?! 読了日:12月4日 著者:田中芳樹
暗黒神殿 アルスラーン戦記12 (カッパ・ノベルス)暗黒神殿 アルスラーン戦記12 (カッパ・ノベルス)感想 ペシャワール城は、物語序盤から重要な拠点で何度も様々な敵に狙われ続けていたが、今回の敵にどう抗うか絶望していたところ…。タハミーネが今までで一番人間らしかった。姫(候補)の3人も徐々に核に近づいて。そしてエステルちゃんの運命はいかに? 読了日:12月4日 著者:田中芳樹
蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)感想 ヒルメスの周りの変化がすごい。エステルとの再会。ナルサスの奇策とちゃっかり王と穴熊王の逡巡。蛇王の再臨。ああもう第一部とは全く違う話。相変わらずこの作者さんは、登場人物を殺すのにまったくリスペクトを感じない。あの英雄は膠原病で死んだから、全く出番がないアルスラーンは、糖尿病あたりで死ぬんだろうな…。 読了日:12月10日 著者:田中芳樹
天鳴地動(てんめいちどう) アルスラーン戦記14 (カッパノベルス)天鳴地動(てんめいちどう) アルスラーン戦記14 (カッパノベルス)感想 ああ、もうさっさと物語を終わらせたいんだろうなぁ。人と人との駆け引きや何かが面白かった一部に比べて、二部はどっからともなく表れた魔物に16翼将が次々殺されていく、そんな様を読みたいわけじゃない。アルスラーンは出番少ないしな。 読了日:12月20日 著者:田中芳樹
僕だけがいない街 Another Record僕だけがいない街 Another Record感想 矢代学逮捕の後日譚。一審死刑。二審はまさかの心神喪失による無罪。最高裁に持ち込まれたが、なぜか二審無罪を勝ち取った弁護士を罷免し国選弁護士へ。矢代の手記は誰にあてたものなのか?そして裁判の行方は?…過去に掛け違えたボタンを正す勇気と感謝と。 読了日:12月20日 著者:一肇
戦旗不倒 アルスラーン戦記15 (カッパノベルス)戦旗不倒 アルスラーン戦記15 (カッパノベルス)感想 今回一番驚いたこと。「尊師」って一部の終わりにあっさり殺されてたのにまさかの再登場。納得いかぬ。しかし復活した蛇王よりよっぽど働き者だよね、尊師。相変わらず、景気よく広げ過ぎて収集つかなくなった風呂敷をたたむのに忙しいようで、「5年も待たせた」挙句なんで今やねん、フラグ以外何の意味もないじゃん。つまらぬ。そんで、ナルサスが書いてた巻物が、もういっそみんなの似顔絵だったら面白いのにと思うほど自暴自棄になる読後。 読了日:12月27日 著者:田中芳樹
読書メーター
AD

FF15はじめますた気合いピスケ

 

相変わらずの3D酔いでプレイ時間は1時間が限度。

 

感想。

アイテムを拾いたいのに、勝手に剣を出して仲間に切りつけるのはやめて欲しい(○ボタン連打するんじゃない)

ワープ機能がいつ発動するのかわからない(△ボタンを使いこなせてない)

ボタンの数が多すぎて覚えられない。

字が小さすぎて読めない。サッ

 

2016年11月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:1987ページ ナイス数:13ナイス 王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)感想 勝利を確信していたはずの初陣で、何もかも失い敗走する王子アルスラーン。彼を追いかけてきた騎士ダリューンとともに、隠遁生活をおくる元軍師を訪ねるところから始まる一大叙事詩!イランってこんなに豊かな土地だったのねぇ。 読了日:11月17日 著者:田中芳樹
落日悲歌・汗血公路 ―アルスラーン戦記(3)(4) (カッパ・ノベルス)落日悲歌・汗血公路 ―アルスラーン戦記(3)(4) (カッパ・ノベルス)感想 隣国シンドゥラのお家騒動に首を突っ込むアルスラーン一行。ホントにラジェンドラ王子の「いい加減」っぷりが、半端ない。 読了日:11月17日 著者:田中芳樹
征馬孤影・風塵乱舞 ―アルスラーン戦記(5)(6) カッパ・ノベルス征馬孤影・風塵乱舞 ―アルスラーン戦記(5)(6) カッパ・ノベルス感想 パルスへ向かって進軍していたアルスラーン一行にまた新たな横やりが入った。その火の粉を払っているうちに、まさかの人が帰還。新しい使命を負って新たな土地へ向かうアルスラーン。なんでこの子の人生はこんなに波乱万丈なんでしょう。ところで、あのお方が探している「わたしの子」は、もしかして女神官だったりしませんよねぇ? 読了日:11月17日 著者:田中芳樹
ギフト (双葉文庫)ギフト (双葉文庫)感想 自らを覆い隠すようにして生きていた男が出会ったのは、他者には見えないものが見える少年。彼らの見たモノたちは、哀れで切ない。少年の未来に光あれと願わずにはいられない。 読了日:11月18日 著者:日明恩
アルスラーン戦記〈7〉王都奪還 (角川文庫)アルスラーン戦記〈7〉王都奪還 (角川文庫)感想 王都エクバターナ奪還。パルス軍は国王・ヒルメス・アルスラーンの3つに分かれている。ルシタニアの敗走は予見できていたけれど、パルス三者の思惑にこんな決着がつくとは衝撃。あの王様がこんな表舞台に出るとは…。 読了日:11月19日 著者:田中芳樹
アルスラーン戦記〈8〉仮面兵団 (角川文庫)アルスラーン戦記〈8〉仮面兵団 (角川文庫)感想 第二部プロローグで1冊終わった感じ。第一部が怒涛の展開だったので、増長に感じる。とかなんとか偉そうね、私。 読了日:11月20日 著者:田中芳樹
読書メーター

AD

きゅうに肌寒くなって毛布にくるまってる如月です。

 

/ |´・ω・`| \ / |´・ω・`| \みんな~元気かーい!

 

ロハン10周年だって!

如月3周年イベントから生きてたから、あれからもう7年かぁ。...( = =) トオイメ目

 

 

2016年10月の読書メーター

読んだ本の数:3冊 読んだページ数:727ページ ナイス数:51ナイス 3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)感想 なんだか久々に将棋マンガだと思った。藤本棋竜が面白すぎる、そして奥様最強。零ちゃんがいろいろ強くなってきたし、あかりさんのお相手はやっぱりこの人かなと思わせてみたり。巻末の実写映画キャストもなかなか面白いかも。 読了日:10月3日 著者:羽海野チカ
先生と僕先生と僕感想 なるほど、表紙のこれが先生か…というのはともかく、この作者さんは女性ですよねぇ。推理小説大好きな中学生と、お人好しなくせに悪いほうにばかり想像力が働く大学生のお話。 読了日:10月10日 著者:坂木司
僕と先生僕と先生感想 怖くない推理小説ならこれがおすすめですと主人公にお勧めしたい。あと、11人いるは面白いと思います。 読了日:10月10日 著者:坂木司
読書メーター

AD