なんか、普通な結果出た。

如月元気だよー!ほら、健康そのものって↓

 

2016年残り100日運勢みくじ


 

おみくじを引きに行く>

AD

6月に読んだ本まとめ。

テーマ:
5月のゴールデンウィーク明けから、けっこうアクティブな生活をしていた反動で

6月中旬以降はどーんと体調不良。

おかげでせっかく引き締まった(つもりの)お腹がゆるむゆるむ。

7月はがんばろうという意気込みだけで終わる気もする。




久しぶりにロハンログインしてみました。

1月にケータイのりかえでメルアド変わったのに

半年過ぎて初めて安心ログインできないことに気がついたよー!(d゚ω゚d)オゥイェー♪

ちなみにサブキャラでカト狩っただけで終わりましたー!



2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2441ページ
ナイス数:94ナイス

掟上今日子の婚姻届掟上今日子の婚姻届感想
今回の語り部はまたもや不運な厄介くん。今日子さんの出番は少ないのに、今までとは違う今日子さんを見ることができました。今回のテーマは「パターンからの逸脱」
読了日:6月14日 著者:西尾維新,VOFAN
面白くて眠れなくなる生物学面白くて眠れなくなる生物学感想
高校生の生物基礎の教科書を隣に置いて必死にお勉強。面白いけど深すぎてめまいがしてくる―!でも、今まで疑問に思っていたところが何となく理解できた・・・ような気がする。
読了日:6月14日 著者:長谷川英祐
はたらく細胞(1) (シリウスKC)はたらく細胞(1) (シリウスKC)感想
彼らをとりまく世界(からだ)の人より、きっと彼らの方が働き者だ。すり傷の回が地味に面白かった。
読了日:6月15日 著者:清水茜
はたらく細胞(2) (シリウスKC)はたらく細胞(2) (シリウスKC)感想
赤血球の完成(核の消滅)はそうきたかーっ!って思った私は、結構生物のお勉強ができていました。
読了日:6月15日 著者:清水茜
はたらく細胞(3) (シリウスKC)はたらく細胞(3) (シリウスKC)感想
感染した器官を読んだだけで「アレ」だなと推理できました。「アレ」の予防接種は公費助成がないのに受けたんですね!
読了日:6月15日 著者:清水茜
インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)感想
異常な条件の短期バイトに集められた12人。ネイティブアメリカン人形に出迎えられた彼らは果たしてここから生還することができるのか?人形の出典はわかったけど、この世にはまだまだ知らないミステリがいっぱいあるのねーとおもった。犯人は解決まで私には分からなくて面白かった。そんで、一番の悪人はやっぱりあの人ですね!
読了日:6月18日 著者:米澤穂信
営繕かるかや怪異譚営繕かるかや怪異譚感想
古い街並みの古い家。家が古くなると色々な瑕や障りも積もって行く。その積もったモノを営繕かるかやの若い職人がそっとなぞり、共存できうる形に繕うことで家はまたそこにあり続けられるのだろう。スクラップアンドビルドだけが大工さんの仕事じゃないんだよっ!
読了日:6月19日 著者:小野不由美
和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)感想
高校を卒業したものの、進学も就職もしないで家にいる生活は「甘やかされた子=最低」と一念発起して見つけたバイト先はデパートのテナントの和菓子屋さん。ちょっぴりぽっちゃりした杏子ちゃんの同僚は、見た目はキレイ系なのにちょっと個性的な3人。彼らとともに、買い物客達の小さな謎を解く。
読了日:6月24日 著者:坂木司
生と死を握るミトコンドリアの謎 ~健康と長寿を支配するミクロな器官~ (知りたい! サイエンス)生と死を握るミトコンドリアの謎 ~健康と長寿を支配するミクロな器官~ (知りたい! サイエンス)感想
難しかった。でも、TCA回路と電子伝達系の今まで分かっていなかったところはわかってきたかも。アポトーシスの章は面白かったかも。この先生が一番伝えたかったであろう、ミトコンドリアは母親遺伝か否かの検証については華麗にスルーしましたごめんなさい。
読了日:6月27日 著者:米川博通

読書メーター
AD

5月に読んだ本まとめ。

テーマ:
さても相変わらず迷走中の如月。

ロハンにログインすることもなく5月終了しました。

何やってたか聞いて驚くな。

熊本の震災ボランティアに二泊三日で駆けつけてきた。


どこへ行くきさらぎー!



また行きたいけど仕事がたまってて無理なのが悲しい。


2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1570ページ
ナイス数:64ナイス

ハイキュー!! 21 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 21 (ジャンプコミックス)感想
呼吸をするのを忘れるほどの熱戦となった決勝戦も決着。5セットマッチとはいえ、長いー長すぎるー。結局この試合はツッキーのターンでしたね。
読了日:5月7日 著者:古舘春一
住職系女子(6)<完> (BE LOVE KC)住職系女子(6)<完> (BE LOVE KC)感想
ちょーっと尻すぼみ感が(ごめんなさい)「完成とは即ち成長もないってことだ。未熟な自分を幸いと思え」
読了日:5月16日 著者:竹内七生
掟上今日子の退職願掟上今日子の退職願感想
「退職願」って予告を見たときから、「終物語」でも完結しない作家さんだから、終わらないんじゃないかなぁという推理が当たった。今回は依頼主は女性ばかり。女性から見ても魅力的な今日子さんは・・・まさかの落下。
読了日:5月16日 著者:西尾維新,VOFAN
バリウム検査は危ない: 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリバリウム検査は危ない: 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ感想
利権の絡む医療系の話は何でも怖い。もうバリウム飲まない。これ、市の図書館で借りた本だけど、市の健診はバリウムオンリーだぞー?いいのかー?
読了日:5月19日 著者:岩澤倫彦
境遇 (双葉文庫)境遇 (双葉文庫)感想
施設出身の二人は親友となった。二人はそれぞれの方法で自分の親を探し続け、そして誘拐事件は起きてしまった。最後まで「悪人」が出てこなくて物足りないような気もした。
読了日:5月22日 著者:湊かなえ
医療が日本を殺す! 国民が医療から命を守る13の方法 (講談社+α新書)医療が日本を殺す! 国民が医療から命を守る13の方法 (講談社+α新書)感想
現代西洋医学の限界。この人は漢方の観点から、慢性病および癌は過食や冷えが原因でおこるものという主張。人参りんごジュース+昼そば+夕食は制限なし。
読了日:5月29日 著者:石原結實
モンスターマザー―世界は「わたし」でまわっている (光文社知恵の森文庫)モンスターマザー―世界は「わたし」でまわっている (光文社知恵の森文庫)感想
9年前の刊行本だけど、この人の言うとおり「子どもより自分」のお母さんがますます増えてきた。街を歩けば子連れ様の傍若無人っぷりに眉をひそめる。でもね、まだモンスターにならずに頑張ってるお母さんもちゃんといるよぉ!
読了日:5月29日 著者:石川結貴

読書メーター
AD