English site : http://openkyoto.com/dining/sake-bar-asakura.html

Facebook Page : http://www.facebook.com/SakeBarAsakura

 


京都新聞文化センター日本酒教室


5月10日(土) 梅酒、ゆず酒…日本酒で漬ける果実酒と造り方

6月14日(土) 杜氏になるには~杜氏制度の歴史と現在~


各回13:00~14:30
申し込み・問合せは
京都新聞文化センター
まで。






4月の休業日



4月22日(火)
4月23日(水)

4月29日(火)

5月6日(火)



4月の昼酒営業日



4月19日(土)



4月26日(土)
4月27日(日)

5月3日(土)
5月4日(日)



※昼酒営業時間は各日15時くらい~18時。
  夜の営業は19:00~26:00。






日本酒BARあさくら

京都市中京区木屋町御池下がる一筋目東入る大久ビル2F
(中京区上大阪町518-2)
Tel/FAX:075-212-4417
mail: yoshias5@hotmail.com

地図




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月18日(金) 09時22分58秒

百春雄山錦純米直汲み無濾過生原酒

テーマ:日本酒
2月に蔵にお邪魔した百春さんの雄山錦の無濾過生原酒時か汲みバージョンが入ってきました。


百春 雄山錦 純米直汲み無濾過生原酒(岐阜県、小坂酒造)



しかし、このラベル、どうして「雄山錦」ではなく

「富山県産好適米」なんでしょう。
何か事情があるのでしょうか?
ちょっと不思議です。


閑話休題。


何本ももろみや搾ったお酒の入ったタンクが並んでいる中で、
一番気になったお酒だったんですよね。
たしか、あの時は搾って二日目くらいだったのかな?
やわらかい熟成をしていきそうな気配をはらんでいたのですが、
予測そのままにやさしい味わいのお酒になっていました。

すりおろしたりんごみたいな香がやさしげな印象を増幅。
口にすると、この時期の生原酒らしいピリっ賭した感じはあるものの、
うまい具合に穏やかな甘みと香が調和しています。
落ち着いた香のやさしいお酒です。




京都新聞文化センター日本酒教室

5月10日(土) 梅酒、ゆず酒…日本酒で漬ける果実酒と造り方
6月14日(土) 杜氏になるには~杜氏制度の歴史と現在~

各回13:00~14:30
申し込み・問合せは
京都新聞文化センター
まで。




第17回酔読会
『句会』
日時:2014年5月13日(火)20:00~22時過ぎ
場所:日本酒BARあさくら

会費:3000円(テーマに沿った8種類の日本酒と一品つき)
※ 俳句、川柳、和歌、短歌、狂歌、詩などを作ってきてください。
  作れないという人は「古今和歌集」「新古今和歌集」「万葉集」からいくつかピックアップして解説してください。


4月の休業日
4月22日(火)
4月23日(水)

4月29日(火)

5月6日(火)


4月の昼酒営業日

4月19日(土)

4月26日(土)
4月27日(日)

5月3日(土)
5月4日(日)

※昼酒営業時間は各日15時くらい~18時。 
  夜の営業は19:00~26:00。



PR
2014年04月17日(木) 12時58分55秒

ケトルに掲載!

テーマ:日本酒バー開店日記
先日取材を受けた雑誌ケトルが発売になりました。




今号のテーマは

「旅に出たら本屋に行くのが大好き!」
また本屋特集


です。

載ったのは

「かなりいい店 ここで一杯」

というコーナー。



写真もかっこいいし、本文もいい感じに書いてもらってます(^^)
本好きとしては本屋特集の号に掲載され、
今月号登場の三月書房さんや本の話とからめて書いてもらってるのもうれしいポイントです。


ケトルはちょっと大きめな本屋さんに行かないと売っていませんが、
ぜひ入手してご覧ください。




京都新聞文化センター日本酒教室

5月10日(土) 梅酒、ゆず酒…日本酒で漬ける果実酒と造り方
6月14日(土) 杜氏になるには~杜氏制度の歴史と現在~

各回13:00~14:30
申し込み・問合せは
京都新聞文化センター
まで。




第17回酔読会
『句会』
日時:2014年5月13日(火)20:00~22時過ぎ
場所:日本酒BARあさくら

会費:3000円(テーマに沿った8種類の日本酒と一品つき)
※ 俳句、川柳、和歌、短歌、狂歌、詩などを作ってきてください。
  作れないという人は「古今和歌集」「新古今和歌集」「万葉集」からいくつかピックアップして解説してください。


4月の休業日
4月22日(火)
4月23日(水)

4月29日(火)

5月6日(火)


4月の昼酒営業日

4月19日(土)

4月26日(土)
4月27日(日)

5月3日(土)
5月4日(日)

※昼酒営業時間は各日15時くらい~18時。 
  夜の営業は19:00~26:00。


2014年04月16日(水) 09時40分10秒

海津大崎鮒寿司尽くし&屋形船花見ツアー2014その②

テーマ:お酒の会
海津大崎花見ツアーの続き。


海津大崎周辺の桜を眺めながら散策を終えて吉田酒造に戻り、

蔵元の吉田さんに蔵の中を案内してもらいました。

蔵や周辺の歴史、滋賀県の酒造りの状況、今季の造りのことなど、
いろいろな話をうかがいながら蔵の中を見学。

DSC_0825.jpg


さすがに醪はもうありませんでしたが、
タンクの中に貯蔵されているお酒を見せてもらいました。

DSC_0823.jpg


蔵の中を案内してもらった後は店頭にてお酒を仕入れていざ、湖里庵へ!!


DSC_0826.jpg


すっかり顔なじみの湖里庵さん。

今年は二階の部屋です。
二階からの眺めもいいもんです(^^)

DSC_0827.jpg


まずは毎年恒例仕入れたお酒の集合写真。


1397357520756.jpg


今年はいつもより少し人数が少なめだったので一升瓶は古酒の黄蘗のみ。
それでも8種類。
バリエーションは豊富です(^^)


そして、鮒寿司尽くしの会席、スタートです。


鮒寿司を漬けてあった米の部分である飯(いい)を混ぜた鮒寿司のともあえ。

これが絶品なんですよね。
毎年、最後までこれを肴として残しておいてちょびちょびつまむのが楽しみなんですよね(^^)


鮒の子まぶし。
これも楽しみのひとつです。

しかし、本番はこの後。



鮒寿司とカマンベールチーズ。
東西醗酵食品対決ガチンコ勝負!!

口の中で広がる香がずうっと続くこのしあわせ。
これを食べる時は目をつむって味に集中せざるを得ません。
この味だけに集中したいから誰も話しかけてくれるなよ、
と思うのですが何やかやと話の流れでこちらにもお鉢が回ってきたりしますが、
手のひらを前に差し出しあいや待たれよ、と示すしかないわけです。
至福のひととき。

一年に一度だけ味わえるこの贅沢な時間。

それを噛み締める瞬間です。


今年印象的だったのがこちらの一品。


この鯛が絶品でした。
出汁もよかったし、焼き加減、身への味の入り方が絶妙。
ああ、これはいいなあと。
おいしさの中でホッとしてしまいましたね。


もうひとつ印象的だったのがこの一皿。


鯛とタケノコと菜の花の酢の物。

春のよそおいですね。
やさしい味でした。



鮒寿司をパンではさみ揚げ。


そして、


〆は鮒寿司茶漬けです。

いやあ、しかし、毎年のことですが鮒寿司尽くしだとお酒がススムススム。

最終的にはこの状況ですよ。


鮒寿司や ツワモノどもが 酒の後


うーん。
イマイチですね(^^;


デザートは大きないちごをマンゴーソースで。


マキノで取れたいちごだそうです。
甘くておいしかったなあ。


湖里庵さん、今年もありがとうございました。


湖里庵での宴会の後は吉田酒造さんが桜祭りでやっている望桜亭へ。

まずはみぞれ酒で乾杯!!


よく冷えたみぞれ酒(or冷酒)→温かい燗酒→冷酒→燗酒


おそるべし無限ループ(^^;


〆でいただくのは十割そば。

ご好意で残してくださってました。


いやあ、〆にそば。
いいですね(^^)

吉田酒造さん、出店者のみなさんありがとうございました。


とまあ、こんな感じで今年も堪能しました。


気の早い話ですが、来年もまた楽しみにしています。
年に一度のぜいたく。
来年も満開だとうれしいです。

今年は参加できなかった皆さん。
ぜひ来年はご一緒しましょう。
皆さんのご参加、お待ちしております(^O^)/



京都新聞文化センター日本酒教室

5月10日(土) 梅酒、ゆず酒…日本酒で漬ける果実酒と造り方
6月14日(土) 杜氏になるには~杜氏制度の歴史と現在~

各回13:00~14:30
申し込み・問合せは
京都新聞文化センター
まで。




第17回酔読会
『句会』
日時:2014年5月13日(火)20:00~22時過ぎ
場所:日本酒BARあさくら

会費:3000円(テーマに沿った8種類の日本酒と一品つき)
※ 俳句、川柳、和歌、短歌、狂歌、詩などを作ってきてください。
  作れないという人は「古今和歌集」「新古今和歌集」「万葉集」からいくつかピックアップして解説してください。


4月の休業日
4月15日(火)

4月22日(火)
4月23日(水)

4月29日(火)

5月6日(火)


4月の昼酒営業日

4月19日(土)
4月26日(土)
4月27日(日)

5月3日(土)
5月4日(日)

※昼酒営業時間は各日15時くらい~18時。 
  夜の営業は19:00~26:00。










2014年04月15日(火) 12時08分16秒

図書館で過ごす休日

テーマ:その他
今日は火曜日、定休日。

よく晴れてます。

しかし、外へのお出かけの予定はなし。
図書館にて夜まで講義準備というのが本日の予定。
せっかくのお天気なのでそれこそサイクリングにでも行きたいんですけどね。

あ、そうそう。
ギプスはもう外れてほぼ普通に歩けるようになっています。
何かのはずみで体重が左足にかかった時に痛みを感じることはありますが、
それ以外では歩くのも平気。
走るのはまだ不安がありますが、自転車も全然問題なく乗れています。
たぶん、大原まで行くのも問題なさそうな気はしますが、
上り坂で力を込めてこがなきゃならないのが問題かと。
とりあえず、お医者さんからゴーサインが出るまでは遠乗りは控えるつもりです。
シャカリキのテルみたいなことはできませんよ(^^;


というわけで、現場復帰いたします。




京都新聞文化センター日本酒教室

5月10日(土) 梅酒、ゆず酒…日本酒で漬ける果実酒と造り方
6月14日(土) 杜氏になるには~杜氏制度の歴史と現在~

各回13:00~14:30
申し込み・問合せは
京都新聞文化センター
まで。




第17回酔読会
『句会』
日時:2014年5月13日(火)20:00~22時過ぎ
場所:日本酒BARあさくら

会費:3000円(テーマに沿った8種類の日本酒と一品つき)
※ 俳句、川柳、和歌、短歌、狂歌、詩などを作ってきてください。
  作れないという人は「古今和歌集」「新古今和歌集」「万葉集」からいくつかピックアップして解説してください。


4月の休業日
4月15日(火)

4月22日(火)
4月23日(水)

4月29日(火)

5月6日(火)


4月の昼酒営業日

4月19日(土)
4月26日(土)
4月27日(日)

5月3日(土)
5月4日(日)

※昼酒営業時間は各日15時くらい~18時。 
  夜の営業は19:00~26:00。









2014年04月14日(月) 18時31分01秒

海津大崎鮒寿司尽くし&屋形船花見ツアー2014その①

テーマ:お酒の会


昨日の海津大崎での花見。

4年ぶりの満開。


DSC_0788.jpg


地上の喧噪をよそに屋形船からのんびり眺める桜は最高でした(^^)

吉田酒造さんからは活性にごりの差し入れ。

DSC_0770.jpg


ほろ酔い気分で眺める桜。
いいもんです。

今年は船の方からも差し入れがありました。

DSC_0782.jpg


鮒寿司。

これはこの後、湖里庵が控えていたので持ち帰りにさせてもらいました(^^)

船からは竹生島ももちろん見えました。

先日、映画の『偉大なるしゅららぼん』を観に行ったばかりなのでタイムリーでした。


いつもならこの後はすぐに湖里庵で料理に舌鼓、
といくところですが今年は1時間早い到着だったので桜並木の入り口までテクテクお散歩。

下から眺める桜というのもまた乙なもんでした。


そして、この後は吉田酒造さんの蔵の中を見学させていただきました。


1397357235088.jpg


つづく。



京都新聞文化センター日本酒教室

5月10日(土) 梅酒、ゆず酒…日本酒で漬ける果実酒と造り方
6月14日(土) 杜氏になるには~杜氏制度の歴史と現在~

各回13:00~14:30
申し込み・問合せは
京都新聞文化センター
まで。




第17回酔読会
『句会』
日時:2014年5月13日(火)20:00~22時過ぎ
場所:日本酒BARあさくら

会費:3000円(テーマに沿った8種類の日本酒と一品つき)
※ 俳句、川柳、和歌、短歌、狂歌、詩などを作ってきてください。
  作れないという人は「古今和歌集」「新古今和歌集」「万葉集」からいくつかピックアップして解説してください。


4月の休業日
4月15日(火)

4月22日(火)
4月23日(水)

4月29日(火)

5月6日(火)


4月の昼酒営業日

4月19日(土)
4月26日(土)
4月27日(日)

5月3日(土)
5月4日(日)

※昼酒営業時間は各日15時くらい~18時。 
  夜の営業は19:00~26:00。




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>