L. ー 酒井エル (L. Sakai) のブログ ー

・・・踊る ヒト・・・


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

自然の中にある数寄屋建築にいつも感動します。

 

無理な加工をせずに、生きているものをそのまま活かしてつくられていて、

景色に溶け込み邪魔をしていないににとどまらず、

これが在ることによって自然はいつもと違う魅力的な表情をみせる。

そのことで、私たちは身近な様々なことに思い及ぶことができる。

 

自然と人のつくったものが、お互いを際立たせ引き立て合い、

そこに異なる次元のような美しい場ができている様子に感動します。

 

人間を好きになる場面。

 

 

 

 

 

 

 

辺り一面の苔から時間の積み重なり、端々の設えからは思想が感じられます。

 

生まれる前のもの、生まれたばかりのもの、育っているもの、土に還っていくもの、目に見えないもの、すべてがありました。

 

とても謙虚な気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

6.23 Thu.

18:30 open / 19:00 start

 

Idumi Moving Sessions vol.26

 

観客参加型 Dance&Music 即興セッションLive

“青い薔薇の花言葉は……”

 

Program

1部 観る・聴く ゲストによるセッション

2部 参加する オープンセッション

3部 観る・聴く ゲストによるセッション

 

 

<企画・制作・ファシリテート>

山田いづみ Idumi YAMADA (dance)

 

<ゲストアーティスト>

森美香代 Mikayo MORI (dance)

酒井エル L.SAKAI (dance)

Ana Maria アンナ・マリア (live painting. voice etc.) Portugal

Maresuke マレスケ (contrabass / contracello) 東京

照内央晴 TERUUCHI Hisaharu (piano) 東京

有本羅人 Rabito ARIMOTO (trumpet / bass clarinet)

 

 

Place: フィドル倶楽部(西区南堀江1-1-12 浅尾ビル3F 地下鉄四ツ橋駅➄出口南2分)

Fee: 2,500円(1Drink込) 学生500円引

 

お問合せ/ご予約

06-6715-0266 (ブリックススタジオ)

idumi83@gmail.com

 

Staff

舞台監督 西村文晴

音響 田中雅弘

企画/制作 山田いづみ

 

主催: BRICKS STUDIO

協力: フィドル倶楽部

 

FBイベントページ

https://ja-jp.facebook.com/events/231579557218171/

 

 

 

 

山田いづみ Idumi YAMADA (OSAKA)Dance&MC

 

‘83 BRICKS DANCE COMPANYを設立。

‘85年 渡米NYにて研鑽。

‘91年 ベルリンジャパンフェス参加。

‘97Idumi Dance Theater設立。

‘972002年 在仏日本大使館招待パリ公演を行う。

ダンス活動はボーダレスで多彩。大阪、東京を拠点に公演活動を続けている。

‘08年より異ジャンルアーティストとの即興セッションを開始。国内各所でライブ活動を行っている。

‘109月より独自のスタイルでの観客参加型コラボライブ「Idumi Moving Sessions」定期開催を継続中。

‘13年 パリ&ケルンにてダンス公演と「Idumi Moving Sessions」を同時開催し講評を得る。

 

1983 : she founded the “BRICKS DANCE COMPANY”.

1985 : she went to USA, and devoted herself to her studies of dance in NYC.

1991 : she participated to “Berlin Japan Festival”.

1997 : she founded “Idumi Dance Theater”.

1997-’02, she achieved Paris performances that the Japanese Embassy in France has been invited.

Idumi's dance has a lot of variations and be borderless. She has been based in Osaka and Tokyo.

2008 - she has started the improvisation session with a different genre artists, and has performed in various places in Japan.

2010 - since September she continues to held of the her regular basis event "Idumi Moving Sessions". It is the collaboration for audience participation and have a style of its own.

2013 : she held "Idumi Moving sessions" and dance performances in Paris and Cologne, and got a favorable reception.

 

 

 

Ana Maria PortugalLive painting Voice etc

 

1959年にリスボンに生まれ。ポルトガル大学哲学科卒業。教師の傍ら多分野に於いて芸術活動を開始。

1980年以来、全国のグループ展に参加し国内海外で活躍、受賞多数。

画家の活動に加え教育学における芸術の普及に尽力。演劇、即興やパフォーマンス等に参加、衣装も手がける。活動は多岐に渡り、マルチなアート活動を行っている。

エスピーニョで、即興ミュージシャンMaresukeとマティアスボスのプレゼンテーションに参加。

IPSS-key Seed-Aroucaと芸術的側面で社会とアニメーションの分野で協力する。

 

Born in Lisbon in 1959.

In 1982 graduated in philosophy in College letters of Porto, starting

his activity as a teacher of secondary education. At the same time, starts his artistic career in various areas of the arts.

Since 1980 he participates in group exhibitions nationally and some abroad as: "theRoaming of Portuguese art"-Japan in 1998

and is represented in numerous private collections and public institutions.

Was awarded several times, notably in 2005 with the prize Amadeo de Souza Cardoso.

In addition to the activity of a painter, collaborates in art workshops and eventsorganized by artists, galleries and institutions,

writes texts for catalogs and smallnarrations that illustrates.

Published an article "the word artist" in paragraph 1 of Bombart Magazine.

Joined thejury for the Prize Antonio G - at the International Animated Film Festival of Espinho-CINANIMA - 2010.

In 2013 Organized some interdisciplinary events, bringing together different artistic areas- "meetings on 16" Hedgehog and at the high school of Valadares-the drawingsgo to school, in the framework of dissemination of art in pedagogy.

In November 2013, made a communication on "the woman art and citizenship" at a meeting organized

by the Association of migrant women's studies-Palace of Necessidades-Lisbon.

In June 2014 was invited to participate in the meeting of psicogeriatria, as a lecturer,where he approached the theme of painting and aging-Coimbra.

In the area of theater, improvisation and performance works, as a team, at the level ofdesign aesthetics, scenic space, costumes and acting work.

He has participated and organized multidisciplinary events (music, painting,

video),having been selected in video mode at MIA-festival of improvised music of Atouguia da Baleia.

Recently organized and participated in the presentation of performance Musicians ofimprovisation, Maresuke and Mathias Boss, in Espinho.

He has collaborated in the area of animation with the community, in the artistic aspectwith the Ipss-key Seed-Arouca.

 

 

 

森美香代 Mikayo MORI (OSAKA)Dance

 

6歳より西野バレエ団で踊り始める。態団子21歳で渡米。

様々なモダンダンスに出会いその後マーク・ハイム率いる「リスボンダンスカンパニー」のダンサーとして、スペイン、ポルトガル各地で公演。

帰国後’95年より関西を拠点にソロ活動開始。空間と人との調和を大切にする作品を作り続け、身体との対話をテーマにした指導も行う。 

 

Begin to dance in the Nishino Ballet than 6years of age. Tobei at the age of 21 after resigning.
Discover a variety of modern dance. Led by the Mark Heim as a dancer in the “Lisbon Dance Company”, active. Spain, to perform in Portugal around.

After returning home, solo activities start based in Kansai than '95 years . Continue to create a work that values harmony with the space and the people , also performs guidance was to interact with the body on the theme .

 

 

 

酒井エル L.SAKAI (OSAKA) Dance

幼少よりダンスをはじめる。松山バレエ学校、AMIフラメンコスタジオに所属し、後にフリーになる。スペイン、オランダでのダンス経験をはじめ、様々な身体表現と舞台づくりを国内外で学ぶ。近年は、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションや、自身のダンス・パフォーマンス作品を制作し発表している。あらゆる空間に対応し、“場”が活きる在り方で身体を置く。http://ameblo.jp/sakai-l/
L.SAKAI

Starts the dance from childhood . After belonging to the Matsuyama Ballet school and t
he AMI flamenco studio in Tokyo, including the dance of experience in Spain and the Netherlands, as a free dancer, she has learned a variety of physical expression and stage making. In recent years, produces her own dance works and dance performance works. Corresponds to any space , put the body in a way of revitalizing the " field ".

 

Maresukeマレスケ (TOKYOContrabass / Contracello

1960年東京生まれ。 6歳からピアノ、14歳でコントラバス。
成蹊大学在学中にオーケストラを退団しコントラバス・ソロによる即興活動を始める。
故吉澤元治氏に師事。
ソロ活動の表現者を中心とする"毒食"、少人数編成のコラボレーション"中空のデッサン
/un croquis dans le ciel"主宰
また集団即興表現の"The TokyoImprovisers Orchestra" の基幹メンバーでもある。

Maresuke Okamoto, contrabass player and organizer, he was born in Tokyo, in 1960.
doublebass studies from 1974. He started contrabass solo on Japanese jazz scene in 1982 while playing on Seikei University Orchestra(classic).
In this period he played with lots of famous Japanese improvisers. Mototeru Takagi, Matoharu Yoshizawa, Sabu Toyozumi, Takehisa Kosugi, etc
and participated in New Jazz Syndicate(group for free improvised musicians).

Now he lives in Tokyo and likes to play with acoustic misicians.
"un croquis dans le ciel" is his organized festival. It isn't only for improvised musicians but also for dancers, painters and more artists.
and "The Tokyo Improvisers Orchestra" was organized by him.
Currently, He performs in the world improvised music scene in collaboration with various musicians.
Audrey Chen, Carlos Zingaro, Emilie Lesbros, Hugues Vincent, Hui-Chun Lin,
Jean-Michel Van Schouwburg, Nicola Guazzaloca, Syota Koyama, Recardo Tejero, Terry Day, Tristan Honsinger, Wolfgang Georgsdorf etc.

Recently works: Matthias Boss(violin Swiss),Paulo Chagas(reeds Portugal)Trio "Little Concert in the Garden 2011"
Marcello Magliocchi "Instant Chamber Music",
Lee-Ann Joy EXPERIMENTAL SOUNDS SCULPTURES & INSTALLATIONS(art Melbourne 2011),
Vassily Kaah ego & e-round (Moscow 2012), Solo Contrabass(2012) "Maresuke's Songbook", Denitsa Mineva DUO in Berlin(2012)

 

 

照内央晴 TERUUCHI Hisaharu (TOKYOPiano

1972年 東京生まれ。即興ピアノ演奏家。4歳よりピアノを始める。
三善晃氏の音楽に衝撃と強い影響を受け、フリーインプロ、ジャズ、アイドル歌謡等を経て即興演奏の世 界へ 。以降多くのインプロバイザーとの共演、イベントやライブの企画。近年はダンサーなど、身体表現とのコラボレーションの機会も多い。

Born in Tokyo, Japan, Hisaharu Teruuchi piano studies at age 4. He has been influenced by Akira Miyoshi's music since he listened to it in his early teens. He has studied contemporary music, free improvisation, jazz, idol songs,and so on. Now he is active as a pianist in improvised music, as well as a producer of events and lives. He has played with so many improvisors including Yoshisaburo Toyozumi, Natsuki Tamura, Terry Day, Ryuichi Yoshida, Maresuke, Chihaya Matsumoto, and so on. He has also collaborated with dancers and artists lately.

 

有本羅人 Rabito ARIMOTO (OSAKA) Trumpet / Bass clarinet

トランペット・バスクラリネット吹き。少年期にローランド・カーク、チャールズ・ミ
ンガス等黒人音楽に開眼、Jazzmusicの道を志すバークリー
音楽大学に奨学金留学するも更なる土着の文化を求め帰国。
三上寛やデカルコ・マリィ等と共演し新たな世界を知る。
現在は即興音楽、Jazz、総合芸術等ジャンルを超えて活動する。

所属バンド:メロンオールスターズ、Bright Moments、藤井郷子神戸オーケ
ストラ等、数バンドに在籍中。
自作バンド「兎に角」「ひごとゆらぐ」

Trumpet bass clarinet blow . In boyhood , Roland Kirk , eye-opening to black music such as Charles Mingus , aspire to the way of Jazzmusic.
To study abroad scholarship to Berklee College of Music , then , return home seeking a culture of further indigenous .
Played with Kan Mikami and Dekaruko - Mairi , etc. , know a new world .
Currently , improvised music , Jazz, and activities beyond the composite art , etc. genre .
Affiliation band : Melon All Stars , Bright Moments, Satoko Fujii Kobe orchestra , etc. , in enrolled in a few bands .
Own band " TONIKAKU " " HIGOTOYURAGU "

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

Tokyo Performing Arts Festival
東京創造芸術祭 2016

オープニングパフォーマンス

 

酒井エル L.Sakai 『不在 - fu za i -』

 

2016.6.12 (Sun) 18:00~

なかのZERO 美術ギャラリー(西館2F)

 

 

 

 

 

 

 

 

ー 不在のものと、共に在る身体 ー

 

ダンスの場に入るとき、その空間に身体をどう置くか、自分がどのようにそこに居るかを思い描きます。まず深呼吸をして、感覚を開いて。身体に自分の言葉で正直に喋らせようとしたら、私の場合は、記憶をたどって目の前にいない人の存在に想いを馳せたり、風景や音を感じたりすることでした。そういったことをこれまでも、“Listen”, “voices”, “…was being”といったタイトルをつけて、異なる切り口でダンスをつくってきたので、今回の『不在』というのはタイトルとしては大きく今更感はあるのですが。存在することは、そこに存在してないものと一緒にいること。さらにはっきりとそう思うようになっての、今回のダンスパフォーマンスです。

会場は美術ギャラリーで40分ほど時間をいただいてます。ご予約は要りません。展示を眺めるように自由に出入りしてください。入場無料。

 

 

 

第8回 東京創造芸術祭 2016 http://tokyopaf.org/

期間 : 2016.6.11(Sat) ~ 6.18(Sat)

会場 : 「なかのZERO」東京都中野区中野2-9-7

Tel : 03-5340-5000(代)

主催 : 東京創造芸術祭実行委員会

お問合せ : tokyopaf@gmail.com

 

 

 

 

 

フライヤー写真 : Kazuo Yamashita

宣伝美術 : 西村卓也

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:


 


「美毒」展 @阿倍野 流流

西村卓也さん撮影の写真を展示していただいてます。

流流でのパフォーマンスの時に撮っていただいたもので、
プロフィールとしてフライヤーなどにたくさん使用させていただいてきました。


 


子どものとき、
大人の女の人が口紅を塗ってるときに、なんだか背景が歪むように見えたことを覚えています。

「毒」かぁ~、なるほど。

他の展示も面白かったです。

5月22日まで!
 

阿倍野 流流
GALLERY/Cafe・Bar/Event Space
545-0042大阪市阿倍野区丸山通1-2-2
http://ru-pe.com/ 




 |  リブログ(0)

テーマ:

 

京都東山の法然院で開催されている「悲願会」。収益(浄財)を被災地に寄付する取り組みで、数々の催しがあるなか、はくさんまさたかさんの工作会に行ってきました。

 

つくるものはオリジナルもあると思いますが、日本に古くから伝わる玩具を文献などの伝承から再現されているのだそうです。

 

以前、和の楽器のことを調べていた時、日本には古来から、自然の音をうつした音の鳴るおもちゃが多いと読んだことがあり、とても興味を持ちました。

着物などに描かれている伝統的な文様も自然から写しとっているとあり、その通りだと思いました。

 

 

優しいはくさんさんは、子どもから大人まで大人気でした。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、染色の小林真紀さんのポストカードです。

 

素敵だな。。

 

エネルギーのある染め物が並んでいました。

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。