鳥頭式インチキ日記

映画・本・漫画・アニメレビュー


テーマ:

いやー!びっくりですよ!!


「ミュー 奇蹟の大地」無料であそべるようになったっていうじゃないですか!


オープンβテストの時に、さんざん遊ばせてもらいました。

その後別のゲームに知り合いが多くいることを知ったので、移動してしまったのですが、面白かったのを覚えています。やろうかなあ?


オンラインゲームはたくさんあって、それぞれに特徴がありますが、「ミュー 奇蹟の大地」 の特徴はなんといっても、装備が派手!


武器の合成なんかは他のゲームでもあるんですけど、普通うっすら光るとかそのぐらいなんですよ。でもミューはレベルの高い武器を持ったり強化することで、ものっすごいきらきら光って、しかもごてごてどんどん昔ヤンキーが乗っていた改造車のように装飾過多になっていくという。





こんなかんじ。

最初から綺麗な訳じゃないです。どんどん武器を強化したりレベルの高い武器をゲットすることによって、派手になっていくわけですね。


ミューをずっとプレイしている知り合いがいるのですが、彼女の武器もすごいことになっています。

ゴールドクロス(セイント星矢から)とか言って楽しんでます。


武器が派手だから、SS(スクリーンショット)をとって、ブログなどにUPするのも、楽しみの一つですね~。


戦闘シーンも派手ですよ(^^)

是非ともプレイしたいものです。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
フランク・ヴェデキント, 市川 実和子
ミネハハ

公式サイト http://ecole-movie.jp/


おフランスらしい映画でした。


もっと怪しい雰囲気なのかと思ったら、そんなこともなく結構普通。ロリコンが泣いて喜ぶことにはかわりはないのですが。


劇場の壁に貼られていたインタビューによると、


女性は自分自身の姿を投影するのでなんら問題はない。

問題は男性で、この映画をどう受け取るかは受取手次第。


なんだそーで、つまり「ヨコシマな思いを持ってみればヨコシマにみえる」ってことを言いたいらしいです。

ヘンタイを見分けるリトマス試験紙かい(^^;)


そんなこと言われても、ある程度そういう路線をねらっていると思われるシーンが多発される以上、ノーマルでも邪な思いをちょっともちそうですよ。


旅先で出会った踊り子が処女かどうかもんもんとしていたら、踊り子が共同浴場で裸で無邪気に手を振るのを見て、「ああ彼女は子供なんだ」って安心する某日本文学のほのぼの路線(という風に私は受け止めてないけど)とは、ちっと違うんですよ。

まあ海外と日本では、お風呂の習慣が違うから、またそういうことからもちがってくるんでしょうけど。



ストーリー


人里離れた森野奥深く建てられたバレエ専門の寄宿学校。


一年に一度、幼い子供が棺桶に入れられ、入校する。


少女達の学年は7色のリボンで分けられ。


一年に一人、青いリボンから特別に選ばれた少女以外は、7年の時を経ないと外の世界を見ることはない。




以下ネタバレ


監督によると、「この映画に魅了され、終わった後でも楽しく思い出せるように」とのことですけど、イヤそれはムリ。


性的な映画とは私は思わないが、少なくとも、楽しく思い出すような映画でもない。

原作「ミネハハ」(笑う水という意味だそうです)を読んだけど、映画は驚くことにほぼ原作通り。

というか、そもそも原作がとっぴすぎる話だったり。


実際に孤児院などで子供に踊りを踊らせて金持ちから寄付金を募るということは、過去やっていた事もあると思う。


また、バレエ学校などでは、審査の際に子供を半裸にするのは結構あたりまえで(骨格を見るため)、ロシアバレエ映画なんかにも、そういったシーンはでてくるから、その行為そのものが虐待や性的なものに結びついているわけではない。


だけど、大人になってから考えてみたら、無邪気に振る舞っていた少女の行動や、大人から言われてやっていたことが実は、邪な感情を喚起することはあったんだと思う。


大人にまったくその気はなくてただからかっているだけでも、女の子は性的に傷ついたりすることはあるわけで、そういう意味では見ていられなかった映画でした。


でも女の子は可愛いし、女の子の心理もよく表しているので、綺麗な映画ではあるとは思う。


ただし、バレエはとてつもなくへたくそだった。

もっとがんばりましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

参考サイト http://www.albatros-film.com/title.phtml?titleid=487



ビデオメーカー
ガリシアの獣


全体的に言えばちょっとつまらないんだけど、中世ものが好きな人にはお勧めの一品。

ところどころリアルな中世オタク臭が漂っていて笑えます。


ストーリー


1851年。スペインのガリシア地方。


住民の失踪が相次いでおこり、オオカミの仕業ではないかとの判断から、オオカミ狩りが行われた。

しかし殺人は収まらず、人々は不安な日々を過ごしていた。


オオカミの仕業と最初思われていた事件は、死体から脂肪が抜き取られていたことから、実は人の手で行われていたことを警察が突き止める。


姉親子が行方不明になり、心配するバーバラは、ときおりあらわれる行商人の男ロマサンタに思いを寄せていた。


しかし彼女にロマサンタは悪魔の化身だと語る男が現れ、バーバラは真相を突き止める旅に出る。



以下ネタバレ


ようするに狼男ものなのですが、人の脂肪から人間石けんを作っていたりしてかなり謎。

しかもその狼男が、ただ人を殺すだけでなくて、ちゃんと女性をたらしこんでそれから殺すという(笑)


殺した後は殺人がばれないように、色々工作していたりするのもまた。狼男がそこまでやるかー?


全体的に、狼男が次々と独り身の女性をたらし込んでいるだけなので、退屈って言えば退屈なのですが、骨相学なんかもでてきてなかなかマニアには楽しませてくれます。


(骨相学は、19世紀にはやった学説。頭の骨の形で人の性質を判断するというもの。頭の形が悪いから、犯罪者と決めつけられることも・・・)


オオカミへの変身シーンもなかなかグロかったので、興味のある方は是非見てください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

公式サイト http://www.arubaba.com/


相方宛の郵便物に紛れていて危うく気付かないままだったかもしれない試写会に行ってきました(^^;)


ストーリー


しっかり者だが人を責めるようなことは言えない優しい性格のみつこ。


病気で長期入院していた母が、ついに死んでしまった。


それだけではなく、母が死ぬ前日まで毎日見舞いを欠かしたことのない父まで行方不明になってしまい、お葬式の手配から何から何まで高校生のみつこがやることになってしまった。


疲労困憊のみつこは、ある日目に入ったマッサージの店に入り、見習いのマッサージ氏に淡い恋心を抱きその店でバイトするようになる。


父が失踪した半年後、郊外の古い洋館に住む変人、アルゼンチンババアのもとに、父がいることを知る。



以下ネタバレ


原作を読んでから感想をUPしようと思ったのですが、試写会ということで早さが勝負だろうと(あとせっかくただで観たんだから、ちゃんと宣伝しようよと)いうことで、先に感想を書いてしまいます。



正直な感想を述べると、大人が観るにはキツイ作品。


配偶者を亡くして子供をほったらかしてでも失踪したい人は、共感できると思うのですが、平凡でまともな人間はどうかんがえても、


オヤジっ!逃げすぎだろっ!!


って思います。


ただ、よしもと ばななはおそらくこの作品を、大人用には作っていないのではないかと思うので、これはこのストーリーで良いのだと思います。

原作も同じかどうかはわかりませんが、おそらくこの話の主題は、


大人の弱さを(子供に)わかって認めて欲しい。


という事だと思うので、大人はあまり共感できないのですが(大人が観ると、「ああ??」って突っ込みたくなるエピソード満載なので)、子供に見せるのは良さそうな気がします。


子供は大人が万能だと思っているけど、そんなことないよ~。大人だって弱いんだよ~。いつもがんばれるわけじゃないんだよ~。って言うことを、なんとなく知ってもらうことは重要なんじゃないかなあ?って思います。

まあ逆に、大人は子供の弱さ・悲しさを「子供だからまだ解らない」って言葉を使って忘れがちですがね(^^;)


鈴木京香は風変わりなアルゼンチンババアを熱演していましたが、残念なことにあんまりタンゴの精神があるとは思えなかった(笑)衣装が悪いのかもしれないけれど、多分鈴木京香の性格に、タンゴはあわないのでしょうね。



というわけで、わりとアダルトな(結局オヤジはアルゼンチンババアと浮気してるし)内容なのですが、この映画は大人のためではなく、子供のためにあると思います。


そんでもって、この風変わりな物語をそのまま素直に受け止められないとは、私ってなんてつまらない大人。と思いましたともええ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同じ事に興味のあるお友達がもっと欲しいと思っていても、なかなかブログのサービスの枠を越えて交流するのは難しかったりしませんか?

ブログができる前は、それぞれのお友達ユーザーが使っているサービスが違うのがあたりまえだったんで、そういうことはなかったのですが、今はアメブロならアメブロ、ミクシーならミクシーといったかんじで、なかなかその枠を越えてお友達になるのは難しいですよね?


ソネットの「ブログクルーザー 」を使うと、名刺を作ることによって、違うサービスを使っている人ともお友達になれます。



私は映画レビューを書いている方とお友達になりたいかな?

まあ、映画レビューは書いている方がたくさんいらっしゃるので、普通に検索してもお友達はたくさんできるのですが、漫画家の西原理恵子さんのファンとか。

ファンはたくさんいらっしゃるんでしょうけど、あまりファン同士の横のつながりがないので(大人がメインだからでしょうか?)、普通に検索してもあまりひっかかってこないのですよ(^^;)

結構苦労しています。

あとUSJファンとか(^^)

地元のUSJファンとの交流がしたいです。


ブログクルーザー で検索してみたら、何名かいらっしゃるようなので、さっそく加盟してみることにしました。

みなさんとお友達になれるでしょうか?(^^)



ブログの枠を越えてお友達が欲しい方は、ブログクルーザー (← クリック)をチェック!





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。