鳥頭式インチキ日記

映画・本・漫画・アニメレビュー


テーマ:
樹 なつみ
獣王星 (第1巻)


この人は、イマドキ女性の漫画家さんにしては珍しく、ホラーじゃなくて結構本格的なSFをかいているので結構好きです。


是非とも竹宮恵子に勝ってもらいたい。

無理かもしれんけど(笑)


今はSF氷河期なんだそーで、まったく流行ってないらしいです。

でもX-ファイルなんかは流行ったのにねえ?

(まあでもあれも、SFファンからしてみたら、「いまさらおせーよ」みたいな感じだけど)



吾妻ひでおが「失踪日記」

吾妻 ひでお
失踪日記

のなかで、SF漫画家をやって食べていくのがというか、そもそもSF漫画を描かせてもらうのがいかに難しいかを、ちらっと描いていますが、映画とかアニメだと結構流行ってるのに、なぜ駄目なんでしょうね?


紙に印刷してあると、たとえ漫画でも小難しい感じがするのでしょうか?


橘 水樹, 櫻 林子
NULLALIVE 2 (2)
橘 水樹, 桜 林子
Jane (1)

そういや、この方たちは、最初からSFでデビューした変わった人達でしたが、いつの間にか・・・・・・・・(^^;)

体調が優れないとかあるんでしょうけど、どっちかってーと、売れなかったからどのーのこーのって感じかも?

(今唐突に思ったけど、この二人って要するにトレッキーなんだろうな)


あとSF一本で結構やられている漫画家というと、華不魅さんかなあ?

華不魅
鉄錆廃園 6 (6)

イラストレーターとしての認知度の方が、高いかもしれません。


この方も、最近は・・・・・・(^^;)

って、JANEとかって、出版された年を見たら、1997年ぐらいなんですね。

華不魅さんもそのとき活躍されていたと思いましたが、あの時期はちょっとしたSFブームだったんでしょうか?




ところで、最初の話にもどりますが、「獣王星」って、アニメになっているそうです。

関東ではもう第一回目が放送されたのかな?


公式サイト http://jyu-oh-sei.com/


「OZ」っていう作品でこの方のファンになったんですが、


樹 なつみ
OZ 完全収録版1

「OZ」の方が好きなんだけど、「獣王星」は、よりマニアックなSFなので、結婚するとき実家から持ち出したんだよな。

相方に見せようと思って。


ずっと描き続けている女性のSF漫画家さんって、ほとんどこの人だけになっちゃいましたが、んじゃなんでこの人だけが、マニアックなSF作品を描き続けていられるのか?っていうと多分、


SF以外で大ヒット作があるから。


なんじゃないかと思います。


樹なつみって言ったら多分、


樹 なつみ
花咲ける青少年 (1)

の方が、メジャーなんじゃないかと。

これで、ばーーっと売れたからこそ、「OZ」を描くのを許されたんじゃないかな?


実際、「OZ」「獣王星」ときて、

樹 なつみ
八雲立つ (1)

を出して、これがまたヒットしましたから。

(本格的SFは、だめなのかよっ!)


「OZ」と「獣王星」知らない方でも、八雲とか花咲けるは知ってると思う。

漫画好きなら。


そう考えてみたら、竹宮恵子も「風と木の詩」

竹宮 惠子
風と木の詩 (第1巻)

で大ヒットしたから、本格的なSF作品を出せたということに・・・


つーことは、


SF作家・漫画家になりたかったら、


まずそれ以外で売れろ。


ということでしょうか?( ̄▽ ̄;)


それもちょっとなんか・・・。


でも、確かにそれ以外を描ける人は、ちゃんと残ってる。


ぼくたまの人は、ぼくたま終わってから全然だし。


そういや、結構本格派のSF描いていた、

由貴 香織里
天使禁猟区 (第1巻)

のこの方は、もうゴスしかやらないのかな?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

もうずっとやってました>FF12

まだまだやってます。


ところで、今日本屋に行ったら、ファイブスターの新刊が出ていてびっくりしました。

あんまり驚いたので、


これって新刊ですか?本当に?


と、近くの店員さんを問いつめようかと思ったほどです。


それにしても、いつもいつもあきらめかけたころにぽちぽち出版されるので、内容読んでも忘れてます(--)


今回も、さっぱり解りませんでした!


もう少し定期的に連載して欲しいとは思いますが、体か心かどっちか悪いのでしょうか?


ファティマを考えついたこの人は天才だと思うので、できれば他の作品も読んでみたいんですがね。無理か。



ところで、ダヴィンチの特集を見ていて思ったんですが、村上春樹って女を口説くために使う本だったんでしょうか?

笑っちゃいましたよ。


確かに本好きにとって、本好きな彼氏というのは嬉しいものだけど、もしそれが演技なら、メッキってすぐはがれるような気もするけどなあ?


そういや過去に自分を本好きだ、映画好きだと自称する男の子っていたけど、「くわしい」って言う人ほど、詳しくないよなと。


得にSF小説とか映画とかだと、私よりも知らない人っていうのは、相当知らないってことだから(笑)

「俺詳しいから」って言う人は、大抵私よりも知らない人だったね。


逆にSF小説に相当詳しい相方も、映画に相当詳しい知人も、両方とも「上には上がいる」とか「俺は詳しくない」って言うんだよな。


相方が、小泉首相がオペラ好きっていうのを聞いて、「なんでこういう人は、オペラとか好きなん?」って、こんな(--)顔してたけど、小泉首相が本当にオペラファンなのかどうかは解らないけど、ある一定以上の知性を要求される職業に就いている年配の男性って、好きだからじゃなくて、ステイタスで観ているんだよね。



そういや大阪に来たら、展覧会に行き邦題だな~とか思ってたんだけど、蓋を開けたら札幌にいるときよりも、全然行ってない(--;)


興味のあるものがなかなか来ないからっていうのもあるけど、実は迷子になるからだったりしてね(自爆)


いや、だって札幌だったら、決まったところでしかやらないけど、大阪だとあちこちでやるからーー!!


そこまでたどり着ける自信が全くないです←これが大人の言うことか?

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。