【愛知•名古屋近郊】HAPPYおそうじコンシェルジュ おおたにさえこの開運お片付け日記

「ココロに寄り添うおそうじやさん」としておそうじや片付けのヨロズをたまわっております♪
おそうじ=「お創路」

おそうじや片付けをした先には、何がありますか?

アナタの路創りのサポーター「HAPPYおそうじコンシェルジュ」の日々を綴ります♪

こんにちは。

「HAPPYおそうじコンシェルジュ」
おおたに さえこです。


先日、何気にHNKをつけていたら
「人生の終い方」という特集をしていました。
偶然観ることができてよかった。
神さま、ありがとうございます。


3組の家族が出てきました。
どなたも余命宣告をされていました。


35歳の2児のパパ。

定年退職後、これからという時に
末期癌になった60代男性。

90歳末期癌の女性。
彼女は66歳の知的しょうがいのお子さんを
ひとりで育て上げてきていました。



家族構成も、背景も違う中で
みなさん一様に
遺していく家族を案じていました。


「自分は家族に何を遺したいのか?」
そのことをずっと考えているようでした。


「困難に立ち向かう勇気」を
与えたいという35歳のパパ。

家族あてに最後のお手紙を書いた
60代の男性。

「なにも遺せない」と嘆く
90歳女性。




それぞれが切なく、真剣で
限られた時間の中で
遺したいものがありすぎて
まとめられない焦りや
実行できないジレンマに陥っていました。


突然の病は
このような現実を
いきなり突きつけてきます。

日に日に衰えていく体力のなかで
無力感でいっぱいになり
溢れ返る感情とともに
泣く姿は痛々しかった。



今、ワタシも余命宣告されたら
同じような状況に陥るのだとも思います。


35歳のパパは最後の力をふりしぼり
家族旅行に行きました。
その4日後に
眠るように死んで行きました。
9歳の息子は、泣きもせず
スッキリとした表情で
「痛いはずなのに、最後まで笑ったパパは
すごかった。かっこよかった。」と言いました。


60代の男性は、家族に手紙を渡した後
「言いたいことが言えてよかった。
悔いはありません。ありがとう。」と言い
家族に見守られて自宅でなくなりました。


90歳の女性には
遺された時間も体力も気力も
ほとんどありませんでした。
病院の中で、最後まで
娘の心配をして死んで行きました。
料理屋を営んでいた女性の常連客50名が
「しのぶ会」を結成。
娘さんをみんなで守るという、絆を遺していったと
番組はしめくくっていました。



終い方を考えることは
残りの時間をどう生きるかということと
リンクするのだと思います。

「終い方」を考えると
落ち込むこともあるでしょう。
怖さに足がすくもことも
あるでしょう。
無力感にさいなまれることも
あるでしょう。

そんな時間も必ずあると思います。


だけども、そこに向き合う時
その一歩を踏み出せた時

ひとは
「どう生きていきたいのか」を
考えるようになるのではないでしょうか?

生きているからこその苦しみがあり

生きているからこその喜びがあり

生きているからこその悲しみがあり

生きているからこその楽しみがあることを


悩みながらも「向き合う」ことで
よりリアルに感じることが
できるような気がします。



「最期に向き合う」
その一歩が
あとの時間をより濃く
生き抜く力になると
ワタシは信じています。



そして、それは
やがて訪れる「死」をも
克服する力にもなると思えるのです。


「最期」に全力で向き合い
生き抜いた方が

「悔いはない」と言って
お亡くなりになった方が

共通して
最後に遺していくことばがあります。



「ありがとうございます」


そういって
去っていかれます。

苦しみぬいて
亡くなる方もいらっしゃいます。
全ての方が
しあわせな最期を迎えることは
ないのかもしれません。



だけども
残りの時間を
「生き切った」と
そう思えるひとが
ひとりでも多く増えることを
ワタシは願ってやみません。


人生の最期を想い
主体的に生きることが
しあわせな人生(最期)に
繋がると思うのです。


あなたの人生(最期)は
他人のものではない、
あなた自身がつくりあげるものだから。


その姿は
きっと次世代に引き継がれていくでしょう。


だからこそワタシは
「終活」という分野に
足をふみいれたのだと思います。



この分野を歩くことで、
ワタシも自分の人生を主体的に
生きぬいていきます。



あなたは

どんな最期を迎えたいですか?

のこり時間を
どう生きていきたいですか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何からはじめていいのか解りづらい
「生前整理」
まずはプロに相談してみませんか?

個別コンサルや
「生前整理」講座もたまわります。
講座は5名様から
対応させていただきます。


ご相談・お申し込みはコチラ
↓↓↓


{A67D07A2-7D3E-43B4-B876-AE59310A6F18:01}



「HAPPYおそうじコンシェルジュ」は

おそうじのヨロズ屋さんです。
お悩みには真摯に対応させていただきます。

ご相談・お申し込みはコチラ

↓↓↓

お問い合わせ


そうじのヨロズたまわります


・収納を見直したい
・おそうじの仕方がわからない
・遺品整理・生前整理
・おそうじ講師
・エンディングノート
・保険(ライフプラン)の見直し

•引越しの移動や大型荷物の処分
•書類の廃棄



おそうじは人生の転機・・・
それを乗り越えて新しい路を創る・・・

アナタの人生のおそうじ(創路)

サポートいたします。 

ご相談・お申し込みはコチラ

↓↓↓

お問い合わせ

ベル料金はコチラ




「HAPPYおそうじコンシェルジュ」×
協力企業さまのお知らせ



■大橋運輸株式会社さま
http://www.0084.co.jp/index.html

ご不要になった大型家具の処分についても
ご対応させていただきます。

引越しなどの荷物の運搬•
レンタルコンテナもご相談ください。

小型車から大型トラックまで
対応させていただきます。


株式会社トータルライフコーディネーションさま
http://yoppodo-goen.com/index.php

「生前整理」「遺品整理」の際の
相続のお悩みなど
人生設計にご不安を抱えられている方に
それぞれの人生に最適なプランのご提案を
させていただきます。



協力会社の強力なサポートのもと
「HAPPYおそうじコンシェルジュ」の
業務拡大が実現しました。

お客様のお気持ちに寄り添いながら
より多くのニーズにお答えできるよう
今後も進んでまいります。

お荷物のご相談などのお見積りも無料です。
お気軽にご相談くださいませ。

FBで秘密のグループ作って、EMお掃除術投稿してます
image
NPO法人「せとルネッサンス」とともに推進します。
同NPO法人の理事も務めております。




遺影撮影など、「CaravanSerai」さまと
企画いたします
image



















AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。