今日の一冊

読んだ本を、紹介していきます。


テーマ:

なんで病気になったんだろう?

複雑に考えようと思えば、いくらでも考えられる。

でもシンプルに考えればとてもシンプル。

原因さえわかればやることはおのずと決まってきます。

あとはやるだけ、ですね。

ガンをはじめ、いろいろな病気は

それ自体が悪者いのではなく、体の正しい反応で、
自分の生き方を見直すべきだと主張されています。


人が病気になるたった2つの原因 低酸素・低体温の体質を変えて健康長寿!/講談社
¥1,296
Amazon.co.jp


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人は誰でも失敗する。

生きて学ぶにはいろいろの体験が必要である。

何も失敗しないで、しかも有意義に生きていこうとするのは

無理である。

また長い人生においては、その人らしくない成功はいずれ

不幸を運んでくる。その人らしくない成功はやがて悲劇につながる。

失敗は決して悪いものではない。


そのように願うばかりです。


プラスになる失敗 マイナスになる成功―長い人生を生きるための心理学/大和書房
¥1,404
Amazon.co.jp


AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サラリーマンは定年になると、「終わった」というイメージを自分で

作ってしまう。歳を取ったら楽しみを見つける。

楽しみが見つからないのは歳のせいではない。

何でもかんでも歳のせいにしない。

生きていかれなくなるのは経済破綻のときばかりではない。

心理的に破綻しても生きていかれなくなる。

50代になったらどのような心の持ち方で生きるのが望ましいかを

考えた本。


自分もこのような本を手に取るようになったんですね。


50歳からちょっと心を休ませる本/朝日新聞出版
¥1,404
Amazon.co.jp

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

戦前は「修身」という教科があった。

戦後、修身は葬られ、「道徳」に形を変えた。


その道徳すらも

「日本を戦前の軍国主義の時代に戻すつもりか!」

と「人権教育」や「平和教育」にすり替えられてしまった。


身の修めどころを知らぬ現代人。


日本は一神教の国ではない。

「倫理」の国ではない。

だが共同体の世間の目で人々のふるまいを縛る

「道徳」がしっかりとしていた。

それすら、家族・地域・会社などの「中間共同体」が

進む中で、溶解しようとしている。

共同体から浮遊した「個」が、

自らの生きる指針を見失って、

「自分探し」の旅を続けている。

頼りない「生き方本」を羅針盤にして。


How toで提示された生き方を、みっともなく

実践してみる愚かさからさっさと卒業しよう。

人々を自由の牢獄を解き放つ

現代版「修身」を考えてみよう!


~本文より抜粋~


ゴーマニズム宣言PREMIUM 修身論/小林 よしのり
¥1,404
Amazon.co.jp



いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「のぼう様」成田長親。

でくのぼう故に民百姓からこのように呼ばれる

忍城の総大将。


三成率いる2万超の軍勢に、農民らを含めても2千強の成田勢。

総大将たる長親は、将に求められる武勇も智謀も持たない、

その名の通りでくのぼうのような男。

だがこの男にはただ一つ、他人に好かれる才能、

特に異常なほどの民からの「人気」があった。


ある意味で理想の上司かも。

こんな人がいたら会ってみたい。


のぼうの城/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp


いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。