人気ブログランキングへ
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009年09月30日

9倍効果

テーマ:08 法則

 「新製品は従来製品の9倍価値がないと売れない」という法則。(雑誌「PRESIDENT(10/15号)」より)

 

 買い手は、「所有効果」により、もうすでに所有しているものには、通常の3倍の過大評価をする。

 

 作り手(売り手)は、「単純接触効果」により、その商品に対する思い入れが強くなり、3倍の過大評価をしてしまう。

 

 したがって、買い手と作り手の間には、9倍のギャップが生じることになる。新製品定着には、この9倍の壁を乗り越えなくてはいけない。


 確かに、新製品のハードルは高い。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月27日

発車メロディ

テーマ:12 日記

 JR高田馬場駅の「鉄腕アトム」は子供のころを思い出させてくれるが、高松駅の「瀬戸の花嫁」は青春時代に導いてくれる。

 

 土曜日の朝、初めて高松駅から電車に乗った。ボーっと発車を待っていたら「瀬戸の花嫁」の発車メロディが鳴った。

 

一瞬ビックリしたが、「なるほど、瀬戸内海だからか」と納得した。ネットで調べてみると瀬戸内海沿岸の多くの駅で使用されているらしい。

 

地元の人にとっては当たり前のメロディかもしれないが、旅行者にとってはうれしいメロディである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月25日

ど根性松

テーマ:12 日記

 昨年、初めて高松に来た時は、夜遅く着いて翌日1日仕事をしてそのまま帰ったので、ほとんど印象がなかった。そこで、今年は、少し早目に着くようにして、駅周辺を探索してみた。

 

 駅の近くの高松城跡の玉藻公園に行ってみた。天守閣など色々と見て回っていたら、お庭の中に「ど根性松」という立て札があった。


人事コンサルタントのブログ-huda
 


何だろうとよく見てみると、岩の上に小さな松の木が生えていた。



人事コンサルタントのブログ-konjoumatu


テレビの「ナニコレ珍百景」ではないが、確かに「ど根性」がある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月25日

大分のうどん屋

テーマ:12 日記

 以前、しゃれ言葉で「大分のうどん屋」というのを聞いたような覚えがある。妻が大分生まれなのでよく覚えているのだが、・・・。

 

 意味は、大分のうどん屋のゆで釜は、特にお湯が多いので「(湯)言うばっかり」ということだった。ところが、ネットで調べてみると「大分のうどん屋」というしゃれ言葉は出てこない。

 

同じような意味で「風呂屋の釜」「うどん屋の釜」というのはあるが、大分は出てこなかった。私の聞き違いだったのだろうか。

 

 ちなみに、色々調べていて「夏のハマグリ」というしゃれ言葉には、思わず「うまい」と言ってしまった。
意味は「身腐って、貝腐らん」から「見くさって、買いくさらん」という意味だそうだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月24日

人事制度を早く構築したい

テーマ:06 人事管理

 目標管理や業績評価制度が無い為社長の判断で給与、昇給を決めている状況。1年後2代目に社長交代する予定の為、賃金や評価など人事制度を早く構築したいと思っています。どのように進めていけばよいでしょうか。

 

 今まで会社が存続していうということは、現時点で立派な人事制度がある証拠だと思います。
よい人事制度がなければ、会社は永続発展できないはずです。御社には、立派な人事制度があるのです。

 

 ただそれが、社長さんの頭の中に存在に、見えない状態になっているのです。ですから、まず、今社長さんの頭の中にある人事制度を「見える化」することが大事です。

 

 その上で、現状の問題点を修正したり、将来に向かって必要なことを加えたりして、作り上げていくとよいと思います。現状を否定してまったく新しいものをいきなり導入しても、うまく機能しないと思います。

 

 したがって、社長さんの考えていることを、社長さんが自らオープンにするか、誰かがヒアリングして解き明かしていくか、あるいは、それにプラスして今までの決定方法や幹部の方の意見を聞いて推測して、現状、人事の仕組みを見えるようにすれば良いわけです。
その気になれば、社内で充分できますし、逆に社内の人の力がないとできないことです。

 

○ 外部コンサルタントを活用する


 ただ、そうは言っても現実的には社長さんから社員がヒアリングをして、本音を聞きだすということがなかなかできないため、私のような外部の人間がお話を聞いて作り上げていくことがコンサルティングの内容になります。
ご意向を聞いて、より効果的な方法や合法的な方法、より社員の方にわかりやすい仕組みに、アレンジしてその会社の実情にあった制度を作っていくことになります。

 
 その場合、「人事制度を整備するまでに(見えるようにするまでに)、期間がかからない。社員の手間が大幅に削減できるため、結果的には経費の削減につながる。社員に対する説得力が高まる。」などのメリットがあります。

 

○ 当社でコンサルティングを行った場合

 
 当社のコンサルティングには、完全請負型と、会合型があります。
大企業で人事スタッフが多い場合は会合型、中小企業で人事スタッフが手薄の場合は、完全請負型をお勧めしております。


 完全請負型ですと、賃金の構成や仕組みを整備して、自社にあった形の評価制度を導入し、来年の4月から施行期間を開始するというスケジュールには充分間に合います。骨組みや仕組みの構築は3ヶ月くらいでできます。
後は、以降処置の検討や社内説明会、考課者研修などを行い、6ヶ月間あれば十分導入できます。(規模や状況によりますが)

http://www.sabcd.com/13eigyou/82eigyou.htm#1

 

○ 人事制度予備診断を利用する

 
 人事制度の再構築といいましても、どこまで手をつけたらいいのか、どのようにすればいいのかが、明確になっていない場合があります。

 

そこで、それらを明確にするために、コンサルティング以前に現在の人事制度の現状を分析して、本当にコンサルティングが必要であるかどうかを検討し、また、必要であれば、どこをどのように直せばいいのかを明確にして見直していく必要があります。
これらを明確にすることがこの予備診断の目的です。

 

 また、この予備診断はその後の人事コンサルティングを前提としたものではありません。
したがって、この診断結果が出てからコンサルティングを依頼するかどうか、判断できます。
仮に、引き続き当社で人事コンサルティングを行う場合は、会合数を1回省略できますので、その分割引きになります。

 

参考資料  を添付いたしますので、参考にしてください。
ご覧いただいて、御社のご意向に会うようでしたら、一度お伺いして、詳しくお話をお聞きしたいと思います。

 

以上、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年09月23日

エインズリーの木

テーマ:08 法則

 遠くに見える高いビルとその手前にある木と比較すると、ビルの方が大きく見える。しかし、その木に近づいていくと、手前の木の方がビルよりも大きく見える。このような現象を「エインズリーの木」というそうだ。

 


人事コンサルタントのブログ-einzuri
 


 大きな目標を設定してやる気満々だったのに、いざ取り掛かろうとすると、目先の欲望に負けてしまい、なかなか取り掛かれない、というようなことなのだろう。


「エインズリーの木」をいつも実践しているような気がする。(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月22日

ハムト

テーマ:12 日記

 Gooランキングの「意味がわからない略語、若者用語ランキング 」で1位に輝いた言葉「ハムト」。
意味わかる人いますか?

 

 時々、Gooランキングをのぞいているが、「ハムト」には驚いた。本当にこんな言葉を使っているのだろうか。

ちなみに、ランキング上位は次の通りである。

 

1位 ハムト   意味:公衆トイレ(ハム=公)
2位 ATM   意味:あなたの便りを待っている
3位 NHK   意味:何か変な感じ
4位 NSX   意味:何をしても×(ダメ)
5位 ブンブン  意味:セブンイレブン

 

 その他、「定金(さだきん)」(定額給付金)、や「チョーLL」(大変ラブラブ)などもランクインしていた。
言われてみれば、なるほどというものもあるが、もともとの意味と混同しそうだ。

 

「ハムト」と「ブンブン」は今晩、娘が帰ってきたら使ってみよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月21日

時間割引率

テーマ:08 法則

 プレジデント(10/5号)に時間割引率の記事があり、喫煙者と禁煙した人のデータを使って説明してあった。自分に当てはまる内容だったので、ビックリした。

 

 期間割引率とは、将来を「割り引く」割合のことで、現在の利得と将来の利得の交換比率を表す。今日の100円と1年後の150円が等価だと考えれば、割引率は50%となる。

 

 ヘビースモーカーの時間割引率は高くて、「1年後にいくらもらえたら今日の100円を我慢できるか」の平均金額が223円であり、生涯非喫煙者は183円となっている。そして、驚くことに、過去喫煙者(禁煙成功者)は158円と一番低いデータになっている。

 

 時間割引率が高い人はせっかちで目先の利得にとらわれやすく、低い人はのんびりしていて、長期的な目で考えるという説明であった。

 

 自分にあてはめてみると、確かに、喫煙していた時はかなりせっかちだったが、禁煙して3年以上経った今はせっかちの部分がかなり減ったように思う。

 

 このようなことは、喫煙だけでなく、肥満や飲酒、商売のあり方(目先の利益だけを求める詐欺的商法など)などにも言えるらしい。

 

 成果主義の失敗も、時間割引率を高く考えたこと(目先の利得を大きく考えたこと)によるのであろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月20日

ワンパターン

テーマ:12 日記

 そば屋さんから出ようとしたら、お店の人が一斉に「おおきに」と声をかけられドキッとした。 

 

 ここのところ京都に出張でよく行くのだが、宿泊は駅前のいつものホテル、夕飯もホテルの地下街のレストラン街、朝食もホテルのレストランとワンパターンを繰り返していると、京都にいるということを忘れてしまう。

 

 たまに、いつもと違ったところで食事をすると、「おいでやす」「おおきに」と声をかけられ、京都を実感する。
というか、逆に違和感を覚えビックリした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月15日

被考課者訓練

テーマ:06 人事管理

 人事制度は何よりも運用が大事であり、その運用の中心となるのが人事考課である。人事考課を公正に行い、納得性を高めることが、人事制度の機能的運用に結びつく。

 

 そして、その納得性を高めるために行われるのが「考課者訓練」である。「考課者訓練」とは、評価する人たちを対象に、人事考課のルールや評価基準などを事例研究を交えて勉強してもらう教育研修であり、人事考課の適正な運用には不可欠なものである。

 

 これはこれで効果はあるが、実はもっと効果的な教育研修がある。それは「被考課者訓練」である。「被考課者訓練」とは、評価される人たちに、人事考課のルールや評価基準などを勉強してもらう教育研修である。

 

 「被考課者訓練」がなぜ効果的かというと、次のような理由が挙げられる。

 

①  評価される人が人事考課のルールや基準を知っていることで、評価結果だけでなく評価の理由(過程)が理解でき、仮に評価結果が悪くても納得できる。

 

評価される人が人事考課のルールや基準を理解していないと、評価結果だけで感情的になり、仮に正当な評価であっても納得できない。


②  評価される人が人事考課のルールや基準を知っていることで、評価する方も今まで以上にしっかり勉強して、ルールや基準通りに実施するようになる。

 

評価される人が人事考課のルールや基準を理解していないと、評価する方も気を抜いて、一生懸命勉強しない場合も出てくる。

 

③  評価される人が人事考課のルールや基準を知っていることで、事前に努力できるし、評価結果も納得できる。

 

評価される人が人事考課のルールや基準を理解していないと、どのような努力をすれば報われるのかがわからず、また、評価結果についてもなぜそのような評価になるのか納得できない。

 

 などなど、「被考課者訓練」には、メリットがたくさんある。
 

 → 被考課者訓練の案内


 → 被考課者訓練の研修プログラム例


 → 被考課者訓練の実施風景(抜粋) (ある独立法人での例)

 最近は民間企業だけでなく、社会福祉法人、医療法人、国立大学法人、県庁や市町村役場などでも人事考課は実施されている。(当然考課者訓練も実施されている)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。