人気ブログランキングへ
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007年02月28日

海外にいる部下の評価

テーマ:03 人事考課

 海外事業部の幹部が、海外にいる部下の評価ができないと言って困っています。単純に5段階評価の中間の評価にしたり、好き嫌いで評価したりする状況です。どうしたらよいでしょうか?

 

 困った状況ですね。


 まず、理屈から言いますと、
「人事考課と考える前に、上司は部下の仕事のチェックや仕事ぶりの管理をしているはずである。まずそれを行うように、管理職の意識または仕組みを変える必要がある。国内にいようが、海外であろうが、上司は部下の行動を24時間すべて見ているわけではない。その中で、部下の仕事の管理や仕事ぶりのチェックができるようにすることが先決である。具体的には、役割や目標を明確に設定して、その達成度のチェックをして、うまくいったときはなぜうまくいったのか、うまく行かなかった時はなぜダメだったのかを確認するようにする。」
といこと、幹部の方々に理解させるということになります。


 人事考課をただ単に処遇決めるための仕組みというよう考えているようですと、おっしゃるような状況になってしまいます。

「評価して、よいところを認めて、いけないところを指導して、業績が上がる状況を作り出して、
その結果、業績を上げる」そのための評価であるということを徹底することが必要です。


 方法としては、考課者訓練等で指導教育するのも一つです。事例研究やグループ討議で、自分の考えがいかに偏っているかを認識してもらうことで、改善することができます。


 また、「評価する人も評価される」という仕組みを徹底することが不可欠です。
「部下を評価し指導して、部下が頑張ることによって、上司の評価もよくなる。」という関係を作ることが大事です。
「部下の評価がよかろうが悪かろうが(単なる評価ではなく仕事の成果や仕事の内容)、上司の評価には関係ない。」ということであれば、上司は部下の人事考課は単なる点数付けになってしまいます。適当に、「普通」とつけてしまったり、感情でつけてしまったりしてしまいます。


 上司の仕事を部下の仕事の連動、簡単にいえば、上司の目標に連鎖した部下の目標を設定する、(目標のブレークダウン)ことが大事です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月26日

後悔の回避

テーマ:08 法則

 決定や決断には失敗することがあり、その失敗に対して「あの時こうすればよかった」という後悔をするのがつらく、その後悔を避けたいという気持ちを持っている。


 その後悔の回避が強いと、決定できない人になってしまう。


「今決定しないことも、一つの判断である(自分の決定である)」と考えることで、決定できない人から脱却できる。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年02月25日

新入社員の1年後

テーマ:09 世間の出来事

 先日、昨年4月に入社した新入社員のフォロー研修を行った。複数の企業の新入社員が受講していたのであるが、会社によって雰囲気がガラッと違うことに驚いた。

 
 ある企業の新入社員たちは、入社時と同じように元気一杯ではつらつとしている。しかし、別の企業の新入社員たちは、疲れきった感じで全く元気がない。中には、自己紹介で「転職を考えている」と言う社員もいる。


 昨年の4月、入社した時は、みんな希望に満ち溢れる顔で元気一杯だったのに、たった1年足らずでこれほど差が出てしまうである。


 あらためて、新入社員を受け入れる側の責任を痛感した。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年02月22日

コントロールの幻想

テーマ:08 法則

 宝くじなど当選確率は同じなのに、お店を選んだり、番号を自分で選ぶことによって、当選しやすくなると錯覚すること。


どこで買っても確率は同じ。たまたま当たりが出て、それを宣伝すると販売数が増えるから、また当たりが出やすくなるだけで、確率は変わらない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月19日

ヒューリスティックス(簡便な判断法)によるエラー

テーマ:01 仕事・人生

 ヒューリスティックス(簡便な判断法)とは、何かを判断したり、意思決定するとき、色々考える面倒を嫌い、結論を急いで、ものごとを単純化して考えること。


 「行列ができるお店の料理はおいしい」「イタリア人は陽気だ」など


 自分勝手な先入観で物事を判断して失敗したこと、数え切れないほどある。もっと前に知っていれば、人生変わっていたかも?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年02月18日

フレーミング効果

テーマ:08 法則

 言葉や数字の使われ方によって、無意識にそのテーマに対する枠組み(フレーム)を作ってしまう。その枠組みの違いによって、同じ選択肢であっても異なる判断をしてしまう、ことをいう。


 同じことでも表現方法によって受け止め方は違う。

例えば、6割賛成、4割反対を「賛成は過半数にのぼった」「反対は半数に届かず」と表現すると「賛成多数」をイメージさせるが、「半数近くの人が反対」「賛成は6割にとどまった」と表現すると「反対強し」のイメージになる。

 

 何事も言い方次第?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年02月15日

決定麻痺(マヒ)の効果

テーマ:08 法則

 選択肢が多すぎると、その選択を先延ばしにしたり、選択すること自体をやめてしまうことをいう。


 食料品売り場で、ジャムを6種類並べて販売した場合と、24種類並べて販売した場合を比較すると、6種類だけ見た人は30%、24種類見た人は3%の購入率であったという心理学者の実験があるそうだ。


 確かに、「見てるだけ」であれば多い方が楽しいけれど、「どれを購入するか」と考えるのは選択肢が多すぎると面倒臭くなってくる。

 これはジャム以外にも使えそうだ。(笑)

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007年02月13日

ベンフォードの法則

テーマ:08 法則

 世の中に溢れかえっている数字の先頭の数字は、圧倒的に1が多い(約30%)という法則。(本当はもっと複雑で有用なもの)


 単純に考えると「0~9まで平等に表れる」と思ってしまうが、先頭の数字に限れば、1は約30%、2は18%、3は12%、以下数字が大きくなるにつれて出現率は低下して、9は約5%になるそうである。


 これは数学的にも証明されていて、粉飾決算のなど人工的に手を加えたことを見破る手段にも使われているそうだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年02月12日

「破壊願望の深層心理」効果

テーマ:08 法則

本人は意識していないが、心の奥からの「成功したくない、失敗したい」というメッセージが判断を狂わせ、失敗に導いてしまう効果。

 

 順調に行くと気持ちが落ち着かず、失敗すると安心する現象。例えば、ギャンブルでも大勝すると不安なり、負けると安心するというタイプの人は、「破壊願望の深層心理」があるかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年02月09日

地域間の賃金格差

テーマ:09 世間の出来事

 2月9日に発表した厚生労働省の賃金構造基本統計調査(06年速報)によると、平均月収(残業代を除く)が最も高いのは東京都で37万5000円(前年より4900円アップ)、最も低いのは青森県で22万1700円(前年より1100円ダウン)ということである。

 

 前年より上昇したのは、東京や神奈川(33万2500円)、愛知(31万2700円)など大都市圏を中心に24自治体、低下したのは青森や沖縄(22万2600円)、岩手(23万5800円)など23自治体であった。(都道府県単位)


 景気回復といわれているが、地域間の賃金格差が拡大しているということが明確になった。


 ちなみに、消費者物価指数は、全国平均を100とした場合、東京都区内、横浜市は110前後、名古屋市104、青森市 102、盛岡市102、那覇市97(市単位、平成16年総務省統計局調査)となっている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。