コンビニエンスストア大手「ローソン」(東京都品川区)に現金3千万円などを要求する封書3通が送りつけられた事件で、封書の消印がいずれも東京都八王子市内だったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は八王子市内に土地勘のある人物がかかわったとみて捜査している。

 捜査関係者によると、3通の消印のほか、指定された現金の受け渡し場所も八王子市内で、場所を示す地図も同封されていた。ただ、捜査員が張り込みをしたが、指定された日時に受け取りに来た形跡はなかったという。

 ローソン本社に3月下旬から4月中旬に届いた3通の封書には「社長さん、これはうそではない。3千万円用意しろ」「いくらでもいいから」「毒物を入れさせてもらう」などと片仮名と漢字交じりで手書きで書かれていた。

 ローソンをめぐっては都内の4店舗で3月12、13日、パンや菓子にカッターナイフの替え刃が刺されているのが見つかっており、同課が関連を調べている。

【関連記事】
中国開拓、視線は内陸部 投資増着目、ローソン5店舗
ローソンに3千万円要求の脅迫文 商品にカッター刃と関連か
ローソン子会社 不正経理、元専務を聴取 「仲介会社から9100万円受領」
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 
ローソン、「驚きプロジェクト」から黒豚丼
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
<八ッ場ダム>推進派現職が無投票当選…群馬・長野原町長選(毎日新聞)
重要文化財に「杉本家住宅」など 新たに8件指定(産経新聞)
<精神医学>裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)
AD