良きスパイラル。

テーマ:
前回ブログからもう2日経ちました。



いやー早いね… 


さてさて、昨日まで、実は日本オープンの会場に居りました。ゴルフのね。

今まで、何度か会場に居たことはあります。日本オープンといえば、ゴルフトーナメント秋の陣最大のイベントです。日本一のトーナメントをこの目で観ようと、毎年多くのゴルフファンが会場に足を運びます。しかし、今回のナショナルオープンは、今までとは異質な雰囲気でした。 

所謂、"メダマ"のパーティーがありました。
アダム・スコット
石川遼
松山英樹  

協会的には、これでどうなるか。テスト的なところもあったとか。その結果は、それはもう初日から凄いことになってました。

昨日は爽やかな初秋を飛び越え、寒い晩秋な朝でした。

8:00頃コースに着くと、もはや関係者駐車場はパンパン。そして駐車場からコース内に着くと、初日の朝とは思えないギャラリーの数。寒いけど会場にはアツい空気がムンムンと漂ってました。どうだろう、雰囲気は普段のトーナメントの最終日なムード。

ハーフぐらい歩き、コースをチェック。
報道やテレビを観たり、会場に来られた方は既にご存知かと思いますが、とてつもなく難しいセッティングです。何度かここプレーさせて頂いたことありますが、別物過ぎてレイアウトがピンと来ないほど。コースの事書くと長くなりそうなので割愛します。長くて狭くてラフ長くてグリーン速くてとに角難しいの。 

お昼が近づく頃、クラブハウス周辺に戻ってきました。

また人がグッと増えてる。
それもそのはず、"メダマ"達が練習開始しているのです。1人はチッピング、1人はドライビングレンジ、1人はパッティング。大きな人集りが3つ。

そして、ひとつのエリアから移動するたびに、大きな拍手と大きな声援が。ゾゾゾっときましたね。 

スタート時間になると、それはもう半端じゃない盛り上がりですよ。ティーに上がる時は、もちろんの大歓声。コールされて大歓声。打って大歓声。歩き出して大歓声。レンジで、スコット(キャディの方)が言ってた。『コレ ムカシ US PGA ニイッタトキオモイダス ワォ』←勝手な和訳 

実はこれが、この雰囲気が
会場全体に波及したのです


その"メダマ"達でなくても、スタートホールは盛り上がります。ティーに上がる時は大きな拍手。打って歓声、歩き出して拍手。

驚いたのが、最初のホールだけでなく、どの選手がどのティーに上がっても、パチパチパチパチと拍手してくれるのです。そして打ってバシーンと良い音がすると、オー!と。グリーンにドスっと乗れば、ナイス!!!パチパチパチパチと。

なんか、プロゴルファー(一応免許は持ってるのです)として、心から羨ましいと思いました。

最終組の最終ホール。
早くなってきた日没との戦いでした。
グリーン周辺には、投光器が何台か。時間は17:00に迫ろうとしてました。普通です、予選ラウンドの最終組、最終ホール日没寸前。これだけのキーワードではギャラリーは少ないのが当たり前なのです。しかし昨日は、スタンドにはまだ100人以上、グリーン周辺にも100人ほど。薄暗くなった最終ホール最終組のプレーに目をこらして観ていてくれたのです。グリーンにドスっと乗れば、ナイスー!パチパチパチパチ。ボールがカップに向かえば、入れ!入れ! あー!  

ぶっちゃけ 
何度もジーンときてしまいました

ゴルフファンは沢山居たのです。

今日もきっと会場には多くのギャラリーが来てると思います。あの雰囲気の中、選手達は自然と持ち上げられて良いパフォーマンスができると思います。それにまた歓声が上がります。ゴルフ界にとって、良きスパイラルのきっかけになる週だと確信しました。










AD