こんばんわ。ぷなママです。



今日は、バレンタインデー。

皆さんは、どのようにお過ごしなんでしょうかね。





あと何年かすれば・・・

ぷな息子は、チョコを貰って帰って来るのかな?

ぷな娘は、手作りチョコを渡す日が来るのかな?





何だか、楽しみです。( ̄∀ ̄*)イヒッ





今年もぷなパパの所には、沢山のチョコが届いております。

今頃、満面の笑顔でほおばっている所かな?










さて、今回はぷな息子のお話です。

おやじギャクがとっても大好きな、ぷな息子。

この年頃は、みんなあんな感じなんでしょうかね。( ̄~ ̄;)










あっ。

ぷな息子め。飲んだ牛乳出しっぱなしだよ。





ぷなママ「ねぇ。ちゃんと牛乳片付けなさいよ。L(゜□゜L)!!」

ぷな息子「は~い。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ」





ぐびぐびぐび・・・。





あれ?牛乳飲んでる。

まだ、飲みたいから出しっ放しだったのかな?















ん??

まだ、牛乳が出てる。





ぷなママ「ちょっと。早く牛乳片付けなさいよ。(゚Д゚)クワッ」

ぷな息子「は~い。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ」





ぐびぐびぐび・・・。





あれ?また、牛乳飲んでる。





ぷなママ「ねぇ。ちゃんと片付けてよね。」

ぷな息子「うん。だから、ちゃんと片付けてるよ。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ」





も・・・もしかして。













































あいよ。片付けたよ。( ̄∀ ̄*)イヒッ






ぷなママの予感的中です。

持ち上げた牛乳パックは、空になっていました。





あ~。山田君。





座布団持って来て・・・。(; ̄Д ̄)





道理で、ニヤニヤしながら牛乳飲んでいたわけだ。

ぷな息子に、してやられたり・・・。










ぷな息子「ママ。僕、ママのために一肌脱ぐよ。」





え??

随分、頼もしい事を言うようになったじゃない。





ぷなママ「何か、手伝ってくれるとか?(〃∇〃)」





そんな、ぷなママの喜びをよそに

おもむろに、洋服を脱ぎ始めたぷな息子。





ぷな息子「はい。脱いだ~。お風呂行って来ま~す。ヘ( ̄▽ ̄*)ノ」





・・・そういう事か。

もう、山田君。





座布団、全部持ってちゃって!!

(≧◇≦)






それにしても、あの牛乳の飲みっぷりは

ドリフの牛乳早飲みに、匹敵するかも。( ̄∇ ̄*)

AD

ドキドキ着信。



こんばんわ。ぷなママです。



パックリ開いていた、ぷなママの親指。

まだ、押すと違和感もあって痛いし

傷口も陥没しておりますが

おかげ様で・・・





完治しました~。ヘ(´∀`)ノ





皆さん。心配してくれて、有難う。

本当に嬉しかったです。(〃∇〃)










はぁ。今日も無事に勤務終了。

着替える前に、一応携帯チェックしておきますか。





ぬおっ。着信4件??( ̄□ ̄;)





全部、ぷな子達からだ・・・。

お留守番にも大分慣れて来た、ぷな子達。

よっぽどな事でもない限り、こんなに電話をして来る事なんかない。





・・・嫌な予感がするぞ~。( ̄Д ̄;)





確か前回は、ぷな娘がカッターで手を切った時だったな。

うわぁ~。ぷなママの怪我が治ったと思ったら

また、誰かが怪我でもしたか??





ぷなママ「・・・もしもし?」

ぷな息子「あ。ママ??」

ぷなママ「えっと・・・。どうした?」

ぷな息子「ねぇ。3回お休みだから、ビデオ借りに連れて行ってよ。」





・・・何だ。

ただのお強請り電話だったのか。(;-_-)





もう、考えすぎ。( ̄∇ ̄*)ゞテヘ





ぷなママ「いいよ。帰ったら行こう。」

ぷな息子「じゃあ。ぷな娘に代わるね。」










ママ大変!!かみ切れた~!!










へ?かみ切れた??

紙で、手でも切ったのか?





ぷなママ「何を切ったって??」

ぷな娘「だ~か~ら。かみ!!髪の毛!!」





髪の毛??何故、髪の毛が切れる?





ぷなママ「どうして、髪の毛が切れたの?」

ぷな娘「コーラのねりねりで遊んでいて・・・@;**@l;>_@。」





何言ってるのか、分からない。( ̄Д ̄;)

だけど要するに、髪の毛に練り消しが付いたわけだな。

で、その部分を切ったと。





な~んだ。問題ないじゃん。(*´∀`)ノ













































髪の毛、ちょびっとになった~。(ノд・。)





んな・・・( ̄□ ̄;)ちょびっと??





練り消し。前髪にでも付いたのか?

それとも、後頭部に広範囲??

ぷな娘の性格上、凄いヘアースタイルになっていたら

学校行きたくないと言いかねない。





すぐ帰るよ~。ε=ε=ε=ヘ(;°∇°)ノ





ぷなママ「ただいま。ぷな娘、何処がちょびっとになった?」

ぷな娘「ここ・・・。」


ちょびっと


プフッ。





てっぺん立ってやんの。( ̄∀ ̄*)イヒッ

AD

流血事件。


こんばんわ。ぷなママです。



後悔先に立たずって・・・本当にそうですね。(-_-;)





事件は、入浴直後に起こりました。





ぷなママ「全く、いつになったらお風呂に入るんだ。ヽ(`д´;)/」





ぷなママが、お風呂から上がったものの

ゲームに夢中のぷな子達は、全く入る気配なし。

静かなのは良いけれど、時間見て動けっていつも言っているのに!!





悶々と完全怒りムードのぷなママ。





そんな状態で、剃刀を手に取ってしまったのが

そもそもの間違いだった・・・。










ん??剃刀キャップが取れないぞ?





なんだい。こんちくしょ~。(゚Д゚)クワッ















































●。





●・・・●・●・・。











やばっ。やっちゃった。





ぷな子達「ママ~。どうしたの?」

ぷなママ「・・・切っちゃった。」





早く止血せねば。

流れ落ちる血を見て、ぷな子達が





パニック起こしちゃうよ~。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)





だけど、思ったより深く行ってしまったらしく止まらない。















ぷな息子「ママ。コレ使って!!」





持って来てくれたのは、消毒液。





ぷな息子「・・・って、血が止まらないから無理か。」





とっさに消毒液を持って来てくれるなんて

ぷな息子は、優しいなぁ。(〃∇〃)

それに、意外と冷静だな。おい。( ̄Д ̄;)





ぷな娘「ママ。血、止まった?」

ぷなママ「う~ん・・・。( ̄~ ̄;)全然。」

ぷな娘「じゃあ。邪魔にならないように寝るね。」





( ̄△ ̄;)へ・・・??寝る??





ぷな娘「早く止まるといいね。ママ。おやすみ。」





ぷな娘も全く冷静だった。(ー_ー;)

まぁ。パニックに陥って騒がれるより良いけどさ。










それにしても、切ったのがリストじゃなくて良かった。

そんな所切ったら、洒落にもならんわ。ヽ(゚Д゚;)ノ

じゃあ、どこを切ったのかって?

親指を2センチばかり切ってしまいました。(≡д≡)





止血も大変だったし、力を入れる事はモチロンの事。

傷口が開くので、重い物も持てません。

ちょっとした事で、ズキズキ・・・ズキズキ・・・。

仕事では、悶絶しまくりですよ。





本当に、刃物を扱う時は注意しましょうね。







・・・ってあたしだよ!!(TロT)





怪我して、痛いし不便だし本当に大変。

だけど、ぷな息子なりに何かを感じたのか

真剣な眼差しで、空手の練習に励んでいました。

今後も、その強い眼差しが続いてくれれば

この痛みも報われるんですけどね。(^◇^;)>

AD