川越市の整体 かずな接骨院のブログ

埼玉県川越市の坐骨神経痛・腰痛の整体治療。
かずなRCテクニックセンター・かずな接骨院の総院長 鈴木 浩がお送りする日記です。


$川越市の整体 かずな接骨院のブログ-new_kazuna_logo

かずなRCテクニックセンターの


ホームページはこちら から


埼玉県川越市の腰痛・しびれ・坐骨神経痛・ヘルニアの専門治療院です。

多数の有名人・プロアスリートが通院中の治療院です。
 TV、雑誌、専門書など各メディアが大注目!!
 当院の治療方法「かずなRCテクニック」とは、
 症状を取り除く事だけが目的ではなく、
 症状の原因を正確に見つけ出し根本から治療していきます。
 原因から絶たれるから、もちろん症状も無くなります。








NEW !
テーマ:

今度の週末は川越百万灯夏まつりが開催されますはっぴ

色とりどりな提灯が町並みを彩り、とっても盛り上がるんです提灯

今週末予定のない方はぜひ行ってみてください笑顔音譜

 

さて今日は、前回お話しさせて頂いた頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症といった首の骨に問題がある場合や姿勢の悪さによって起こる頭痛。

少しでも頭痛を引き起こさないような対策を説明していきたいと思いますひらめき電球

 

 

まず、楽になるからといって首をボキボキと鳴らしたり、強く捻るようなストレッチを行うことは危険ですがーん

これが癖になっている人はすぐにでもやめましょう!!

 

頭痛が引きおこる場合、首の骨のゆがみや姿勢の悪さによって首・肩回りの筋肉がうまく働かなくなり、筋肉が硬くなります。

そして血流が悪くなり脳が酸欠状態になることにより頭痛が起きることがほとんどです涙

その為、首~肩周りの筋肉を温めて筋肉中の血流を良くしてあげることが大切ですニコニコ

夏場の冷房が効き過ぎていることで、症状を強くしている方もいるので注意が必要ですビックリマーク

 

そして姿勢の改善も大事です!

 

立っている姿勢・・・図の様に耳の穴→肩の真横→骨盤の頂点→膝横→外くるぶしが一直線になっていることです。

 


座っている姿勢・・・図の様に耳の穴、肩、お尻(坐骨)が一直線になるようにすることと、ももが地面と水平になる様にイスの高さを調節して座るようにしましょう腕。

 

 

 
   

このような正しい姿勢を作ることが大切です。

しかし、正しい姿勢であっても長時間同じ姿勢でいる事はやめましょう!

長時間同じ姿勢が続く事で、筋肉が疲労し固まってしまいます!

立つ・歩く・腕を上げ下ろしするなどして適度に筋肉を動かしましょう!!

 

このいくつかの点を注意することにより少しでも頭痛を起こさない様な自己対策になります!

しかし、あくまでも自分でできる範囲の対策です注意

今の悪い状態を治す・これ以上悪化させないためには自己対策だけでなくしっかりとした治療が必要ですジェチ

 

しっかりと治したい・自己対策だけではあまり効果がない・何度も症状を繰り返しているといった方はお早目の受診をお勧めいたしますジェチ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日の豪雨で秋田県の一部が浸水被害がひどいようですね。

かずなスタッフにも実家が秋田にある先生がいるので心配です雨

 

今回は頭痛についてお話ししていきますジェチ

 

頭痛がひどく、病院に行ったが「片頭痛です」と言われ、薬を処方されるだけ汗

薬を飲めば楽になるけど、時間がたつとまた出ての繰り返しあせる

このままずっと薬を飲み続けなければいけないのだろうかと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

「薬に頼らず、しかも頭痛がでないようにしたい!」と思いつつも

「頭痛持ちだから仕方がない・・・

「医者にも行ったしもうどうにもならない・・・」と、結局頭痛の原因が分からずに諦めてしまっている方も沢山いるのですショック!

 

 

しかし、諦めるのはまだ早すぎます!!

 

本当の原因を知り、治療をすることで、必ず頭痛は改善されます!

諦める前にまずはあなたの頭痛の原因を知ることから始めてください音譜

いくつかの原因をご説明しましょうべったん

 

まず、

 

・頭痛だけでなく首や肩のコリ

・肩、腕、指の痺れ、だるさ

・首を動かした時の痛み

 

これらの症状がある場合は頸椎椎間板ヘルニア、頚椎症、首の骨の動きの悪さが原因、頭痛が起こるタイプですジェチ

 

・首~背中にコリ

・腰にも痛み・コリがある

 

この場合は姿勢が悪いことにより、背骨を覆っている筋膜という膜が緊張し、頭痛が起こるタイプです。

 

その他にも人それぞれ異なる頭痛の原因が隠れている場合がありますべったん

 

上記の様なタイプの頭痛の場合の対策を紹介していきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅雨が明けましたが関東地方は全然雨が降らず、あまり梅雨を感じませんでしたね!梅雨明けがえる

その為今年も水不足が問題になっているようですので節水を心がけましょう水しぶき

 

前回、足底筋膜炎についてお話しをしました笑顔

足裏の痛みを取り除いていくために大切なのは足裏のアーチを取り戻すことですひらめき電球

アーチの働きがなくなる原因は、足裏の筋肉が発達するべき子供の頃に裸足で活動が少なかった事や、大人になってから合わない靴やヒールの高い靴を履き、足が窮屈な状態で歩き回ている事にありますがーん

 

 

では、足底筋膜炎を治すためにはどうしたらいいのか・・・ビックリ

まずは足の負担を減らすために合わない靴やヒールの高い靴はなるべく避け、アーチをしっかりと作り地面からの衝撃を吸収出来るようにすることが重要です!!

 

そしてもう一つ重要なのが骨盤を安定させること!!音譜

 

骨盤にゆがみが発生していると、左右非対称に体重が乗り続けてしまい足裏にかかる負担も大きくなります。

そして足裏に発生した痛みをかばいながら歩いてしまうことで、身体を歪ませるという悪循環にもなってしまいますあせる

 

その為、足底筋膜炎は足裏(痛いところ)ばかりを治療してもなかなか改善しません。

一度良くなったとしても再発してしまう事が多いのです!!

完治・再発を防ぐためには足裏に負担をかけている原因を取り除く事が大切です!!

 

当院では痛みのあるところだけを治療するといったその場しのぎの治療ではなく、原因を突き止め治療する早期回復・再発を防ぐ根本治療を行いますので、ぜひ一度御相談下さい!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

いよいよ夏休みに入るお子様が多くなりましたねがんばる

これから家族でお出かけの機会も多くなり、長時間歩き回る事もあるでしょう頑張る

そんな時に起こりやすいのが足裏の痛みがーん

「足底筋膜炎」についてお話ししていきます。

 

足底筋膜炎とは主に足裏に痛みが起こることを言います。

人によっては土踏まずの指側辺りに痛みを感じますガーンダウン

 

 

この症状は衝撃を吸収するためにある土踏まずのアーチが上手く働かなくなり、足裏に過剰な負担がかかるために起こります。

これは、マラソンランナーや仕事で歩きまわる事の多い方に起こりやすい症状の一つですマラソン中

 

土踏まずのアーチの働きがなくなるというのは、いわゆる偏平足の状態になっているという事です。

偏平足になると衝撃の吸収が上手くいかず、足裏に負担が蓄積されやすくなります。


この状態で繰り返し刺激を与えていると足裏に炎症が起きて足底筋膜炎を引き起こします困

 

 

このまま生活をしていると、足裏の痛みをかばい、膝関節や股関節または腰といった他の所にまでも負担がかかってきてしまう事もあるのです!!

 

では足底筋膜炎を治す為にはどうしたらいいのか困

次回説明していきますニコニコチョキ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

前回、立っている時よりも座っている時の方が腰にかかる負担が大きいと説明しましたねにこ

実はそれ以外にも様々な環境がより腰に負担をかけていますショック!

 

・姿勢が悪い

・椅子の高さが合っていない

・背骨の柔軟性の低下

・モニター、デスクの位置関係

 

など、体重の2倍もの負担がかかることに加えて、より腰にダメージを与える要素となりますあせる

 

この中で重要になるのが、姿勢の問題です。

身体が健康的で痛みなど感じない状態であっても、負担のかかる姿勢を続ければ必ず痛みが出てきてしまいますがーん

 

そこで、気をつけてほしい姿勢のポイントを解説していきますひらめき電球

 

 

・椅子に座る時・・・太ももと床が平行になる高さに調整してください!

椅子の高さが変えられない場合はお尻の下にタオルやクッションを敷くなどして調整してみてください。そうすると、股関節や骨盤、背骨といった土台が安定する為身体を支えやすくなります。

 

床に座る時・・・正座かお尻の下に座布団を引いて高さを出してくださいビックリマーク

横座りやアヒル座り(正座から両足を外側に出す)は膝に負担がかかるだけでなく、骨盤や背骨を捻ることにつながるのでやめましょう太陽

座布団をお尻の下に引くことで、腰が丸くなることを少しでも防げます。

膝が痛い人はなるべくお尻を高くして座りましょうにこ

 

また、一番注意してもらいたいのは足を組まない事です。

足を組むと、悪い姿勢になってしまうのですがーん

 

椅子にしっかりと深く座り、腰の辺りにクッションを置きよっかかると腰に負担をかけずに座ることができます。

腰の背骨は本来前側に反っているので、その反りを補正すると姿勢を保ちやすくなるのです。

 

このようにいくつかの点を注意するだけで腰にかかる負担は軽減され痛みも出にくくなりますにこ

 

座っている時に腰に痛みが出てしまう方は早速今日から実践してみましょう!

それでも良くならない、少しはいいけど痛い、という方は早めの受診をお勧めいたします笑顔!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)