クリック募金 _ クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

こんにちは。いつも少数が勝つを御覧頂き真に有難うございます。


取引日 2009.12.23
商品  売り建玉数量  買い建玉数量
USD/JPY  218,024  100,774
EUR/JPY  19,359   35,308
GBP/JPY  22,289  40,480
AUD/JPY  35,676  152,350
CHF/JPY  1,261  762
CAD/JPY  2,987  2,726
NZD/JPY  8,692  36,245
ZAR/JPY  1,547  18,416
EUR/USD  3,112  6,915


為替はドル高・に成り易い内部要因に思えます。

景気が回復している実感はありませんが、少なくともドルが弱そうには見えません。

売り方の豆屋(商品取引員)の去就が注目されていた、東京

高値3477円から、ドバイショック時の安値を下回る3175円までの過程で、どうやら途転買いに回ったようです。

内部要因的に、いまのの歴史的な高値で天井をつけた場合、下手をするとドル建てでは、何十年も戻ってこない値段になるのではないでしょうか?

 

クリック募金 _ クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

こんばんは。いつも少数が勝つを御覧頂き真に有難うございます。今週も宜しくお願いします。


取引日 2009.12.04
商品  売り建玉数量  買い建玉数量
USD/JPY  201,167  116,891
EUR/JPY  22,337  25,955
GBP/JPY  22,974  37,943
AUD/JPY  38,410  128,633
CHF/JPY  1,123  613
CAD/JPY  1,943  3,948
NZD/JPY  7,749  37,345
ZAR/JPY  1,666  18,093
EUR/USD  4,672  4,504


為替が難しくなってきました。ドル円は大幅な売り越しに。

これをこなさないと、急激な高はありません。

は連日の大商いですが、ちっとも市場が盛り上がらない。

日計りディーリング主体の売買で、東京市場に厚みが感じられません。

豆屋(商品取引員)のの売り方でさえ、急落しているのに、湧いていません。

これには二つ考えられます。

一つはすでに踏んでしまって、もう売り玉がない。

もう一つは、売値がはるか安値のため、この程度の下げでは身動きができない。

このどちらかによって、今後の展開が180度違ってきます。

内部要因的に、その答えは・・・。

坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)/著者不明
¥1,050
Amazon.co.jp

坂の上の雲、面白いですね。

帝国海軍の白の軍服、超格好良いです。

ところで近年、急速に否定されている、明治偉い、昭和ダメ史観、及び、東京裁判史観。

明治偉い、昭和も偉いが、本当ではないでしょうか。

クリック募金 _ クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

こんばんは。いつも少数が勝つを御覧頂き真に有難うございます。今月も宜しくお願いします。


取引日 2009.11.30
商品  売り建玉数量  買い建玉数量
USD/JPY  159,341  158,206
EUR/JPY  14,900  40,136
GBP/JPY  20,837  45,357
AUD/JPY  34,649  160,135
CHF/JPY  939  975
CAD/JPY  1,321  4,916
NZD/JPY  7,763  39,303
EUR/USD  5,557  2,582


はほぼ全面売り越し。安は限定的でしょう。

ユーロドルは売り越し。これはまだ弱いとはいえません。

先週の豆屋(商品取引員)の一部踏みに敬意を表して、

は3370円から3183円まで、一気に187円急落しました。

もうお気付きでしょうが、去年のオイルや、今年のを、最初から売り上がることができるのは、かなり力のあるマメヤです。

そうでなければ、とっくに飛んでます。

マメヤが一部決済、追証を選んだ以上、次の高値更新は、2~3円では済まないと考えられます。

内部要因的には、上昇の原因は、ドルではなく、マメヤなのです。

最後は理不尽な金独歩高?

テーマ:

クリック募金 _ クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

こんばんは。いつも少数が勝つを御覧頂き真に有難うございます。


取引日 2009.11.23
商品  売り建玉数量  買い建玉数量
USD/JPY  146,487  170,887
EUR/JPY  22,970  33,720
GBP/JPY  24,595  45,528
AUD/JPY  39,275  142,878
NZD/JPY  8,178  37,906
EUR/USD  6,314  2,095


ドル円はまたも買い越しに。このあたりの出入りが激しい。

他の通貨は、恒常的にが売られていることで、安に成り難い構造になっています。

去年、世界的なオイルの大暴騰、投機買いが問題になっていたとき、

東京市場のオイルの内部要因は、むしろ投機売りでした。

今回のの急騰でも、豆屋(商品取引員)が売っている。

とても大衆パワーとは言えないと思います。

個人的に、豆屋、組織、提灯、呑み屋殺し屋の用語は使い分けているつもりです。

そしてまたしても、11月24日15時30分時点で、豆屋のの踏みは一部だけでした。

クリック募金 _ クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

こんにちは。いつも少数が勝つを御覧頂き真に有難うございます。


取引日 2009.11.13
商品  売り建玉数量  買い建玉数量
USD/JPY  161,520  151,837
EUR/JPY  20,746  30,570
GBP/JPY  24,971  39,555
AUD/JPY  41,704  103,430
EUR/USD  3,883  2,971


為替の内部要因に変化がありました。

11月5日まで、10万枚以上の買い越しだったドル円

しかし、アメリカは衰退している、ドルは弱いと言われ続け、いまでは売り越しとなりました。

このことが、ドル高・商品安をもたらすのかは、まだ分かりません。

確かに枚数的には、豆屋(商品取引員)はを買っています。

しかし、マメヤがいつになく売っているのも、また事実です。

そして11月16日15時30分時点で、の踏みは出ておりません。

最後に全面安、独歩高があれば、分かりやすいのですが。


内部要因の少数が勝つのブログ-オバマ大統領の両陛下への「お辞儀」

オバマ大統領の両陛下への「お辞儀」


2009年11月16日(月)11時12分配信 読売新聞


アフリカ名のアメリカ大統領が、天皇陛下にお辞儀。

王に立ち向かったワシントン、原爆投下のトルーマンが見たら仰天するだろう、歴史の流れを感じさせる一コマです。

東京金、高値更新にいたる

テーマ:

クリック募金 _ クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

こんにちは。いつも少数が勝つを御覧頂き真に有難うございます。


取引日 2009.11.05
商品  売り建玉数量  買い建玉数量
USD/JPY  61,988  174,366
EUR/JPY  22,845  22,617
GBP/JPY  27,303  38,020
AUD/JPY  35,447  113,760
EUR/USD  3,406  3,231


為替はドル円だけではなく、全体的に落ち着いてきました。

暴れん坊のポンド円でさえ、150円を挟んだ動きに終始しています。

内部要因は円安になりにくい構造。

どちらかと言えばのほうが派手に動いていて、去年のオイル状態。他の銘柄はオマケになってしまいました。

去年もオイルを除けば、貴金属穀物の内部要因は良いとは言えませんでしたが、結局連れ高し、

今年はに煽られて、豆屋(商品取引員)買い捲りの穀物まで上がっています。

そしてが上がると、なぜかどれも外電安でも下がりません。

一時、は、組織の買いや、マメヤの両建買いによって、先月の高値から160円の下落に見舞われました。

が、11月4日の大商いでマメヤの両建買い外しの形跡があり・・・(そして夜間の高値更新にいたる)。

これを下げさせるためには、もう一度マメヤが買う必要があると思われます。

クリック募金 _ クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

こんばんは。いつも少数が勝つを御覧頂き真に有難うございます。今月も宜しくお願いします。


取引日 2009.10.30
商品  売り建玉数量  買い建玉数量
USD/JPY  52,904  191,879
EUR/JPY  20,234  26,241
GBP/JPY  23,793  41,608
AUD/JPY  35,389  117,101
EUR/USD  3,046  3,738


世はドル円を筆頭に、下がれば買いのロンガーが溢れているのでしょうか。すぐに買いポジションが増えてきます。

なぜか全面安でも喜んでいる買い方と、日中に戻ることで下げても喜べない売り方・・・。

先週木曜日のの大商い、突っ込み買い。先週金曜日の戻りで利益を得た買い方は、ますますその思いを強くしているでしょう。

まるで、すでに難平状態になっている豆屋(商品取引員)の買いが、さらなる買いを呼んでいるようです。

穀物に到っては、マメヤ買い捲くり?

為替、商品ともに内部要因は悪化していると思われます。