今を生きられることに感謝して

2004年6月緊急手術から始まった卵巣がん闘病の日々。
2015年10月末、再再再発治療終了。
治療中に始めた写真。2007年1月から。独学。
2008年6月より写真ブログ始める。
生きる。撮る。こちらにも病気の記事UP

2004年6月手術..。卵巣がん漿液性腺癌3c。大網に転移あり。

6回の抗がん剤治療(TC)で小さくする。

2005年1月末再手術。

その後1年で再発。またTC.抗がん剤の副作用で吐くのがひどく、途中からウイークリーに。

抗がん剤治療終了後半年で再再発。
2007年8月、再再発治療終了。40回の抗がん剤治療終えて寛解。
2015年1月、再再再発確定。

(実は5年前にCT,PETで見つかっていた腸の後ろの3㎝のリンパ節の腫瘍。

針生検でがん細胞無しと言われていたのががんだった。

5年で1、7センチしか大きくなっていなかった)既に尿管が圧迫され水腎症。

右の腎臓は機能せず。ひどくなっていて右腎臓はあきらめる。

腸を巻き込んでいる可能性があり難しい手術でほとんどの医師は手術しないところ

セカンドオピニオンの医師の紹介で手術。

2015年3月末手術。腸も切ったので25日間入院。手術前5日絶食、手術後1週間絶飲食。
転院受け入れてくださった医師のもとで抗がん剤治療。

5月11日より抗癌剤治療。ドキシル、パラブラチン。
1クール目はこんな苦しいの6回無理と絶望的に。

でも何とか吐き気止め大目に処方してもらい6クール終える。

その間9月末腸閉塞入院。(腸が壊死しかかっているということだったが何とか手術免れる。)

11月末再度腸閉塞入院。


テーマ:

 

 

撮りたて

幸せの青い鳥  ルリビタキ♂

 

昨日マンションの友人が故郷の北の国に去って行かれた。

ご主人が他界されて15年前からこのマンションに住んでおられた。

体が動くうちにと決心されたのだろうか・・・

ここまで自分の心が弱っているとは思っていなかった。

何だかとても気落ちしてしまい胸の中に鉛が入ったような・・・

これじゃいけないと鳥撮りの友人に教えてもらっていた場所まで

大好きなルリビタキ(私の好きな鳥の3本指に入る)撮りに向かった。

この場所は2年半前に手術と抗がん剤治療終わったばかりの時

どうしてもルリビタキに逢いたくて、最寄駅からタクシーで行った場所。

その時は久々に長時間立っていたら具合が悪くなった。

友人が心配して来てくれていて帰りは駅まで車で送ってもらった。

自宅の駅から歩いていたら足が前に出なくて必死だった覚えがある。

車と運転、復活したので車では初めての場所で駐車場探して随分時間ロスしてしまった。

3時間ほどの間に何度も姿を見られた。

 

戻ってきたらまた現実に戻って気持ちが落っこちてきた・・・

 

先ほどはやはり別の部位のがんと闘っていた友人から長いお手紙が届いた。

それを読んでいたら涙が出て気持ちがたて直せそうだ・・・

 

元気な人を見送るのでもこんなに悲しいのだもの。

病友を見送るのはこの頃ではあまり考えないよう目を背けていたのかもしれない。

辛すぎるから・・・・

 

心が弱っていたことに気が付かず無理しすぎていたのかもしれない・・・

思いもかけずそんな自分に気が付いた今日・・・

 

皆様に幸せの青い鳥の姿贈ります。

(ちょっと影が邪魔ですが・・・)

 

 

 

いつもありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。