ハデス村のじゅむ in ハデス鯖

はじめまして、FF11-Odin鯖、FF14-Hades鯖のJyum Taruです。
このブログには主にff14のプレイヤーイベントのことを書こうかと思います。どうぞよろしく!(・ω・)
今はFF14をメインに活動してます
メインジョブは占星術師です!


テーマ:
おはこんにちばんわ!

しばらくブログを書いてなかったから、久々に書いてみることにしてみたよ!
といっても、ネタがあまりないだけですが・・・()
 
おらには、今たくさんのフレンドがいます
 
昔は、少なかったですが・・。
 
2013年8月 私はβ版FF14のころに始めました。

2013年12月~2014年3月にかけてインはしなくなりましたががが
 
4月から復帰しました。
 
途中から、サブキャラも作り、サブキャラでの活動も開始しました(のちのメインキャラとなる)
そして、少人数FC(FF11のフレンドに誘われて)に入りました
 
β版の時の初期キャラ
 
カーバンクル鯖の昔のメインキャラ
 
現在の元メインのサブキャラ
 
現在のメインキャラ
 
長い月日が経って
 
2016年1月 このころのフレンドはまだ6人ほどでした。
イシュガルドも始まり、私は極ナイツの練習ばかりしてました。
そして、とある日練習PTに入り、そこで主催者さんとフレンドになりました。
そして、そのフレンドのフレンドとフレンドになり、いつしかその練習PTのほぼ固定メンバーの一人になっていきました。

そして、LSに入れてもらいました。そして極ナイツをクリアして、クリア目的からグリパ目的に
そのうち、LSメンバーとも次々とフレンドになっていきました。

そのほかにも別で極ナイツで一緒になった方で仲が良くなった方ともフレンドになり
いつしかどんどんとフレンドが増えていきました。
 
時にはそのフレンドと極ナイツ以外にも、エキスパなどに行ったり
時にはそのフレンドの過去のつらいお話を聞いたり
時にはそのフレンドと私の過去のつらいお話をしたり
時にはそのフレンドとフロントラインにいったり
 
 
いつしか、LSは固定LSから雑談?LSになっていきました。

そして、話していってPTを組むにつれて
 
違うとこで知りあった、おらのフレンド2人が、フレンドとたまたまフレンドで

同じLSのフレンドが、現FCメンバーのフレンドとフレンド
等々、いろんなことが起きました。ハデスは狭い

極ナイツの時期も終わり、極セフィロトの時期がやってきました。
ほぼ同じメンバーで極セフィロトの練習をしているある日、FF14をプレイした中で一番、衝撃的な出来事が起きました。(詳細は下記)
 
そして、ニーズの時代になると、アクアポリスなども追加されていき、極よりもほかのダンジョンで遊ぶようになりました
ダンジョン以外にも、プレイヤーイベントに参加したり、
新たなフレンドができたりもしました。
今では毎日が楽しみになってきました。
ララフェルイベント
 
ヒラだけでヴォイドアーク
 
黒の手帳も追加されたので、フレンドとクロの手帳にいったり
零式にも行ったり、普通に遊んだりと楽しいです。
 
 
これからもよろしくおねがいします!
 
 
わかりやすいよう、元FC と 現FCを文字の色を分けておきます
緑字=元FC  青字=現FC
 
―――――――――エピローグ:悲しみを越えて―――――――
 
私は、前まで少人数FCに入っていました。

FCマスターIさんFCメンバーの一人はFF11のころからの同じLSにいた人でした。

FCマスターIさんはFCメンバーからいじられる、いじられキャラだったので、おらもいじってました()

そんな中とある出来事が起きました。

時は戻り、2015年6月頃異変に気づきました。

FCメンバーの一人Mさんが、おらがあいさつをしても、返してくれない
その時からほとんど無口になりました。
 
はじめは、気づいてないのかなーとおもい、気にしてませんでしたが、気づけば6か月以上たっても無口
一回、FCマスターIさんも返事を返さないずそのまま、落ちた時がありましたが、再度インしてきたとき、何も言ってないのに「返事返してなくて すまぬw」と誤ってくれました。

当時FCマスターIさんは、その無口のFCメンバーMさんとIDいってたため、返事ができないんだろうなぁとは思ってました。でも、相変わらずもう一人の方は無視
 
お正月、勇気を出して新年のあいさつをするため直接テルであいさつをしました。が案の定返事なし
 

そして 2016年1月 何も言わずそのMさんはFCを去っていきました。
 
 
私はその人に何かしたっていう覚えもありません。でも・・気づかないとこで何かしたのでしたら、いってほしかった・・。

そしてFCには先代のFCマスターCさん現FCマスターIさんと私の3人しか残ってませんでした。
 
しかし、FCマスターはその抜けたFCメンバーMさんとPTを組んでIDにいってました。
本当に何かしたのかな・・っていう思いはあったものの、気にせず・・気にしないようにしてFFをやってました。
 
 
でもやっぱり気になるので2,3月ごろに、現FCマスターIさんに相談してみました
「○○さん、おらのことでなんか言ってなかった?ずっと前から無視されてたんだけど・・・」「自分には、何かしたって覚えはないんだけど、もしかしたら気づかないとこで傷つけてたかもしれない・・」

と自分の心情を伝えてみましたが、マスターは知らないと言いました。

元FCマスターCさんもほとんど無口だったので、だんだんと寂しくなっていきました。
そして、だんだんと寂しくなっていったある日、それは起こりました。
 
インして、いろいろやってて、しばらくしたらあることに気付きました。
 
"名前の横のFC名がない"
 
当時のSS
 
 
過去ログを確認すると「あなたはFCから除名されました」「個室の調度品なd(ry」という文字が
もちろん、何の予告もなく
 
心の整理がつかないまま、唯一、一番仲の良かった元FCのマスターIさんに聞いてみたら

「このFCよりも、ほかのFCに入ったほうがじゅむさんも楽しいだろうし、自分ではFCなかなか抜けられないと思うから、みんな(おらを除いて元FCマスターCさんしかいないけど)と相談して、
FCから抜けさせておいてあげた また町で会ったら手を振るしてね」

しばらくなんて返したらいいかわかりませんでした。
そして、この日は上記で説明した、ほぼ雑談LSの固定メンバーで極セフィロトの練習がありました。
セフィロトはFCから脱退される16時間前にクリアしました。

そして、脱退された後の極セフィロト突入直前、現在所属してるFCマスターのAさんがおらの異変に気付きました

「じゅむさん FC所属してない」

そして、今回のことをお伝えしました。
セフィロト開始前だったので、あまり長く話せず、練習開始
ですが、心の闇が残ってるのか、闇落ちしかけてるのか、気持ちの整理ができてないのか
練習がうまく出来ませんでした。自分でもどうしたんだろう・・とわかるくらい、ほとんどおらが失敗してばかり。
 
その時の画像(なぜか映ってた)
 
練習後、ウルダハにいると、異変に気づいてくれた現FCFCマスターAさんが「FCに入らない?!」とお声をかけてくれました。

そして、FCに入りました。

そのFCは元FCと比べて人も結構いました。フレンドリーな方ばかりでした。
なかには、おなじLSにいたFCマスターAさんと極行く時に人数が足りなかったら応援でこのFCから来てくれてた人もいました。
そして、このFCで制限解除のバハなどにも行き、バハをクリアしました。

FCに入ってから数日後、新たなFCメンバーと一緒にIDに行こうとすると

一緒にフロントラインいったり、自身の悲しい過去を話してくれたフレンドが、心配をして励ましに、FCハウスへ来てくださりました。
※画像はイメージです。

その時は、とてもうれしかったのでとても印象に残ってます。本当にうれしかった。
 
LSでは、おらがPCの事で知らないことがあったら、いろいろと教えてくれました。
それからというものの、FCメンバーとLSメンバーやフレンドといろんなとこへ行き、冒険をし楽しみました。

今では毎日のように遊びに行き
チキンぱーりーや、クロの書、アレキ天道編や、極ソフィア、それらのお手伝いや練習アクアポリス、制限解除のモグヒゲ取り、アレキ零式、死者の宮殿などなど
いろんなとこに行くようになりました。
毎日が楽しくなりました。
 
 
 
 
フレンド登録の瞬間
 
フレンドとの雑談
 
新エモートの撮影
 
フレンドの誕生日祝い
 
ダンス
 
フレンドと原始人
 
 
・・・。
 
2人ベッドに3人で寝る図
おばけえええ
 
フレンドのエタバンに出席
 
ダンス!
 
○○だけでシリーズ!
 
LB
 
 
もし、あの時LSに所属してなくてぼっちだったら、どうなっていたんだろう・・・。

もしかしたら、鯖移転かぼっちのままだったかもしれません。
 
LSに誘ってくれてありがとう。Xさん
心配で励ましてくれてありがとう、Mさん
FCに誘ってくれてありがとう。Aさん
遊んでくれてありがとうFCのみなさん、LSの皆さん、フレンドの皆さん。
 
FF14は、冒険もいいけど、オンラインだからフレンドと遊ばないと楽しくないです
みなさんこれからも、よろしくおねがいします。
地雷メインヒラ:じゅむ
 
~この物語はノンフィクションです。~
 
攻略手帳『日記を読む』を達成しました。
志願兵が現れました!兵舎に戻り確認しましょう!
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。