今朝の日経新聞(首都圏版)にマイクロ波で遠隔(寝室の天井等)から照射して呼吸や心拍数、寝返りなどの動きを計測する高齢者見守りシステムの開発にワイヤレスコミュニケーション研究所が開発したという記事が掲載されていました。


これは高齢者の見守りという科学技術を社会に役立つかたちで使用していますがこの技術を悪用すれば特定の電磁波マイクロ波を他人に照射すれば個人の生体情報を気付かれずに収集することが可能ということになります。


テクノロジー犯罪を頭から否定している人は今の世の中善人しか存在しないと考えている仕合せな方々ということなんですかね。

AD