今井亮介でよかろうもん!!Ryosuke Imai's Blog

Ryosuke Imai expresses in English and Japanese 株式会社ワンダーイヤーズ代表のブログ 英語/日本語


テーマ:

I am going through a week of strength test phase in my gym training. During this week, workouts involve several tests to check my current strength to determine the load for the upcoming phases. 

 

Load is less and workouts end quicker. I like it because I get to spare a bit of time for jogging on treadmill to relax.  

 

By the way, one of my invention "the Aqua Cord"(heavy type) is back in stock at Wonder Years today. I came up with idea of the cord which stretches maximum of 12.5m and started manufacturing with the help of my friend Alex Sugai of Systube (that is why the Aqua Cord has both Wonder Years logo and Systube logo on). 

 
{A51F7065-E03A-409D-9B38-B267BFF6F2DD}
Shortening time lag between your hand entry and catch is important in improving sprint events and resisted swim is re-evaluated today. 
 
Many resistance cords are been available in the market, but most of them are either 25m long, or 5m long. 25m ones require swimming certain distance to feel the elasticity. Meanwhile, 5m ones are so short that your body goes vertical as soon as you push off the wall. 
 
I wanted something that allows swimmers to work on streamlining off the wall yet it does not take too long to feel the resistance. Alex and I created the Aqua Cord then.
 

 

 

The Aqua Cord is great for sprint traing and increasing the feel for the water in pulling like other resistance cords. It actually does more though.

 
Resistance training with the Aqua Cord lets you swim for desired length of time without the turn. This would be extremely useful for swimmers to improve their long course swims in the short course pool. 
 
If you try to swim continuously with 5m cords, the elasticity would get up to the level where you cannot maintain your body flat. The Aqua Cord, on the other hand, gives you freedom of where you would like to stay in the pool. You are able to keep your body flat and swim as long as you would like without hitting the wall.  
 
The Aqua Cord provides more options in training, too, since you can use it even when you use the pool horizontally in the short course facility. You can try ultra short resisted/assisted swim training. 
 
I am glad that it is back in stock since they have been back-ordered for a while. Alex and I agreeed to build stronger supply chain. The Aqua Cord will become easier to get and help more swimmers to enjoy improving. 
 
僕のジムでのトレーニングは、ただ今1週間のストレングステスト期間。この期間のメニューにはいくつかのテストエクササイズが含まれていて、そのエクササイズを行えた回数や時間が記録され、これからのパワー期などのメニュー作成の材料になります。
 
全体の負荷のボリュームが落ちて、いつもより早くメニューが終わるようできてるので、そこでできた時間をトレッドミルの上でのジョギングに充ててリラックス。
 
ところで、僕の発明の1つ「アクアコード」のブルー(高強度)を今日入荷できました。最大12.5m程度まで伸びるレジスタンスコードを作ることを考えて、シスチューブのアレックスに協力を仰いで、コラボで生産しているアイテム。そういう理由で、アクアコードにはワンダーイヤーズのロゴとシスチューブのロゴが一緒に付いてるんですよ。
 
プルのエントリーからキャッチまでに生じるタイムラグの短縮がスプリント力の向上には重要で、近年こういったコードやパラシュートを用いたレジスタンス・トレーニングが再評価されていて、
 
それに伴ったコードが様々なブランドから出ていて、ワンダーイヤーズでも多数扱っていますが、それらは25m以上の物か、5m程度の短い物しかないんですよね。
 
25mの物は、張力による抵抗を感じるまでに一定以上の距離を泳がなくてはなりませんし、5mの物は壁を蹴ってスタートをして直ぐに高い抵抗を感じて、体をレースで泳ぐようなフラットな状態に保つのが極めて難しい。
 
そこで、スイマーに壁を蹴った際のストリームラインが取りやすく、かつ短い時間でレジストのかかるような、これまでの中間の長さにあたるコードを考えて、アレックスとアクアコードを生みました。
 
アクアコードは、他のブランドのコードと同じく、スプリントトレーニングや、引っ張られることで起きる水圧の増大を生かしてのプルの感覚向上に役立つだけでなく、
 
短水路が練習拠点のスイマーが、長水路のレースに向けた練習をするために、また、長距離を泳ぐスイマーのトレーニングとして、ターンなしで一定回数以上のストロークを泳ぐことにもすごく適してるんですよ。
 
5mの短いコードでこういった練習をしようとしても、引っ張る力が強すぎて、姿勢を良い状態に保てませんし、すぐに疲れてしまいますが、アクアコードは一定の遊びの長さがあるおかげで、定められた時間やストロークを実践に近いフォームを維持しながら泳ぐことができます。
 
また、25mのプールを横向きに使った際にも使用が可能なので、すごく短距離(ターン付きの25m)のレジステッドやアシステッドのトレーニングのオプションを作ることが可能になります。
 
他に替えの効かないアイテムのため、ご注文をいただいてから、長らくお待ちいただいた方々がいらっしゃり、今回こうやって再入荷できたことを本当に嬉しく思い、ホッとしているのが今の心境。
 
アレックスと、これからよりスムーズな生産と販売の体制を作っていこうと話してますので、アクアコードはより手に入れやすくなって、よりたくさんのスイマーの上達の喜びをサポートできるはず。
 


 
 
 
 
 
 |  リブログ(0)