氣空術

それは心と身体で表現する芸術

数十年間にわたって、打撃系格闘技に
関わってきましたが、年齢とともに、筋力を主体とした
身体の操作法に限界を痛感するようになりました。

そんなある日、畑村洋数会長が主宰する
氣空術との出会いが…!そこでの衝撃的な体験を通して、
氣空術の奥深い魅力を心と身体で実感したのです。

それは武術でありながら、まさに「身体で表現する芸術」。
氣空術と出会って二年、その素晴らしさを
発信していきたいと思っています。

2016年2月、海鳴社より本を出版しました。
「氣空の拳ー空手と合気の融合」
NEW !
テーマ:
前回の記事で「合気にかかっても、無意識のうちに抜ける」と書いた。
そんな自分に対する会長の推測・見解も伺った。
何度も書くけど、合気にかからない人もいる。
 
それでも自分、初めの頃はいくらでも氣空術の技にかかったのである。
自分でも驚くぐらい、良くかかった。その「かかる状態」は自分がかける際の
感度にもなっていた。それが「かからない状態」になると、技の感度が鈍くなる。
 
かからなくても、かけられる状態になればいいのだが、そうはうまくいかない。
昨日の支部稽古なんか、それはもう悩ましい思いをした。
やること全てができないのだ。できないのには慣れてるけど、
ここまでできないと面白くない。かかっていた方が良かったと思うぐらいだ。
 
ただでさえ、会得の難易度が高い合気である。こうなると、さらに蜃気楼のようになる。
一時はそれなりにアプローチできていたのに、また遠のいてしまったのだから。
「柔よく剛を制す」は理想の世界なのかとも思う。
 
特に今の自分のように打撃系格闘技の最前線にいると、その強さを再認識させられる。
そこでまた、葛藤も生じるのだ。果たして、こういうの相手に合気が通用するのかと。
今の自分の技量では到底、無理だ。むろん、勝ち負けにこだわってはいない。
 
矛盾したことを言うようだが、自分が目指す武術はそこにゴールを置いていない。
でもしかし……迷うのだ。なまじっか、この歳になっても打撃戦ができるのもいかんのか。
「それもあり!」とは思うのである。だから、打撃に通す氣空術を探求してきた。
 
力を入れず、柔らかく動く、相手の攻撃の先の先を取る。
それはそれで少なからずできる。フィジカルな部分だけでは現役には及ばない。
だから、フィジカルを超える身体操作を落とし込んでいこうと思っていた。
 
しかしながら、同時並行の難しさを痛感させられた。
だから、打撃は打撃、氣空術は氣空術の両翼でやっていこうと考え直したのである。
ここ最近、こんな調子で葛藤の連続なのだ。
 
せめて、相手の合気を感じとれるようになりたいと思いつつも、かからない。
それをするあまりのラポールみたいになっても虚しいし。
氣空術に入門して間もなく三年になる。
にもかかわらず、何一つとして身についていない現状にうんざりする。
それでも諦めることなく、この道を追っていくか。
 
今回の記事、迷ったけれど、同じように悩む方の参考になればと思い、あえて書いた。
「三年間もやってきたのに」と思うより、「三年しかやっていない」と思い直すことにしよう。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
氣空術というか、他の武道でも何でも大切と思うのが技の「感覚をつかむ」こと。
相手の技に「ここでこうなると、自分の体勢は崩れる」を感じ取ることが
自分の技の練度を磨くことにつながると思う。
 
合気の技だけでない。打撃でもそれは同じだ。
パンチなり、蹴りなりをミットで受ける。その感覚をつかんで相手に伝える。
打撃の技の質にもそれなりに精妙なものがある。
 
だから、傾聴である。心身をフラットにして相手の技を感じ取っていく。
そのあたりの感覚、自分でも敏感になっていると思う。
念のため、断っておくと、今の自分、プロのストライカーの打撃も読める。
 
そうは簡単に当たらない。それが続かないのは自分も反撃を試みようと、
余計な「力み」が生まれるからだ。
それぐらいの敏感な反射神経は研ぎ澄まされているという前提での話。
 
合気も途中までかかるのは分かる。でも、そこで瞬時に抜ける。
そうしようとして、しているのではなく、そうなっちゃっているのだ、この身体が。
反射神経ではなく、無意識のうちにそうなれる。
 
話は変わるけど、先日、知人の空手家の道場を訊ねてちょっとばかり、試し合いをした。
(実攻防ではなく、空手の約束組手のような形で)
知人には合気技が面白いようにかかる。氣空術の技の大半が行使できる。
しかし、もう一人の門弟にはこれっぽっちもかからなかった。
 
同じ動き・意識でやっているにもかかわらず、相手は微動だにしないのである。
このあたりは自分の修練の未熟さだと分かっている。
けれど、自分の考えは門内だけでなく、外でも使えてこその武術と思う。
門内の稽古で技を練り、外でも実際に通用する「技」をつかんでいきたい。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、負傷続きなんて、ネガティブな記事を書いたけれど、少し訂正加える。
左手の粉砕骨折を執刀してくれた先生、「手の整形」ではトップクラスの方なのだ。
実際、再生困難と言われた自分の骨折を治してくれた方なんだから。
 
名前は書けないけど、仮にA先生としておく。腕はブラックジャックにもかかわらず、
言うことはそれはもう、不安を煽るなことばかり言ってくれた。
最初の手術の時もモニターに映った骨折個所を見て、
「あ~、これは酷いな。どうすればいいんだろ」なんて言うし(汗)
 
ワイヤーを抜く時もそうだった。
「これ、ひょっとしたら、抜けないかもしれないな。抜けなかったら、ごめんね」
 
ごめんねって、そうなったら、どないするねん!と思って訊ねたら、
「途中で切れちゃうかもしれないけど、それはそれで問題ないと思う」
なんてことをアッサリ言ってくれるのだ。
 
さらにさらに…再手術の抜糸の時だって、
「この糸、抜けるかなぁ。肉がしっかり食い込んでいるもんな」と言ってくれるのだ。
でもって、糸は無事に抜けたんだけれど、こんなこと言われた。
「多分、抜けたけど、残っていたら、そのうち出てくるよ」と。
 
ずいぶん、アバウトなことを言うのである。俺じゃあるまいし(笑)
でもしかし、その難しいと言われた全てをA先生は解決してくれたのである。
不安なことをかきたててはくれたけど、最後はきっちり、仕上げてくれたのだ。
このあたり、「さすがはプロ!」といたく感心させられた。
 
同時に自分も人から「プロだね」と言われるぐらいの力量を持ちたいと思ったのである。
評価・称賛を求めているのではなく、そんな実力や技量を有したいのだ。
それが氣空術だったら、申し分ない。
 
ということで、いつものごとく、強引に話を結びつけていくけれど、
明日は名古屋支部の稽古が行われまーす!
門下のみなさん、ふるってご参加のほどを!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
左手の粉砕骨折をやって以来、右手を酷使していたら、右肘の痛みが酷くなってきた。
診断の結果は上腕骨内側上顆炎。生活に支障をきたす程ではないけれど、
打撃の練習時やミットを持っている時に痛みが激しくなってくる。
 
それと、仕事上、キーボードやマウスを使うことも原因になるとか。
安静にするしかないと言われたけど、それしたら、何もできなくなる。
冷やしたり、温めたり、超音波治療してるけど、一時凌ぎなのだ。
何とかならんかな~。見た目は頑丈な右腕なんだけれど(^_^;)
 
悩みの種はもう一つ。骨折後の左手だ。
骨折そのものは完治して、地道なリハビリの成果もじわじわと出ているけど、
握力は右手の半分しかない(泣) 女性並みである。
こちらも見た目はどうってことないんだけれど…
こちらは生活に支障がある。ちょっとした細かいことが出来ないのだ。
柔らかいボールを握ったり、フィンガーストレッチしたりしながら、
これもまた、整え中。野生動物並みの回復力と言われてきた自分だけれど、
こればかりは簡単に治癒しないようである。
 
とりあえず、右肘内側の痛みだけでも治したいな。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
稽古中に会長から言われることがある。
「力になってもいい。その瞬間に抜けばいい!」
その理合いを支部稽古中で教授される。
 
自分の悪いくせで、すぐに忘れちゃうんだけど、
ふとした瞬間に思い出すことがある。それは打撃の実攻防の中でだ。
打ち合い、蹴り合いをするにつれ、間合が極端に近くなることがある。
 
こういう場合、ボクシングならクリンチ、キックなら首相撲からの膝なのだが…
この状態になると、どうしても力みが入る。力の拮抗勝負になる。
その瞬間に即座に力をフッと抜くと、相手は「あっ…」になる。
 
対抗すべき存在が急に消えるからだ。
打撃経験豊富な方なら、このあたりは熟知していると思う。
でも、それを瞬時にやって、相手を錯乱させるのは難しい。
 
けれど、一瞬でも錯乱させれば、こちらに有利になるのだ。
武術で言う「虚をつく」になるから。最近、攻防中に意識的にこれを使っている。
今日も仕事帰りに久々に空手家の知人の道場を訊ねて、少しばかり組手をした。
 
ここで拮抗勝負になるその瞬間、力と力で衝突するその瞬間に抜いた。
これがそれなりに使えるのだ。わずかの間だけれど。
当然ながら、この程度のことは氣空術でもなければ、合気でもない。
 
しかし、力でぶつかってもフッと抜けば、相手の体勢は崩れるのだ。
ここをもっと、深めていけばいいのだろうなと思いつつ、帰ってきた。
こんな調子で打撃は機会ある度にやっている。
 
その中で探ろうとしているものもある。
でも…肝心要の氣空術をやっていない。前回の支部稽古は風邪で休んだし、
自主稽古も仕事の都合で全然、やっていないのだ。
こんなんで大丈夫かな、俺(^_^;)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。