氣空術

それは心と身体で表現する芸術

数十年間にわたって、打撃系格闘技に
関わってきましたが、年齢とともに、筋力を主体とした
身体の操作法に限界を痛感するようになりました。

そんなある日、畑村洋数会長が主宰する
氣空術との出会いが…!そこでの衝撃的な体験を通して、
氣空術の奥深い魅力を心と身体で実感したのです。

それは武術でありながら、まさに「身体で表現する芸術」。
氣空術と出会って二年、その素晴らしさを
発信していきたいと思っています。

2016年2月、海鳴社より本を出版しました。
「氣空の拳ー空手と合気の融合」

テーマ:

先日の支部稽古でできた身体操作。両手を持たせて崩す技。動画はこれね。

 

稽古であれだけ、できたから自信満々で他でもやったんだけど、全然、できない(泣)

それはもう、悲しいぐらいにできないのである。

なんでだろうと思いつつ、できた時の動画を改めて見ると…

 

肩にも腕にも力が入っていないことが分かる。ポイントはここだな。

肘を●●するだけ。それだけのことなのに、余計な個所に力が入ってしまう。

 

それともう一つ。自分が今まで打撃のプロとやってきた組手やスパーの動画を

まとめて改めて観たところ…これまた、ショックだった。

自分では「柔らかく、動く」をやっていたつもりなのに、全然、できていない。

 

その動きは以前からのキックスタイルそのまんまなのだ。

筋力由来の身体操作のまま…(泣)もっと、武術的な動きになっていると思っていたのに。

人は「その年齢でそれだけ動ければ、大したもんじゃない」と言うけど、

俺が目指し、体得しようとしている動きはそこじゃないんだ。

 

ちなみに自分の体験から言うと、グローブ着用で氣空術を通す(打撃戦に)のは出来ない。

開手・開掌だと、少しは何とかなる。その理由は皮膚接触が比較的、しやすいから。

でもって、その皮膚接触の稽古の重要性、先日の支部稽古で改めて実感したのである。

 

精妙な感覚を追って、練る稽古なんだけど、ここが大切だとつくづく思う。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の支部稽古レポートの続き。

両手首をしっかり握られた状態で肘をある位置に持ってくると、相手は崩れる。

それを応用・展開していくと、どうなるかがこちらの動画。

 

この後、相手に左右連打を打たせてくるのを崩すこともできた。

「こういう身体の使い方一つで、できるものなんだ」とつくづく思ったのである。

ちなみに会長の見本技がこちら。

 

本当は次々と、五人掛けをやったのである。ところが、途中で動画モードが切れた。

「映すなということなんかねぇ~」と会長が言っていたけど、たまにあるのだ。

これぞ!というシーンを撮影したいのに、それができないことが。

 

話を戻す。昨日の稽古は「こういう身体操作が力を入れない技になる」を基本から

じっくりやった。その感覚を体感しながら、応用・展開技に移行すると、術理が良く分かる。

自分も含め、武術としての氣空術会得を目指す者にとっては、こういう流れが好きだ。

 

会長はいつもの如く、一つできるとすぐに「次はこれ!」と進めようとするから、
「今日はこれだけを徹底的にやらせてください」と頼んだ(笑)

師の心境を擁護するなら、「全てを伝えたい」との思いからそう進めたいのだ。

 

その思いは有難い。でも、応用・展開の技はある時、急にできなくなることがある。

人を替えながらやっているうちに、力になってしまうのが理由だ。

つまり、技の再現性・恒常性を完璧に会得できていないのである。

 

昨日、良かったのはそんなできない時は、また基本に戻してやり直しができたこと。

もう一つ、自分でも「良かった!」と思ったのは会長の指導の一言でコツが分かったこと。

「あっ、そういうことか!」と胸落ちして、それをその場で技として行使できたのである。

 

心と身体で感じて、つかんでいく技。リアルに体感できたのが良かった!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、名古屋支部の稽古。

会長から何度も言われていることの一つ。氣空術は「肘」がキーポイント!

その基本の稽古をしたのがこちら。

 

力ではかからない。しかし、肘を●●するとかかる。

もう、いっちょ!

こちら、掛かり稽古での応用編。

 

 

もう、何度も何度も同じこと書くけど、力ではない。
身体の使い方なのだ。今回の支部稽古、得ることが多々あった。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事帰りに大森道場で自主稽古してきた。
突き倒しはこちら。

 

真下!にやりたいところなんだけど、できていない。

大森くんが斜め下に倒れているのでそれが一目瞭然かと(^_^;)

でも、これが通常のパンチだと、倒れない。

 

むろん、ローキックへのパンチのカウンターもあるし、それで倒すことも可能だ。

でも、氣空術では別の理合になる。不完全な技だけど、それは体感できる。

もう一つは二方向。一番、最後のシーン、「最後まで優しくていねいに」を意識したら、
これまた、巧くできていない。加藤さんに二回目にかけたのは失敗(泣)

 

はぁ~、まだまだだなぁ~。唯一、「得意の重みは下」はこちら。

もう、いっちょ。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

氣空術に入門して間もない頃の話。

合気より、衝撃力ある打撃に魅了されて入門した自分だから、

その身体操作について、会長には毎日のように電話で指導を仰いだ。

 

自分の熱意に根負けした感じで、会長はその都度、丁寧に教えてくれたものである。

そして当時、こんなことも言われた。

「小磯さん、それを悪用したらあかんよ。でも、男子たるもの、いざという時の刀は

磨いておかなければいかんからね。だから、小磯さんには教える」

 

修練の甲斐あって、それは少しずつ体得できるようになった。

今までの異なる身体操作から行使できる打撃である。

しかしながら、相手と対峙すれば当然のごとく、相手は動く。

 

巻き藁やサンドバッグのように止まってはいないのだ。当たり前の話だ。

で、それを試すべく、空手家の友人と何度も組手をやった。

すると……、やはり、使えるようになったはずの打撃が当たらない。

 

ヒットするのは今までキックで散々やってきた打撃技ばかりである。

その友人とは空手の約束組手で氣空術の技も何度か試してもらった。

合気感度が高いのだろう。彼とやると、十回のうち、三回ぐらいは技が発揮できた。

 

そんなこんなで、一度は打撃系格闘技から身を引いた自分だけれど、

改めて、その世界に戻った。今やボクシングのトレーナーが仕事にまでなっている。

 

そして、打撃技術に関しては様々な武道・格闘家との出会いにより、

キック時代は知らなかった、あるいは使わなかった技術を学ぶこともできた。

その一つが高さんと試し合うトラッピングであり、大森くんや加藤さんとやる至近距離での

禁じ手無しの打撃戦(むろん、怪我のないようライトでやる)だ。

 

これが楽しいのである。結局、俺が行き着くのはここかとも思う。

しかしながら、こういう修練を通して自分が求めているのは勝敗の世界や強さではない。

刀は常に磨いて、鞘に収めておく。 目指しているのはそこなのだ。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。