四開槓について

テーマ:

昨日、某所で打ってて四開槓に遭遇した。

自分の上家が2つのカンをしてて、自分が1つカンしてた。

そして、下家がカンをしたのだけど、カンをした時点で流局となった。

店のルールということなのでそれは構わないのだけど、裁定を下したメンバーとは別の人が、カンした時点で流局するのが普通だと言ってた。

 

自分の認識では、4つ目のカンが入った時、嶺上牌をツモってきて、それを切って和了がなかったら流局だと思ってたのだけど、世間的にはどっちが多いのだろうか?四開槓ってそんなに出ないんだよね。

1人で4つのカンをした場合は続行、もしくは4つ目のカンをした時点で四槓子の和了が認められるのどちらかだとは思うんだけどね。

 

どうなんですかねぇ?

AD

何半荘なら納得なの?

テーマ:

先日、麻雀プロ団体日本一決定戦というのが行われた。参加団体は「日本プロ麻雀連盟」、「最高位戦日本プロ麻雀協会」、「日本プロ麻雀協会」「RMU(Real Mahjong Unit)」の4団体。

 

各団体から8名の選手を出し、団体ごとの総合ポイントで勝敗を決めるというものだ。

各選手が16半荘(1日4半荘×4日間)を打つので、合計で128半荘での成績となる。

始まる前の自分の予想は、1位連盟、2位最高位戦、3位協会、4位RMUだと思った。(自分が連盟好きというのもあってだけど)

まぁ、麻雀をわかってる人だったら大半の人がこう予想すると思う。1位と2位が逆の予想の人も多いとは思うけど。

 

結果から言うと、自分の予想通りの順位となった。連盟が強かったというよりかは、RMUが弱すぎたって気がする。

まぁ、RMUが出来て10年くらいなので、選手層はどうしても他団体に比べると薄いよね。

 

さて、これより本題へ。

某大型掲示板などでは128半荘では回数が少ないだろという意見があった。実力差が出ないだろうと。

もちろん、そんなことないって意見もあった。自分は128半荘の合計はそれなりに実力差は出ると思ってる。

1半荘が平均10局として1280局、1局が平均10巡として考えると12800巡。

この12800巡の中で選択を繰り返せば強い人と弱い人ではミスの差がだいぶ出ると思う。(リーチしてる巡目もあるのであくまでも目安としてだが)

何切るだけの判断ではなく、鳴きの判断、リーチの判断、押し引きの判断もある。そういうのをもろもろ考えると128半荘というのは自分は十分な数字だと思えるんだけどね。

 

ネット麻雀ってさ、1半荘に30分もかからない、面子が決まっていない、好きな時に食事もできるし休憩もできる。

暇人なら一か月で400半荘くらい打ててしまう。

決められた同じ相手と打つって、結構大変なんだよね。そりゃ、みんながニートみたいな暇人ならまだしも、大体のプロ選手の人は仕事がある。

人によってはサラリーマンをやりながらのプロもいるのでなかなか調整が難しい。それプラス、各団体でリーグ戦やらタイトル戦も行われてるしね。

 

128半荘、少ない?それとも適正?

AD

三槓子の難易度

テーマ:

どうも、生きてます。なんか毎回こんなこと言ってる気がする(笑)

 

今回は三槓子について思うところがあったのでちょっと書いてみる。

三槓子、これを読んでる方はあがったことあるのかな?

ちなみに自分はあがったことないです。聴牌まではあるけどね。

あがられたことは1回だけあるかなぁ。

 

さて、この三槓子、今の基本的なルールだと2翻だけど、これって見合っているのだろうか?4翻くらいあっても良さそうだよね。

自分もちょっと前まではそう思ってた。だけど、この三槓子って出現頻度が低い=難易度が高いってわけではないんだよね。

なんだろう?強引に狙えばそこまであがれない役ではないということ。

 

ただ、現代のフリー麻雀だとカンをすれば新ドラが増えるし、裏ドラには祝儀がつくのでカンをすることのメリットってデメリットと比べると半々くらいなんだよね。

例えば、1つの役牌をポンした後に加槓して、残りの10枚の手牌の中に暗刻が2つという形はそこそこあると思う。この2つの暗刻を大明槓すれば三槓子はそれほど難しくはないのだ。

だが、大明槓するメリットって全然ないんだよね。

点棒がなくて一発逆転を狙う状況とかならまだありそうだけど、普通だと損の方が多そうだしね。

 

まぁ、とは言っても麻雀の役の翻数とかってアンバランスなものが多いとは思うけどね。

大三元と四槓子が同じとかおかしいもん。大三元、国士無双、四暗刻は24000点でもいいかなって思う。

大三元とか面子によっては三色同刻よりあがれるしww

 

AD