くうたの不正疑惑

テーマ:

おひさしブリーフ(死語)!!

もうブログを書くのは辞めようと思っていたのだけど、かなり衝撃的な話が出たのでさすがにこれは書きたいなと思ったので書いてみようと思う。

 

あの「くうた」が不正行為をしていたのではないかというのが話題になってる。くうたを知らない人のために説明しておくと、くうたとは天鳳の三麻で伝説的な数字を残した三麻の天鳳位である。R2500とかマジですごかった。

 

この不正疑惑の話を自分が知ったのは福地さんのブログで、そこから以下のサイトに行きついた。

 

https://togetter.com/li/1108382?page=2

 

 

自分がこのサイトのまとめを見た感想だけど、上卓などでの九法ってやつとの対戦はかなり黒ではないかと思う。

鳳凰卓に関してはなんとも言えないかなぁ。

しゅらるって人が疑心暗鬼になって見てるから不正に見えてる部分もあると思う。

 

例えば、怒り新党相手に3ラスってツイートがあるけど、ちょっと調子悪ければ3ラスくらいは普通にある。いくらくうたが強者とは言えどもね。

あとは、以下の牌姿で(ドラは6s)

 

9m33467p34688s中中中

 

ここから3pを切ったのを変だと言っていたけど、前巡に1pを切っているので3p切りは普通にありだと思う。9mは初牌とはいえ三麻においては安全度高いから残したいし。この安全度の高い牌を残した打ち方をするからこそ、くうたは守備力が高かったのかなと思う。

 

あと、同卓率が高いという話もあるけど、三麻の鳳凰卓は四麻に比べると人がいない時というのが普通にあるので同じ人との対戦は四麻に比べると結構多いのではないかと思う。

自分もよく深夜にいちはらさんと連戦とかした記憶がある。

 

それと、当時(2010年ごろ)は今みたいにスマホなどない時代で天鳳はパソコンでしかできなかったので、複数垢での同卓は難しかったのではないかと思う。自分が知らないだけでやり方はあったのかもしれないけど。

 

とまぁ、ここまではくうたを擁護?したけど今度は自分が当時感じたことを書いてみる。

 

鳳凰卓が出来る前、三麻の特上卓には7段とかがちらほらと現れてきていた。

最高が8段で5人いるかいないか、7段も20人もいなかったと思う。

その時に、くうたが6段でR2100くらいあって話題になりだした。(この時の三麻の最高Rは2200超えたくらい)

自分はその時に7段か8段だったのでくうたとの同卓を狙っていて、観戦を見て終わりそうなタイミングの時に入卓を押したのだけど、滅多に当たらなかった。

同卓できた時というのは、自分がログインして1戦目の時が多かったように思う。

あくまでも体感で印象だけだが。

 

ただ、当時から自分は言っていたのだけど、くうたは高段者との対戦は避けていた気がする。

観戦を見てもいつも4段や5段の人と対戦してた印象だ。

 

そして、鳳凰卓が出来た頃、自分やいちはらさん、我々クラスさん、神速さんなどはすぐに鳳凰卓で打ち始めたのだけど、くうたは1年以上は特上卓で打ってた。

その時言われてたのは、500円も払えない貧乏人、課金の仕方がわからない情弱、強い人と打つのを避けてる、などの意見があった。

 

そして、くうたが10段になってしばらくした後に鳳凰卓に現れた。そしてしばらくして天鳳位になった。

 

最後に、自分のくうたに対するイメージだけど、言葉は悪いけど雑魚狩りがすごく上手いって印象だ。いや、これはこれですごいことなんだけどね。

最初の方に書いたように、自分は上卓などでの対戦は黒ではないかと思ってる。当時、RAZU?だったかな?そいつも上卓で同じように不正してたしね。

 

 

 

 

AD

四開槓について

テーマ:

昨日、某所で打ってて四開槓に遭遇した。

自分の上家が2つのカンをしてて、自分が1つカンしてた。

そして、下家がカンをしたのだけど、カンをした時点で流局となった。

店のルールということなのでそれは構わないのだけど、裁定を下したメンバーとは別の人が、カンした時点で流局するのが普通だと言ってた。

 

自分の認識では、4つ目のカンが入った時、嶺上牌をツモってきて、それを切って和了がなかったら流局だと思ってたのだけど、世間的にはどっちが多いのだろうか?四開槓ってそんなに出ないんだよね。

1人で4つのカンをした場合は続行、もしくは4つ目のカンをした時点で四槓子の和了が認められるのどちらかだとは思うんだけどね。

 

どうなんですかねぇ?

AD

何半荘なら納得なの?

テーマ:

先日、麻雀プロ団体日本一決定戦というのが行われた。参加団体は「日本プロ麻雀連盟」、「最高位戦日本プロ麻雀協会」、「日本プロ麻雀協会」「RMU(Real Mahjong Unit)」の4団体。

 

各団体から8名の選手を出し、団体ごとの総合ポイントで勝敗を決めるというものだ。

各選手が16半荘(1日4半荘×4日間)を打つので、合計で128半荘での成績となる。

始まる前の自分の予想は、1位連盟、2位最高位戦、3位協会、4位RMUだと思った。(自分が連盟好きというのもあってだけど)

まぁ、麻雀をわかってる人だったら大半の人がこう予想すると思う。1位と2位が逆の予想の人も多いとは思うけど。

 

結果から言うと、自分の予想通りの順位となった。連盟が強かったというよりかは、RMUが弱すぎたって気がする。

まぁ、RMUが出来て10年くらいなので、選手層はどうしても他団体に比べると薄いよね。

 

さて、これより本題へ。

某大型掲示板などでは128半荘では回数が少ないだろという意見があった。実力差が出ないだろうと。

もちろん、そんなことないって意見もあった。自分は128半荘の合計はそれなりに実力差は出ると思ってる。

1半荘が平均10局として1280局、1局が平均10巡として考えると12800巡。

この12800巡の中で選択を繰り返せば強い人と弱い人ではミスの差がだいぶ出ると思う。(リーチしてる巡目もあるのであくまでも目安としてだが)

何切るだけの判断ではなく、鳴きの判断、リーチの判断、押し引きの判断もある。そういうのをもろもろ考えると128半荘というのは自分は十分な数字だと思えるんだけどね。

 

ネット麻雀ってさ、1半荘に30分もかからない、面子が決まっていない、好きな時に食事もできるし休憩もできる。

暇人なら一か月で400半荘くらい打ててしまう。

決められた同じ相手と打つって、結構大変なんだよね。そりゃ、みんながニートみたいな暇人ならまだしも、大体のプロ選手の人は仕事がある。

人によってはサラリーマンをやりながらのプロもいるのでなかなか調整が難しい。それプラス、各団体でリーグ戦やらタイトル戦も行われてるしね。

 

128半荘、少ない?それとも適正?

AD